「十中八九」という言葉があります。

これは十のうち八か九まで、つまり「ほとんど」や「おおかた」と同意語です。

ハンターハンターを読んでいると、この言葉がしばしば使われていることに気付きます。
試しに記憶を掘り起こして考えてみて下さい。「十中八九」が使われた場面を、台詞を。

読み込んでいれば、数箇所は思い浮かぶと思います。

一体今まで「十中八九」は何回使われたのか?

これって、トリビアになりませんか?



検証してみました。

ハンターハンターの27巻までを対象としています。


8巻

クラピカ:「十中八九放出系に属する念能力者」


10巻

ゼパイル:「こりゃあ十中八九作られてから開けられたことのねェ代物だ」


11巻

キルア:「十中八九な 会って聞けば分かるけど」

ゼノ:「ふん そりゃ十中八九ワシじゃろ」


12巻

フィンクス:「緋の眼はオレ達の誰かじゃない 十中八九鎖野郎のことだろう」


ノブナガ:「敵は十中八九 車で移動してる」


14巻

クジラ島に来てた漁師のオジサン:「振り下ろす瞬間には十中八九 すでに出す手の形にしているはずだ」


16巻

ボクシング勝負で負けた人:「アンタも十中八九 放出系能力者だろう?」


キルア:「んー? 十中八九旅団の誰かだと思うぜ」


24巻

キルア:「その場合十中八九作戦は敵にバレてる」


26巻

キルア:「ジッちゃんの任務は十中八九"龍星群"と"龍頭戯画"を使って王を護衛軍から分断させること」





今までの「十中八九」使用数は 11回


見逃しがあったら教えて下さい。