2017年02月08日

「大学受験での心がまえ〜不安解消法〜」@フジワラダイキ

こんにちは、文科一類2年のフジワラです。

受験生の皆さんは、センター試験という大学入試の第一の関門をくぐり抜け、2次試験に向けて勉強を進めている時期でしょうか。ですが、気がつけば国公立大学の2次試験まであと2週間と少しですね。1日1日を無駄にせずに、2次試験本番に向けて最後の追い込みを頑張ってください!!

さて、今回は試験本番の心構えについて紹介しようと思います。試験が近づけば誰でも不安を抱えるものですし、本番でミスをすることもあるものです。(本当は不安を感じすぎず、ミスもしないことが理想ではあるのですが、そうはいかないですからね。)そんな時にこの記事で触れたことを思い出してもらえれば嬉しいです。

試験当日、会場には自分と同じ、あるいはそれ以上のレベルの学力の受験生がたくさんいます。自分の受験番号の書かれた座席に着くと、本当に周りは自分より頭がいい人ばかりのように見えます。(私は予備校に通っていなかったので、周りの受験生が有名予備校のテキストを開いていたり、講師からのメッセージを読んだりしているのを見て、とても不安になりました。)ですが、別に大学受験の場合、その会場で1番の成績を取らなければならないわけではありません。自分と同じくらいの学力の人に差をつけられなければいいだけです。それくらい落ち着いた気持ちで臨みましょう。2次試験当日は受験生だけでなく、予備校関係者や応援に駆けつけた学生(学生について言えば、緊張している受験生のみなさんにとってはありがた迷惑でしょうが、、笑)などキャンパス付近は多くの人がいて、普段とは違う、気持ちが高ぶってしまう雰囲気で満ちているわけですが、「なんか賑やかだなぁ」と思えるくらいに気持ちを大きく構えていると落ち着いて試験に臨めると思います。会場に向かう前に胸を張って両手を広げて体を伸ばすと自信がみなぎり、リラックス出来るのでオススメです。

次に、ミスをしてしまった場合の気持ちの持ち方について少しだけお話しします。みなさんも経験があるかとは思いますがミスをしてしまうと、ミスをしてしまったことに対して「なんでミスをしてしまったんだ!」と怒りを感じたり、あるいは落ち込んでしまったりするものです。この時、注意すべきなのはミスそのものの回避ではなく、ミスをしてしまったことで抱くマイナスの感情(怒りや落ち込みなど)でさらなるミス、言うなれば2次災害を招くことです。ミスをしてしまった以上どうしようもないのですから、それが原因で起こりうる、さらなるミスを回避することの方が大事です。例えば、得意分野の問題で思うような出来の回答ができなかったときに、「あぁ、点数取らないといけないのにダメだった、他のところで点数取らないといけない、どうしよう…」と思っていては気持ちが追い詰められてさらなるミスを招く可能性があります。そんな風に落ち込むのではなく、「出来なかったのはしょうがない、残りの問題を手を抜かずに解き切るぞ!」と前向きにとらえるようにすれば心の持ち方は大きく変わってきます。私は2次試験の初日、教室が寒いといけないと思って肌着を2枚重ね着していったのですが、想像していたよりも教室の中が暖かく、結局トイレの個室に行って1枚肌着を脱ぐはめになった時、「この時間無駄だなぁ」と思ったのですが、「このまま試験に臨んで暑さで集中できない方がマイナスだから仕方ない」と冷静になれたのは大きかったと思います。また、試験の2日目に得点すべきだった英語リスニングの出来が思わしくなく、心が折れかけましたが、「とても難しかったし、周りもできていないはず」と切り替え、時間の許す限り全力で問題と向き合ったことも合格の大きな要因の一つだったと私は思っています。

また、みなさんの中にはこれまで受けて来た模試などで見たことがある、解いたことのある問題が出て、その問題が解けそうにない時、「あぁ、この分野もっとやっておけばよかった」と思ったことのある人もいるのではないかと思いますが、残念なことに入試本番で同じ思いをするはめになることもあるでしょう。そんな思いをしないように、解けなかった問題は必ず本番までに復習しておきましょう。その問題が出題されずに生じる勉強時間の面での損失よりも、その問題が出題されて入試本番で解けなかった場合に生じる精神面での損失の方が大きいと私は思います。

最後に。
ここまで長々と書いてきましたが、要するに大学入試では本人の気持ちの持ち方がとても重要な要素になっているということをわかってもらえればなと思います。
ちなみに、ここに書いてきたことは全て私の経験に基づいたもので、決して実践の伴わない机上の空論ではないので、少し頭の片隅に置いてもらえれば幸いです(笑)。

試験本番ではミスや気持ちの動揺は起こるものだと思って臨みましょう。ミスもせず気持ちも動揺しないで試験を終えられたらラッキーくらいに思うと気が楽になります。
大学に入ったり、社会に出たりしてからは、自分がミスをしてしまった時にどれだけ早く、そしていかにうまくリカバーするかはとても大事になります、と一応付け加えておきます。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。
みなさんが強い気持ちを持って合格という栄冠を掴むことを願ってやみません。

↓ついでにこちらもよろしくお願いします。
人気blogランキング
東大生ブログランキング




この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔