太陽を盗んだ男(1979)
監督 : 長谷川和彦
出演 :沢田研二、菅原文太、池上季美子、北村和夫、佐藤慶、風間杜夫、西田敏行、水谷豊 

taiyou-1

 大変物騒な話である。海外では間違いなくテロリストと呼ばれる部類の国家反逆的な犯罪なのだが、さすがに70年代の平和ボケ国家真っ盛りの頃の日本映画だけの事はある、実ににノーテンキに核テロリストを描いてくれているじゃないですか。いわゆるゼンキョートー世代で、東京大学中退とう輝かしい学歴をお持ちの長谷川和彦監督の2本しかない監督作品の2本目。そう、この映画以来映画監督としての活動は無しという、寡作というより横着な監督さんだな~。

julie-3
さ~今日の理科の実験は核実験でーす。

 何の政治的信条やバックグラウンドも持たないフツーの中学校の理科教師が、面白半分に手製の原子爆弾を作り政府を脅すといった荒唐無稽な物語。退屈だから原爆でも作ってみっか、みたいなノリで、いかにもシラケ世代の行動パターンをカリカチュア(風刺)しているかのようだが、この手の安易な設定では観ている方もシラケてしまった。この映画を評価する声には、尖鋭的とかラジカルとかいう言葉で稚拙な作風をフォローする声が多いようだが、それは反則ではなかろうか。陳腐な脚本に下手な芝居はどう取り繕っても評価してはなるまい。

julie-4
ゴッツイ機関銃を狭いバスの中で乱射するなんてありえません。銃火器にリアリティがないのが邦画の特徴。

 冒頭のバスジャックする男の場面でも、天皇制そのものへの問題提起というより、アクション娯楽映画に「天皇」を持ち出すなんてスゴイだろカゲキだろみたいな感じで、レベルの低い話題作りの域を出ていない。聞けばアメリカ人の脚本家らしいが、いかにもといったステレオタイプな人物像など薄っぺらな日本人観が透けて見える。皇居前でゲリラ的な撮影をしたなどと言われているが、フィクションの世界である映画をどうやってこの現実社会において撮ろうかと真面目に映画を作っている多くの映画作家の苦労をよそに、学生気分の遊び半分でのブッツケ仕事みたいなのはいただけない。

julie-2
誰にも見咎められず核燃料貯蔵庫に侵入成功。これを背負って逃げるという豪快な中学校の先生。

 東海原発からプルトニウムを盗み出すくだりも、保管場所や状態を完璧に把握していたり、警官から奪ったピストル一丁でやすやすと手に入れるなんて安易を通り越してフザケルナでしょ。政府への要求にしても、巨人戦のナイターを試合終了まで放送しろとか、ローリング・ストンーズの武道館公演開催なんて、子供じみた要求を面白がる知性の低さには恐れ入る。

julie-5
中途半端な美人の池上季美子の情けないお芝居は噴飯もの!

 キネマ旬報が2009年に選出した「オールタイム・ベスト 映画遺産200」の「日本映画」の部門で、なんと第7位に入っているこの作品。かなりマニアックな票が入っていると思われ、この程度の映画でベストテン入りするほど、日本映画は底が浅かったのかとちょっと寂しくなった。見方によってはアクションシーンなんかはそこそこで楽しめるかもしれませんが、映画遺産とまでいうなら、もう少しマシな映画を選んで欲しいもんだ。

julie-1
手作り原爆間もなく完成いたします~。容器はかっぱ橋の道具街で買ったような料理用のボウル。

 興行的には失敗したようですが、公開当時からカリスマ的な人気を博している映画らしいけど、どうもこの「カリスマ」って言葉は曖昧で、一部に熱狂的なファンが存在するだけで「カリスマ」と呼んで持ちあげちゃうような気がする。大多数はどうも認めてないようだぞ、というところはどう評価するんだろう?アタシはこの大多数の方です。ここまでコキ下ろさなくてもよかろうというぐらい書いてしまいましたね。アタシが映画に夢中になりだした70年代の邦画には、こういった雑な映画が多かったから、邦画を観る習慣がなっくなっちゃたのは事実なんです。

julie-6
おいおいプルトニウムだぜそれ

 高校生だった79年公開当時に初めて観た時も、さして面白いとは思わなかったのですが、昔はこんなにも呑気な意識で「核」を見ていたのかな~んて、30数年ぶりに観てあらためて思ったしだい。福島原発事故を経験し少しは賢く成長して欲しいと願ってはいるのですが、結局政治判断で「安全」宣言し、原発は再稼働に向かっていくようですね。

julie-7
日立のビーバーエアコンじゃけんの~!きゃははは!

 自動車を提供した「マツダ」さんのCMが映画の中で流されるのはご愛嬌(マツダ本社は広島というのもひっかかる)としても、「日立のビーバー・エアコン・・・」なんて固有名詞が文太兄イのセリフにあり、原発メーカーの日立(正しくは日立のエアコンは白くまくん)と三菱(ビーバエアコンは三菱)を連想させるセリフにはちょっとドキッとさせられた。クレジット無しで協力しているのだろうかとも思ったが、核燃料をあっさり盗まれるストーリーを容認するほどバカではないだろうな。よく観ると東芝もどっかに出てきているかもしれないぞ。