2016年07月12日

「苦手科目との付き合い方」@フジワラダイキ

こんにちは、文一2年のフジワラです。

今回は苦手科目との付き合い方について書きたいと思います。

まずは、苦手科目とどう向き合うかです。

大学入試は全科目の総合得点が合格基準を満たしていればパスできるのであって、必ずしも受験までに苦手科目を一つ残らず得意にする必要はありません。

どういうことかというと、一口に苦手科目といっても、大きく分けて2パターンあります。
一つは、同じ大学の受験者の中でも平均に達しないような場合です。
もう一つは、どの科目も同じくらいの成績で、その中で苦手意識があるような場合です。

スポーツなどと同じように、受験も試合(入試本番)までに時間が無限にあるわけではないので、試合までの時間を有効に使う必要があります。
つまり、苦手科目のケアに注意を取られすぎて得意な科目を伸ばすことを後回しにすると受験に失敗してしまうこともあるわけです。
ただし、あまりにも不得意な場合はその科目を放置せず、ある程度得点できるレベルまで仕上げましょう。苦手すぎて一問も手をつけられず、逆に試験時間が余ってしまうようなレベルでは流石に合格は遠のいてしまいます。

上手くリスクマネジメントをしながら、受験計画を立ててみてください。

というのも、私自身高校時代数学がとても苦手で受験期に何度も数学に時間をかけるのをやめようかとも考えていました。ですが、最後まで諦めることなく勉強した結果、本番では一問も最後まで解けなかったものの、なんとか15点とり、合格最低点からプラス14.99点で合格したので、自分の場合はリスク管理は上手くいっていたのではないかと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた別の記事で。

よろしければ、こちらもクリックよろしくお願いします(^.^)
人気blogランキング
東大生ブログランキング




この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔