東大で野球するなら東京大学運動会準硬式野球部

こんにちは。本年度主将を務めさせて頂きました、4年外野手の和田です。

本日の秋季リーグ戦、対慶應義塾大学第2戦は、1-7で敗戦致しました。

雨宮監督、コーチの浅井さん、OBの小林さん、その他平日にも関わらず来て下さった皆様、ありがとうございました。

今日の試合は、序盤は投手はじめ守備が踏ん張り接戦に持ち込むも、打撃陣が点を取れずに後半で力尽きるという今シーズンを象徴するかのような試合でした。


今季も未勝利に終わり、春のリーグ戦や夏の七大戦からの成長を見せることは多少なりとも出来たかもしれませんが、まだリーグ戦の勝ちを経験していない後輩達を勝たせてやろうという最大の目標を達成することは出来ませんでした。自分が打っていれば勝っていたであろう試合も幾つかあり、悔しいばかりです。


しかし、今シーズンも多くの下級生の活躍に助けられました。きっと彼らは来シーズンで勝利、いや勝ち点を奪ってくれると信じています。もう僕等4年生はプレーで貢献することは出来ませんが、影ながら応援し支えていければと思います。


最後になりますが、一年間主将としてやってこれたのは、いつもリーグ戦に来て頂き指導して下さった監督コーチの皆様、沢山の温かいご支援を頂いたOB会の皆様、トレーニング面でご協力頂いた中澤研究室の皆様、応援に来て頂いたOBや保護者の方々、その他ここでは挙げきれないほどの方々の支えがあってこそでした。本当にお世話になり、ありがとうございました。今後とも、準硬式野球部を宜しくお願い致します。


以上にて失礼致します。


こんばんは、4年プレイヤーの味寺です。
本日予定されていた対慶應大学第二戦は雨天順延となりましたが、午後から雨も上がったため、駒場でキャッチボール、ハーフ打撃、短距離ダッシュなどの練習を行いました。

先日の金曜の練習を駒場での最後の練習と思って臨んでいたため、また駒場に戻って練習するのは不思議な感覚でした。

少しだけ僕自身のことについて書かせて頂きます。打撃に確実性が無く、守備も上手くないため控えから始まったこの秋リーグ、最後のリーグ戦にも関わらず今までのシーズンの同じく低調な形で終わってしまうのではないかという危機感がありました。
ですが、頂いた出場機会で人生初のホームランを打つことができ、何とか試合に頭から出られるようになりました。
ホームランも勿論ですが、早稲田戦で速球投手相手に安打を打てたこと、明治戦で一打同点の好機に三振したこと、最後のシーズンということもあり、嬉しかったことも悔しかったこともかなりの濃さで経験できていると感じます。だからこそ今まで以上に試合での勝利が欲しいです。

明日、何とか勝って第3戦に繋げたいと思います。
応援のほど、何卒宜しくお願い致します。

こんばんは。4年プレイヤーの平間です。

本日、慶應義塾大学との秋季リーグ戦が法政大学多摩グラウンドで行われました。
遠方からもお越しくださったOBの方々、また保護者の方々、そして応援団の皆さま、天候に恵まれないなか、本当にありがとうございました。

結果は0-5での敗戦となりました。
バッテリーを中心として守備はまとまっていましたが、打線が振るわずに、
耐えられず押し切られた形となりました。

和田主将率いるこのチームもこの試合で最終カードに突入し、
まさに追い詰められた形となりました。
私事ですが、今日の試合後、引退という言葉が厳然と迫ってきました。思うところは様々にあります。筆舌しがたい思いも心のうちにはあります。
ですが、今は明日の試合です。それだけです。
我々にできることをやる。
そして、勝ちましょう。

明日も法政大学多摩グラウンドにて早朝9:30より試合が行われます。
ぜひ和田主将率いるチームの闘いというものを感じていただきたいと思います。
応援のほど、よろしくお願いいたします。

簡単ではありますが、以上で失礼いたします。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

平間將史

こんばんは、4年マネージャーの脇坂友紀です。
本日の練習は雨中になってしまったのですが、ラストまねぶろリレーということで強行突破します。


本日のメニュー

自主練


今日はトレーナーの萩尾さんが来てくださりました。
ありがとうございました!


眠いとまねぶろがテキトーになる脇坂ですが、最後なので頑張りたいと思います。(眠い)
というわけで、私のお気に入りショットをご覧ください。


1507897280212

一年生です。今年の夏合宿にて。
みんなとてもかわいいです(*'▽')
お気に入りの一枚です。

1507897458842

四年生(平間くんメイン)です。同じく夏合宿にて。
イケメンは何をやっても許されるようです。

1507900508687

そんな彼との名古屋デート。(七大遠征)
まんざらでもないように見えるのは気のせいでしょうか。


1507899310718

四年生です。七大戦レセプションにて。
四年生全員が写っている写真はなかなかないのですが、決して仲が悪いわけではありません。
タイミングが合わないだけです。

1507898913987

マネージャーです。同じく七大戦レセプションにて。
とっても個性豊かでみんな大好きです。

1507899002714

同期マネージャーです。榊原の誕生日にグランドにて。
手前のプーさんはアイスケーキです。
すごく可愛くて食べるのが惜しかったです・・



そして本日、マネージャー悲願の「ジュースのジャグ」をつくりました!!!!!!
マネージャーでひっそりと楽しみました。

1507902345628



同期マネージャー本当に大好きです!!

1507899476618




準硬に入部して日々の練習だけでなく、部のチーフとして六大学の運営や関東連盟に携わらせて頂き、
最終的には六大学のチーフマネージャーとして、六大全体を束ねる大きな役割を頂けたことは本当に恐縮です。
入部当初は想像もしていませんでした。
野球を通じ、チームやリーグをこえて多くの人と出会い、様々な経験をさせて頂いたこの4年間は私の宝物です。
部員だけでなく、部を支えて下さるOB様方、東京大学運動会、保護者や理事の方々、他チーム・他リーグの皆様がいて下さるからこそ、このような活動ができています。
私たちを支えて下さるすべての方々に感謝の気持ちをお伝えし、最後のまねぶろを締めさせて頂きたいと思います。

本当にありがとうございました。
そしてこれからも、東京大学準硬式野球部を宜しくお願い致します。



4年マネージャー 脇坂友紀







こんばんは。
四年マネージャーの朝田真琴です。
本日も練習お疲れ様でした。
OBの小林さんありがとうございました。

本日のメニュー
各自UP、CB、
フリー
内外別
スイング
ダッシュ
自主練

いよいよ4限後練習もあと2回となってしまいました。
寂しいです。
ほぼこれ毎回かいててすみません。
本当に寂しいのです。
土日の天気が心配なので、ちょっと謎の延命する可能性も出てきましたが(・艸・)。

凌さんに練習でお会いできるのも最後になるのかと思うととても悲しいです。
こんなに(写真参照)親しく接してくださったこと、感謝いたします。
(先程もも俺のことなめすぎだよって怒られました…本当に尊敬し、そして信頼させていただいております。)

IMG_5187


ところでこのまねぶろも最後だと思うと、自由なことをやってやろう!ということで好きなものをたくさん書いていこうと思います!

まずはもちろんのこと部員のみんな、

そして優しくて頼りになる大好きな後輩マネージャーたち!
先輩なのにお世話してくれてありがとうという気持ちでいっぱいです!笑
(直接渡す手紙に色々書こうと思うので今は恥ずかしいのでこのくらいに。笑)
IMG_4920


面白すぎてかっこよすぎる同期たち!

IMG_5097

ただただ大好きです!

そして何より大切な同期マネージャー!!

IMG_4916

本当に同期のマネージャーがこの2人で良かったと思っています!
3年間も、チーフとして私たちマネージャーを引っ張りつつ、本当に大変な連盟の仕事も、私たちには嫌な顔1つせずに頑張り続けてくれている脇坂、そしていつもそばにいてくれて誰よりも気が使えて辛いことがあってもニコニコ笑顔とポジティブシンキングでみんなを励ましてくれる榊原。
私みたいな人間にもずっと付き合ってくれて本当に感謝です。本当に大好きです!!!!!!
2人も、2人と一緒に一緒に仕事した時間も私にとって大切な宝物です。



まねぶろを楽しみにしてくださっている皆様!
朝田の担当日は文章力のないまねぶろになってしまい、すみませんでした…!!
まねぶろ楽しみにしてますと言っていただけるのが、とても励みになっておりました(o^^o)
ありがとうございました!


こうやって書いていると本当に自分が引退してしまうんだなという実感とともに、本当にこの部活動は自分たちの力だけで成り立っているものではなく、OBさんや両親など、多くの方々の協力があって初めてこうやって活動できているんだなと改めて感じています。

今週も感謝の気持ちを忘れず、謙虚な心を持ってひたむきな全力プレーで最終戦に挑みます!そして勝ちましょう!(*^^*)
そして私はこれからもその気持ちを忘れず生きて生きたいと思います!
今週末、快晴の中、試合ができますように!!!

色々と書きたいことをつらつらと書いていたらまとまりもなく感動的でもなくすみません。
昨日の榊原と明後日の脇坂のまねぶろで感動的なものはお腹いっぱいだと思うので箸休めとさせていただきました。

それではこの辺で失礼いたします。

↑このページのトップヘ