「秋分の日」って英語で何て言うの?リボルバー | Revolver

September 27, 2010  このエントリーをはてなブックマークに追加

twitterで英語学習

twitterを使って著名人から生の英語を学ぼう!

■そもそもtwitterとは?

今や知らない人の方が少なくなってきている感もありますが、まず「twitter」とは何か?からご説明しましょう。

twitterの公式ナビサイトの説明には、 「Twitterとは、140文字以内の短い発言(ツイート)を入力して、みんなで共有するサービスです。」 とあります。

「ミニブログ」とか「マイクロブログ」などとも言われ、個人(法人の場合もありますが・・)の発言(つぶやき)を世界中に張り巡らされたインターネットを経由して、全世界に発信するコミュニケーションツールです。

twitter公式ナビゲーター ⇒ twinavi

ブログや[mixi]のようなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に近いものですが、「思いついたことを、思いついた時に、自由に、手軽にネットに発信する。」ということに特化したサービスで、おそらく、これまでに世に誕生したコミュニケーションツールの中で、「最もお手軽に利用できる」ものではないでしょうか?

twitterの利用者数は全世界規模で爆発的に増えていて、サイト訪問者数は、日本だけでも月間約1000万ユーザになっているというから驚きです。(2010年4月)ちなみに、日本は、twitter発祥の地であるアメリカに次いで、世界に2番目に利用者が多いそうです。

さて、twitterという単語の本来の意味ですが、辞書で調べてみると・・

【名】
 〔鳥などの〕さえずり、甲高い鳴き声
 〔ひどい〕興奮{こうふん}、動揺{どうよう}、うろたえ

【自動】
 〔鳥が〕さえずる、高い声で鳴く
 〔甲高い声で〕ぺちゃくちゃしゃべる
 〔興奮{こうふん}して〕クスクス笑う
 〔高い震え声で〕話す、歌う
 〔興奮{こうふん}して〕小刻みに震える

【他動】
 〔高い震え声で〕〜と言う、〜を話す

となっています。「ぺちゃくちゃしゃべる」というのは、とてもサービスのイメージに合いますね。

ちなみにtwitterに自分の記事(つぶやき)を投稿することを、「tweet」(ツイート)する、と言いますが、「tweet」は、本来、(小鳥などが)「さえずる」という意味で使われる単語です。twitterのイメージロゴに「小鳥」が使われていることからも、小鳥がさえずるように、世界中の人が"つぶやき"が自然に流れるサービスをイメージしているのでしょう。

■どんな人がtweetしてるの?

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、ここからは「twitterで英語学習」という本題に沿って、話を進めていきたいと思います。

さきほど説明したように、twitterでは、有名人から一般人まで、世界中の「ありとあらゆる人」が、日々、tweetしているワケですが、twitterを英語学習に役立てるなら、まずは、自分が興味を持っている分野の「有名人」のtweet(つぶやき)をフォローしてみるのが良いでしょう。

twitterの公式ガイド「twinavi」では、
 ・ミュージシャン
 ・クリエーター
 ・芸能人
 ・キャラクター
 ・ビジネス
 ・WEB
 ・文化人
 ・政治
 ・スポーツ
という9つの「有名人」ジャンルがあります。

どのジャンルを見ても、「え!この人も!?」という有名人が沢山登録されていて、色々と目移りしてしまいますが、ここはあくまで「英語の勉強」がテーマですので、当然ながら、ネイティブな英語圏の有名人を探しましょう。


↓具合的にどんな有名人がtweetしてるの?については「続きを読む」から!



■好きな有名人をフォローしてみよう!

誰もが知っている有名人ということで言うと、例えば・・・

↓クリックすると、詳細が見れます↓
トム・ハンクス(Tom Hanks)
レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)
ジム・キャリー(Jim Carrey)
シルベスター・スタローン(Sylvester Stallone)
ケビン・スペイシー(Kevin Spacey)
ベン・スティラー(Ben Stiller)
ミラ・ジョヴォヴィッチ(Milla Jovovich)
アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)
ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)
パリス・ヒルトン(Paris Hilton)


いかがでしょう?ちょっとビックリしませんか?

映画やテレビでしか見ることのできない、いわゆる"スター"達のつぶやきを、リアルタイムに、しかも、超お手軽に聞くことができてしまうのです。twitter上では、スター達もひとりの人間として、"自分の想い"を"自分の言葉"でつぶやいていますから、まさに「生の英語」を学ぶには、これ以上のツールはないのではないでしょうか?

ちなみに、もう少し英語の勉強にフォーカスするなら、有名人は有名人でも、テレビキャスターやコメンテーター、評論家などの「文化系の有名人」をフォローしてみるのがおススメ。ハリウッドスターよりも「知的な英語」が学べるかも(笑)

↓海外で人気の文化系(?)有名人
ビル・ゲイツ(Bill Gates)
※いわずと知れたマイクロソフト社の社長
マーサ・スチュワート(Martha Stewart)
※アメリカで大人気のライフコーディネーター。ある事件でも有名に。
オノ・ヨーコ
※海外で最も有名な日本人のひとり。故ジョン・レノンの奥様です。
エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)
※アメリカで超人気のテレビ番組司会者。元々はコメディアン。
ラリー・キング(Larry King)
※CNNの看板トーク番組「Larry King Live」の司会者。
※アメリカ版「みのもんた」的な人。私はこの人で英語の勉強をしました。

他にも探せば、もっともっとたくさんの有名人がいますので、みなさんも、ぜひ、自分の好きな「外国の有名人」を探して、フォロー(※)してみましょう!!

※フォローとは?
気になった人の「つぶやき」を自分の「マイページ」に表示させるためには「フォロー」を行う必要があります。まずは、自分がTwitterに無料登録した上で、フォローしたい人を探して、「フォロー」ボタンを押しましょう。フォロー登録した人がtweetすると、次回から、アナタの画面(マイページ)上に、フォローした人の「つぶやき」が流れるようになります。


■勇気を出して返信してみよう!

気になった有名人をフォローして、その「つぶやき」を眺めるだけでも十分に英語の勉強にはなりますが、ある程度、慣れてきたら、有名人の「つぶやき」に対して、返信してみるのも一興です。

相手は、何万、何十万の人にフォローされていて、且つ、とっても忙しい人々ですので、アナタが返信したとしても、それに対して、さらに返信を返してくれる確率は低いかも知れません。でも、ココで一番大事なのは、「返信するために英語の文章を考える」ということです。

英語はインプット(聞いたり、読んだり)するだけではなかなか身につきません。自分の言葉として、アウトプット(話したり、書いたり)することで、ようやく身になっていくのです。しかも、twitterでは、1回の投稿で入力できる文字数に「140文字」という制限がありますので、実は、「短い文章で、相手に効果的に伝わる英語の表現を考える」という練習には非常に適しています。

ある程度twitterに慣れてきたら、「ダメモト」覚悟で、勇気を出して自分の好きな有名人に返信してみてはいかがでしょうか?

ひょっとしたら気軽に返信してくれて、ハリウッドスターとの"国際交流"が始まるかも知れませんヨ。・・・いや、ホントウに。


↓↓こちらにも「英語学習に役立つサイト」がいっぱいです!!
英語学習ランキング



↓↓今、人気の英語学習ブログ・英語学習サイトをチェック!↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
人気ブログランキングへ
air_rank

toeic600to900 at 20:57│Comments(2)TrackBack(0) ネットで英語学習 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エブリデイイングリッシュ   October 23, 2010 03:01
勉強になりました!また遊びにきます。☆
2. Posted by Molly   October 25, 2010 23:32
コメント、ありがとうございます!!
また、いつでも遊びにきてください(^-^)/

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「秋分の日」って英語で何て言うの?リボルバー | Revolver