2006年12月

2006年12月30日

 今年も悲惨な事件がたくさん発生した。どうしてこんな社会になってしまったんだろう。虐待、いじめ、自殺、振込さぎ、殺人どれも陰湿で重大な犯罪ばかりです。日本人の規範意識はどこへ行ってしまったのでしょうか。競争社会で世の中がぎすぎすしすぎて、ゆとりがなくなくなったせいなのでしょうか。家族関係に問題があるのでしょうか。地域との関係をどうして持たなくなってきてしまったのでしょうか。私たちは経済的に豊かになった反面、大事なものを忘れてしまったのではないでしょうか。

 
読売新聞社が団塊の世代(1947年〜1949年生れ)にアンケートを実施した。団塊の世代が生きてきた時代のプラス面とマイナス面があるが、マイナス面に着目したい。

1.モラルや道徳心が失われてきた
2.将来に希望を持ちにくい社会になった
3.地域社会のつながりが薄れてきた
4.家族のつながりが薄れてきた
5.過度な競争社会を生んだ
6.まじめに努力することを軽んじる風潮が広まった
  以下省略.....(2006.11.7読売新聞)

 これらの現象から生ずる様々な問題点を新らしい年の共通の課題として認識し、各分野のNPO、企業、行政が協働して問題解決を模索し、住み良い戸田市を目指しましょう。
 
 
 19年度から子ども居場所づくり(放課後子どもプラン等)が新しくスタートするようです。家庭・学校・地域が一体となって教育への取組が期待されています。また、社会福祉協議会の小地域福祉活動も広まってくるでしょう。一方、町会活動も団塊の世代や若い人達や新しい人達に町会活動に関心を持ってもらい、彼らの知恵を受入れて一緒に活動することが必要となってくると思います。そのためには、町会が情報を発信して、町会の活動状況、楽しい催し、課題となっていること、例えば防災や防犯の面での町会組織の必要性を広く訴えなければならないでしょう。こうすることによって町会への関心も高まるとともに町会への参画意識も増え、結果として町会加入率もアップしてくるものと思われます。

 平成19年1月28日(日)13:30〜15:00 戸田市役所5階大会議室
講演会前志木市長穂坂邦夫氏をお迎えし、市民活動・地域コミュニティ講演会「協働によるまちづくり〜市民の立場、行政の立場〜」があります。皆さんのご参加をお待ちしています。

 今年1年、皆様にはご支援いただき有り難うございました。
 よいお年をお迎えください。                    (N)



todaoartodaoar at 15:13│コメント(0)トラックバック(0) |

2006年12月29日

こんばんは
初めての書き込みです。
ず〜っと参加したかったのですが、わけあって・・・

今年もあと2日残すのみとなりました。
皆さんは大掃除は終わりましたか?
私は、大掃除で大活躍してくれたアクリルたわしに感謝です。

たわし今回、ボロボロになってしまったので作ることにしました。
100円ショップでアクリル糸を買ってきて、
見よう見まねで編んでみました。1玉で2枚できたよ!

やっぱり新しいのはいいですね〜
お風呂の浴槽を磨くのに最高です。
きれいになって、しかも洗剤を使いませんから
環境にもいいでしょう!お財布にもやさしいし・・・感謝です。

皆さん、使ってますか?もしまだ使ったことのない方がいたら、
だまされたと思って使ってみてください。感動しますよ!

また、来年も書き込みしたいと思いまーす。

では皆さん、風邪などひかぬよう体に気をつけて、
良いお年をお迎えください。
                        kumi


todaoartodaoar at 21:34│コメント(1)トラックバック(0) |

公務員は今日からお休みですが、私は今日まで仕事です。
午後からみずほ台まで行ってきました。途中秋ヶ瀬橋の正面に富士山が見えました。強風で空気が澄んでいたにもかかわらずボヤッとしていました。 朝の富士がとてもきれいです。富士山のベストビューポイントです。 途中浦和所沢線に出るちょっと手前に川魚料理「鯉清」の脇を通りまた。ここは明治11年創業の老舗で、鯉こく・鯉の甘露煮・うなぎがうまいです。
浦和所沢線が混んでいるだろうなと覚悟をしていたんですが、とても空いていました。
1時間ちょっとで仕事も片づき、年内の事務所の仕事は完了です。明日は事務所の中のちらかりを片付け、大掃除をしなくては   (N)



 

 

 



todaoartodaoar at 17:12│コメント(0)トラックバック(0) |

2006年12月28日

私がよく訪問するブログをふたつ紹介します。

戸田市ボランティア・市民活動支援センターのスタッフのブログ
http://blog.livedoor.jp/todashimin/

最近の投稿
手作りのぽち袋にお年玉、ぽち袋に地域通貨

戸田市に住むと楽しいな
http://blog.livedoor.jp/kitagawasoutaro/

最近の投稿

市役所南通りのマクド本日開店
                              (N)



todaoartodaoar at 15:15│コメント(4)トラックバック(0) |

2006年12月27日

昨夜今年最後の忘年会がありました。多分最後でしょう。
メンバーは西部福祉センターのスペイン語サークル「ラ エスパニョラの会」の仲間とゲストのキューバ人です。日本人の奥さんも一緒に参加してくれました。奥さんもスペイン語はとても上手です。私たちがたどたどしいスペイン語を話すと、キューバの彼は日本語で話してきます。日本語をマスターしたくて大変な努力をしています。スペイン語と日本語の入り乱れた会話の中でも、習慣・文化の違いにふれ楽しいひとときでした。今度みんなでサルサを踊りにいこうと言う話になり楽しみにしています。
また、公民館でサルサの踊りやキューバ料理を食べながら、キューバの文化に親しむ会などを計画したいなと思っています。
スペイン語私はスペイん語を何年か学んでいますが、一向に上達しません。忘れていることを思い出すぐらいの低空飛行のままです。でも、まあいいかと開き直って続けています。スペイン語を学びたいなと思ったのはラテン音楽を理解したいなといったことがきっかけでした。ラジオ講座を何回も挑戦し、1,2ヶ月で挫折する連続でした。最初の頃は、動詞の人称活用の不規則形が出てくる頃であきらめてしまっていました。

踊り子

来年の目標は、スペインやメキシコの田舎で1ヶ月程度すごしたいなという夢を実現させることです。写真は斉藤三郎の版画「踊り子」です。私のお気に入り。

ちょっと話は変りますが、昨夜の会場は戸田駅前の「胡蝶」でした。焼酎の品揃えが豊富でお薦めです。         (N)

 



todaoartodaoar at 09:37│コメント(8)トラックバック(0) |

2006年12月26日

 いよいよ「第九」のシーズン到来ですね。

 ベートーベンを聴くといつも思ってしまうことなのですが、ベートーベンって「ロックしてる」と感じてしまうのですが、皆さんはいかがでしょうか?スローな曲であっても、あの重厚で圧倒的かつ重量感のあるルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーベン、好きですねぇ。そう言えば、映画「時計じかけのオレンジ」の主人公、アレックス・デ・ラージ君もベートーベンの熱狂的なファンでしたね(ちょっと例えが悪いです…)。

 ところで、今年はモーツァルトが1756年1月27日にザルツブルクで生まれてから、ちょうど250年目にあたることから、世界中で『モーツァルト生誕250年』に関する企画イベントが開催されました。その際には、彼の作品が大々的にフィーチャーされたほか、関連書籍も多く出版されました。

 このような滅多にない機会をちゃっかり利用して、敢えてモーツァルト・ブームに便乗した私。何とオペラ鑑賞まで初体験してしまいました。それにしても、モーツァルトって稀代のメロディメーカーだったんですね。現代で例えるならば、レノン=マッカートニーといったところでしょうか。今でも専門知識はゼロですが、初心者なりの楽しみ方で接しています。この勢いを駆って(図に乗って)、新年はウィーン楽友協会で開催されるウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートをテレビで観ようかな、と思い始めています(もちろん初めて観ますよ)。

 来年は、どんな未知のものに遭遇できるのか、今から楽しみです。(まめゴマ)



todaoartodaoar at 15:43│コメント(7)トラックバック(0) |

2006年12月25日

埼玉県NPO基金

市内でもボランティア団体やNPO法人の活動が次第に活発化してきています。しかし、こうした団体の多くは人員の確保や資金面で不足をきたしているのが現状です。一方企業の社会貢献活動への意欲も徐々に高まって来ています。
今まで個人・法人が団体を支援しても税の優遇措置を受けるには、充分な手当は出来ていませんでした。
9月に埼玉県がNPO基金を拡充しました。

埼玉県NPO基金の概要
目的
県内NPOの自主的・自発的社会貢献活動に対する支援を行い、その活動を促進するとともに、NPOと行政との協働を推進するために基金を設置し、NPO活動の持続的な発展を図ろうとするものです。

事業内容
埼玉県条例に基づき基金を設置し、1億円を積み立てました。さらに、「民」が「民」を支援するシステムとして、広く民間からの寄附をお願いしています。 なお、基金は、NPO活動を促進するための事業の財源とします。
寄附の方法
3つから、お好きな方法をお選びください。
団体希望寄附
具体的に支援したい団体が決まっている場合や、活動内容に共感できる団体を支援したい場合
分野希望寄附
興味のある活動分野がある場合や、一定の活動分野の団体を支援したい場合
一般寄附
特定の団体や活動分野ではなく、NPOを広く支援したい場合

詳しくは、
http://www.saitamaken-npo.net/kikin/kikin.html#no5 を参照して下さい。


埼玉県NPO基金に寄附した場合、地方公共団体に対する寄附として、税法上の寄付金控除(個人)・寄附金額の全額を損金に算入(法人)制度の適用を受けられます。
市民・企業・行政が一体となって協働のまちづくりが期待されています。   (中島)



todaoartodaoar at 16:35│コメント(0)トラックバック(0) |

2006年12月24日

戸田交響楽団メリークリスマス
昨夜戸田ライオンズクラブのクリスマス家族会に家内とともに参加しました。戸田交響楽団の演奏に迎えられ、そして会のはじめには同楽団の演奏でみんなで「清しこの夜」を合唱しました。総勢130余名の参加者で、楽しいひとときを過ごしました。我々メンバーが奉仕活動に専念できるのも、家族の協力があってのことで、日頃の感謝を込めることと家族ぐるみの交流を目的としています。こども達もマジックショーに見入っていましたし、最後に抽選会でたくさんの賞品を手にして楽しいクリスマス家族会は散会となりました。 (中島)

todaoartodaoar at 10:45│コメント(4)トラックバック(0) |

2006年12月23日

生命保険関連団体の調査によると、夫のリタイア後に夫婦の時間が増えることに、夫の48%が「うれしい」と答えたのに対し、妻は27%でした。「うれしくない」は夫は16%で妻は32%でした。
どうやら妻達は夫がいつも家にいるようになるのを歓迎していないようです。「亭主元気で留守がいい」とか「塗り落ち葉」なとど言われないようしなければ...女性は習い事やボランティア・地域活動をしていて、人脈も豊富で地域に根ざしています。
これから団塊の世代が続々と地域に戻ってきます。今まで培ってきたノウハウを地域活動・ボランティア活動に生かして欲しいです。
とは言っても、私もそうでしたが、勤めているときはセブンイレブンの生活(7時に家を出て、11時過ぎに帰宅し、日曜日は疲れて家にいるという状況)でした。こういった状況ですと、地域との交流もほとんどないです。いざ、自由時間を地域活動にと言ってもなかなか一歩が踏み出せない。そんなとき、戸田市ボランティア・市民活動支援センターを訪ねてみてはいかがでしょうか。 http://todasimin.net/

面白い新聞記事をご紹介します。..日経2005.9.4.
「地域デビューは女性に学べ」女性たちに聞く地域デビューの6つのおきて

1.企業社会の意識・習慣を持ち込まない
2.組織づくりは二の次と心得るべし
3.新入社員の気持で仕事は選ばず
4.身だしなみ、自信がなければ妻に任せよ
5.「夫婦不仲」「愚妻」を協調すべからず
6.地域社会は女性主導社会と知るべし 

                          (中島)



todaoartodaoar at 10:53│コメント(2)トラックバック(0) |

2006年12月22日

日本で1年間に消費される割りばしは248億膳。うち中国からの輸入分は97パーセント以上を占める。(6.19.2006朝日新聞) 環境保全の面からもまた飲食業にいくらかでもご協力ができればと、当運営委員会の飲み会等では各自マイ箸を持参しています。 マイ箸持参運動を広めませんか。忘年会・新年会には是非マイ箸持参で参加しましょう。  中島

todaoartodaoar at 17:10│コメント(1)トラックバック(0) |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: