イベント

2017年12月03日

2017年12月2日(日)戸田市上戸田地域交流センターで開催された「TodaママフェスタInあいパル」で戸田オールが利用されました。
主催者発表で、2,600人超の来場者があったそうです。
20


todaoartodaoar at 11:09│コメント(0)

2017年08月01日

昨日で応募を締め切りました。
お陰様で4組16人の方々から応募をいただきました。
ありがとうございます。

お店で何をどのようにして売るか?売り上げや仕入れ、お店の飾りつけなど開店準備に必要な勉強を3回の準備会で、学びます。お金は現金ではなく、すべて地域通貨オール券を使います。

商工祭の当日は、皆さんもぜひお買い物に来てください。お待ちしております。

todaoartodaoar at 20:33│コメント(0)

2017年06月30日

H29お店チャレンジポスター1


todaoartodaoar at 10:21│コメント(0)トラックバック(0)

2015年10月02日

9月27日(日)に、「地域通貨deお店体験隊」を開催しました!

今年は3チームの小学生たちが1ヶ月以上かけて準備してきました。朝小雨が降り天気が心配でしたが、お昼には晴れてきて無事に実施できてよかったです♪

 

営業は11〜14時までの予定でしたが、13時半にはすべてのお店が完売という予想を上回る盛況ぶり!!それぞれのチームが考えた個性あふれるゲームや、子どもたちの一生縣命な呼び込みや接客の姿がとても印象的でした★

写真

写真


写真

また、隣のブースではインクカートリッジのプレ交換会を実施。小学生のボランティアが受付や仕分け作業を手伝ってくれました!


写真



10月1日から1月末まで、市内25店舗のお店で使用済みインクカートリッジを1つにつき10オール券1枚と交換できますので、ぜひご利用ください!

omote - コピー
ura - コピー






todaoartodaoar at 16:40│コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月14日

先日、地域通貨戸田オール運営委員会に出席するため、戸田市役所内の戸田市ボランティア・市民活動支援センター(TOMATO)に伺ったところ ・・・ なんと、トマピーちゃんが立っておりました。

IMG_0554

噂には聞いていましたが、対面するのは初めてです。

でも、声を掛けてみても応えてくれません。

もう眠ってしまっているのかしらん?

そばで記念撮影させてもらいました。

IMG_0556

私もからだが大きいほうですから、トマピーちゃんの大きさがわかるでしょう。

これからもトマピーちゃんは戸田市ボランティア・市民活動支援センターを住居として活動を始めるようです。

今度のふらっと広場まつりでは、じゃんけん大会も予定されていますので、どうぞお楽しみに!



todaoartodaoar at 21:03│コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月30日

昨日、戸田ふるさと祭りにて行った第三回「地域通貨deお店体験隊」の様子が、産経新聞朝刊に記事掲載されました。

omisetaikentai_sankei_20100830
(産経新聞 2010年8月30日朝刊)


小学生、笑顔で接客
戸田ふるさと祭り「手作り店舗」

戸田市の戸田競艇場で29日に行われた戸田ふるさと祭りで、市内の小学4〜6年生の児童18人が地域通貨「戸田オール」を使用する店を出した。

地域の商店に関心を持ってもらうため戸田市や同市商工会が企画したもので、児童らは約2カ月前から準備。経済の仕組みを勉強したり、市内の商店を見学してアドバイスをもらうなどし、自分たちで仕入れた商品で輪投げやくじ引きなど4つの店を出した。

どの店も子供らしい遊び心が凝らしており、売れ行きは好調。昨年に続いて同級生4人と参加した市立戸田第一小学校6年の平良恵太君(11)は「去年は値段設定を失敗したけど、今年は順調でうれしい。準備は大変だったけど、達成感がある」と笑顔をみせていた。



・・・ どの子供たちもみんな頑張りましたから、全員が載るとよかったなとは思いますが、それでもこの「ザ・くじ戸一 一攫千金」チームは見事昨年の経験を活かして頑張りました。よかったですね。

今までも良かったですが、子供たちが準備段階から一所懸命に取り組み当日を迎えることができたこと、とても嬉しく思います。イベントを支えてくださった皆様に感謝申し上げます。

(ふゆさん)

todaoartodaoar at 07:33│コメント(0)トラックバック(0)

2010年02月10日

カナダ・バンクーバーを会場にした冬のオリンピック大会がまもなく始まりますが、Googleマップに特設ページができていました。

vanc01

それぞれの会場の様子がよくわかるほか、左下にある「ストリートビュー」をクリックすると・・・

vanc02

なんと、実際のスキー場がでてきます。そして、矢印をクリックしていくことで、実際にコースを辿ることが出来るのです。

グーグルのスタッフがスノーモービルを走らせて撮影した材料をもとにつくりあげたとのこと。いやはやすごいですね。

私は27歳の時に初めて行った海外がこのバンクーバーでした。クリスマスから正月明けにかけてでした。弟がカナダの大学にいたのです。そして、まだスキーでボーゲンしかできなかったのに、弟にこのウィッスラースキー場の上級者コースにいきなり連れて行かれました。

上から覗いたコースは、もう直滑降のような感じで、それでも必死に降りていきました。まぁカナダ滞在の時に少しはましに滑れるようになりましたが、今でも強烈に記憶に残っています。

グーグルの特設ストリートビュー・スキーコース、どうぞお楽しみ下さい。

ふゆさん

todaoartodaoar at 10:44│コメント(0)トラックバック(0)

2009年07月22日

6月末の新聞朝刊で「アニメで地域おこし 埼玉県本気で取り組む」という記事を読みました。

アニメで地域おこしin埼玉

クレヨンしんちゃん(春日部市)、らき☆すた(鷲宮町)、となりのトトロ(所沢市)など、埼玉県にはアニメや漫画をきっかけに有名になった市町があり(参考:埼玉ちょ〜でぃーぷな観光協会)、これからはそのような地域資源を活かしながら地域おこしに取り組んでいくと記事にありました。

その記事で、7月18日に、鷲宮町で「痛車(イタシャ)」を集めた「萌(もえ)フェスin鷺宮2009〜あなたが痛いから〜」が開かれると知りました。「イタ車」というのはイタリア車のことではありません。アニメやゲームのキャラクターなどをプリントしたり塗装したりした改造車のことで、町内の商店繁盛につながる企画もあり、実際はどんなのだろうと興味を持ちましたが、生憎その日は高校の同窓会関連の用事があり、足を運ぶことはできませんでした。

しかし、翌日の埼玉新聞で、当日の様子が記事紹介されていました。2500人近くが集まったそうです! すごいですねぇ。

埼玉新聞記事「萌フェスin鷺宮」

ちなみに、この萌フェスin鷲宮の公式ホームページもあります。

萌えフェスin鷺宮

 ↓当日鷲宮に集まった痛車を特集した記事もありました。

埼玉県鷲宮町で痛車フェスティバル

戸田市にはまだアニメやゲームに関する地域資源は見あたりませんし、また安易に同じようなことをやるべきではないと思いますが、全国的にもなじみのあったり、マニアが存在する分野での地域資源に注目して、人を呼び込んでいくという発想が参考になると思います。

ふゆさん


todaoartodaoar at 10:09│コメント(0)トラックバック(0)

2009年06月21日

キャンドルナイトに参加してきました。子どもたちも大勢参加していました。こうしたイベントを通して二酸化炭素の排出削減を考えてみることは意義があることですね。

ハーモニカの演奏も雰囲気を盛り上げています。

それにしても頭上のムクドリの大群は不気味だった。私の知人も2名が糞公害の犠牲となった。(N)

キャンドルナイト

キャンドルナイト

キャンドルナイト




todaoartodaoar at 00:21│コメント(0)トラックバック(0)

2009年04月16日

毎日.jpに川口市の記事が掲載されていました。

樹里安アイス:18・19日に販売−−川口緑化センター

今週末の18,19日に、川口緑化センターで、所在地の安行のシンボルである「寒桜」、安行特産の「さんしょう」「ゆず」の香りや食感をアレンジしたアイス3種類を、それぞれ250円で販売するとのことです。

昨年の夏にも2000個の限定で販売したそうですが、今後は通年販売を目指すとのこと。

地域の特色を活かした面白いアイデアですよね。

戸田市でも、『戸田ブランド40』というものが選定されています。現在は、『戸田市優良推奨品』が選定されており、様々な市内の商品が掲載されています。

優良推奨品が選定されたお店には、シールやのぼりがあるようですので、探してみてはいかがでしょうか。

 

食べ物から地域の特色をつくっていくのは、多くの人の興味を惹きやすいですよね。

県内ではB級グルメ熱も盛り上がっています。
今年は食べ物に注目してみたいと思います。(yard)



todaoartodaoar at 09:59│コメント(0)トラックバック(0)
Profile
「出会い、ふれあい、支え合い」の感謝の気持ちを仲立ちするのが、「オール」です。
善意をつなぎ、人と人をつなぎ、コミュニティを元気にする道具として、時代とともに希薄となったコミュニティ創生の一助となりたいと願っています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: