2017年05月14日

「受験期夏までの過ごしかた」@サトウヒロタカ

東大ガイダンスブログをお読みいただき、ありがとうございます。
東京大学法学部3年の佐藤央尚です。

今回は「受験期夏までの過ごし方」と題し、高校3年生の
夏休みより前の私の生活や、勉強の様子をお話ししたいと思います。
「夏は受験の天王山」と言われるけど、それまでに何をしておけばいいの?
と悩んでいる受験生の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず勉強についてです。私の通っていた高校は毎年東大合格者が1名程度出るレベルの
地方の公立高校でした。それから、私は塾には行っていません。これを前提に、
高校3年生のこの時期各教科でどのような勉強をしていたかお話しします。

【全体】
文化系の部活を高3の4月で引退したので、
平日は1日4時間、休日は7時間ほど自学の時間をとっていました。
まだセンター対策や東大に特化した二次対策はしていませんでした。

【数学】
数学供Bまでは習い終わってましたが、かなりの苦手科目でしたので
平日2時間、休日4時間程度、つまりは勉強時間の約半分を数学に充てて
苦手克服を目指していました。東大志望ではありましたが、まだ過去問には手をつけておらず
チャート式(青)や、高校の先生が厳選してくださった他大学の入試過去問を解いて
基礎から応用まで満遍なく苦手の補強に務めていました。
実際苦手克服にまでは最終的に達しなかったのですが、
この時期に少なくとも基礎をやっておいたおかげで、
夏以降時間がなくて対策が間に合わない、という状況に陥るのは防げたと思います。

【国語(現代文・古文・漢文)】
正直あまり手が回っていませんでした。苦手の数学に時間を取られていたせいです。
国語は苦手ではなかったので、7月の校内学力試験に向けて、
古文漢文の文法・単語復習をしていました。現代文はあまり手をつけていませんでした。
また、地味ですが漢字のおさらいをしていました。東大入試では3〜5点分漢字が出題されますので。

【英語】
ひたすら単語と文法をおさらいしていました。まだ英作文やリスニングの対策には手をつけず、
文章題も先生に配られた問題集(7月の校内試験用)を解く程度でした。
英作文やリスニング、和訳、文章題対策を本格的に始めたのはやはり夏休みからです。
夏前のこの時期は、そこへ向けての基礎作りの側面が大きかったと思います。
(実際のところ試験があったのと、個人的に単語めっちゃやばいと思っていた焦りでやっていたにすぎませんが。事実、単語のおさらいは入試本番までずっとやっていました。)

【社会(日本史&世界史)】
授業はまだ教科書の範囲が終わっていないという状況でした。
得意科目だったこともあり、早めに二次試験対策(論述対策)を始めていました。
高校の先生にいろいろな大学の論述過去問を厳選してもらい(論述対策用の問題集があったみたいです)
1週間に1問程度のペースでゆっくり添削していただいていました。
社会や理科は、高2で習った範囲などはもう忘れている場合が多いので
論述問題を解く際にも、教科書を見つつ、知識を思い出しながら解くことを意識しました。
もちろん、日々進む授業もまじめに受けて、習った範囲の論述対策にすんなり入れるように知識を身につけていました。

IMG_1152


【理科基礎】
まったく手をつけていませんでした。センターのみなので、
高3の10月から始めても十分だと考えていました(実際十分でした)
授業にちゃんと付いて行って、知識取得をおろそかにしないように気をつけました。

【受験で使わない科目】
もしも推薦で他大学を受ける、という場合を想定しつつ、定期試験で80点以上
取れるようにしていました。つまるところ、一夜漬けでした。

いかがでしょうか。一言で言えば、
圧倒的に苦手科目の対策に力を入れていたという感じです。
夏からは本格的な二次試験対策を始めざるをえない時期になります。夏前は
基礎を復習できる最大最後のチャンスだと、個人的には思います。

次に生活についてですが、これは失敗談になります。
実は私は生活リズムが安定せず、勉強している時間帯も毎日バラバラ、
睡眠時間も日によって4〜7時間とまちまちでした。
これは受験勉強の最終期になって、「勉強机に着く習慣がついていない」
「寝不足で勉強に集中できない」「自分がどれくらい勉強したか実感が持てない」
といった弊害があり、精神面でも実力面でも、非常に良くなかったです。
部活を引退したら特に、勉強時間と睡眠時間はきちんと固定して確保するように
するのが、健康面でも秋以降の伸びの面でもいいと思います。

いかがでしたでしょうか。長々と書きましたが、これは私の一例でしかありません。
みなさん一人一人得意科目も苦手科目も違うと思いますし、生活リズムも様々でしょう。
たった一つ全員同じなのは「時間」です。夏前のこの時期、みなさんは自分の時間をどう使うのが
自分の志望校合格のために最も良いと思いますか?

この記事が、みなさんがそれを考える際の一助になれば幸いです。
乱文となってしまいましたが、お読みいただき、ありがとうございました。

todai_guidance at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!法学部 

この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔