2017年03月24日

「卒業を控えて」@イトウユウジロウ

東大ガイダンスブログ♪をご覧の皆さんこんにちは。

まずは↓ぽちっとお願いします。

人気blogランキング
東大生ブログランキング



久しぶりの執筆になります。
東京大学大学院総合文化研究科修士二年のイトウユウジロウです。
ワタナベ君より少し前に代表を務めさせてもらっていました。

ガイダンス恒例の「卒業を控えて」シリーズの最後を任せてもらえてとても光栄です。

ところで余談ですが皆さんこのページの右側に今までの記事がカテゴリー分けされているのに気付いてましたか?「東大生の恋愛事情」というカテゴリーの記事が17も存在するんですね。東大生にとって大切な出来事である「進学振り分け」(16)よりも多いなんて…
ガイダンスに6年間携わらせていただいてきたなかで、かなり衝撃的な事実に卒業間近で気づきました(笑)
先輩方は「充実した」学生生活を送っていたんですね。

前回執筆したのは約一年半前。「私の研究」というテーマで執筆させてもらいました。
そのころは色々あって落ち込んでいましたが、こうして卒業できます(多分)。

愛知県の公立高校を卒業後、一浪したのち、東京大学の理化砧爐貌学。以来6年間の学生生活を駒場で送ってきました。

DSC_1010


写真は、東大ラグビー部御用達の普段よくご飯を食べているところで、卒業のお祝いにステーキをごちそうになったときのモノです(自分はラグビー部ではありません)。一人前です。

大学生活は色々な人に支えられてきました。
本当に感謝しています。
以前「東大生が大切にしている言葉」というテーマで2年くらい前に執筆させてもらいました。自分の大切にしている言葉は「感謝」です。ここでもう一度書きたいところですが、同じことを2回書くのも憚られるので皆さん是非そちらの記事も読んでみてください。

さて、今年度もあと1週間で終わりです。もうすぐ新生活が始まります。思えば、高校生の時は毎日が部活→授業→部活→勉強の繰り返しで将来のことをあまりよく考えていませんでした。「大学に入ってからが大事だ」という言葉も「受験が終わったからいえるんだろ」と素直な気持ちで受け止めることもできていませんでした。

けれど

やぱっり大学に入学後の方が大切です。

受験の結果も出ていることだと思います。第一志望に無事受かった人も、そうでなかった人も受験は岐路の一つにはなりますが、通過点に過ぎません。別れた道がまた一つになることもあります。別々の大学に進んだ人が大学院や就職先で一緒になることもあります。

浪人することになっても、そのおかげで出来る新しい出会いもあると思います。自分も1回浪人していますが、今の同期が同期で良かったなと思います。また、いい先輩方にも恵まれたなと思います。

後悔をしない学生生活を送るのは難しいです。
「やらないで後悔より、やって後悔」という単純なものでもないのかもしれません。

大学時代やり残したなという事はたくさんあります。恋愛とか(笑)

けれど、修士論文を自分で納得できるようなできにまとめあげることができ、よき先生、先輩、同期、後輩に恵まれた学生生活だったと思います。

また、なにより6年間東大ガイダンスに携わることができ、多くの高校生のみなさんと関わることができてとても幸せでした。

イベントに足を運んでくださった皆さん。今こうしてブログを読んでくれている皆さん。本当にありがとうございました。

来場者の皆さんとフリートークをしたり、こうしてブログを執筆することが、改めて自分や東大について考える良いきっかけとなりました。皆さんの笑顔から多くの元気をもらうことができました。皆さんと交わした一言一言、ここで綴らせていただいた一文字一文字、そして皆さんからから言ってもらえた「ありがとう」が6年間の学生生活の宝物です。

4月からの新生活が皆さんにとって幸多いものとなることを祈っています。

長文を読んでくださりありがとうございました。

最後にもう一度言わせてください。

皆さん、6年間本当にありがとうございました。


todai_guidance at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!理科一類 | 卒業を控えて

この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔