2010年04月

2010年04月30日

2年目の記念行事「ふれあい祭り」を5月30日に計画している。

さらに浸透と定着を目指し、住みよい地域づくりに貢献していく。

 

2年目は、近くの西川口東口連合商店会も参加。「あいさつができる子や1人でおつかいに来た子に10馬力」など、「教育に向き合う社会づくり」も目指すそうです。環境に加え教育面においてもアトム通貨を活用していくそうです。

これからも川口市のアトム通貨を注目していきたい。(N)

アトム通貨



todaoartodaoar at 08:30│コメント(0)トラックバック(0)地域通貨の話題 | 他市の情報 |

2010年04月29日

1c373c71.jpg

9a9883f7.jpg

3068fccc.jpg

a346194d.jpg

今日は3月にオープンした『茨城空港』にいってきました。

コンパクトサイズの建物ですが、車はひっきりなしにやってきます。
面白いのは、「利用者駐車場」と「見学者駐車場」に分かれていたことです。

どちらの駐車場にもたくさんの車が停まっていましたが、、、


空港ロビーの発着ボードには“welcome!”の文字しかないのです。


ということは、ここにある車と人は全員、観光に来ている人たちのみ、ということです。
今日はたまたま発着がない日だったんでしょうか?


気を取り直して二階の展望デッキに上がると、もちろん飛行機の姿は一機もいません。
しかも、自衛隊の基地の敷地内にある空港なので、この写真では分かりませんが、左側を見ようとすると曇ってしまう特殊ガラスなのです(+_+)


いろいろ不安の声を聞く茨城空港ですが、いい活性化の方法があると思いますので、これから頑張ってもらいたいと思います。
まずは、空港の周りの活性化が大事だと思いますよ(^_^) (yard)


todaoartodaoar at 19:30│コメント(0)トラックバック(0)旅日記  |

2010年04月28日

国民の幸福度について初の意識調査を内閣府が27日発表しました。

幸福度


図表4の幸福度を判断する際に重視した要素は面白いです。

図表7のNPO活動に参加したくない45%、利用したくない31%、寄付したくない47%の結果は驚きです。

幸福度を測るモノサシは、人それぞれで違うものだと思います。また、高度成長期の幸福観と現在の幸福感は自ずと違うのではないでしょうか。

自分だけの幸福感、自分らしい幸福感を築きたいものです。身近に幸福はたくさんあると思われますが、それを感じる心を磨き実感していくことが大切なんだと思います。

関連過去ブログ08.9.21.「幸せって何だろう」もぜひご覧ください。(N)


1.国民の幸福感の現状

10 段階評価で、平均値は「6.5」。

日本では、「5」を選択する者が多いほか、デンマークや英国と比較して、低い点数をつける者が多かった。(図表1)

・男女別には、女性のほうが幸福感が高い。特に10 点中7 点以上の幸福感があると答えた者が男性48%に対して、女性は59% (図表2)

・年齢別には、30 歳代の幸福感が最も高く、特に10 点中7 点以上の幸福感があると答えた者の割合は30 歳代をピーク(61%)に、年齢階層があがるにつれ低下(70 歳代は44%) (図表3)


2. 幸福感とその判断

・幸福感に影響する要素は、?健康、?家族関係、?家計状況が3 大要素(図表4)

・企業への期待は、「給料や雇用の安定」、「仕事と生活のバランス確保」(図表5)

・政府への期待は、「年金・医療介護・子育て」、「雇用や住居の安定」が重要課題(図表6)

 

3.政策への期待と満足度

・国民の幸福に直結する最重要課題は「年金」であるとの意識調査結果であり、かつ、現状最も不満を抱いているのも「年金」について(図表6)

・政策的重要性はそれほど高く位置づけられていないが、不満足度の高い政策としては、「財政健全化の計画的推進」、「いじめ・不登校のない社会環境実現」(図表6)

4.新しい公共関係

・ NPO活動等の参加経験者26%、サービス利用者11%、寄付者11%。また、参加したくない45%、利用したくない31%、寄付したくない47%の結果も出ており、制度整備にあわせ、国民的参加の環境を整備していくことが重要 (図表7)


詳しくはこちらのサイトへ。



todaoartodaoar at 23:58│コメント(1)トラックバック(0)まちの話題 | 雑感 |

2010年04月27日


 4月25日(日)に「戸田市市民活動サポート補助金」の事前説明会を開催しました!

 事前説明会には、多くの団体さんに参加していただきました。ご参加いただきありがとうございました。

 また、事前説明会は終わってしまいましたが「戸田市市民活動サポート補助金」の詳細については、下記HPに載せておりますので、ご覧いただければと思います。事前説明会にご参加いただけなかった団体さんも個別で相談可能となっております。

 申込期限は下記のとおりになっておりますので、「戸田市市民活動サポート補助金」についてご考慮いただければと思います。

 ご応募お待ちしています。(book)
 
 
 申込期限:5月21日(金)17:15必着

 http://www.city.toda.saitama.jp/447/446124.html

todaoartodaoar at 09:46│コメント(0)トラックバック(0)イベント情報  |

2010年04月26日

4月24日(土曜日)にソラドファームの説明会がありました。

埼京線の戸田駅から南に約5分程、まちなか「菜園」が開設されます。私がかかわる、白河市市民農園の更なる拡大の為に、お借りすることにしました。

お値段は少し高いのです????
家庭菜園













45区画が完売のようでした。抽選で区画が決まりました。

写真は説明の後、応募された方々が見学をしています。
家庭菜園














若い女性スタッフが多いな・・・・・・そんな感想を持ちました。オープンは5月1日からです。(m)



todaoartodaoar at 18:13│コメント(0)トラックバック(0) |

面白いYouTube「農家のこせがれ応援歌」をご紹介します。

親子の信頼関係・絆の強さを感じました。親父の手には貫禄があります。


食事のときには農家の皆さまに感謝せずにはいられません。

「いただきます」 「ごちそうさま」 「ありがとうございます」


こせがれ農家の方は昔を懐かしみながら、

まだもどられていないこせがれは将来を想像しながら、

農家を応援したい方々は素敵な農家さんとの出会いや未来を想像しながら聞いてください。
(農家のこせがれネットワークのブログより)

 

ブログにYouTubeを張り付けようと頑張ったんですが出来なかったので下記からご覧ください。軽快な歌ですので事務所でアクセスする場合には、音量にご注意ください。

 

http://ameblo.jp/kosegarenet/entry-10511959242.html

 

メルマガ「ファンドレイジング道場〜黒帯への道」で取り上げられていたものです。

 

 

私たち市民活動団体でもYouTubeを使ってこうしたアッピールができるといいですね。

 

 

戸田市でも友好都市白河市表郷地区で市民農園の開設、グリーンツーリングによる農業体験、表郷地区や大信地区等の農家の皆さんとの交流が行われています。私も何回か参加しましたが、農家の方々との交流は楽しいです。
        

市民農園前で記念撮影おいしかったおにぎり

グリーンツーリングの様子は、カテゴリー「友好都市交流」からご覧いただけます。

また市内の市民農園で野菜づくりを楽しまれている方も多いです。

今、農業が見直されています。

この後mさんがまちなか菜園についてアップする予定です。乞ご期待。(N)



todaoartodaoar at 16:43│コメント(1)トラックバック(0)まちの話題 | 友好都市交流 |

2010年04月25日

「市民活動サポート補助金」の事前説明会が本日開催されます。

 

ご興味のある方は説明会にご出席されて、活動資金の調達の研究をされてはいかかでしょうか。(N)

 

 

日時4月25日(日曜日)11;00〜12:00

 

場所戸田市役所5階大会議室A

 

 

詳しくはこちらへ。

たんぽぽ



todaoartodaoar at 07:54│コメント(0)トラックバック(0)まちの話題  |

2010年04月24日

先週、会津に行って来ました。

桜まつりを楽しみに・・・ところが
P4171429
な、なんと雪 東北自動車道は閉鎖 やっと開通して何とかたどりつきました。
P4171431
最初に行ったのは、喜多方ラーメン 美味しかったです

桜を楽しみに行ったのに、残念ながら桜はまだ蕾

P4181461

P4181491

P4181480
会津武家屋敷も、鶴ヶ城も私の予定では桜で埋め尽くされているはずだったのに・・・鶴ヶ城の天守閣から見た風景は桜のじゅうたんに包まれるはずだったのに

とっても寒〜い桜まつりでした

異常気象なのか、まだ寒い日がありますが・・・今週あたりはきっと満開になっていることでしょう

kumi


todaoartodaoar at 11:33│コメント(0)トラックバック(0) |

2010年04月23日

過日、戸田市ボランティア・市民活動支援センターの特集記事として投稿したものですが、こちらのブログにもアップさせていただきます。

 

寄付によるまちづくりについて考えてみたいと思います。

 

寄付金税制がちょっと充実

 

個人住民税の税額控除が始まる 平成20年度         

寄付金控除の対象が広がりました 平成21年度

 

従来の「地方自治体に対する寄附金」「日本赤十字社(埼玉県支部)に対する寄附金 」「埼玉県共同募金会に対する寄附金 」に加え、条例で指定した以下の寄附金が新たに控除の対象となりました。

ア.財務大臣が指定した寄附金(国立大学法人に対する寄附金など)

. 独立行政法人に対する寄附金

. 公益社団・財団に対する寄附金(現在、特定公益増進法人の認定を受けている特例民法法人に対する寄附金は、経過措置により、認定期間中は対象となります。)

. 学校法人に対する寄附金(確定申告時に、寄附をした学校法人が特定公益増進法人であることの証明が必要となるので御確認ください。)(入学に関するものを除く)

. 社会福祉法人に対する寄附金

. 更生保護法人に対する寄附金

他に、一定の公益信託、認定NPO法人も追加されました。

※いずれも県内に主たる事務所を有する法人

 

戸田市は埼玉県と同じように条例改正がおこなわれています。

 

詳しくはこちらへ。

 

条例で制定されましたが、まだまだこの寄付税制を知らない方も多いでしょう。また、新たに追加対象となった法人も、この寄付金について広報されていないように思います。

 

戸田市情報ポータルのトップページを見てもすぐにはわかりません。また、戸田市社会福祉協議会や戸田市社会福祉事業団のサイトも同様です。そして、他の社会福祉法人や学校法人についても同じでしょう。

 

漠然と寄付してください、寄付金控除が受けられますよと言われても、寄付意欲はなかなか湧きにくいように思います。寄付者と使途がつながっていないことによるものと思われます。

 

寄付する方は、法人や団体に興味があるわけではなく、課題や課題を解決するための施策・事業・活動に興味を持ち応援したいと考えるそうです。

 

そこで、市・法人の抱える課題や現状を明示し、その課題を解決する具体的な施策・事業・イベント等を明確に提示することが大切ではないでしょうか。そうすることによって、「あぁそうなんだ」「大変なんだなぁ」「私も参画させてもらおう」という意欲がわいてくると思います。寄付者とその使途が明確となり、安心して寄付することができます。

 

寄付額が少ないので、あまり力を入れていないのか。まだ改正があったばかりで、その対応がまだなのか、寄付を受けることに慣れていないのか。しかし、具体的事業を提示して広報することにより、寄付額は増えてくるものと思われます。

 

因みに、札幌市の平成21年度寄付額(22.3.15.現在 )は、47,782,357円です。

 

市民活動サポート補助金

 

平成22年度施政方針 「参加と交流」の部分に、「市民活動の推進については、「市民活動サポート補助金」を創設し、社会貢献活動を行う方々が、自立した運営を行っていけるよう、資金面からの支援を進めてまいります。」と記載されています。

 

従来、戸田市社会福祉協議会の「やさしいまちづくり応援助成金」がありましたが、戸田市でも「市民活動サポート補助金」が平成22年度に創設されます。この補助金の今後に期待したいです。

 

市の財政も年々厳しくなってくるものと思われますので、市民活動を支援する基金の創設が必要ではないかと考えています。

 

戸田市では、「パートナーシップによるまちづくり」を以前から推進してきています。また、最近、国でも「新しい公共によって支えられる日本」を強調し、活動を担う組織のあり方や活動を支援するための寄付税制の拡充を打ち出しています。パートナーシップによるまちづくりが今後ますます役割が増してきます。

 

寄付によるまちづくり

 

みなさんと一緒に、寄付によるまちづくりをこれから考えていきませんか。

 

寄付によるまちづくり条例を制定し、寄付を通して、市民、企業、地元出身者等の意向を反映した政策を実施することにより、協働によるまちづくりを推進しているところも多いです。

 

協働によるまちづくり、寄付によるまちづくりを積極的に考えることが期待されています。(N)

続きを読む

todaoartodaoar at 10:48│コメント(0)トラックバック(0)まちの話題 | まちのふれあい |

2010年04月22日

戸田市では、市民活動の活発化に向けた取り組みの審議、検討を行う委員を募集しています。
この委員会は、本サイトやセンターを含む、戸田市全体の市民活動の活発化について審議・検討する委員会です。
委員会の方針のもととなる「戸田市市民活動推進基本方針」および「戸田市市民活動推進基本方針の具現化に向けた提言書」は下記URLより参照できます。http://todasimin.net/kihon_ninsiki/index.html

皆さんのご応募をお待ちしております。


募集人数  3

任  期  
平成227月〜平成246月(2年間)

◆対  象  
市内在住・在勤で、NPOやボランティア活動に興味がある人または活動中の人で、月12時間程度(平日夜間)の会議に参加できる人

申  込 
57日(金)必着で、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、市民活動活発化に対する意見(800字程度)を郵送、FAX048-432-8521)またはEメール(community@city.toda.saitama.jp)まで

問い合わせ
コミュニティ推進課 (内線651
335-8588 戸田市上戸田1-18-1
TEL048-441-1800



todaoartodaoar at 11:03│コメント(0)トラックバック(0) |
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: