2014年06月23日16:40とどり接骨院 あろがいない!!
Comments(0)TrackBack(0)
うちのあろ君は、勝手に外に出られません

猫にとって、自由でないことは良いことではないのかもしれません

でも、事故にあったり、伝染性の病気になったり、ねこげんかでけがをしたりする事がいやなので、外へ出す時は、ワンコのように繋いで出します

庭で、ネズミ穴を見張ったり、ちょっと高い所に上がってあたりの見張り、たまにはウトウトと気持ち良さそうに横になってみたり

玄関では、学校から聞こえてくる子供達の声を聞きながら、ゴロンゴロンしたり、たまに来るよそニャンコをおっぱらったり

今まで、数回首輪から外れて、学校の桜の下までお出かけしてたり、居間の網戸を開けて勝手に外に出てたりということはありました

21日(土)は、私達夫婦は出かけていて、22時過ぎに帰宅したら、家にいた息子達があろがいないと探していました(家の中を)

家の中で時々おちゃめなあろは、かくれんぼをする時があるんです
いくら呼んでも出てこないし、こっちが探してるのに全く音沙汰なし そしたら、すぐそばの箱に入っていたりしてるのです

ところが、さっぱりわからなかったので、まさか と思いながら次男が玄関のドアを開けたら外にちょこんと座っていたのですすぐ抱っこして中に入ったら、腕からおりたとたん、すごい勢いで家の中を文句を言いながら走り回ったのです

どうして外にいたのか
どうも次男が21時10分頃バイト先から帰宅した時、暗い玄関を開けて入って来た時、入れ違いにあろが出ていったようなのでした 次男は知らずにドアを閉め、鍵までかけてしまいましたとさ

それから、1時間以上、あろは初めて1匹で外に出されていたのです

初体験・・・あろにしかわからない時間と気分を味わったんですね

何事もなくあろが無事に見つかったので良かったよ、ほんとに

あろは、ほぼ5年、外では紐と一緒なので、首紐がついてると思っていたかも?

この日は、いつものお父さんとの大好きな校庭散歩(もちろん繋いで)もせがまれず、お父さんは.楽をしましたBlogPaintBlogPaintBlogPaintBlogPaint






トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字