2008年04月

2008年04月30日

浪花茨浪花茨






 笹目2丁目で
白い大きな花が咲いている素敵な生垣を見つけた。花の名前を調べたら、浪花茨(ナニワイバラ)らしい。生垣は道行く人々に安らぎを与えてくれる。

 小布施の町はオープンガーデンが有名で、オープンガーデンで観光客をもてなしている。生垣や花壇・庭木が道路から見えるような庭はいいですね。こうした家庭が増えてオープンガーデンの取り組みへと発展していくことも夢ではないような気がします。

玄関先やベランダにきれいにプランターを置いている家も見かける。また、クリスマスシーズンに、お隣さん同士がイルミネーションを飾り付けている家庭もあちこちで見られた。

こうしたことは自分も楽しいしご近所や道行く人々も楽しませてくれる。ありがたいことです。 (N)

 



todaoartodaoar at 05:20│コメント(3)トラックバック(0)まちのふれあい | 自然とのふれあい |

2008年04月29日

モミジとケヤキの競演























ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。
新緑の中、天候にも恵まれ行楽日和ですね。(N)



todaoartodaoar at 12:55│コメント(0)トラックバック(0)自然とのふれあい  |

2008年04月28日

ハルジオンハルジオン





  近くの空き地でハルジオンがたくさん咲いている。白とピンクが隣り合わせで咲いていた。最近は空き地が少なくなってきたので、ハルジオンも見かけなくなってきた。残念ながら、この空き地も建売住宅となるようなので今年で見納めとなる。昔はどこにでも生えていた仕様もない雑草だったが、少なくなってくると妙に可愛らしく見える。 (N)



todaoartodaoar at 06:52│コメント(3)トラックバック(0)自然とのふれあい  |

2008年04月27日

理事長挨拶昨日午後6時から美笹公民館で総会があり出席してきました。

認証後5年経過するが、事業も順調に推移しており、その活動は目覚しいものがある。

特に、NPO団体、行政、学校等との協働事業は素晴らしい。行政の下請けではなく、当NPOの専門性を生かして真の協働が行われている。

 

平成20年度の事業計画は下記のとおりです。

1.環境保全推進事業

2.生ごみリサイクル事業

  家庭系生ごみバケツ協力者の拡大

 EM活性液の有効活用

3.EMを利用した河川浄化事業

  上戸田川、さくら川、菖蒲川、都内・県内外の河川浄化

4.蕨戸田衛生センター微生物消臭剤培養委託事業

5.EMを活用した市内小中学校プールの清掃事業

6.EMを活用した無農薬野菜栽培事業

7.緑化推進事業

 

冊子の記事我が家でも生ごみバケツ回収でお世話になっています。

もた、今年度から会計税務を担当することとなった。NPO法人の関与ははじめてなので勉強になります。この分野でお手伝いをさせていただくことは光栄です。(N)




写真は冊子「フェルトガーデン戸田」より



todaoartodaoar at 07:29│コメント(1)トラックバック(0)まちのふれあい  |

一幅の山水画飛騨の山々は自然の絵画そのものです。車窓から見る山々は幽玄で、東山魁夷の一幅かと見間違ってしまうほどだ。一帯はまだまだ手付かずの自然が残されている。このまま未来に引き継いでいけるだろうか。私たち一人ひとりが自然を愛し大切にしていく心を持ち続けたい。(N)



todaoartodaoar at 07:25│コメント(1)トラックバック(0)自然とのふれあい | 旅日記 |

2008年04月26日

今日は雨降るなんて言ってました傘持たずに出掛けてたので・・・濡れちゃいました。

今日も脳トレクイズ用意しました。ちょっと考えれば、すぐに出来る問題です。気軽にチャレンジしてみてね〜

問題・・・紙に暗号のようなものが書いてあります。
「□は□□の千倍です。」
□にアルファベットを1字入れると、意味のある文章になるというのですが・・・。その文字とはなんでしょう?□に入る文字は、すべて同じです。

さあ、分かりますか
答えは、また来週ゆっくり考えてみてね  kumi



todaoartodaoar at 21:01│コメント(5)トラックバック(0) |

跡地クラリオンの跡地の前を通ったら、マンションの工事が始まっていた。さすが広大な土地です。市内から有力企業が転出していっている。戸田では周りが住宅化して製造工場等は無理なのだろうか。法人市民税も減っちゃうだろうな。

 

一方お隣のさいたま市では目標を上回る企業誘致に成功している。この3年間の企業誘致数は38件だそうだ。さいたま市の試算では全体の経済波及効果は約1000億円という。・・4/26日経より (N)



todaoartodaoar at 12:40│コメント(6)トラックバック(0)まちの話題  |

2008年04月25日

昨日の「月島もんじゃさくら」さんでの歓送迎会、お疲れさまでした。

ひとつ前の記事で、Nさんがご紹介くださった私のもんじゃづくりですが、私のもんじゃの師匠・ココママさんの手さばきをご紹介させてください。私のコテづかいは関西仕込みですが、もんじゃの作り方はココママさんから教わりました。皆さんが今後もんじゃを作られる際に参考になると思います。



映像の最後に、スプーンでお焦げをはがしていますが、その時にもんじゃのコテがなかったのでしかたなくスプーン代用です。

そのうち、本場関西のお好み焼きづくりを披露させていただきたく思います。その時はよろしく御願いいたします。


todaoartodaoar at 16:26│コメント(1)トラックバック(0)食べ歩き  |

昨日は第56回運営委員会が戸田市・ボランティア市民活動支援センターで開催された。新しい委員が4名も増え、委員会が益々充実してきたのはうれしい。

 

 戸田オールの活動も5年を経過したので、今までの総括と今後の方向性をこの1年を通して検討していくことになっている。方針をはっきりと決め、そのうえで諸方策を皆さんとともに構築していきたい。また、広報紙「TODAオールネット」やウェブサイトについても見直していきます。もちろんイベント等の継続事業は引き続き実施していきますので、皆さんのご支援をよろしくお願いします。

 これからは、戸田オールに対する思い、意義、使い方、魅力などをもっと伝えていきたい。

 

主人のワザ 委員会のあと場所を移して歓送迎会、飲食をしながら情報交換と親睦を深めた。場所はもんじゃ焼きの「さくら」です。コースでいろいろなものがおいしく食べられ、そのうえ会費を下回っての会計で二度おいしかった。焼き方については、ふゆさんが率先してやっていただき、汗を拭き拭き大活躍でした。

私は初めてのもんじゃ焼き体験ということで、ヘラでうまく食べられなかったのは残念。これから修行していこう。(N)



todaoartodaoar at 07:46│コメント(1)トラックバック(0)お知らせ  |

2008年04月24日

 自由が丘を走る、無料バス「サンクスネイチャーバス」をご存知ですか

 

 地域のたった4人が発起人となって実現したコミュニティバスです

 リサイクル燃料V.D.F.とディーゼルオイルを混合して使用し、サポーターの会員費がバスの運営費として使われることで“無料”を実現しています(それだけのサポーターを集めたのもスゴイ!)

 緑の三角バス停留所が目印ですが、バス停以外でも、手を上げて運転手さんに合図すれば、乗り降りができそうです

 地域でつくりあげるコミュニィバスなんだなと感心するのは、車内アナウンスは、近隣小学校の児童によるもの バス駐車場も地域のお寺なのです。バスに描きたい絵を募集して、採用作品をマグネットにして車体に貼ったりというイベントも実施していました。

 地域を取り込む、魅力ある工夫もしているのですね。渋滞から自由が丘の町並みを守る「パーク&バスライド」(なるべく車は駐車場に止めてバスで移動しようよ)という提案も進めています。自由が丘の「個性」と「地域力」が感じられますね。

 自由が丘へ行く機会があったら是非、乗ってみたいと思います

 

自由が丘のエコバス「サンクスネイチャーバス」がバス停増設計画

 

NPO法人 サンクスネイチャーバスを走らす会

http://www.thanksnaturebus.org/index.htm

http://www.fukui-iic.or.jp/library/advanceservice/pdf/service_46.pdf

 

(mk)

 



todaoartodaoar at 10:25│コメント(3)トラックバック(0) |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: