他方面での活躍に、好奇心旺盛な性格を持つ、東岱広直さん。普段はどんなことをしているんだろう、好きなこと、趣味は何かなと興味を持つ方も多々いらっしゃるはずです。

字が達筆であることは、ファンの方ならもう認識済みで当たり前となっていますが、そんな彼の趣味の1つに漫画収集とあります。野球映画にも出演経験があり、関連する有名俳優が出る作品をくまなくチェックしていたようで、とても熱心。

そのため、漫画収集はただ自分が楽しむだけではなく、演技の幅を広げたり、演技力を増加させるためのスパイス効果があったとも考えられます。

続いて同様の野球についてですが、映画に出演する際に、かなり鍛錬を積んだとインタビューでの声もあります。プライベートでも野球に打ち込むことがあったそうで、そのバッティングの腕前もなかなかとの事です。負けず嫌いだけとは思えません。

それは、実際に演技を見てみると納得してしまうほど、役にハマっているから、かなり出来るレベルなのでしょう。

続いて、東岱広直さんが夢中になっている趣味に、動画観賞があります。どんなに日々を忙しくしているときも、YouTuber動画を欠かさず見ているようです。好きすぎたせいか、なんと学校の成績も下がってしまうほど夢中になっていたようですね。トップクラスのYouTuberの動画を特に見ていたようで、彼自身もそれには感化されたと語られています。

そして、現在進行形で熱心に励んでいるのがアクロバット。グループでのライブだと、体をとても張っているんです。スポーツが得意な東岱広直さんなので、その理由にも納得。

そして、自他共に認めるグルメ好き。食べるマスクというユニークな名称の食べ物も好んで食べていたとのこと。特に、本当に好きそうだなと感じたのはハンバーガー。よだれが出るほど口にしたいと彼がコメントしている事から、かなりのファーストフード好きである事もうかがえますね。

所属するグループの動画関係でも、体を張ったアクションをお茶の間に提供してくれたり。そんな気配りが嬉しいものですが、自分自身でも夢中になっているようで、それが何よりファンが喜べる点というものです。

東岱広直さんは、今現在俳優業として目まぐるしい脚光を浴びています。地上波で拝見することが多い彼ですが、俳優としてこれまでどのような役柄をこなし、どのような特徴があったかも知っておきたいもの。

彼は、2013年に映画デビューからその名を知らしめました。その映画は、学園青春ストーリーとなっており、舞台は高校の合唱部。片想いをしている女性教師が顧問の合唱部に、彼女目当てで入部しその想いを馳せます。

そして、2015年に全8公演で舞台に出演した東岱さん。そこでは学園映画の内容とは違った、おとぼけな工業高校生の活発キャラを演じていました。映画・舞台と、様々なステップを踏んでいて、それは成長著しいというものです。

なお、そこから相反して度肝を抜かれた、野球ものの映画も素晴らしいものでした。眼鏡をかけ、オタク野球男子で出演しているではありませんか。

環境の設定においても、引っ込み思案な引きこもりの役となっていたんですね。当映画に関わらず、事前に映画電車男を見て、復習も兼ねてトライした模様。そこには、一言とも見逃さずにオタクという役をどう見事に料理するか。普段は笑顔がまぶしい東岱広直さんですが、研究熱心だという特徴も持っています。

そして、両想いでハッピーエンドというような、ありきたりな設定のドラマばかりではありません。片想い役だったり、脇で光る役の経験も多々ありますね。

ベテランキャリア俳優の、子供時代等の描写シーンにも出演していたこともあります。ほんの少しだけしか使われないようなシーンでも、積極果敢に出演する活気がとても素敵です。そして、連続ドラマでの特徴と役柄も、注目してしまう特徴や役柄が多々。

最も視聴者の心に深く印象を刻んでいるのが2015年に出演した連続ドラマ。妹の面倒見をしっかりと行っているお兄さんという設定でした。

性格は明るく朗らかに見えた、ドラマの冒頭部分。しかし、彼は住居を共にする母親の、実の子ではないことを知っていました。前半では浮き彫りとならなかった闇の部分。

学校でもいじめを受けていることもあり、物語が進むにつれてダークネスな部分が浮き上がってきます。光と闇が混じるように、演技の難航しそうな部分を、ダブルフェイスでうまく使い分けを行い、視聴者を魅了したものです。

最近スタートした連続ドラマ。東岱広直さんが演しているのは会社の御曹司といった役柄。片想いをするという切ない展開となっています。
今後の活躍から目が離せませんね。

東岱広直さんについて、今やいろいろな方面から彼の事を知ることが出来ます。でも、気になる方は、東岱広直さんの家族ってどんな方々なんだろう。そのような、楽しみにも近い疑問を持っていてもおかしくはありません。

東岱広直さんは、4人家族の長男。次男とは6学年ほど年齢が離れていることがわかっています。だいぶ年が離れいますが、彼が好きなサッカーをはじめとして、バレーや野球までよく一緒にしていたそうです。

そして、1番下の子はさらに離れているようですが、そうもなると東岱広直さんも一緒に子育ての手助けをしていたんでしょうね。なお、幼稚園でのかけっこでは1着でのゴールインをしたようで、彼と同じくスポーツ万能の男の子に育っていくと期待が出来るでしょう。そんな仲良しな家族5人勢揃いで、写真をUPされているのもファンからは、とても貴重だと言われています。

お母さんについては、ファンの間でも有名となっていますが、彼が芸能界に入るきっかけを作った重要な存在。東岱広直さんが可愛くて仕方がなかったのだと思いますが、それはわかるというものです。

そして、とにかく若くてとてもお母さんには見えず、容姿端麗なんですね。よく、一緒になって自撮りを行ったり、ハロウィンゾンビメイクで扮装した姿をアップされていたり。ファンの女性なら少し妬いてしまうかもしれませんね。なお、プライベートでも、母親とはラインをしまくっていると、彼の言葉でそう言われており、仲睦まじくて良いですね。

熱血漢にも見えがちな体育会系の彼の父親ですが、付かず離れずの良き父親だと彼自身がそう言っています。父の日に、プレゼントを渡すことを忘れてしまうとブログで綴られていたとき、いまこうやって芸能界デビューができたのもパパキュンのおかげだよ。と、感謝の意を表しているんですね。


いつもはあまりに怒らないからそれが逆に不安になるほど。でも、重要なことがあったときは必ず良いアドバイスをビシッと言ってくれるらしいです。周囲から羨ましがられるほどの、家族愛溢れる東岱広直さんのご家族についてでした。

↑このページのトップヘ