2016年01月16日

健康保険適用

健康保険の適用がネットで流れています。
ご覧下さい。



toganana at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NPO法人サン・クラブ 

2014年09月19日

栗ごはん

栗の時期になると、必ず栗ごはんを作ります。
栗ごはんとサンマの組み合せは、
食で秋を感じる時です。

天高く馬肥ゆる秋ですね


toganana at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ソーシャルアントレプレナー

2014年09月18日

外出

予定通りに外出です。
どこに行くのも遠回りをしなければ、目的地に着けません。
千舟駅
本日の対応は非常に良かった。
これを継続してくれると、皆がもっと外出し易くなります。

久しぶりに顔見知りの方にお会いしました。
最近会う機会が少なかったので、心配していました。
地元の方と繋がりを持つと、何かが出来ます。
今日は、一緒に何かやりましょう!と別れましたが
早速メールでお友達に、facebookでもお友達になりました。

良い繋がりが出来ました


toganana at 05:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ユニバーサルデザイン

2014年09月17日

変われたかな?

千舟駅
今日も阪神電車で外出しました。
梅田駅でもエスカレーターを使いましたが
操作方法は?練習したようです。
インターホン
帰りに、インターホンを押しても直ぐに応答しました。
注意された直ぐ後に、改善されているか?
注意されても、改善しないか?
これが大きな分かれ道です。
時間が経っても、このまま継続できるか?
継続して始めて、出来ていると判断します。
サスティナブル(継続可能な)社会への第一歩です。

明日も外出しますが、よろしく


toganana at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ユニバーサルデザイン

2014年09月16日

変えて行くのは誰?

連休明け、朝5時30分に阪神電車千舟駅に到着。
千舟駅
しかし、駅員さんは居ません。
シャッターが閉まったままです。
インターホンで「車いすで乗車ですが」と連絡しました。
返って来た言葉は「改札口を開けましたので」
「スロープが必要ですが」と言うと
「今から梅田駅を出ても、6時すぎにしか着けません」
「それでは間に合わない」と言うと
「どうしますか?乗りますか?」
私は「当たり前でしょう!乗るから直ぐに出て下さい」
インターホンの向こうの駅員は「・・・カチッ」とインターホンを置いた音が聞こえます。
再度インターホンを鳴らすと、別の駅員が「スロープを持って行きますのでお待ちください」と言うが、私にはその時に直ぐに電車に乗ると、私が59分の電車に間に合う事を確認していました。
私の車いすならバックで乗車すると、何とか乗れると思っていたので、59分の電車の運転手さんにお願いしてお手伝いしてもらい乗る事ができました。
駅で下車するために、スロープを持って駅員が待っていましたが、扉の前にいる私にスロープを出しません。
全員が降りてからしか降ろさないつもりでしょう。
地下鉄の乗るためには、下りのエレベーターを逆転させて乗るしか有りませんが、駅員は「これは逆回転できないので地上に出るエレベーターで地上に出てからにして下さい」と、バカなことを言います。
「鍵を持って来て、エレベーターを逆転させなさい!」と言うと
「方法が解りません」と、バカなことを言っています。
すったもんだが有りましたが、ようやくエレベーターは動き出し、地下1階に行けました。
「帰りに、駅長にお話が有りますのでお伝えください」
地下鉄に乗りようやく目的地に辿り着きました。
インターホン
帰りに再度エレベータを使おうと、インターホンを押すと誰も応答しません。
数回押しましたが、誰も応答しません。
梅田駅に電話連絡を入れると、慌てて駅員が来ました。
「何のためのインターホンなの!」
エレベーターを降りて真直ぐ駅長室に行きました。
名刺交換をし、今朝の出来事をお話ししました。
若い駅長は「申し訳ございません。私の教育不行き届きです」と、深々と頭を下げた。
甲子園駅や、駅の連絡体制を阪神電鉄の職員と一緒に変えて来たのに、すべてが無になっている事を伝え、駅長が変る度にこんな事の繰り返しですか?と、言うと
「教育を徹底します」と言う。
この件は、国土交通省に言わなければ変れないのか?
それとも電鉄自体が変える気がないのか?
呆れた事です。
ハード面は整えてもソフト面は大幅に遅れています。
ハード面ができない時には「予算が無いので」と言い
ソフト面にはお金はかかりません。
チョットした教育や申し送りが有ればできるし、思いやりが有れば出来る事です。

今年は気圧やお天気の関係で、あまり公共交通機関に乗っていなかったのですが、これから外出も多くなるので、やはり公共交通機関で出かけようと思います。
皆なんとか変えて行こうと思っても、挫折するのは
こんな事の繰り返しが嫌になったからでしょう。
今度は、トップダウンで変えて行かない限り変りませんね。
これが災害が起こると、弱者切り捨ての電鉄の体質が見えてきました。
さびしい事です。


toganana at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ユニバーサルデザイン

2014年09月14日

爽やかな日

今日は朝から爽やかな1日でした。
お昼寝をしたり、のんびりテレビを見たり
ゆっくりしました

久しぶりにゆっくりした気がします


toganana at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ソーシャルアントレプレナー

2014年09月13日

秋かな?

ようやく涼しくなってきましたが、まだ安心はできません。
「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が有るように
お彼岸までは・・・。

今日は本当に爽やかなお天気です。
朝から、チョット集中していました。
メソッド分析していると、夢中になっていました。
もう4時半 本日終了
お疲れさまでした


toganana at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ソーシャルアントレプレナー

2014年09月11日

局地的豪雨

夕べは、雷や雨音や賑やかでした。
3時半にテレビから局地的豪雨のニュースが流れています。
北海道が大変な事に
大阪では池田市が
東日本でも大変な事に

最近はどんな災害が、どこで起きるか解りません。
防災を真剣に考えて欲しいと思います。

「明日は我が身」の共感力が必要です



toganana at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ソーシャルアントレプレナー

2014年09月10日

新聞掲載

毎日新聞の関東版に夫と2人で開発した救助担架フレストが掲載されました。
毎日新聞20140903

6年がかりで作り上げた物です。
車いす利用者にとっては、エレベーターが使えない時に
階段昇降(垂直移動)はできません。

そんな時に絶対に必要な担架をと思い、作った物です。
支援学校や高齢者の福祉施設、障がい者施設に必要です。
ケガ人や病人搬送にも一般の方でも搬送できるように考えました。
災害時は、地域で守らなければ命を守ることはできません。

コツコツと「要援護者の防災を考える」セミナーをして良かったと思っています。
宿泊施設(ホテルや旅館)にも必要なものだと考えています。
これからもこの活動を続けていきます


toganana at 18:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ソーシャルアントレプレナー

2014年09月09日

実践有るのみ!

昨日のブログをアップしないでそのままにしておきました。
朝日
倫理法人会モーニングセミナーでお話しさせて頂き
自分の迷いが吹っ切れました。

今までのように実践有るのみで活動します。
NPO法人サン・クラブも実践有るのみで活動してきました。
省庁にも何度も行きました。
民主党時代には、議連にも参加していました。
先進医療に辿り着いた時には、もうサン・クラブは必要がないと感じていました。
電話の相談業務も、必要がないと思っていました。

この病気の相談内容を分析しているうちに
見たくない物が見えて来て、ここでも迷っていました。

患者学も半分書いて、続きが書けなくて困っていました。
しかし、この分析は間違っていないと確信しています。

新幹線
熱海まで通院ですが、新幹線に乗車するにも11号車しか乗れません。
予約を取って、その時間のその指定席だけです。
何か間違っているような気がします。
自由な行動が許され無いのです。

もっともっと、自由に動き、自由に活動できなければ
それでも実践有るのみと、今後も活動を続けます




toganana at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心のバリアフリー | ソーシャルアントレプレナー