2009年06月26日

放課後子供教室のスタッフの白石賢司さんから活動の様子を投稿いただきました。

    放課後子ども教室

        放課後子ども教室

戸田市内の小学校において、子供たちが地域社会の中で、心豊かで健やかに育まれる環境づくりを推進するため、放課後に小学校の余裕教室、校庭、体育館等を活用して、子供たちの安全、安心な活動拠点を設け、地域の大人の協力を得て、学習、スポーツ、文化活動、地域の皆さんとの交流活動などの取り組みを目的に活動しています。
                                                                                               

笹目小学校においは、戸田市役所、学校のご支援ご協力を頂きながら昨年5月スタートしました。
                                                                                                 

昨年は1年生から5年生まで48名の子供たちが、毎週木曜日の放課後子供教室に参加し、ふれあい教室において宿題をしたり、ぬりえを書いたり、パズルをしたり、剣玉あそびをしたり、また、校庭で一輪車の練習をしたり、体育館でボール遊びをしたりと・・・5時の終了時間があっという間に過ぎてしまうほどです。
                                                                                 

当初は子供たちと、大人たちとの距離があり、どのように子供たちと向き合えばよいのか不安な面もありましたが、今では子供たちと打ち解けて一緒に遊ぶようになってきました。
                                                                                        

今年は二年目に入り新たに4月より参加者の募集をしましたところ、現在65名の子供たちが参加され、教室の中は子供たちの熱気でいっぱいです。
                                                                                     

子供たちが元気に遊んでいる姿を見ていると嬉しく、またわが子(孫?)のように思います。
                                                                                   

現在、私たちスタッフ7名で、子供たちの安全、安心をモットーに頑張っております。

                                                                                                                                                                                      

・子供が大好き、子供たちと一緒に遊んで頂けるボランティアを募集しています。
 興味のある方、詳細を知りたい方は、
                                                   
                                                                                         ・・・     戸田市こども青少年部 児童青少年課 放課後こども担当までご連絡下さい。
 電話 048-441-1800(内線689)です。
 
                           

                                                                                                   

白石さん、ありがとうございました。スタッフの皆様方のご活躍に感謝します。(N)

 

過去の関連ブログ
08.02.22.放課後子ども教室事業

09.01.04.子どもたちの居場所づくり

 



todaoartodaoar at 06:26│コメント(0)トラックバック(0)地域の教育力 | 町会

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: