2009年02月

2009年02月28日

このところお天気が好くないですね!今日こそ晴れますように

以前、文化会館で「NHK爆笑オンエアバトル」の収録があると聞いて早速応募しました。往復はがき2枚、私と息子で出しました。

やっと昨日結果の返信が来ました。なんと応募が3130通あったそうです。その中から抽選で200人だけ選ばれます。

ヤッター私のはがきには「入場整理券」と印刷されていました。残念ながら、息子は抽選にもれてしまいました

そういえば、1月にもラジオ番組に応募して、商品券が当たったんです
ちょっと「運」が私のほうに近づいているのかしら・・・なんだかいいことがありそうな・・・宝くじでも買っちゃおうかな〜

「運」が逃げないように大事にしなきゃ、いきなり宝くじなんて買うと逃げて行っちゃうかもね  kumi

 



todaoartodaoar at 05:35│コメント(2)トラックバック(0) |

2009年02月27日

笹目5丁目町会「防犯あんしんあんぜん講演会」が224日午後7時から5丁目会館で開催されました。
笹目小学校教頭先生、PTA役員をはじめ町会の皆さんが70余名が参加していました。

府警ひまわりによる寸劇


1部は蕨警察署から県内・市内の犯罪状況の説明があり、その後、埼玉県警「府警ひまわり」による振り込め詐欺の手口を寸劇で面白く演じていました。

注意事項は下記のパンフレットをご覧ください。

チラシ

こうした情報を身近な高齢者伝えていって、いつでも相談していただけるような環境を醸成して、被害の未然防止に役立てていくことが大切ですね。

詐欺の手口もどんどん進化しているようですので、私たちが被害に遭わないように地域みんなで笹目5丁目の安全を見守っていきましょう。

 

活動報告

2部は防犯パトロールの活動報告会です。

町会内の防犯パトロール活動、子ども見守り隊、自転車パトロール隊、美笹地区青少年を育てる会の代表の方が活動の状況、気づいたこと等の報告がありました。また、パトロールに参加の呼びかけも行われました。

 

また、冬の期間拍子木を鳴らしながら火の用心の見回りを長年続けられている方の紹介もありました。頭が下がります。いつもありがとうございます。

 

最後に小学校の代表者が、「登下校を見守ってくれてあれがとう」と感謝の作文が読み上げられました。

振り込め詐欺の多発は、一人暮らしが多くなったことや家族の付き合い方が変わってきたこと、また、ご近所づきあいも希薄となってきたことなどが原因なのかなと個人的に思っています。また、ここまで卑劣な犯罪が横行するのは、教育にも一因があるのではないでしょうか。知識教育だけでなく、道徳心や倫理観をしっかり育てていくことが大切だと思います。


今日はいい講演会でした。企画した防災部のみなさん、ありがとうございました。(N)



todaoartodaoar at 06:34│コメント(1)トラックバック(0)町会 | まちのふれあい |

2009年02月26日

こんにちは!

mkです。

以前に肉体づくりについて投稿しましたが3ヶ月目の結果が出ました。

通うたびの「筋肉痛」を味わった成果が現れ、

脂肪ー2キロ 

その脂肪は買い取られて、2000円分の商品券をいただきました

やったー( ´∀`)つ

また、脂肪買取企画に登録しましたので、3ヵ月後が楽しみです。

ジムでは、ご高齢の方も多く、肉体づくりに励んでいらっしゃいます。

そこでのコミュニティもうまれていて、励ましあって取り組んでいる方もたくさんいるようです。

たしかに、最近、ひとりで黙々と取り組んでいた私の通う回数が激減しました。。。

また、3ヵ月後に報告しますね

 

 



todaoartodaoar at 09:02│コメント(3)トラックバック(0) |

2009年02月25日

ac3aadcf.jpg

仕事で千葉県市川に行った際、駅前ビルにこんな掲示板があるのを見つけました。

街の情報掲示板と書かれたそれには新聞や広告、チラシの形式でお店やイベント案内等がお知らせされていました。

今、街には電光掲示板が当たり前になり、映像を見ることができる案内板も登場しています。しかし、そんな中だからこそ、こんなアナログなやり方がかえって印象的に残ります。

戸田市の場合、掲示板を作りたくとも、JRの敷地であれば、粘り強い交渉が必要で、なかなか実現しにくいとは聞いています。今までも、線路沿いの緑地帯や戸田公園駅前のフラワーハンギングにしても、神保国男市長による粘り強い交渉の結果、達成されたもので、市のスタッフの方をはじめ相当なご苦労があったそうです。

そうはいうものの、駅前の何処かにタイムリーな街の情報を届ける仕組みがあればなぁと思ってしまいました。ま、行政でなくても、近隣の民間が協力してくださればいいんですけどね。


todaoartodaoar at 17:37│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年02月24日

2月21日に戸田東小で、NPO法人センス・オブ・ワンダーによる『第3回ジュニアサイエンスカフェ』が開かれました。

サクラソウ
今回は、『桜色に染まる草原があった町〜サクラソウはどこに消えた』と題して、サクラソウについてのお話しを信州大学農学部の大窪久美子准教授からされました。その後、グループに分かれて「わたしたちのサクラソウ公園」についての資料作成、発表と続き、予定時間をオーバーし、今回も熱気あふれる会となりました。

サクラソウがこの周辺に咲いていたのは、荒川の氾濫によってもたらされた肥沃な土地環境があったからで、さらに、受粉に必要な「ハナバチ」が住むのに適した環境が整っていたからだとのお話しでした。

講師説明

その中で、上の写真のように、「サクラソウだけを考えては駄目。生物と生物同士のネットワークが必要」との説明があり、先日の市民活動講演会での飯島代表も同じことをおっしゃっていたなぁ、と感慨深くなりました。

発表に聞き入る参加者

前回に引き続き、今回もたくさんの親子連れで理科室は満員で、子どもたちが楽しそうに作業をしている姿を見て、戸田オール運営委員会でも子どもたちを対象にした事業を行っていることを思い出しました。

未来を担う子どもたちが素晴らしい経験・体験ができる場が、あちこちで広がってきているな、と嬉しくなりました。(yard)



todaoartodaoar at 13:48│コメント(2)トラックバック(0)イベント  |

2009年02月23日

2月21日(土曜日)午後3時から 戸田中央看護専門学校で

演題「がんの痛みをやわらげる緩和医療のすすめ」の講座か開催されました。

私も他人事でない問題の為に参加しました。特に私の母が30年程前にすい臓がんで亡くなっております。最後は痛みから辛い状況を姉等から聞かせていただいていました。

私も同じ病気で癌の痛みを想像すると、それを越えることが出来るか不安になります。弱い自分が情けなくなりますが、少しでも心がまえをしておきたいと思っての参加でした。

いってビックリ、大勢の参加者が会場を埋め尽くしていました。戸田中央総合病院では戸田の基幹病院を目指し、県内でも3番目の緩和ケア病棟を作られた事を知りました。

さらにこの10年程で先生以外の方々も治療にあたり、様々の取り組みがされ、痛みを和らげるケアーがされている事を聞かせていただき不安感が薄れました。

又鎮痛剤もモルヒネ以外にある事や、麻薬も痛みの患者が使う場合は中毒症状が現われない事なども聞かせて頂きました。

ピンピンコロリと死にたいと思い行動はしていますがなかない理解されない私です。(m)



todaoartodaoar at 11:45│コメント(0)トラックバック(0)まちの話題  |

2009年02月22日

仕事で上戸田のお宅を訪れた時に、お部屋から庭を眺めて枝垂れ梅に目を奪われました。枝垂れた枝にピンク色の花が上品に咲いています。忙しい中にもひととき心が癒されました。

また、その奥にはミツマタの花が咲きだしたところです。白いつぼみの中で何輪か黄色い花が顔を出しています。ミツマタは枝が三つ又に分かれているところからその名がついたようです。和紙の原料のコウゾ・ミツマタのミツマタです。

寒さと温かさを繰り返しながら確実に春に近付いていますね。あっ、春にうかれる前に早く仕事をかたづけなくては…。


自然に接していると、私たちは素直になりやさしくなれるように思います。自然と比べれば私たちはちっちゃな存在で、自然に抱かれて生かされているんですね。自然の力って神の存在すら感じます。

これからも季節の風景・花・鳥・虫など自然とのふれあいをお伝えしていきたい。(N)

枝垂れ梅

枝垂れ梅

ミツマタ

ミツマタ



todaoartodaoar at 07:00│コメント(0)トラックバック(0)自然とのふれあい | 季節だより |

2009年02月21日

今日は北風が冷たい1日でした。

今日から戸田市の公民館まつりがスタートしました。
P2210538
2月21〜22日は中央公民館です。

絵手紙
私は、こちらで絵手紙のサークルに入っています。
今年もこの日のために頑張って描きました。

みなさん、見に来てくださいね〜  kumi



todaoartodaoar at 16:34│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年02月20日

陽だまりの縁側の切干大根

先日顧問先(市内美女木)に伺ったときに、縁側に切干大根が干してありました。お〜、懐かしい。陽だまりの縁側で昔を思い出しながら、おばあちゃんとしばしお話しながら優しい時間を共有できてうれしかったです。亡き母と話しているようで心が和みます。とてもいい時間を過ごすことが出来て、おばあちゃんに感謝です。


子供の頃はどこの家でも切干大根を作っていましたが、今ではこの光景はめずらしいです。こちらの家では、細切りにすると干しているうちに折れて小さくなってしまうので、大きく切ってい.るそうです。

切干大根干し

薄切りしたものを庭の植え込みの上にきれいに並べられています。このほうが風通しがよく早く乾くそうです。その後縁側にござを敷いてしばらく干すと完成です。

 

笹目・美女木地区は、戸田市に合併するまでは美笹村でした。その昔は笹目村と美谷本村です。

子供の頃の行事・習慣がまだ残っているのを見るとうれしくなります。

私たちは経済成長とともに自然環境や習慣、人と人の絆など多くのものを失ってしまったとつくづく感じます。(N)



todaoartodaoar at 00:05│コメント(1)トラックバック(0)町会 | まちのふれあい |

2009年02月19日

午後6時から8時までTOMATOで運営委員会を開催しました。(N)

委員会

議題
1.オール基金の審査
  案件なし
2.オールネット第16号
  3月31日発行です。ご期待ください。
  アンケートを実施しますので皆さんのご協力をお願いしま
     す。
3.次期の活動方針の検討

次回開催日
 3月25日(水)午後6時から8時
 戸田市ボランティア・市民活動支援センターTOMATO



todaoartodaoar at 21:20│コメント(0)トラックバック(0)委員会  |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: