まちの話題

2010年12月24日

今年もあとわずかとなりました。この時期には10大ニュースが賑わいます。

私たちに関係のある社会貢献10大ニュースは興味があります。ダイヤモンドオンラインの2010年「社会貢献10大ニュース」を紹介させていただきます。

 

1位は「日本初の寄付白書の発行」です。

 

日本の寄附市場はなんと約1兆円

個人寄付が約5500億円

法人寄付が約5000億円

 

居酒屋業界の市場と同額だそうです。


日本の寄付市場がこんな額になっていたとは驚きです。
 

詳しくはダイヤモンドオンラインへ。

 

この寄附白書は日本ファンドレイジング協会のこちらで購入できるので、早速購入しました。よく勉強してみたいです。


戸田市の市民活動の10大ニュースは何でしょうか。

皆さんの10大ニュースをコメントいただけると嬉しいです。

私は「市民活動補助金」がスタートしたことを第一に挙げたいです。

次に戸田市の寄付金税制が変わり、社会福祉法人・学校法人・厚生福祉法人が追加され、税額控除できるようになった事です。

付録ですが私個人のブログ「居場所と出番のあるまち」を始めたことです。

皆さんの活動の身近な10大ニュースを教えてください。(N)




todaoartodaoar at 13:49│コメント(1)トラックバック(0)

2010年12月19日

こんにゃく玉

白河市表郷の直売所にあった不思議なもの・・・これはこんにゃく玉です。

 

このこんにゃく玉をミキサーにかけ、煮てソーダ液を混ぜてかためるとこんにゃくが出来ます。簡単に言うとこんな作り方だそうです。(N)



todaoartodaoar at 08:12│コメント(0)トラックバック(0)

2010年12月06日


チラシセッション

ブログ10.11.12.「チラシセッションは面白い企画です」
で紹介しましたが、土曜日にさいたま市市民活動サポートセンターに応募作品を見に行ってきました。

全部で51作品が展示されていて、投票用紙も置いてあります。「わかりやすい」と「デザインが好き」の2部門で各々2団体づつ投票することになっています。私も投票してきました。

51作品がづらっと掲示されているとなかなか選べませんね。ネクタイ選びの感覚で、目についたものを記入してきました。(N)

投票用紙
  投票用紙
チラシセッション
 私の気にいったもの




todaoartodaoar at 09:52│コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月26日


講座

和光市市民協働推進センターと、埼玉県南西部地域NPO連絡会共催による研修会を粉川一郎氏(武蔵大学准教授 NPO法人コミュニティ・シンクタンク評価みえ 元代表理事)をお招きして開催されます。

 

講義 「NPO外部評価のトレンド〜新しい公共 
    第三者認証について〜

ワークショップ 「社会的信頼に応える情報発信のありかた」

場所 : 和光市役所 5階502会議室

日時 : 11月29日(月)13時〜16時

申込み・問合せ : 和光市市民協働推進センター  TEL/FAX 048−467−0823

          wako.c-kyodo@opencity.jp

 

以上サイトから抜粋させていただきました。

まだ参加できそう? 参加ご希望の方は上記へご連絡してみください。

NPO活動について最先端の情報に触れる講座だそうです。私は残念ながら参加できませんが、どなたか参加された方がいらっしゃいましたら内容を教えてください。

 

和光市市民協働推進センターは、名前からして市民と市、市民間での協働を推進していくんだという意気込みが感じられますね。学ぶことが多そうです。

そういえば、戸田市ボランティア・市民活動支援センターには、ボランテチィアと市民活動がだぶっていて協働という文字は入ってはいません。しかし、市との協働推進も当然業務に入っています。

和光市市民協働推進センター設置の目的

市民と市、市民間での協働を推進、市民活動の活性化、市民活動団体の自立支援を行うため、「和光市市民協働推進センター」と「和光市市民活動支援サイトわこうわいわいネット」を開設し、市内の市民活動の情報収集・発信及び活動支援の場を設置しました。

あちこちのセミナー等の開催内容を見るのが好きです。どんな講師か、こんな内容もいいな、チラシ等告知などいろいろと参考になります。(N)



todaoartodaoar at 09:40│コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月22日

日時 11月28日(日)9:00〜15:00

場所 戸田市役所駐車場

 

戸田産ハチミツを使った新しい名産品

当日9:00(開会式終了後)からハチミツのスイーツを販売

戸田市名産品創出事業実行委員会

 

どんなスイーツが登場するか楽しみです。(N)

農の秋祭り

ハチミツスィーツ



todaoartodaoar at 07:31│コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月18日

白菜

この白菜は、生ごみたい肥を使って友好都市の美里町の畑で作ったものです。

 

戸田市・美里町・NPO法人NPO戸田EMピープルネット・下児玉コスモス愛好会の皆さんの協働によるものです。

EMたい肥を使用した畑と使用していない畑では、その生育が全然違うそうです。

この取り組みは新聞でも取り上げられていましたが、詳細はブログ戸田市に住むと楽しいな!22.11.12をご参照ください。

私はNPO戸田EMピープルネットの会員として月2回生ごみの処理をお願いしています。そんなわけでこの白菜をいただきました。

寒さが本格的になってきましたので、寒い夜はなべがいいですね。なべには白菜が欠かせません。(N)



todaoartodaoar at 14:50│コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月17日

NPO法人川口市民環境会議(浅羽理恵代表)がこのたび認定NPO法人に認定されました。おめでとうございます。

この法人は、主に川口市内の市民、事業者、行政機関、教育機関と連携をし、環境に配慮した生活を行う人を増やすための活動を行うことにより、川口市を中心とした地球環境の保全に寄与することを目的としています。


菊 


埼玉県では、NPO法人さいたまユネスコ協会、朝霞市のNPO法人メイあさかセンターを含めて3法人です。NPO法人ふじみの国際交流センターは認定期間が終了していました。

全国では総計187の法人が認定されています。少ないですね。

 

事業系NPO法人が認定を受けやすくなるような税制改正が待たれているところです。

なお、認定NPO法人への基準等については、後日ふれてみたいと思います。

NPO法人川口市民環境会議についてはこちらのサイトへどうぞ。(N)



todaoartodaoar at 14:06│コメント(1)トラックバック(0)

2010年11月12日

チラシセッション
さいたま市サポートセンターでは、チラシセッションを実施しています。面白い企画です。
さらに、事前講座「チラシ作成講座」を開設しているのは流石です。

講座は単発になりがちですが、こうした講座のフォローの大切さを再確認しました。

来年のフラット広場TOMATOでも、こうした企画をぜひ取り上げて欲しいものです。

この企画に戸田オール基金を活用できたらいいですね。

 

チラシセッションの詳細はこちらへどうぞ。(N)



todaoartodaoar at 12:31│コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月08日

先に「NPOの会計基準が出来ました」を投稿しましたが、NPOの会計基準の策定を進めたNPO法人シーズでは寄附をお願いしています。

寄付がより社会的に認められ、
NPOがより寄付を集めやすい社会へ!

「税額控除」、「絶対値基準」、「仮認定」の実現のために、シーズを応援していきましょう。

私も動画で勉強させていただいたので、少額ですが寄付させていただきました。


オンライン寄附はいいですね。銀行や郵便局に行って振り込み用紙に記入して振り込むのは面倒でしたが、これは便利です。

クレジットカード決済とコンビニからの振り込みの二種類から選択する。私はクレジットカードの番号を入力するのは好きではないので、コンビニからの振り込みを選びました。入力画面で必要項目を入力し、次の画面で寄附番号が発行される。この番号を控えてコンビニに行って振込票を端末で発行し、これを持ってレジで納付しました。


直後にお礼のメールがあったのは、言うまでもありません。
 

コンビニにはめったに買い物に行かないのですが、書籍のネット販売の時だけ利用していました。コンビニの機能もどんどん進化しているのですね。おじさんは遅れているなと実感している今日この頃です。(N)



todaoartodaoar at 09:18│コメント(0)トラックバック(0)

去る720日、NPO法人会計基準協議会が、「NPO法人会計基準」を発表しました。日本初の「民間主導・市民参加型」で策定されました。


私もさらに勉強して普及していきたいと思います。
 

【目的】

1. この会計基準は、以下の目的を達成するため、NPO法人の財務諸表及び財産目録(以下、「財務諸表等」という)の作成並びに表示の基準を定めたものである。


(1) NPO
法人の会計報告の質を高め、NPO法人の健全な運営に資すること。

(2) 財務の視点から、NPO法人の活動を適正に把握し、NPO法人の継続可能性を示すこと。

(3) NPO法人を運営する者が、受託した責任を適切に果たしたか否かを明らかにすること。

(4) NPO法人の財務諸表等の信頼性を高め、比較可能にし、理解を容易にすること。

(5) NPO法人の財務諸表等の作成責任者に会計の指針を提供すること。


下記のサイトでご確認ください。

みんなでつくろうNPOの会計基準

  会計基準の全文がダウンロードできます。

 

NPOの会計基準について(動画)

  税理士の脇坂誠也先生が丁寧に解説されています。


 


書籍「これからはじめるNPO会計・税務」

第1章   NPOの経営から考える会計

第2章   NPO会計の実務

第3章   NPO法人の税務

NPO会計税務
                      (N)



todaoartodaoar at 09:11│コメント(0)トラックバック(0)
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: