2017年12月12日

「ドイツ語紹介」@S

初めて投稿させていただきます。理科二類1年のSです。(個人的な内容を含むので匿名とさせてください。) 寒くなってきたので特に受験生の方は風邪をひかないよう気をつけて過ごしてください!さて、東大では合格発表後に選択する第二外国語を決めることになっています。第二外国語ごとに難易度やクラスの雰囲気に大きな差がありこの選択は大学生活に大きく影響します。今回はドイツ語の紹介ですがこれから他の言語の紹介もあるので、選ぶ際に是非参考にしてみてください!

[ドイツ語の授業]
他の第二外国語は理系の場合、必修はSセメスターに週2コマ、Aセメスターは週1コマになります。それ以外に選択科目として演習、会話などの授業を取ることもできます。授業は東大ドイツ語部会が製作した「Einblick」というテキストを用いて、通常文法事項の説明、文法問題、独作文、会話文の読解というふうに進みます。これに加えて、Lesetextと呼ばれる少し長めの文章の読解、リスニングを行うこともあります。習い始めてから1年未満の言語はリスニングはとても難しくみんな苦戦しています。また、授業数回に1度小テストがあり、動詞の変化や格変化の確認を行います。一週間で不規則動詞の過去形・過去分詞形を45個覚えるのが三週間続くという地獄のようなこともありました。楽しい内容としてはドイツの映画(日本語字幕つき)を見たり、ベルリンの写真を見ながら歴史の解説を受けたりすることもあります。ドイツ語は教科書が他の言語に比べて厚く、内容も盛り沢山と言われていて負担は大きめかもしれません。担当の先生はスパルタで予習をしていない生徒には厳しいですが、ドイツ留学していた頃の小話がとても面白く気に入っています。この先生はドイツ語選択者がだんだん減少していることを悲しんでいたので是非ドイツ語を選択してください!

[ドイツ語を選んだ理由]
ドイツ語を選んだ理由は、理系はドイツ語選択という印象が強かったからという単純なものでした。クラスメイトは、「ドイツサッカーが好き」「カフカを読みたかった」「ドイツのバンドが好き」など様々な理由で選んでいました。
ドイツはフランスと並ぶEUの中心地であり、ドイツに加えてオーストリアやスイスの一部でも話されています。また、ドイツはヨーロッパの経済や科学の中心地であり旅行以外でもビジネスや研究でも役に立つかもしれません。また、ドイツには長い歴史や有名な文学が存在し、ドイツ語を極めればドイツ語で資料・文学を読むことができます。加えて、ドイツ語は発音がかっこいいのが特徴です。ドイツ語でボールペンはクーゲルシュライバー・黒い森はシュヴァルツヴァルトです。

[ドイツ語の特徴]
ドイツ語の学びやすい点としては、単語や文法が英語と似ているということです。例えばドイツ語で「学ぶ」はlerne、「持っている」はhabeです。それぞれlearnやhaveに似ていることに気づくと思います。文法事項では関係代名詞や現在完了形など英語と似ている部分も多いです。また、ドイツ語は発音も規則通りのことが多く、規則さえ覚えてしまえばスペルを見ただけで発音が可能です。
ドイツ語の難しい点としては、ヨーロッパ系の言語に共通することですが性別や格変化が複雑ということです。ドイツ語の名詞には男性・中性・女性の3種類の性別があり、これに加えて4つの格(主格・所有格のようなもの)があります。これに応じて冠詞や形容詞が変化するのでとても大変です。入学後すぐにdie,der,der,die(男性名詞の定冠詞の格変化)などと覚えることになると思います。

[クラスの雰囲気]
ドイツ語選択は真面目な人が多いという印象です。他のクラスと比べたことがないので分かりませんが、出席率は高い気がします。勉強熱心な人も多く、テストにはみんなガチで挑みます。良い点としてはクラスの雰囲気で勉強のモチベーションが維持できるところです(大学生になると勉強しなくなる人も多いです)。個人的には東大に入った後も勉強を特に頑張りたい!という人にオススメな気がします。良くない点としてはテストの点が取りにくいことです。東大では全体の3割しか優が取れないという規則があり、勉強熱心な人々と同じクラスだと相対的に点が取りにくくなってしまいます。このことは進学選択に響きやすいので注意が必要です。
ドイツ語は女子の割合が他の言語に比べると低めで、理科一類では女子が一人もいないクラスがあるそうです。
ドイツ語というとお堅いイメージが多いですが、(他のドイツ語クラスはどうか知りませんが、私のクラスに関しては)そこまででもありませんでした。クラスでたこ焼きパーティー、箱根へのクラス旅行、ハロウィンパーティーなどイベントも結構ありとても楽しい大学生活を送れています。

みなさん東大に合格したらぜひドイツ語を選んでくださいね!


todai_guidance at 11:26│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

(記事に関連した質問以外はコチラで受け付けております!)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔