2009年12月

2009年12月31日

丑年から寅年へ

あと1時間ちょっとで寅さんにバトンタッチです。何か猫と見違えるほどかわいすぎる寅ですね。

今年は経済・政治も大変な年でしたね。リーマンショックは多大な影響を今でも残しています。

来年は皆さんにとって、日本にとって、世界にとっていい年になりますようお祈りします。

寅さん頼みましたよ、よろしく。

皆様にはこの1年大変お世話になりましてありがとうございました。

よい年をお迎えください。(N)



todaoartodaoar at 22:39│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年12月30日

今年も残すところあとわずかですが、皆さん、忘年会はお済みですか?

私も、土曜日に池袋で行われた忘年会で、つい終電を逃してしまったんです(>_<)

そういえば、池袋からも深夜バスが出てたことを思いだし、急いでバス乗り場へ!


いました、いました。
およそ10人ほどの同じ境遇の方々が。


…ところが…


…もうそろそろ発車時刻になろうというのに、一向にバスが来る気配がありません。

と、並んでいたうちの1人が
『あれ、“平日”深夜運行って書いてありません?』
!!
この一言により、バス乗り場は騒然となりました。


私の前後に並んでいた人たちとタクシーに乗り合って帰ろうという話しになり、タクシー乗り場に行ってみたのですが、こちらはすごい行列!

すでに深夜2時近く、気温もかなり低くなっています。

それでも5分ほど並んでいたら誰とはなしに、列が空くまで飲みましょっか、となり、今度は居酒屋へ…

たまたま共通の話題もあったこともあり、朝まで盛り上がってしまい、始発で帰ってこれました☆


とても楽しいひとときだったのですが、感謝すべきは、はじめに平日深夜のみ運行している、ってことを発言した人ではないかな、と思うのです。
気づいた時点で列を抜ければいいわけですから。

酔いも手伝ってたかもしれませんが、人に声を掛けることの大切さを感じました。
川越まで乗り過ごした折り返しの電車の中で。(yard)


todaoartodaoar at 07:49│コメント(2)トラックバック(0) |

2009年12月29日

        人・水・緑 輝くまちとだ

 

戸田市役所脇の後谷公園はカモが遊んでいますが、カワセミ、オシドリも仲間入りしたそうです。都会のオアシスですね。

後谷公園に飛来したオシドリはオスのみだそうです。オシドリはいつも夫婦でいないのかぁ・・・ オシドリ夫婦といって仲の良い例えにされていますよね。

何やら評判とは違うようです。毎年相手を替えるという話もあるようです。さて、実態はどうなのでしょうか?(N)


情報はこちらのサイトをご参照ください。

11/22ブログ「かわせみ」〜支援センタースタッフブログ

12/4ブログ「戸田市後谷公園にカワセミ出現!」〜戸田市に住むと楽しいな!

12/22ブログ「おしどりがいたよ」 〜支援センタースタッフブログ



todaoartodaoar at 23:58│コメント(0)トラックバック(0)自然とのふれあい | まちの話題 |

2009年12月28日

12月21日(月曜日)の午後、福島県県南農林事務所から二人の職員が戸田市役所を訪問された。

友好都市白河市の表郷地区、滝田さもご一緒で、案内をされたようだ。

そこで、その後に市民活動支援センターで、先月旅行したメンバーから男性3人に声をかけ、意見交換をさせて頂いた。

情報交換会
私から地域通貨運営委員会が主催で全市的に体験型旅行をしたらとの私案をお話させて頂いた。福島県は小・中学校をターゲットにグリーツーリズムをしたい考えのようだ。共にいろいろと課題が多い、しかし内容を少し組換えをし、協力したら少しは前に進むように思えた。

今回は県の職員が戸田市に営業活動をしにきたのであろう。私から見ると地方も一生懸命であるのに都心部の人は他人事のような感じがしてならない。(m)



todaoartodaoar at 17:09│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年12月27日

昨日kumiさんが猫のQ介君に癒されているというお話がありました。

今日は私の子どもの頃のねことのふれあいを記してみたいと思います。
           60年前の私
子どもの頃白に黒の模様のある子猫を近所の家からもらってきました。名前を「まる」といってかわいがっていました。

夜寝ているときに布団の中にもぐり込んできます。最初は抱いて寝ていましたが、そのうちに足の方に押しやり湯たんぽがわりにしていました。いつしか布団の中にもぐりこむと、ひとりですっと足の方にいきます。
こうして私とねこのウィンウィンの関係が冬の間づっと続いていたんですよ。生活の知恵・究極のエコ生活をしていたということですね。

 

また、猫の手足を両手で持って手を離すと、逆さまな猫は瞬時に体制を整えて足で着地します。動物の運動能力ってすごいな不思議だなと、子どもながらに感心していました。ちょっと乱暴な遊びをしていたものです。

もうひとつ、猫の出産にも立ち会っていました。箱に布を敷いて、この箱の中に猫を連れて行って、出産を一部始終見ていました。子どもなのでただ出産の現実を見ているだけで、深く考えていたことはなかったですが、今の子どもたちが経験できないことをやっていたんですよ。

こうした動物とのふれあいの中から、やさしさや自然・動物などを大切にすること等いろいろと学んで、今の自分の人格形成に少なからず影響を受けているんだろうなと感じています。

子どもたちもこの冬休みに学校では体験できない色々な体験ができたらいいですね。(N)



todaoartodaoar at 09:10│コメント(1)トラックバック(0)雑感  |

2009年12月26日

今日も昼間は暖かくて、静かな一日でした。

今年も残すところあと一週間。早いですねあっという間の一年だったように思います。

私の最後のブログは・・・私を癒してくれるコレです

Q介君

日向ぼっこをして、気持ち良さそうなQ介君です。
今年最後、たっぷり遊んできました。ニャ〜

一日も空けることなく続けてきた運営委員のブログ、皆さんお疲れさまでした。また来年も頑張りましょう!

それでは、皆さん良いお年をお迎えください kumi


todaoartodaoar at 19:39│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年12月25日

池田会長挨拶

12月23日に戸田市文化会館で、戸田ライオンズクラブのクリスマス家族会が、名誉会員の神保戸田市長ほか御来賓をお迎えし盛大に開催されました。

メンバー・家族総勢150名の参加でした。このクリスマス家族会は12月第2例会を兼ねておりますが、もちろん出席率は100%です。

私たちが日頃奉仕活動に励んで行けるのも、家族の理解があってのものです。こうして家族ぐるみで交流できることはいいことです。

マジックファンタジア

小さなお子さんも参加されていて、アトラクションの「渋谷慶太&マジックファンタジア」のマジックやイリュージョンに見入って歓声をあげていました。

1枚2000円のチケットで抽選会に参加できます。皆3枚、5枚、10枚と購入します。景品はシクラメンなどの鉢植えその他盛りだくさんです。

この資金から1人20ドル相当額をライオンズクラブ国際財団(LCIF)に寄付することになっています。


また会う日まで

最後に参加者全員が手をつなぎ大きな輪になって「また会う日まで」を合唱し、友情・絆を深めています。

企画委員会の皆さんに感謝します。ありがとうございました。(N)



todaoartodaoar at 10:37│コメント(0)トラックバック(0)まちの話題  |

2009年12月24日

大宮駅東口を出て左手に進むと、大宮銀座通り商店街があります。
ここは、様々なお店がひしめきあい、たくさんの人たちが買い物や飲食をしに行きかっています。

先日の夜、買い物に出かけたところ、店先の地面に何かくっついているんです

何かのごみかと思いましたが、その先のお店にも、同じようなマークが

あしあと2
あしあと1

お店への誘導マークだったんですね

ごちゃごちゃしがちな商店街の空間でのほっとなごむ仕掛けに、思わず笑みがこぼれてしまいました。(yard)



todaoartodaoar at 15:22│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年12月23日

12月16日に書いた「中学生の皆さんにおすすめすること(その1)」の続きです。

前回は「まずは興味のおもむくまま、一歩踏み出してみましょう。やり続けているうちに、あなたの方向性が必ずや見えてきます」ということを結びにいたしましたが、これには実は「大脳生理学」の観点からの根拠があるのです。

大雑把な言い方になりますが、人の脳というのはだいたい30歳くらいまでは「溜め込む脳」が主流で、30歳を過ぎると「溜め込んだものを組み合わせて新しいものを生み出す脳」が力を発揮していくそうです。

30歳まではいろんな経験や知識が脳にどんどん蓄積していく「記憶脳」。ですが、これは30歳あたりをピークに下降線を辿ります。だから年齢を重ねていくと「以前に比べて記憶するのが難しくなった」と感じる方が多くなります。しかし、30歳あたりから逆にどんどん成長を続けていくのが、脳に蓄積された情報を組み合わせて新たなものを生み出す「経験脳」だそうです。

ですから、30歳くらいまでは、新しいものにどんどん挑戦するべきなのです。それによってあなたの記憶脳が成長し、後に新しいものを生み出す時に使える材料が増えるのです。

また、「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、「面白い」とか「好き」と感じることに取り組むことが結果として脳を成長させやすいと言われています。

ただし、早くから「これが好き」と決めつけてそれだけに専念することだけは禁物です。もしかすると、あなたにとってもっと好きになったり面白く感じることが他にあるかもしれません。ですから、中学生の頃は「面白い」とか「好き」と感じることに取り組みつつ、自分にとってまだ知らない分野に手を出し続けるという姿勢をもっていただきたいと思います。

では、また来週に続きます。

ふゆさん

todaoartodaoar at 23:45│コメント(0)トラックバック(0) |

2009年12月22日

20日に「Withyouさいたま」で行われた「女性のための護身術Wen-Do」に参加してきました

護身術セミナー

定員20名だったところに、なんと70名以上の方が応募してきたとのこと

私は抽選により当選したとのことで「なんてラッキーなんだろう。もう今年の運は使い果たした」と思いました。

Wen-Do」(ウエンドウ)とはカナダで開発された女性のための自己防衛プログラムだそうで、最小限の力でセクハラやDVなどの暴力から身を守る方法を教えてもらいました。

とてもわかりやすく充実しており、2時間があっという間に過ぎていきました。


「体験で広めるという原則」があるそうで、どんな内容かはここで触れられませんが、絶対に受けたほうが良いと感じました。
ひったくりなどもそうですが、チカラの弱い女性にとって、身を守る術を守るのは大切なことです。

来年の4月18日(日)にも講座があるそうです。是非ホームページをチェックして参加してみてください



todaoartodaoar at 09:30│コメント(0)トラックバック(0)イベント情報  |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: