2009年06月

2009年06月30日

先週の記事でもありましたとおり、一週間関西へ出張してきました。

当初は、天気があまり良くないとの予報でしたが、現地はカンカン照りで一足先に日焼けしてしまいました

途中、清水寺に寄った際、興味深い光景を目にしました。

国際交流の場


外国人らしきご夫婦が赤ちゃんを連れていて、それを日本の若者が囲んで楽しそうに団らんしている風景です。

他にも韓国人の観光客が日本人の観光客と一緒に写真を撮っていたり、あちこちでコミュニケーションが生まれていました。

京都駅に映る京都タワー

旅先の観光地ならではの光景かもしれません。私も旅先では、現地でふれあいを持ちたくなりますので、気持ちは分かります。



あの感情は何なんでしょう。
旅の楽しい気持ちがそうさせているのでしょうか。

旅先とはまた違った親近感を持ちながら接することができるのは、“ご近所さん”“お隣さん”だと思います。
「遠くの親戚より、近くの他人」と言いますが、生活エリアが近い人とは、血のつながり以上に“仲間意識”が働いてしまうのではないでしょうか。

清水寺わき道

こんな路地裏の、人間関係が濃いい下町っぽいまちって、温かい雰囲気です。(yard)

todaoartodaoar at 17:50│コメント(0)トラックバック(0) |

   みんなの力で守ろうこどもの安全

      高めよう地域の防犯

 

笹目5丁目町会の防犯パトロール・子ども見守り隊活動、自転車パトロール活動等の自主防犯活動の取組みが極めて優れているとして、戸田市の推薦により戸田市で唯一表彰されました。

6月18日、埼玉県防犯のまちづくり推進会議会長である上田清司埼玉県知事から、感謝状をいただきました。

これを励みに自主防犯活動の取組みを一層強めたいですね。(回覧「笹目5丁目防犯活動」ニュースより抜粋)

 

おめでとうございます。これからも地域の見守りをよろしくお願いします。皆様の日頃の活動に感謝申し上げます。

町会の活動を通して、現代のコミュニティのあり方について考えていきたいと思っています。カテゴリー「町会」から活動状況をご参照ください。(N)

防犯活動ニュース

防犯活動ニュース



todaoartodaoar at 10:58│コメント(0)トラックバック(0)町会 | まちの話題 |

2009年06月29日

Nさんが先週、「飯坂温泉とグリーンツーリズム」として記事を掲載していただきました。感謝・感謝・・・・・・・・・

大信村が合併する前に、「やっぺ屋」で農家の方々と交流会をしたころを思い起こす。このころは体験型旅行と言って・・・・それを目指していた。

それがある時から、参加のYさんがエコツーリズム・グリーンツーリズム等と横文字を言い出した。参加者は高齢者が中心で横文字には弱い。

今回も平均年齢は75歳ぐらいではないか・・・・・・病気上がりの方も参加しているし、私と同じで死を乗り越えて奇跡的に命を頂いている方もいた。

その方々から又、勇気を頂いた。企画した私が大きな喜びを受けている。しかし今回は色々の問題があり、今後のあり方を考えさせられた。

旅館にもかなり迷惑をおかけしてしまった。「すいません」責任者とし参加者や関係者にお詫びいたします。 高齢の為に忘れたり、お酒に弱くなったり、参加者個人が起こした事が大半ではあるが、何かを考える必要があると考える。(m)



todaoartodaoar at 17:44│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年06月28日

昨日はkumiさんの家庭菜園のゴーヤがアップされていましたが、今日は五葉建材株式会社さんのゴーヤ(植えてから1カ月経過後)の様子をお知らせします。つるもあちこちに伸び人の背丈ほどとなりましたが、緑のカーテンになるまではもう少しかかりそうです。(N)


ゴーヤ
  もう少しで緑のカーテンになるかな
ゴーヤ
 雄花と雌花があるようですがこれからよく観察してみます
ゴーヤの実
  2cmぐらいのかわいい実がなりました

テントウムシ
  二つ星テントウムシも遊びに来ていました


 

成長の様子

移植20日後 21.6.15

移植時 21.5.26

 


 



todaoartodaoar at 06:28│コメント(1)トラックバック(0)緑のカーテン | 法人会員紹介 |

2009年06月27日

今日は夏本番のようでした

先日、市役所のゴーヤが元気に伸びているのをブログで見ましたが・・・
私たちのゴーヤは元気がない?
うちの畑のゴーヤ

かなり弱々しく哀れな姿です

畑でいつも声をかけてくれるおじさんが・・・
「あんたたちと一緒で、ゴーヤも栄養を欲しがってるよ」って

そうだったのですねもっと早く気づくべきでした

早速明日、畑に行って追肥してきます。
私たちのゴーヤも市役所のゴーヤに負けないくらい元気になりますように・・・kumi





todaoartodaoar at 18:09│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年06月26日

放課後子供教室のスタッフの白石賢司さんから活動の様子を投稿いただきました。

    放課後子ども教室

        放課後子ども教室

戸田市内の小学校において、子供たちが地域社会の中で、心豊かで健やかに育まれる環境づくりを推進するため、放課後に小学校の余裕教室、校庭、体育館等を活用して、子供たちの安全、安心な活動拠点を設け、地域の大人の協力を得て、学習、スポーツ、文化活動、地域の皆さんとの交流活動などの取り組みを目的に活動しています。
                                                                                               

笹目小学校においは、戸田市役所、学校のご支援ご協力を頂きながら昨年5月スタートしました。
                                                                                                 

昨年は1年生から5年生まで48名の子供たちが、毎週木曜日の放課後子供教室に参加し、ふれあい教室において宿題をしたり、ぬりえを書いたり、パズルをしたり、剣玉あそびをしたり、また、校庭で一輪車の練習をしたり、体育館でボール遊びをしたりと・・・5時の終了時間があっという間に過ぎてしまうほどです。
                                                                                 

当初は子供たちと、大人たちとの距離があり、どのように子供たちと向き合えばよいのか不安な面もありましたが、今では子供たちと打ち解けて一緒に遊ぶようになってきました。
                                                                                        

今年は二年目に入り新たに4月より参加者の募集をしましたところ、現在65名の子供たちが参加され、教室の中は子供たちの熱気でいっぱいです。
                                                                                     

子供たちが元気に遊んでいる姿を見ていると嬉しく、またわが子(孫?)のように思います。
                                                                                   

現在、私たちスタッフ7名で、子供たちの安全、安心をモットーに頑張っております。

                                                                                                                                                                                      

・子供が大好き、子供たちと一緒に遊んで頂けるボランティアを募集しています。
 興味のある方、詳細を知りたい方は、
                                                   
                                                                                         ・・・     戸田市こども青少年部 児童青少年課 放課後こども担当までご連絡下さい。
 電話 048-441-1800(内線689)です。
 
                           

                                                                                                   

白石さん、ありがとうございました。スタッフの皆様方のご活躍に感謝します。(N)

 

過去の関連ブログ
08.02.22.放課後子ども教室事業

09.01.04.子どもたちの居場所づくり

 



todaoartodaoar at 06:26│コメント(0)トラックバック(0)地域の教育力 | 町会 |

2009年06月25日

京都・大阪に出張しているyardさんから、ホットな画像をいただきましたので、アップさせていただきます!

京都の自販機

京都限定と表示された自販機宇治茶しかない。

1種類で、選ぶ余地なしだけど、名物だから納得がいきます。

ここまでの名産品があるといいですね。

お茶販売機

 

続いて、大阪の自販機

めちゃ冷えてんで

「めちゃ冷えてんで!」

この一言で、この自販機で買うか、隣の自販機で買うかが決まります。

これからの季節、間違いなくこの自販機から買ってしまうでしょう。

さすがです!しかも、カルピスとソーダが増量されている!

自販機内の冷却設定温度は通常よりも低く設定されているのでしょうか?

yardさんは購入したに違いないので、感想を聞きたいと思います。

地元感を出した自販機、なかなか面白いですね。

どこでも形変わらずあるものが、地域の特性をだすことで、魅力あるまちになっていくのですね。 (mk)

 



todaoartodaoar at 14:45│コメント(1)トラックバック(0) |

読売新聞
  情報提供 町会の萩原さん

ボランティア活動に参加した市民に、報酬として「星空通貨」の配布を今月開始した。

市が主催する清掃や植樹などの活動に、1時間あたり100スターが支払われる。この星空通貨は市の管理する温泉施設で100スターは100円相当で使用できる。

発行のときには発行金はいらないのでしょう。そして、市の温泉施設で使える仕組みとなっているようです。

流通イメージ

       星空通貨
 
最近また地域通貨があちこちでスタートしています。地域通貨戸田オールと同じようなスキームですが、この星空通貨は発行金がいらない点や使用できるところは市の管理する温泉施設のみしか利用できない点は大きく違います。

今後の発展を期待しています。(N)

 

奥州市の星空通貨のサイトはこちら

 

岩手日報記事はこちらへ



todaoartodaoar at 14:18│コメント(0)トラックバック(0)他市の情報 | 地域通貨の話題 |

2009年06月24日

先日、朝日新聞に「給食のネット公開好評」という記事が掲載されていました。

子供が学校で何を食べているか知りたいという保護者の声に応える形で始められたサービスだそうです。

記事で紹介されていたのは、団塊の世代応援サイト「元気埼玉」を運営される松山まゆ美さんが、地元ケーブルテレビ会社JCOMと共同で立ち上げたサイト「給食バンザイ」ならびに、松山さんが志木市・朝霞市・新座市の学校給食センターと立ち上げたサイト「はなまる給食」です。

給食バンザイ
給食バンザイ

給食公開サイトはなまる給食
はなまる給食

これらのサイトで、登録されている学校名をクリックすると給食カレンダーがでてきます。

給食カレンダー

それから、写真のあるところをクリックすると、その日のメニューと栄養表示がでてきます。

本日の給食

最近の給食にはカレーとナンがでてくるのですね。ナンは埼玉県産米粉を使っていますという表示が書かれています。

自分が子供の頃の給食と今の給食はちょっと違うなぁと思いながら、楽しんでサイトを見ました。

戸田市のお隣の市のことですから、戸田市でもこんな動きでてくるかもしれませんね。もっとも、戸田市は自校式の給食への切り替えを進めていますから少し難しいかもしれませんが、保護者の方々のニーズはあると思います。

ちなみに、昔懐かしの給食が食べたくなったという大人の方、東京都台東区御徒町に「給食当番」という居酒屋さんがあります。ここでは給食メニューがでてくるようです。

ふゆさん


todaoartodaoar at 14:04│コメント(3)トラックバック(0)他市の情報  |

2009年06月23日

最近ゴーヤを植えて暑さをしのぎ、またCOの削減にも取り組む事例が増えていますね。

戸田市役所の正面玄関にも、とうとうゴーヤが植えられました。

ゴーヤ

高さは2メートルほどになっていますが、カーテンと呼べるまでにはまだまだかかりそうです。

やがて実をつけたら、ゴーヤの調理教室も併せて実施するのも良いですよね。

成長を見守りたいと思います。

 

 



todaoartodaoar at 16:18│コメント(0)トラックバック(0)緑のカーテン  |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: