戸田農園

2007年10月05日

なたね油
























 大信の戸田農場の菜種畑でKさんが育ててくれた菜種を収穫し、昔ながらの製法で絞り、絞りたてをビン詰めにしてもらいました。この大信産なたね油は、化学薬品や添加物を含まない自然そのままの健康食品です。

 大信のKさん、大信庁舎の皆さんに大変お世話になりましてありがとうございます、感謝申し上げます。また、mさんには大信との連絡調整、運搬にご尽力いただきましてありがとうございました。今後とも大信の皆さんと戸田市民との交流がますます盛んになることを期待しています。

 

菜種油会員の皆様へ

なたね油の引換のご案内は郵便でお知らせしますので、今しばらくお待ちください。(N)



todaoartodaoar at 06:36│コメント(4)トラックバック(0)

2007年06月20日

昨日福島県白河市の大信地域に行きました。午前中は田村市で納品。福島は天気が良すぎて真夏のよう。戸田農園は大変な状況でした。菜の花6月

やはり看板は見栄えがします。

 

 

一面が雑草のように感じられる。菜の花6月

私達が菜の花畑だとしているから。知らなければ何の価値も有りません。

 

しかし良く見ると種がかなり大きく成長しています。楽しみですね。菜の花6月

(m)



todaoartodaoar at 06:58│コメント(1)トラックバック(0)

2007年05月14日

畑わさび

 

わさび畑わさび畑        






わさびと言えば、山間のきれいな水の流れるところを想像すると思いますが、何とびっくり、Sさんは畑のなかで栽培しています。
わさびはアブラナ科の植物で、沢わさびと畑わさびがあることを始めて知りました。
わさび畑わさび畑






今はちょうど花の出荷が終ったばかりとのことでした。特に土づくりには気を使っているとのこと。ハウスの中だけでなく、露地栽培もあります。

 

おみやげに葉ワサビをいただきまして、ありがとうございました。

 

葉ワサビのおいしい食べ方を教わってきたので紹介します。

1.        塩もみ

適量を細かく(2〜3儖米癲棒擇蝓⊂ザルなどに入れ、食塩少々を加え茎汁が少々にじみ出る位までもむ

2.        湯通し

熱湯(80℃程度)をまんべんなく色がかわる程度にかける、素早くうちわで冷やし2〜3分放置する

(1束にかける湯量はコップ1杯くらい)

3.        密封

充分さました後、食塩をひとつまみ振りかけ混ぜ合わせる

密封容器に入れ、冷蔵庫などに保存する

約2時間待てば、ピリッと辛みのきいた美味しい葉ワサビが食べられます。

お好みにあわせて納豆やお茶漬けなどに加えてもいい。

         (N)



todaoartodaoar at 05:56│コメント(0)トラックバック(0)

2007年05月13日

5月11日、菜種油エコプロジェクト会員11名で大信地区を訪問し、戸田農場の菜の花を見学してきました。また、農家の方々とも楽しい交流があり、有意義な1日でした。

 

BDF車今日は低気圧の通過した後で風が強かったが、BDF車の快適な走りで大信地区に到着。
車内では、バイオエタノールなど資源・環境・食糧問題が話題となった。

戸田農場 19.5.11

菜の花 19.5.11






大信のきれいな空
気を吸って、農家の人の愛情に育てられて、菜の花は只今満開です。

 

田圃広々とした田圃が一面に広がっている。この田圃でおいしい白河米「白河浪漫」が作られる。



 わさび畑
わさび農家訪問
畑で作るわさびについては明日アップします。





昼食昼食は地区内の食堂で山菜料理。山菜のお浸し、ゴマ和え、梅肉和え、天ぷらにタケノコご飯がうまかった。凍餅(しみもち)を始めて食べた。山ゴボウの葉を草餅みたいについたもので茶色をしていて、すりごまをまぶしたものです。

 

農家訪問農家2軒を訪問し、どちらも私たちを親切に案内していただきました。わさび畑の見学や山菜でお茶をごちそうになりました。皆さん大変お世話になりましてありがとうございました。農作業の話、山菜の説明など、こうした交流の場はとても楽しかったです。私は戸田に生れ戸田育ちで田舎がありませんですが、自分の田舎ができたようでとてもうれしいです。

 

おみやげ帰りに山菜、野菜、お米、たまご等たくさんのおみやげを持って皆さん満足した1日だったようです。

 


お世話になりました大信地区の皆さん、ありがとうございました。 (N)



todaoartodaoar at 05:37│コメント(0)トラックバック(0)

2007年04月24日

東北地方は、今花が満開です。

白河大信でもわれらの「菜の花」がかなり咲き出しました。菜の花4月写真は現地で4月23日に撮影したものです。まだまだ大きくなるでしょう。

5月中旬までは見れるのでしょうか。

 

菜の花4月山中さんが作成した看板は、緑をバックに大変映えています。

やはり「菜の花プロジェクト」に参加し、菜種油を買った人にはお伝えをし、見学会をした方が良いように思います。

菜の花候補地

今開発中の福島工場内を撮影しました。

総務部の社員が一人で草刈をしていると、話してくれました。菜の花にしたら綺麗ですよと、笑いながらの会話。企業は利益を上げるのに必死、菜の花を植えるなど考えもしません。しかし山の中腹までが敷地で、戸田農園の10倍は有るでしょう。

又農家の方は安全で農業に向くかも大きな問題のようです。敷地が有るからと言って簡単に菜の花を栽培はしないようです。知ると解らない事が出てきます。かなり人間は矛盾の中で生きていると感じます。(m)

 



todaoartodaoar at 10:25│コメント(0)トラックバック(0)

2007年04月16日

福島の大信地区・・・・戸田農園から嬉しい便りが届きました。

皆が契約の戸田農園に一輪の菜の花が咲きました。後は追って咲き出すでしょう。

菜の花緑一杯の畑に看板が目を引きます。すくすくと成長する姿が嬉しいですね。

 

 

菜の花こんなに仲間がいる中で一輪だけが咲くなんて、なんとも嬉しいじゃないですか。あるじの戸田市民を今か今かと待っていますよ。早く見に来て下さいと

(m)



todaoartodaoar at 00:17│コメント(1)トラックバック(0)

2007年03月26日

戸田農場
戸田農場の様子をまとめてみました。
おかげさまで菜種油会員はほぼ定員になりそうです。若干残りがありますので、ご相談ください。
これからも最新情報をお届けしてまいります。





関連記事
2007年02月18日 
雪のため戸田農園に看板を立てられず
2007年02月20日 
菜種油エコプロジェクト会員募集開始
2007年02月22日 
友好都市大信に戸田農園の看板が設置される
                       (N)



todaoartodaoar at 09:36│コメント(0)トラックバック(0)

2007年02月18日

15日に福島県の白河市大信庁舎に行きました。車にはYさんが作成の立派な「戸田農場」の看板が積んでありました。必ず設置し、写真に撮ってくるようにと言われていました。しかし大変な雪で、時間が無い事をあり、K課長の申し出にしたがいました。
雪の菜の花畑BDF車

 

 

 

●上左の写真は菜の花畑です。雪の下に緑の茎が見え、頑張っていました。

上の右の写真は飯坂温泉の旅館前で、宿泊の翌朝での撮影です。廃油再生油は寒冷地は不向きと聞きつつ、やはり心配です。エンジンがかかるか。感謝・4回目にかかりました。

帰れると一安心・・・・これが本当の気持ち・・・Yさんに言わせれば準備不足と言われると思います。そこが私の良い所であり、悪い所でも有ります。しかし机上理論だけでは前に進みません。多少のリスクを犯しても前に進む事が必要と思います。

旅館では温泉に2度入りました。Yさんもご存知でしょうか。半年前は5回程入りましたが、足が暖まりませんでした。身体が回復している事が良く解ります。

6時に起床し着替えてから車に、前日にマニュアルを読んで座席を完全に倒し、委員長宅よりお借りした大きなシートを敷き1と缶12個を積み込みました。

以前に5缶頂いた使用済みのてんぷら油、知識不足で油が車全体に充満し、大変な思いをしました。そこで眠りながら色々考えました。結果はブルーシートを用意し、更に大きな輪ゴムと縄をドイトで買い求めました。更に積載の際に旅館が、ダンボールを中間に重ねて保管している様子を見て、これだと直感し、下段に9個を並べその上に3個を重ねました。さらに一個ごとに大きな輪ゴムを掛け9個・3個を共にロープで縛りました。

この二日間にかなり色々と学ぶ事が出来ました。食事を7時半にし8時に温泉旅館を出発。大信のEさんに教えられた事を思い起こし、四輪駆動にし旅館の坂道をゆっくりと上がり無事高速道路に到着。高速は途中で吹雪の為に通行止め11時頃にやっと解除。気持ちは帰りたい・・・でも先方には他のメンバーが作業を行なっている。郡山インターから左折し小野町に12時過ぎに合流し午後3時まで作業し帰路に。

無事戻れた事はありがたく、更に大信での新しい情報や意見交換は得るものが有りました。又課長さんには1月末に申請した、助成金の申請書のコピーもお渡ししてきました。

初めての書き込みです。まだ色々ありますの後日に書き込みます。(M)

 

 

 



todaoartodaoar at 08:34│コメント(1)トラックバック(0)

2006年12月22日

80026357.JPG福島県白河市大信地区(以前の大信村)に地域通貨運営委員会で「菜種油エコプロジェクト」のひとつとして20a(アール)の畑を借りて「戸田農場」と命名することになった。その現地の写真が手に入ったので、報告をかねて掲載します。水内さんがときどき行っては状況報告をしてくれることになっています。(Y)

todaoartodaoar at 12:37│コメント(0)トラックバック(0)
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: