2010年01月

2010年01月31日

        夢を運ぶ まちが笑う 
      地域と企業をつなぐCSR

 

日時:3月5日(金)13:3016:30

場所:さいたま商工会議所 2階ホール

主催:さいたま商工会議所

共催:NPO法人ハンズオン!埼玉 

後援:さいたま市、浦和区自治会連合会、
さいたま市社会福祉協議会


フォーラム

 
『今、地域社会との共存をめざし、CSRに積極的な企業が注目を集めています!』

「何を?どうやって?」と、なかなか分かりづらい地域貢献活動について、成功事例も交えての講演とともに、企業・NPO・地域住民による交流のキッカケづくりの場をご提供いたします。

講師には、観光や福祉を組み合わせたユニークな企画で神戸のまちに笑いを運ぶ名物社長─近畿タクシーの森崎清登氏をお迎えして、独創的な発送と先駆的な地域貢献活動をお聞きします。

地域貢献の手法を模索中の経営者やCSRご担当者の方、企業と地域の新しい協働にご関心のある自治会やNPOの方、ぜひご参加ください。(さいたま商工会議所ホームページより転載)

 

詳しくはこちらへ

 
私も参加したいのですが、仕事の関係で行かれそうにありません。どなたか参加される方がいらっしゃいましたら、当日の模様をお知らせください。(N)

 

CSR Corporate Social Responsibility
 

持続可能な社会を目指すためには、行政・民間非営利団体のみならず、企業も経済だけでなく社会や環境などの要素にも責任を持って活動するべきであるという考えをもとにした概念がCSR=「「企業の社会的責任」です。(NPO法人ハンズオン!埼玉のブログより)



todaoartodaoar at 10:02│コメント(1)トラックバック(0)イベント情報 | 他市の情報 |

戸田中央総合健康管理センターを見学してきましたが、素晴らしかったです。

一般検診・巡回検診・脳ドック・女性検診等をトータルに実施できる、最新鋭の設備を備えた施設です。

各階とも明るくゆったりとした豪華な待合ホールが印象的でした。また、1階には中村隆俊記念館が併設されています。

午後4時からは戸田市文化会館で竣工式が開催されました。「愛し愛される」を理念に、昭和37年の創業以来地域に密着した医療の提供をし続けてきたとのこと。中村隆俊TMG会長は、戸田中央総合病院を開設された当時は、周りが田圃で夜は蛙の声がすごかったという話などもされていました。

オープンは明2月1日です。

 

私も人間ドックで新センターに行くのを楽しみにしています。1年に1度は人間ドックを受けましょう。(N)

健康管理センター

IMG_4727
   ソフトボール部によるダンス披露



todaoartodaoar at 08:32│コメント(0)トラックバック(0)まちの話題 | 法人会員紹介 |

2010年01月30日

花
今、ベランダで可愛く咲いています。

私ごとですが、ちょっと足の筋を痛めて外に出ることが減っている今日この頃です。

こんなとき、ベランダに咲いている花に癒されてます。

筋を痛めて初めて気づいたことが・・・
寒い日は痛いんです 暖かい日は、ホッとします

まだまだ寒い日が続きますが・・・春よ来い早く来い 
kumi

todaoartodaoar at 11:27│コメント(0)トラックバック(0) |

2010年01月29日

鳩山首相の施政方針演説から「新しい公共」の部分を抜粋して紹介させていただきます。

「新しい公共」によって支えられる日本

人の幸福や地域の豊かさは、企業による社会的な貢献や政治の力だけで実現できるものではありません。

 

今、市民や非営利組織(NPO)が、教育や子育て、街づくり、介護や福祉など身近な課題を解決するために活躍しています。

昨年の所信表明演説でご紹介したチョーク工場の事例が多くの方々の共感を呼んだように、人を支えること、人の役に立つことは、それ自体が喜びとなり、生きがいともなります。

こうした人々の力を、私たちは「新しい公共」と呼び、この力を支援することによって、自立と共生を基本とする人間らしい社会を築き、地域のきずなを再生するとともに、肥大化した「官」をスリムにすることにつなげていきたいと考えます。

 

一昨日、「新しい公共」円卓会議の初会合を開催しました。この会合を通じて、「新しい公共」の考え方をより多くの方と共有するための対話を深めます。

こうした活動を担う組織のあり方や活動を支援するための寄付税制の拡充を含め、これまで「官」が独占してきた領域を「公(おおやけ)」に開き、「新しい公共」の担い手を拡大する社会制度のあり方について、5月を目途に具体的な提案をまとめてまいります。


寄付金税制などNPO支援の諸施策に期待したい。5月の提案を注視していきましょう。(N)



todaoartodaoar at 21:36│コメント(0)トラックバック(0)まちの話題  |
講演会

日時 2月13日(土) 13:30〜15:00 
              (開場13:00)

場所 戸田市役所5階会議室

講師 林 弘樹氏(映画監督)

主催 戸田市ボランティア・市民活動支援センター

    戸田市

後援 戸田市町会連合会 
    戸田市社会福祉協議会

 

映画を作っていくなかで「地域の資源」を見つめ直すきっかけ(スイッチ)をどう発見するのか。自分たちにできることは何なのか。地域コミュニティと市民活動の両面において高い見識を有する林弘樹監督から講演をいただきます。

 

地域を巻き込んだ映画作りにおけるまちづくりの手法から、今後におけるコミュニティ活動の活発化に向けたヒントが得られそう。

 

講演会の後、15:10〜16:00 交流会がありますので、こちらもご参加ください。

 

みなさんのお越しをお待ちしています。(N)



todaoartodaoar at 07:49│コメント(0)トラックバック(0)イベント情報 | まちのふれあい |

B級グルメやメープルシロップ、ハチミツ等を活用した取組を参考に、地域の特徴を活かした食によるまちづくりについて考えてみませんか!

 

日時 2月17日(水) 13:30〜16:00

会場 川口市キュポ・ラ4階 市民ホールアレンデイア

内容 こちらをご覧ください(PDF)
戸田ミツバチプロジェクトの事例も発表されます

主催 埼玉県南部地域振興センター

                             (N)

 

セミナー

 セミナー
  



todaoartodaoar at 07:42│コメント(0)トラックバック(0)イベント情報 | まちのふれあい |

2010年01月28日

といっても、本物ではなく、壁(線路の柱)に絵が描いてあるんですが・・

高架下の公園1
こんな感じです。(戸田ではありません。北赤羽駅近くです。スミマセン)

もともとは、スプレーの落書きなどが多く、ちょっと怖い感じの公園だったのですが、華やかな色で描かれることによって、ぱぁっと明るくなりました。下の写真は、同じ公園です。
高架下の公園2
高架下の公園3

誰が描いたのかまでは調べられませんでしたが、役所ではなく、市民の手で描かれたものであれば、さらに素晴らしい取り組みだと思いました。(yard)

todaoartodaoar at 09:40│コメント(0)トラックバック(0) |

2010年01月27日

まちづくりの仕事で、今日より奄美大島に来ています。

写真は地域資源の現況を把握するために廻った場所のひとつ、奄美大島北東部にある「あやまる岬」です。

DSC00277

DSC00265

「あやまる」と言っても、別に何か懺悔する場所ではありません。

この岬から180度に渡って見回せる海の色が、太陽の光によって「彩なす鞠」のように刻一刻と変わっていくことから、「あやなすまり」→「あやまる」となったとのこと。

DSC00270

白や薄い緑っぽくみえる部分は珊瑚礁です。

DSC00280

案内をしてくださった方や、見学させていただいた工場や施設など、奄美の方々は実に親切です。その気さくさと情熱には感動しました。

やはり地域資源は、場所やモノだけでなく、「人」こそそうだとの実感をますます深くした今日一日でした。

今回は奄美大島にもうしばらく滞在します。

ふゆさん



todaoartodaoar at 19:20│コメント(1)トラックバック(0)他市の情報  |

2010年01月26日

P1080917
P1080969
P1090008
これ、どこだと思いますか?

実は、フランス大使館なんです。
去年の秋に新庁舎が完成し、古い庁舎は取り壊されることになったのですが、70人余りのアーティストに庁舎の全てを使って製作をしてもらったそうです。

その名も、『No Man's Land
(開催期間:09年11月21日〜10年1月31日)

面白かったり、くだらなかったり、圧巻だったり、とさまざまな作品が所狭し(というかいたるところまで隅々と)と描かれたり陳列されていたりするのを鑑賞できるのもさることながら、普段は決して入れない大使館の中も見ることができるのです
(大使館を使ってるんだから当たり前ですが・・)

それでは、ちょっとだけ作品をご覧ください。
P1080926
P1090015
P1080971
この他にも面白い作品がたーーくさんあって、写真を撮るのに大忙しでした しかも、たくさんの人が大勢詰めかけていて、ぎゅうぎゅうでした。
小さな4畳くらいの部屋がいくつもあるのですが、そこに制作者の方がいて、話しを聞くことができます。作品に込めた思いや意図を聞くことができ、自分で感じたものとの違いを実感できます。

ここには全部載せきれませんでしたので、興味ある方はぜひ行ってみてください
今週までですので、お早めに。
参考にこちらのサイトも貼り付けておきます。こちらは詳しいです。

取り壊すとはいえ、ただ開放するだけでなく、そこにアート作品を作って良し、とする精神がフランスっぽいなーと、羨ましく思ったのでした。(yard)



todaoartodaoar at 10:11│コメント(0)トラックバック(0) |

2010年01月25日

1月19日に市民農園から大根とネギを戸田市へ運びました。昨年の31日から降り出した雪。私は1週間程で寒さから逃げ出しました。

この間に3・4回、雪が降ったようです。滝田さんに聞いてはいましたが、雪が降り、大根が土から出ている部分にかかると、食べれなくなる。
畑に行くと大根の輪切りが彼方此方に落ちていました。又二股になった大根も散見されました。農家の方がしてくれたのでしょう。
大根












上の写真は元気な状態での大根、大変に評判も良かったんです。しかし1月に入ったものは葉も枯れ比較にならない状態でした。葉をとり大根のみにし、戸田市に運び半額にしたり、試食ように差し上げたりしましたが。畑には20本から30本がまだ残っている状態。悔やむのみです。試しに1本食べましたが、水分が抜けて、美味しくはありません。まともには売れません。
ミニ大根

 

 

 

 

 

 

こんな折に写真のミニ大根を滝田さんから試しに売ってみてと、渡されました。パソコンのマウスと同じほどの大きさ。サラダ等に良いとの話。煮物や漬物でも良いようです。私はサラダにし頂きました。冷蔵庫の場所をとらず良いかも知れないと感じています。(m) 



todaoartodaoar at 18:38│コメント(0)トラックバック(0)友好都市交流  |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: