■東大ガイダンスとは■
毎年東京大学のオープンキャンパス、学園祭(5月末の五月祭@本郷キャンパス、11月下旬の駒場祭@駒場キャンパス)で開催されているイベントです。高校生に東大のことを知ってもらい、現役東大生と交流してもらうことで、受験の先にある大学生活のイメージをもってもらうことを目的としています。参加してくださった多くの中学生・高校生そして一般の方にも例年好評をいただいています。

もっと知りたいという方は以下のリンクからも確認できます。

東大ガイダンスホームページ



■このブログについて■
「東大ガイダンス」に参加する東大生が、東大や東大生についてリレー形式で語っていくブログです♪
ブックマークへ追加して、チェックよろしくお願いします!
ランキングクリック、いいねボタン、ツイートボタンなどもよろしくお願いします!

■このブログについてのお問い合わせ■
blogあっとtodai-guidance.comで受け付けております!(あっとを@に変えてください)
質問、疑問、このブログに対する要望など、お気軽にお送りください!

■ツイッター始めました!■
東大ガイダンス運営委員会公式アカウント@todai_guidance 
ブログの更新情報などをつぶやきます。
このブログとも連動していますのでフォローお願いします!








人気blogランキング
東大生ブログランキング

2016年12月07日

こんにちは!理科一類一年生のアダチです。今回が二回目の投稿です。よろしくお願いします。

今回のテーマは、休憩の仕方についてです。突然ですが、みなさんはちゃんと休憩していますか?自分を追い込みすぎていませんか?勉強しすぎて疲れていませんか?何かに熱中するのは良いことですが、時々休むことも大切です。むしろ、適度な休みを取ることによって作業がはかどることも多いのではないでしょうか。そこで、今日は自分なりの休憩の仕方のポイントを二つご紹介したいと思います。

まず一つ目は、室内でできることです。この時期ですと外は寒いので、外に出るにはいろいろ準備をしなければなりませんし、外に出ること自体が疲れの元となってしまうと思います。また、家の外だと周りの目を気にしなければならないので、精神的にもあまり休まらないでしょう。やっぱり人間はお家の中が一番落ち着く生き物なのではないかと思います。

二つ目は、時間を取られすぎないことです。例えばテレビやゲームは良くないです。これらは人を楽しませるために作られているので、一度はまってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまいます。休憩は適度に取ってこそ効果を発揮するのですから、やめることが出来なくなって結局疲れてしまう恐れのあるものには手を出さない方が良いと思います。ただ、この番組を見終わったら止める、このミッションが終わったら止めるといった区切りを付けられるのであれば、計画的に休憩することが出来てとても良いと思います。

最後に、これらのポイントに両方当てはまる最善の休憩方法を紹介したいと思います。それは、昼寝です。昼寝というと、非生産的なイメージを持つ人も多いと思いますが、実は昼寝はとても良いことです。頭をリフレッシュさせ、作業の効率をアップさせることができます。医学的にも、15〜30分程度の昼寝は脳を活性化させてくれると言われています。眠いままで勉強しても思うように成果は出ません。積極的に昼寝を取り入れることをおすすめします。
今日取りあげた内容は、あくまで僕個人の意見です。人それぞれがいろいろな休憩方法を実践していると思います。しかし、まだあなたが知らない休憩方法があるかもしれません。今回の投稿が、それを見つけるきかっけになったとすれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。これからも頑張ってください!
人気blogランキング
東大生ブログランキング



todai_guidance at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!理科一類 

<>