2017年02月13日

「(東大の)二次試験体験記」@シラカワハルマサ

みなさんこんにちは、文科三類1年のシラカワです。久しぶりのブログ執筆です。気温が低い日が続いていますが風邪をひかないようお気をつけください!今回は僕の二次試験体験記ということで執筆させていただこうと思います。去年の、この時期は緊張して集中できなかった時もありましたが、ここまできたらやりきろうと思って無理やりごまかしてやっていたように思います。

試験当日を思い出しつつ大変だった点をお話しさせてもらおうと思います。

僕は文系なので、当日の試験会場は駒場キャンパスでした。(理系は本郷キャンパスです)
1日目は試験会場にむかうため電車に乗ったのですが、遅れるのが怖かったため1時間以上前に出発したのを覚えています。案の定、ホームドア整備で遅延が発生して10分近くダイヤが乱れていたので、早く出ることをお勧めします。試験会場は駒場キャンパスの端っこの方にある13号館というところで、午前中は暖房が効ききっていなくて寒かったです。僕はかいろをもっていくのを忘れていたのですが持って行った方が安心かと思います。試験中は個々人で違うと思いますが、緊張しすぎて何も書けないよりはとにかく書いてみて自分を落ち着かせるのもいいかもしれません。

昼休みのことを振り返ってみます。試験本番の昼休みは2時間もあるので、一応外に買いに行くことも可能だったはずですが、僕は買ってから行くことをお勧めします。駒場周辺はお店が少ないですし、コンビニも少ないです。あらかじめ、買っておいて食べた後に参考書を確認したり、キャンパス内をうろうろと散策して気分転換をするのがおすすめです。ぼくはキャンパス内を散策して高校同期と話したり(ほとんど会えませんでしたが)、構内の構造を見て受かった時のことを考えるなどとにかくプラスに考えるようにしていました。

2日目は同じように過ごせばいいと思います。ただ、1日目に失敗したとしても引きずらないようにした方がいいと思います。ぼくは引きずってしまい、最後の英語の時間のプレッシャーが並々ならないものになってしまいました....

今回はここまでで筆を置かせていただこうと思います。
受験生の皆さんはあと2週間弱ですが健康には気をつけて頑張って下さい!


この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔