2017年10月26日

センター試験の勉強について(文系)@ムラマツタカシ


初めて投稿させていただきます、文科二類1年のムラマツです。秋になり、センターの出願もすでに済ませたということで、1つの大きな山場であるセンター試験の対策はどうしようか……と迷う時期でしょうか?今回はセンター試験の勉強について述べさせていただきます。

私は1年間浪人をしたので2度センター試験を経験しました。
現役時代にセンター試験の対策を全くせず、とてもひどい点数を取ってしまったせいで仕方なく文科一類に出した(他の科類に出したら足切りに確実にあうレベルだったので)という実体験から言えるのは、
「少なくとも12月からはセンター試験の勉強を始めるべき」ということです!

あまり知識が固まっていなく、2次対策が不安だからセンター試験はまだやりたくない……という人もたくさんいるとは思いますが、センター試験で失敗すると本当にメンタルがやられてしまうので、割り切ってセンター試験対策をしっかりやる方がいいと思います!

以下私がオススメする科目ごとの個別の勉強方法を書きたいと思います。

【英語】
私はセンターの過去問は、ほんの数年分だけ解きましたが、基本的には発音・アクセントに絞ってやり、他はなるべく二次試験対策に重点を置くようにしました。どんなにセンター対策に忙しくても二次試験レベルの英語をやる時間は毎日作った方がいいと思います(特にリスニング)。 とは言ってもセンター英語もなかなか点数がとれないこともあると思うので、その時は文法問題集を3周くらい(特に語法の部分、ここだけでもOK)解いてみると、意外としっかり覚えていなかった知識に気づけて良いと思います。この知識は二次試験対策にもなりました。東大入試のスピードに合わせるため&時間節約のため、60分以内で解き終わるようにはしていました。

【数学】
私は本当に時間が足りなく全然できなかったので、センター過去問、各予備校の予想問題集を解きまくりました。だんだん慣れてきて、どんな問題が出ても不安にならないようになるので、どうしても出来ない人は量をこなすのがいいと思います。盲点となる公式とかも紙に書き出して覚えました。1ヶ月間、毎日2時間くらいはやっていたと思います。

【国語】
現代文だけ数年分解きました(古文漢文は2次対策のために基礎的な問題集をやってれば満点を狙えるので)。形式に慣れるのが大切だと思います。現代文は最後まで点数が安定しない科目だと私は思ったので、古文漢文だけは満点を取るつもりでいました。

【社会】
・日本史
東大の論述にはあんまり役に立ちませんが、センター試験は細かい知識がでるので、なるべくスピーディーに過去問を回すようにしました。センター用の知識がコンパクトに載ってる問題集(Z会のセンター日本史って本がオススメです)で暗記しながら過去問を20年分くらいやれば十分です。

・世界史
センター試験対策が第3問対策になるので、センターを利用しながら自分の知識の穴を埋めました。世界史は年代暗記をしているとセンターがとても解きやすくなるので、年代暗記用の問題集を買って、センター過去問内で用語が出るたびに、何年に起こった出来事か思い出せるようにしてました。これは世界史論述でも時代ごとの特徴とか思い出す時に非常に役に立ちました。毎日4時間くらいやってたと思います。

【理科基礎】
基礎的な問題集で覚えながら(またもやZ会の本がオススメ)いろんな予備校が出している予想問題を解きました。1ヶ月ほど毎日コツコツとやってました。

以上が浪人時代の12月から実践していた(現役時代に比べて150点伸びた笑)勉強法です。
これから勝負の冬なので毎日10時間くらい勉強することになるかもしれませんが、ほんとうに身体には気をつけてください!しっかりと休憩もしながら、着実に勉強していくのが一番だと思います!!!


todai_guidance at 00:12│Comments(0)clip!文科二類 

この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔