東大で野球するなら東京大学運動会準硬式野球部

こんばんは。佐鳥です。
佐鳥家は最近引っ越しました。引っ越したら風呂の配管が壊れてて床下が浸水しました。
それから設計ミスで3年前に買い替えた冷蔵庫が所定の位置に収まりませんでした。
一昨日新しい冷蔵庫を買いました。古い奴は母の知り合いに譲るそうです。
もう引っ越しはしたくないです。

さて、「カリスマ性の権化」ですか。ちょっといじってるようにも感じますが、高田なので心の底からそう思ってくれているのではないでしょうか。先輩冥利に尽きます。

いつものオフブログは年末の旅の話をするのですが、残念ながらまだ本格的には旅行に行けていないので今日は大学の授業に関連した小旅行の話をしたいと思います。

自分は都市工学科に所属しているのですが、そこの名物授業である『都市工学演習』では三年生のこの時期に自治体を舞台にその地域の都市計画(都市マスタープラン)を策定するという課題を行います。
今年度は横須賀を舞台にして都市計画を考えています。
なぜ横須賀市なのか、それは横須賀市は首都圏において人口減少・高齢化が進んでいる自治体であり、横須賀市の今後を考えていくことは首都圏の今後を考えることになるからです。都市の拡大から縮小への転換点にある現代では従来の都市計画にとどまらない新たな都市計画が求められています。そういう意味でもとてもやりがいのある課題ではないでしょうか。

そんなわけで先週の土曜日に横須賀に現地見学に行ってきました。
6人で行ってきました。

ちなみに男6人です。

横須賀市と一言にいっても範囲は広く僕らは西側から回ることにしました。
都市地域が広がる東側と比較して西側はゆったりとした時間が流れていました。
それから三浦市に近い南側を見て回りました。
IMG_3826
見事なキャベツ畑です。これぞ近郊農業という感じですね。

そのあと久里浜周辺でご飯を食べて内陸のほうを回りました。
途中とても道が込み入っていて運転するのが大変でした。

そんな風にして楽しく過ごしていたのですが、車をバックさせる際の誘導のために車外に出たところで異変に気付きました。
右の後輪がぺしゃんこになっているではないですか。

そうです、まさかのパンクです。驚くべきことはそこまでパンクしたまま走り続けていたということです。パンクしたことにさえ気づかせない、さすが日本車ですね。
そこからレンタカー屋や保険会社に連絡しなんと30分後には業者さんによりスペアタイヤに交換されました。事故後の対応も早い、さすが日本です。

そしてパンクしたタイヤを見るとそこには釘が一本
DSC_0070 (3)
どうやら釘もあまりのカリスマ性に惹かれて佐鳥にくっついてきてしまったようです。

そんなアクシデントがあったものの早急な対応により時間をあまり無駄にすることなく横須賀市を見学することができました。今後の計画策定に活用していきたいと思います。

さて、明日のブログですが、皆さんもそろそろ東大生のむさいブログに飽きてきたと思うので、マネージャー陣から自分がひそかに『準硬のお母さん』と位置付けているチーフマネの堀出さんにお願いしたいと思います。

こんばんは、2年プレーヤーの高田です。
(先に言っておきます。今回は笑いに走ろうと思ったのですが置きにいきます。すみません。)

初貝委員長からご紹介に預かるとは大変恐縮です。
僕も委員長の太陽のような笑顔を分けてもらいたいものです。

「社会人のような落ち着き」とおっしゃいましたが、これはいわゆる正装みたいな服装のおかげですかね、、 コーディネートを考えるのが面倒でここにこだわり過ぎるときりがないので、自分はこの格好でいいんだと割り切っています。高校を卒業して以来、制服がなくなりどういう方向性でいこうかあれこれ考えた結果、今のスタイルに落ち着きました。汎用性がありシンプルな点がお気に入りです。

丸の内と言えば、一昨日、平間名誉会長と結婚式場(!?)でショートフィルムを観たついでに、完成したばかりの丸の内駅前広場を覗いてきました。解放感のある通りにどこか異国にいるような感覚を覚えました。辰野金吾氏設計で重厚感のある駅舎はこの国の行方を見守っているかのようで、静寂の中だと余計にエモいです。

さて、本題に入りたいと思います。
慎太郎さんに「一緒に住まへんか」と誘われてはや十カ月が過ぎようとしています。これまで数々の”ドラマ”を生んだこの家にいられるのはあと1か月となりなんとも名残惜しいです。
駒場グラウンドからほど近い好立地を活かし、数え切れないほどの会がここで開かれました。幹部会、同期会、映画観賞会、その他食事会などなど。このような機会があって多くの人と時間を共有できたのは、非常に幸運だったと思います。住もうと誘われた当時、煩わしいこともあるだろうけど、一人ではなしえないことが相互作用によってできるのでは(二人でユニークな事業を考えたり)、という狙いがありました。が、部活をしている間は家でも部活の延長といった感じで緊張感があり、素で打ち解けあうことはありませんでした。それが部活引退後の今となっては、兄といった感じでわだかまりなく話すことができる関係になりました(個人的に)。思い描いていた通りにはなりませんでしたが、”あらゆる方面で”一貫して見せる師の「多動力」、愚直さ、そして自分とは少し違う価値観を観察することができたのが一番の収穫です。このようなご縁は貴重だなぁと思う今日この頃です。

僕ももう少しで引っ越しということで、明日のまねぶろは最近引っ越しした、誰もが認める”カリスマ性の権化”こと佐鳥さんに回したいと思います。

それでは失礼します。

こんばんは、3年プレーヤーの初貝です。
「お金があればなんでもできる!!!」と思っていましたが、最近いろんな人から「お金は幸せの必要条件で、十分条件ではないよ」と言われて幸せって難しいなぁと考えている毎日です。
下澤くんの理系チックな幸せについての講義には文系の僕はついていけませんでした.....

さて、今回のまねぶろでは僕の将来の夢について書きたいと思います。
最近、将来の夢が「お金持ち」から「丸の内リーマン」に変更になりました!!!!!!
はい。どうでもいいですね。

最近東京駅に行くことが増えてきたのですが、行く度にスーツをパリッと着て前髪を上げて颯爽と歩く丸の内リーマンかっこいいなぁと思っています。やっぱり年上って魅力的ですね。。。。
しかも夜になると、キラキラのイルミネーションがお出迎えしてくれます。
単純なので、ここで働きたいなぁと思ってしまいました。
スーツを着るだけで社会人になった気分になってルンルンになるくらい単純です。
早く大人の余裕を身につけてモテモテの人生を送りたいです。

僕が社会人になったら先輩風吹かして奢りまくると思うので、僕の輝かしい将来を祈ってください!!
駒場グラウンドが僕のお金で全面人工芝になる日も近いかも、、、、、、、、、、

とりとめもない話になってしまいましたが、とにかく僕に媚を売ってください!ってことです!!笑
それでは、もはや社会人なのではないかと思える落ち着きを身につけているポーカーフェイスの高田に
お願いしたいと思います。
僕にもそのポーカーフェイスを少しでいいので分けてください。

それでは失礼します。


こんばんは。一部の人からFASHION MONSTERと呼ばれている3年外野手、副将の下澤です。この名前についてはイメージが先行しているだけだと思います。刷り込みって怖いですね。ちなみに、自分が馬鹿にされることについてはそこまで何も思いませんが、自分が大切にしている人やモノを馬鹿にする人は許せません。

機械工学科の演習について書こうと思いましたが、そんなのつまらないと言われてしまいました。作りたいものを創造し、その機能を実現するためにはどのような機構や設計が必要かを考え、うまくいかないことを試行錯誤の上で乗り越え、それを実際の物として自らの手で作り出し、実際にうまくいったときの喜びは素晴らしいのですが、伝わらないのは悲しいですね。

ということで、今日のテーマはHapinessです。
22歳ともなれば、色々悩んだり考えたりするものです。最近、時間の流れが本当に早いなと感じていて、うかうかしていたらすぐ1年が過ぎ去りそうです。これは心理学でも提唱されていて、ジャネーの法則によれば、体感時間は年齢の逆数に比例します。分かりやすく言えば、20歳の時点で人生の体感時間の半分は終わっているということです。みなさん、残念でした。

幸せの形は人それぞれ違って、「モテる」「結婚する」「宇宙に行く」「金持ちになる」など色々あり、その人が幸せであれば、僕はどれも尊重すべき素晴らしいことであると思います。「彼女がいないからお前は幸せではない」と自分の価値観を押し付けてくる人も時々いますが、そんなものありがた迷惑であって、自分の幸せは自分で定義すべきです。(彼女が欲しくないというわけではありません。)
よく思うのは、「自分の価値が低いと自分で思ってしまうと(自分を安売りすると)、本当に自分の価値が下がってしまう」ということです。「打てないと思うと本当に打てなくなる」のと同じです。自分のダメなところを認めたうえで、変に自分を卑下することなく、自分を認められる人間になりたいですね。現状の自分に満足して甘んじていればいいという意味ではないです。

幸せには、他者によるものか自己によるものかの2つがあると思っています。他者(家族、恋人、好きなコトなど)による幸せはとても大切なものであり、例えば「その人がいれば何もいらない」「無条件に自分を受け止めてくれる存在がいる」というのはとても美しい’愛’の形だと思います。これだけでも十分幸せだと思いますが、他人は結局他人であって、その存在を失ってしまうかもしれない。また、その幸せが満たされているときに何を求めるのか。
マズローの欲求段階によれば、生理的、安全、社会的、尊厳欲求が満たされたとき「自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化して自分がなりえるものにならなければならないという欲求」を持つようになります。この自己実現欲求により、困難があってもそこに進もうと思い、’自分だけの’幸せが得られるのではないかと思います。
冒頭の話に戻りますが、自己実現欲求があるからこそ僕は、自分の能力を使って新しいものを創り出したいと思い、部活でいえば、自分のポテンシャルを最大限発揮して、自分の力を証明したいと思っています。

何が言いたいのか分からない文章になってしまいましたが、明日は「金持ちになりたい」と常日頃から言っている、初貝に回そうと思います。是非金持ちになって、おいしいご飯をおごってくれるだけでなく、後輩のために駒場を人工芝にして欲しいですね。


最後に、僕が好きな曲である「Wind Climbing 〜風にあそばれて〜」という曲から歌詞を引用して終わります。(作詞:奥井亜紀)


誕生日を迎える度に 何を祝うのかがずっとナゾだった
見えなくなってしまったものは 二度とかえらないと知ったとき
年を経ることに後悔と 一日が過ぎていく恐怖を感じた
どうにもならない今日だけど 平坦な道じゃきっとつまらない
きみと生きていく明日だから 這いあがるくらいでちょうどいい

どうも、こんばんわ Mr.Nakamura-sanから紹介いただいた1年プレーヤーの萩野です。冒頭からいきなり英単語を使ってしまいましたが、まあ、何を隠そう自分は幼いころ海外に住んでいた経験のあるいわゆる帰国生というやつで、その経験を活かして(?)入試でもかなり助けられました。
あ、でも!! お金💰は使ってないですからね‼️
入試から帰ってきた日に
「300万円振り込んどいたからだいじょうぶ!」と
うちの両親が言ってたのは多分別の案件ですよね!…

(ごめんなさい、嘘です。東大の入試はクリーンですよ!)

とまあ、こんなミジンコレベルでどうでもいい話は置いといて、Mr.Nakamura-sanの壮絶なフリによって僕は今日の出来事を英語で書かなきゃいけないわけですが、さすがに全部英語だと読んでくれる人が異国のゴンザレスさんぐらいしかいなくなってしまうので英語と日本語を交えた文章を綴っていきたいと思います。


まず、本日は土曜日、つまりHOLIDAYだったのですが何も予定を入れられなかったのでHOME ALONEでNEET状態でしたね。
1日の流れとしては、朝8:00に起床……できず代わりに朝(?)の11:00に起床し、POKEMON BATTLEを始めました。あ、POKEMON BATTLEというのは英和辞典をひけばわかると思いますが 己のPOCKET MONSTER と相手のPOCKET MONSTERを戦わせる最高にHOTなBATTLEです。みなさんもよかったらPOKEMON MASTERを目指してみてはいかがでしょうか?オススメです。
そして、その後LUNCHをEATした僕はなんと、勉強を始めたのです!WOW!!
勉強した内容は、CHAI語という東大生でも試験で42点程しか取れずに単位を落としてしまうほど超難解な言語です。(え、ただの中国語じゃないかって?違います、CHAI語です)ちなみに42点を取ったのは僕です。
先生は、帰国生はみんな中国語できるって言ってたのに……

とまあ、そんなこんなで勉強してたら日が暮れて僕の久しぶりのHOLIDAYは終わりました。どうでしたでしょうか?自分なりに頑張って特に面白みのない1日を英語を使ってかいてみましたが…え、英語全然使ってないじゃんって?ほっといてください。

さて、明日のまねぶろはきっと僕よりもEXCITINGな1日を過ごしてらっしゃる、うちの部活のFASHION MONSTER と呼ばれる SHIMO-san(訳:下澤さん)にお願いしたいと思います。乞うご期待‼️

↑このページのトップヘ