2007年02月26日

ススメバチの巣 1今まで全然気がつかなかったが、家の裏の椿の木に長さ25僂阿蕕い離好坤瓮丱舛料磴鯣見した。巣は四分の一ほど壊れていた。風で枝が揺れて壊れたのでしょう。巣はとてももろいですね。先程枝ごと切って来て中を見たが何もいませんでした。これを夏の間に見つけたら大騒ぎになっていた。気がつかないから恐いもの知らずで通り過ぎていたのでしょう。結構高い位置にあったので、見上げないとわからない。蜂の巣が高い位置にあると雨が多いとか大水が出るということを、子どもの頃親から聞いた覚えがあります。
昔、蜂の子を煮て食べたことがあります。白いのもいれば生育して茶色になったものもいたが、さすがに蜂そのものの色・形のものは、食べるのに勇気がいる。チーズのような味だったですね。長野あたりでは、今でもおみやげに売っています。
ススメバチの巣 2それにしても、自然の造形は美しいですね。(N)



todaoartodaoar at 12:20│コメント(1)トラックバック(0)自然とのふれあい │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まめゴマ   2007年02月27日 12:58
 ナショナルジオグラフィックTVで、スズメバチの生態特集を見たことがあります。
 本当にスゴイ攻撃力で、虫であるが故に、その行動や攻撃は本能そのまま。ほんの数十匹でミツバチの巣を全滅させてしまった映像には息を呑みました。
 そう言えば、ライオンに対するトラのように、スズメバチのライバル的存在(と私は勝手に見ていたのですが)であるクマバチを最近、目にすることがなくなりました。あの太っちょな身体でブンブン飛ぶ姿は、怖かったのですが、妙に愛嬌があって好きだったのですが…。
 どなたか見かけた方はいますか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: