東岱広直さんはボーカルダンスユニットで活躍しつつ、俳優業にも進出しており人気ドラマや映画に多数出演しており、芸能界で期待の星と評価されています。誰でも子供の頃になりたい職業がありますが、彼はどんな夢を思い描いていたのでしょうか。

子供の頃から芸能界デビューが夢

子供の頃の夢といえばヒーローやスポーツ選手など様々な職業をあげられますが、彼はなんと子供の時から芸能界に憧れを持っていたようです。彼の母親は芸能人がとても大好きな人で、小さい時からテレビを見るたびに芸能界で活躍することになると言われ続け、そのうちに本人も信じ込んでしまったとインタビュー記事で方っています。彼自身も目立つことが好きだったこともあり、芸能界入りに対してかなり前向きだったようです。

母親の後押しで芸能界デビュー

デビュー前から芸能界入りに憧れがあったようですが、思春期を迎え中学生の頃は、自分の夢を口に出すのが恥ずかしいという時期もあったようです。とても可愛らしい悩みですが、その悩みを解決できたきっかけは母親と伯母の存在でした。

芸能界入りするきっかけとなったオーディションは母と伯母が応募し、背中を後押しされたことで芸能界デビューする夢が現実となったのです。東岱広直さんは以前に、月刊芸能雑誌が毎年開く若手男性コンテストに参加し、残念ながらベスト30に入ることはできませんでした。しかし、雑誌を見た現在所属している芸能事務所が彼を気に入り、スカウトしたことで夢を果たしました。

2012年に5人組のボーカルダンスユニットが結成され、デビュー当時から歌とダンスで多くのファンを獲得しています。ちなみに、ユニットは紅白の司会や世界進出を夢にしており、彼個人もダンスと歌、俳優業のレベルアップに励んでいるようです。

芸能界以外の選択肢

東岱広直さんは特技にサッカーと書道を挙げています。学生時代はサッカー部として活躍しており、俳優業やバラエティーで運動力が活かされているようです。書道は6段の腕前を持ち、ブログでは美しい達筆を見ることができます。

もし芸能界以外を選ぶとすれば、サッカー選手や書道家の選択肢もあったと考えられるでしょう。誰もが目を惹く魅力的な人なので、別の世界でも注目されていたかもしれません。

幼い頃から芸能人に憧れて夢を現実にする人は芸能界では多いですが、東岱広直さんもそのうちの1つです。若手でありながら周囲から注目されており、今後も音楽と映像の分野で大活躍していくでしょう。これからの活躍にも注目して、暖かく応援していきましょう。