はじめに

January 19, 2005

ワンポイントアドバイス

これから、お薦めの教材や勉強法を、カテゴリー毎に紹介していく予定ですが、ココで、それぞれのカテゴリーについて、勉強のポイントを記しておきたいと思います。

1.映画で英語
映画を利用して英語学習をする場合は、DVDが断然、お薦めです。ほとんどの洋画作品では、日本語と英語の字幕スーパーが必要に応じて選択できるようになっているからです。もちろん、字幕を無しにすることもできます。自分の英語レベルに合わせて、字幕無し/日本語字幕/英語字幕を上手に使い分けて、効率よく勉強しましょう。チャプター毎に繰り返して見たり、一時停止して字幕をじっくり読んだり・・・DVDならでは機能を存分に活用しましょう。

2.洋書で英語
洋書を読む・・と聞くと、「自分にはとても無理だ」と思ったりしてませんか?確かにいきなり長編小説や古典文学に挑むのは、厳しいかも知れません。日本語でもそうですが、自分の興味のない分野の本は、内容が良く分からなかったり、読んでいても面白くなかったりするものです。なので、洋書を選ぶときのポイントは・・ー分の好きなジャンルの作品を選ぶコト、∈能蕕離Ε舛蓮1週間以内で読みきれるぐらいの薄手の本を選ぶコト・・・ですね。一度、"洋書を読み切る"と、英語に対する苦手意識が薄れ、次への意欲が湧いてくるものです。
ベストセラー作品になると、日本語翻訳版が出ていることがほとんどなので、まず翻訳版、それから原作(洋書)と順に読むのも一つの手だと思います。内容が分かっていると、意外にスラスラ読めたりするものですよ。
洋書をたくさん読んでいると、特別な勉強をしなくても、自然と単語力や文法力が身に付いてくる、と私は考えています。読書好きな方は、どんどん洋書にチャレンジすることをお薦めします。

3.ネットで英語
インターネット上には、英語学習に役立つサイトが星の数ほどあります。英語圏のサイトにいけば、いくらでも英語読み放題・・・ですが、いきなりそれは難しいですよね。そこで、まずは、日本語の英語学習サイトやメールマガジンを利用してみましょう。私の知っている限りのモノは、これから随時紹介していくつもりですが、私の判断材料の一つとして、「人気のあるサイトほど、楽しく勉強が続けられる良いサイトである。」と考えています。(全部が全部そうではないですが・・・。)
みなさんもお薦めのサイトがありましたら、是非、紹介して下さいね!

4.洋楽で英語
普段何気なく聞いている英語の曲。口ずさんだり、カラオケで歌ったりしていても、実は、歌詞の意味がよく分かっていない・・ということが人が多いのでないでしょうか。まさに、私がそうです。メロディに乗ってくる英語は、日常会話の英語とは聞こえ方がまるで違うので、英語ができる人でも、聞き取りには苦労しているようです。洋楽で英語の勉強をする時は、CD付属の歌詞カードなどを利用しましょう。歌詞を良く読んでみると、"ロマンチックなラブソング"だと思っていた曲が、実は"寂しい別れの歌"だったりして、ビックリすることがあります。お気に入りの外国アーティストがいるなら、まず、そこから始めてみましょう!

5.テキストで英語
これ、実は私が一番苦手な勉強方法です。特に、文法のテキストなんて開くと、たちまち眠くなってしまいます。・・とは言っても、単語や文法などは、テキストで学んだ方が効率的な場合もあります。特に、TOEICやTOEFLなどの英語検定でスコアアップを目指すのであれば、ある程度の勉強は避けて通れない道かも知れませんね。では、テキストで勉強するのが嫌いな私は、どうしていたのかと言うと・・・通勤時間、トイレタイム、夜寝る前の10分間など、他にやることがなく、眠くなったら寝てもいいや・・・という時間を利用して勉強していました(トイレで寝るのはどうかと思いますが)。
なお、テキストで勉強するのが大好き!という方は、私の戯言などに耳を傾けず、そのまま、どんどん勉強しちゃって下さい。

toeic600to900 at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 11, 2005

英語学習は"楽しむこと"が肝心

これまで色々な英語学習方法を試してきましたが、英語を学ぶ上で一番難しいのは、続ける事ではないでしょうか。
どんなに良いテキストでも、本人が続けられなければ意味がありません。では、英語学習を続ける為には、どうしたら良いか・・・それは楽しむことじゃないか、と思うのです。

映画が好きな人は映画で、漫画が好きな人は漫画で、音楽が好きな人は音楽で・・・それぞれが楽しめる方法で勉強することで、英語を学ぶ楽しさを実感できるようになるはずです。事実、私は映画を中心に、楽しみながら勉強することで、TOEICの点数が200点上がりました。

このサイトでは、そんな英語を楽しむ為のヒントを紹介していけたら・・・と思っています。

toeic600to900 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)