Aiming for TOEFL 116

      "Don't let the pain get in the way of accomplishing a goal that you are after."マンツーマンスイムレッスン。今後の課題と英語での表現を備忘録として書き留めておく。(英語学習と同じで、いろいろなメソッドがあるが、Total Immersionに則した泳法を軸とする)頭が沈 ...

      「人は人、自分は自分」Self-helpの本などによく書かれていることだけれども、未だに僕は実践できない。僕は人に嫉妬してしまう。「先々週に他部署から僕の部署に移動してきたアメリカ人はもう来月にはアメリカ出張だ。うらやましいな」「またアメリカから出張者が来る。彼ら ...

      僕が初めて受けたTOEICのスコアは350だった。僕のように10代は全く英語に興味がなく、外国語とは全く無縁の学部に進み、社会人になって突然英語が必要になった純ドメ日本人が目標とすべき英語はどのようなものなのだろうか?ちなみに純ドメや純ジャパという言葉は好きではな ...

      昨日はフルマラソンを走ってきた。練習では25km以上を走ったことがなかったために25kmあたりからみるみる失速し、結果は5:07とサブ5すら達成できなかった。SportsNaviDoというサイトによれば男性の平均タイムは4:37なので僕は平均すら大きく下回っている。女性の平均よりち ...

      先々週に引き続きマンツーマンでの水泳のレッスン。4つのカメラに撮影しながらの練習。自分でできていると思っている泳ぎと実際にカメラに映った自分の泳ぎはやはり全然違う。忘れないうちにメモをしておく。空中に浮かしている手が高すぎる。特に左手は無駄に手を上げすぎて ...

      同僚からのFeedbackを受けて、Issue Treeを作成した。解決すべきissueに焦点を当て、アクションを実行していくことで改善につなげる。次回のreviewは半年後のはずなので、それまでに自分の弱みが変わるように施策を打っていく。同時に会議やセミナーではアウトプットの質と量 ...

      英語とは全く関係ない記事だけれど、備忘録として記載。2回目のプライベート水泳レッスン。4つのカメラによって自分のformをチェックする。子供のころとは異なり、大人になってから新しい技術を習得するには1)客観的に自分のformを確認2)専門家からのfeedback3)feedb ...

      気が付けば2月ももう終わり。1年の1/6が終了したことになる。年を取るとそれに伴って時間の流れも速くなる。限られた時間というアセットを意識的に使っていかなければならない。今日は会社のAnnual Performance Reviewで同僚たち10人から自分のパフォーマンスについてのい ...

      9月に例年通り1つ年を取った。その1年を踏まえて自分へのルールを更新する選択肢は常に苦しく、厳しい方を選ぶ。安易な選択肢に逃げない。常に前向きな態度と笑顔を維持する。苦しさ、厳しさを楽しむ余裕を持つ。消費ではなく生産を意識する。自分がこの世界に貢献することを ...

      人生において虹を見た回数はおそらく10回は超えてはいるだろうけれど、今回の虹は3回目の印象に残る虹だ。1回目は6歳ぐらいのころ。姉と一緒にゴルフ練習場まで父親に傘を届けに行った時に見た虹。記憶に残る限り人生で初めて見た虹だった。優しくて神秘的な色をした虹。その ...

      このページのトップヘ