「釣人(ちょうじん)戦士」の気まぐれ日記

北海道宗谷界隈での、サケ・マス、カレイ、イカ釣り釣行記を紹介・・・

鮭釣行・・・9/3・4





 先週の週明けから稚内界隈の鮭釣りポイントでは、殆ど同時に鮭が釣れ出し、
各ポイントでは、一気に鮭釣りシーズンに突入・・・
私も何度かチャレンジしましたが、未だ初釣果には恵まれない状態が続いておりました。



 先日、「HEVEY SOURCE」のタングステンスプーン「CORDE」のプロトタイプが到着した事もあり、
また、暫く吹き続いていた東北寄りの強風も納まってきた為、昨朝、そして今朝の連続釣行となりました。








 稚内北船溜り・・・


IMGP0406


 昨年、一昨年と殆どの鮭をこの場所で釣り上げた、私にとってはホーム的ポイント。
昨朝は風も弱く ,とりあえずウキフカセ釣りでチャレンジしましたが、
風下のポイントでの釣果が集中・・・
どちらかと言うと風上のポイントにいた私には、ウグイのアタリのみで終了・・・(泣)
しかし本日は、昨日入釣したポイントが風下になる事もあり、疲れた体にカツを入れて
連続早朝釣行を決行しました。
 



 そして今朝は、入釣したポイントが風下に変わっていて 予想的中!
しかし、昨釣夜明け前から見られたハネ&モジリが皆無・・・
今日は風下と言う事もあり、ウキルアーで遠いポイントから探る事に決めていました。



 そして、いよいよ秘密兵器の登場・・・


IMGP0408


 HEAVY SOURCE の「CORDE」プロトタイプの40g。
カラーは、赤銀のてんとう虫タイプ 。
今朝は曇り空が予想されたので、目立ちそうなこのカラーをチョイスしました。




 夜明け前の午前4時にキャスティング開始。
私の横にも、ウキルアーの釣り人さんが2名が竿を出しておりました。
昨朝は、夜明け前からボチボチ釣れ始めていたのですが、
今朝は 中々ロッドが曲がる光景が見られません・・・



それでも、辺りが明るくなり始めてくると、あちらこちらでロッドが曲がり始めます。
そして、私の隣の釣り人さんにヒットしましたが、途中で痛恨のバラシ・・・
その後、暫く小康状態が続きました。



・・・



・・・・・・



・・・・・・・・・



IMGP0418
IMGP0419


 ふと、周りを見回して見ると、平日の早朝にも関わらず、
 全体で30名強の釣り人さんが竿を出していました。
時折、雨も混じるコンディションでしたが、皆さん頑張ってロッドを出していました。



・・・



 そして、午前5時10分過ぎ、突然私のロッドにテンションが掛かりました。



 ヒットです! 



慎重にリールを巻き、無事にネットイン!


IMGP0415


ウロコハゲハゲの綺麗なメスをゲットしました。



 私の場合、シーズン初の釣果はオスが釣れるパターンが殆どなのですが、
 今年はメスからのスタート・・・
チョッと嬉しい初釣果でした。







そして、 今晩のメニューは・・・

IMGP0431
IMGP0438


 鮭の三平汁と、イクラの醤油漬けでした。



今朝釣り上げた魚が、晩飯の食卓に並ぶという幸せを実感した一日でした・・・。






 宗谷地方は明日から、荒れ模様の予報が出ています。 
この時化で、更に新たな群れが入れば、更に釣果が上昇するかもしれませんね・・・



 今週末には、複数ゲットもありえるかな・・・?







次回もがんばります! 

CORDE(コルド)プロトタイプ試作品到着・・・





 今週の週明け早々に、稚内界隈の鮭釣りポイントでは、一気に鮭の釣果が聞こえ始め、
瞬く間に鮭釣りシーズンが開幕しました。 




 私が今季初釣果の情報を聞くか聞かぬかの間に、各鮭釣りポイントには、
待ちに待った鮭釣り待ちの釣り人さんで、ごった返していました。

IMGP0360


 私も、気合を入れて釣行へと向かいましたが、コンディションに恵まれず
現時点まで、釣果がない状態が続いております・・・





 そんな中、本日「武石デライト」さんより、待望のタングステンスプーンが届きました。
以前にもご紹介しました、「HEAVY SOURCE」のタングステンスプーン「CORDE」ですが、
現時点で発売中の商品で一番思い商品は24gのモノです。
 しかし北海道の鮭釣りで使用するスプーンの主流は40g以上の高重量・・・
何とか北海道の鮭釣り用に高重量の商品を・・・と要望をしていたところ、
早々に対応して頂き、試作品を送って頂く事になっていました。

IMGP0368






 今回届いた試作品は、40gと50gの各三色の商品を計6個。
塗装は、北海道での鮭のウキルアー釣りで使用するルアーの
最も典型的と思われるカラーリングのモノと、私のお気に入りの
カラーリングの塗装を施したモノです。







 先ずは50g・・・

IMGP0381


 タングステンは、塗装を施すのが難しく、中々理想のカラーリングに到達するまでには
かなりの労力が費やされた様です。
特に真ん中のカラーリングは、私が現在イチ押しのパーマークのアワビシート透かし張り仕様を
施して頂き、商品を見た瞬間、感動が全身を駆け巡りました。


IMGP0387





そして40g・・・

IMGP0388


 基本的にカラーリングは50gのモノと変わりありませんが、
スプーン自体の大きさは殆ど変えず、板厚を薄く加工して重さの調整が成されています。



 40g、50gに共通して言える事は、現在商品化されている24gの商品以上に、
タングステンの高比重を実感出来るという点です。
手に持った瞬間、ずっしりと重さを感じる事ができ、感覚的には60gを越えている様な
錯覚を覚える程です。そしてスプーン本体のカーブも24gのモノよりも幾分角度が付いており
鮭のウキルアー釣りでのスローリトリーブ時の泳ぎを考慮しての設定だと思われます。




 今回送って頂いたCODREプロトタイプスプーン・・・早急にテストを繰り返し、
一日も早く商品化して頂ける様、協力出来たら・・・と考えております。



とは言え・・・



まずは、初釣果・・・ですけどね(汗)





がんばりま~~~す!

 

鮭釣りライトタックル用ルアーのタコベイトフック。





 8月も20日を過ぎ、そろそろ抜海漁港でも鮭の釣果が聞こえてきそうな時期になってきました。
本来ならば、今週末に釣行へ出掛けたいところなのですが、週末に仕事が入りそうな様子なので
チョッと微妙な感じです・・・(泣)



 通常、鮭釣りのウキルアーに使用するルアーと言えば、
殆どの方は40g以上のルアーを使用するのが定番なのですが、
今年からモニターをしているヘビーソースから発売中のタングステンスプーン「CORDE」・・・


IMG00642




とりあえず、カラフトマス釣りで実釣しましたが、24gでありながら十分な飛距離が出る事が
実証できたので、鮭釣りにも使用すべく、CORDE24g用のタコベイトフックを作る事にしました 。






IMGP0289


 ウキルアーで使用するタコベイトフックは、ルアーが40gの大型という事もあり、
画像上の2号タイプのタコベイトを使うパターンが多いのではないかと思います。
そして画像下の小さめのtタコベイトは、カラフトマス釣りや、
鮭のフカセ釣り用に使用する1.5号タイプです。




 下の画像の様に、CORDE24gと二種のタコベイトを比べてみると、
やはり1.5号のタコベイトの方がバランスが良い様に感じた為、
1.5号のタコベイトに鮭用のフックを装着してみる事にしました。


IMGP0297





 鮭のウキルアーに使用するフックは、カラフトマスに比べて大きいのが通常です。
その鮭用のフックに1.5号のタコベイトをマッチングさせる為、
サルカンとフックの距離を極力縮める必要がありましたが、
針に糸を結束する方法では中々長さを詰める事が難しかったので、
PEラインをフライ用の下巻き糸で巻きつけ、何とか長さを詰める事が出来ました。



IMGP0300




 鮭を釣るのに、なぜライトタックルなのか・・・?っと言われる方もいらっしゃると思いますが、
一度経験してみると、これが中々楽しく、アタリの出かたや、フッキング後のやりとりもとても
スリリングで独特の楽しさがあります。
しかし、気を付けなければいけない事は、周りに沢山の釣り人さんが竿を出している状況下で
ライトタックルを使用しフッキングした場合、鮭の動きをコントロール出来ず、周りの釣り人さんに
迷惑をかけてしまう可能性が想定されますので、ライトタックルを使用する場合は、
周りの状況を良く考えて使用るのが条件の様に私は思います。



今シーズンは、条件が整えば、極力ライトタックルでのウキルアーを楽しみたいと思っています。



 そして、鮭釣りファンにとって朗報が一つ・・・
今回紹介しました、ヘビーソースから発売のタングステンスプーンのCORDEですが、
近々50gのプロトタイプが発売される可能性が高くなってきました。
特に強風下での釣行で威力を発揮してくれると思います。
現在、北海道の鮭釣り用のカラーパターンを試作中の用で、
試作品が完成しましたら、改めて紹介したいと思っています。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
ヘビーソース           オフィシャルウェブサイト
  • ライブドアブログ