イマジンスタンド・バイ・ミー

November 25, 2010  このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで英語学習

Facebookで世界中の友達から生の英語を学ぼう!

■そもそもFacebookとは?

最近、巷で話題のFacebook。2006年に米国の学生限定サービスとして始まったFacebookですが、2010年11月現在、世界中に5億人を超えるユーザーを持つ世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)となっています。日本でも徐々に利用ユーザが増加し、現時点で、約100万人が利用登録している言われています。

Twitterの登録ユーザ数が約1億人(全世界)、mixiが約2000万人(ほぼ日本のみ)と言われていますので、Facebookのスゴさが分かりますよね。日本での浸透度は、まだまだこれからという感じですが、スマートフォンの普及なども相俟って、今後、一気に利用者が急増するのではないか、と思われます。

また、Facebookの創業ストーリーを描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が、現在、アメリカで大ヒット中となっていて、日本でも来年1月に公開を予定していますので、ひょっとしたら、そこで一気にブレイクするかも知れませんね。

使い勝手としては、ちょうど、mixiとtwitterを合体させたイメージでしょうか。mixiのように友達を探して友達ネットワークを広げたり、Myアルバムを作って友達に共有できたりしますし、twitterのように「つぶやき」が友達にリアルタイムで共有できたりします。mixiとの大きな違いは、表示名がニックネームではなく「本名」であるということでしょうか。この「本名を公開する」という点が、プライベートを重んじる日本の文化に馴染むかどうか・・・が、日本での普及の「カギ」となりそうですね。(個人的には、日本でも一気に普及が進むのではないか、と思っていますが。。)

さてさて、「英語学習」という本題に話に戻しますと、Facebookも、Twitter同様、使い方次第で十分に「楽しみながら英語学習ができるツール」となり得ると思います。ココでは、その具体例を幾つか紹介してみたいと思います。



■友達を探そう!

Facebookを使うには、まず、ユーザ登録が必要です。登録は無料ですし、いつでも退会可能ですので、まずは思い切って登録してみましょう。hotmail(Live mail)やYahoo mail、Skypeのアカウント(メールアドレス)を持っている人は、そちらのアドレスで登録することをおススメします。

登録を進めていくと、現在使用中のメールサービス(hotmailやYahoo mail)とそのメールアドレスを聞かれますので、そこに自分の使っているアドレスとパスワードを入力します。すると、自分のアドレス帳に登録されている友達・知り合いの中から、すでにFacebookを使っている人を自動的に抽出し、パッと一覧にしてくれます。(すごい!)

その一覧の中から、「この人と(Facebook)上の友達になろう!」と思った人にチェックをして、友達になるためのリクエストを出します。リクエストは送った相手のFacebook上とメールで告知され「承認待ち」の状態となり、相手側が「友達リクエスト」を承認した時点で、「友達」として登録が完了する仕組みです。

また、自分のアドレス帳に登録されている人の中で、まだFacebookを使っていない人には、Facebookへの「招待状」を送ることも可能です。仲の良い友達がいたら、一緒にFacebookに誘ってみるのもいいですね。(この作業は登録が完了した後でもできます。)

あなたが既に「外国人の友達」がいる方であれば、その外国人の友達はすでにFacebookを使っている可能性が高いです。海外での普及率は私たち日本人が思っている以上に高いのですから、メールアドレスや名前で検索してみると、半分ぐらいの確率でヒットするのではないかと思います。

実際、私もシカゴ留学時代の友達のおよそ半数をFacebook上で見つけて「友達」になりました。Facebookに搭載されている「友達の友達」検索機能が非常に優秀なので、登録したその日に30人ぐらいはサクッと見つかりましたね。残念ながら日本人の友達は5人ぐらいでしたが。。

■友達の友達はみな友達だ

Facebookのいいところは(twitterにも似たような機能がありますが)「友達の友達」を「自分の友達」にすることが意外と簡単にできちゃう、というところです。「自分の友達」として登録された友達のプロフィールを見ると、その人の友達リストを確認することができます。もし、その中に知り合いがいれば、サクッと友達リクエストを出してみましょう。しかし、ここで注意したいのは、「友達の友達」だからと言って、見ず知らずの人にいきなり「友達リクエスト」を出すのは(特に日本人は)ちょっと失礼に当たる、ということです。(人にもよりますが。)

そこで活用したいのは、自分のFacebook上に流れるタイムライン(リアルタイムで流れる友達の更新情報や他の人との会話)です。例えば、友達A君が面白い写真を公開したとします。それに対してA君の友達であるB君(B君は自分の知り合いではない)がその写真に対して、何かコメントすると、自分のFacebook(タイムライン)上に、そのコメントが流れてきます。そこですかさず、B君のコメントを上手く引用して、「確かにBさんの言うとおり、この写真は・・・」などと続けてコメントを打ってみましょう。これに対してB君がコメントを返してくれれば、もう「見ず知らずの人」ではありません。勇気を出して「友達リクエスト」を出してみましょう。

Facebookではこんな形で友達を増やしていくことができますので、友達の友達を上手く辿って、できるだけ「外国人の友達が多い人」、「インターナショナルな人」を増やしていきましょう。そうすると、徐々に自分のタイムライン上に流れる「英語の記事(投稿)」が増えていくハズです。上手く「外国人の友達」を作って直接的なコミュニケーションが取れるようになれば、Facebookを「効果な英語学習ツール」として活用できるようになるでしょう。ちょっと時間の掛かる方法ですが、コツコツと友達を増やしていけば、世界中に友達を作ることも可能ですので、ぜひ、チャレンジしてみていただきたいと思います。

■コミュニティーに参加してみよう

Facebookに登録したら「すぐに英語学習に使いたい!」という人には、海外のコミュニティー(Facebookでは「ファンページ」といいます)に参加してみることをおススメします。Facebookには、自分の「趣味」を登録する機能があるのですが、そこで、

・好きな活動
・趣味・関心
・音楽
・映画
・本
・テレビ

を登録してみましょう。おっと!ここで日本語のファンページを選んではいけません。それだと日本人ばかりのファンページになってしまいます。例えば、私の場合・・・

・好きな活動:Working , Learning English
・趣味・関心 : Child rearing (子育て)
・音楽 : The Beatles
・映画 : The Blues Brothers
・本 : How to Win Friends and Influence People
・テレビ : Heroes

のように、全て英語のファンページを選択しています。

プロフィールの登録が完了すると、自動的に自分のFacebook上に「ファンページ」として登録され、それ以降、登録したファンページで更新情報やコメントがあれば、自分のタイムライン上に流れてくるようになります。英語タイトルのファンページには、基本的に英語圏のネイティブスピーカーが多いので、しばらくは「英語を読む勉強」(リーディングの勉強)だと思って、流れてくるコメントやメッセージを眺めてみましょう。(ファンページによっては、全然、流れてこないものもありますが。)

自分からコメントを発信するのは少し勇気が要りますが、共通の趣味を持っている人達の集まりですので、例え、たどたどしい英語の文章でも、みんな温かく迎えてくれると思います。最初のウチは、「I like it!」、「I agree with you」、「I think so, too」などの簡単な英語で良いのです。コメントを返してくれる人がいれば、先ほどの要領で「友達」をドンドン増やしていきましょう。

■Facebookは無限の可能性を秘めたコミュニケーションツール

Facebookには、ここで紹介した機能や使い方以外にも、たくさんのコミュニケーションツールが用意されています。(私もまだまだ使い切れていませんので、紹介したくても、できないのが正直なところですが。。)そして、おそらく、今後も新しい機能がドンドン追加され、世界中でより多くの人が利用することになるでしょう。

Facebookは使い方次第で、アナタの「英語学習」に"無限の可能性"を切り開いてくれる便利なツールではありますが、真に英語力をアップさせる為に重要なのは「自ら積極的に動く」ということです。これはどんな英語学習法でも言えることですが「待ってるだけで英語力が身に付く」なんて上手い話はありません。逆に言えば、「英語力を向上させたい!」という強い欲求(執念)と「毎日コツコツと続ける」という継続力(努力)があれば、英語は必ず上達します。

ぜひ「強い執念」と「継続的な努力」を持って、ブログ、twitter、Facebook等を上手に「英語学習ツール」として活用し、英語力UPを実現していただければ、と思います。





↓↓今、人気の英語学習ブログ・英語学習サイトをチェック!↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
人気ブログランキングへ
air_rank

toeic600to900 at 19:54│Comments(0)TrackBack(0) ネットで英語学習 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
イマジンスタンド・バイ・ミー