hdpvr-top■カテゴリ「雑記」記事中ボタン群-トップページへ記事中ボタン群-当サイトについて記事中ボタン群-このブログの人気ランキングは?


■PS3やXBOX360のゲーム画面を手軽に高画質キャプチャーするには?


俺のように、ゲームブログを運営しているとキャプチャー動画や画像をアップしたいと考えている方もいると思います。
SD画質(低い画質)でのキャプチャーは結構簡単に実現できます。
下のような製品と、アマレコTVなどのフリーソフトウェアを使います。

USB 2.0 ビデオキャプチャー EasyCAP FS-VC200USB 2.0 ビデオキャプチャー EasyCAP FS-VC200
販売元:ファイアスター

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

しかしながら、PS3やXBOX360に合わせて高画質のキャプチャーを行うにはちょっとした手間と金がかかります。
高画質に対応したキャプチャーボードを使わなきゃならなかったり、表示遅延やコピーガードの問題をクリアする必要があります。
なのに、例えばパソコンにキャプチャーボードを挿すといった作業方法がわからなかったり、そもそもノートパソコンなのでキャプチャーボードを挿せないといった人もいるかと思います。
実を言うと俺もその1人だったり(-∀-;)
ところが、そんな俺たちのために便利なアイテムがあるものです。

 ◆

(画像は最下の販売代理店サイトより)

当記事では、俺が普段どのようにゲームキャプチャーを行っているのかご紹介します。
使用しているキャプチャーユニットとソフトはコイツです。

USB接続でハイビジョン録画 キャプチャーユニット HD PVR Hauppauge 「HD-PVR-C」USB接続でハイビジョン録画 キャプチャーユニット HD PVR Hauppauge 「HD-PVR-C」
販売元:Hauppauge

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「HD PVR」という製品ですね。
この製品の素晴らしいところは、USBに接続による外付けで1080iまでのハイビジョンでの録画に対応している点です。
外付けユニットでありながらHD画質で撮れるものはなかなか見つからないと思います。
 ↑ ・・・と、かきましたが、現在はいろいろ出回っているようです(-∀-;)

ハードウェアエンコード方式なのでPC側の負荷が少なく、安定した動画を撮ることができます。
さらに、ゲーム動画のうP主たちの最大の敵である「遅延」については、パススルー出力を搭載しているため問題になりません。
パススルーというのは、1系統の入力に対して2系統を出力し、そのうち片方は変換などの処理を一切通さずにそのまま出力する機能のことです。
このパススルー側の出力ケーブルをテレビに挿してプレイすることにより、実際のゲーム画面と動画書込プレビューのラグタイムを気にする必要がなくなるわけです。
よくわからなくても大丈夫。とにかく、この製品を使う場合は遅延は問題になりません。

hdpvr-1

それから、コンポジット入力(赤白黄の端子)とS端子入力が付いているのも地味に嬉しいですね。
なのでPSPなんかの録画にも使えますね、たぶん。
Wiiにも使えますよね、たぶんたぶん・・・(実際に確認していないのでちょっと自信無さげ)。

hdpvr-2


メリットばかり紹介しましたが、デメリットもチェックしておきたいですね。
まず、HDMIケーブルには対応していない事ですかね。
ただ、現状では例えばPS3のゲームソフトは720pで出力するものが殆どだと思いますので、HDMIケーブルではなくコンポーネント端子(D4くらい)で接続すればゲームは十分キレイに撮ることができます。
実際に見ながらプレイするゲーム画面も殆ど劣化を感じさせないレベルだと思います。

それにHDMIケーブルというのはコピーガード情報もケーブルで伝達する仕掛けが施されていて、これを解除するのは手間ですしそもそも良くないことなので、当記事ではあまり深く突っ込まないものとします。

「HD PVR」のハードウェアの詳しい仕様は下記サイトを参考にしてみてください。

(代理店サイト)
http://www.mustardseed.co.jp/products/hauppauge/accessory/hd_pvr.html

キャプチャーモードの設定や操作は専用のドライバ(ソフトウェア)で行います。
付属のCDに入っている「Arcsoft Total Media Extreme for HD PVR(日本語版)」というソフトです。
このソフトは録画の他にも動画編集なんかもできるようで、たぶん便利なんだと思います。

hdpvr-3
hdpvr-5

すみません、俺は録画のためだけに購入したのでそこらへんの機能は使ったことないのです(-_-)


録画自体はビットレートなどを設定して録画開始ボタンをポチっと押すだけですから簡単です。
PS3/XBOX360に適したモード、なんて書いてあったりしますから、ゲームキャプチャーを想定した作りになっていてなんとなく安心w
ちなみに、出力する動画の明度や彩度を調整するバーがあるのですが、これをいじっても何も変わりません。
バグなんですかね・・・?少なくとも俺が購入した頃は他の方も同じことを言っていましたが・・・。

それから、このソフトは最大サイズのウィンドウか、固定サイズのウィンドウかのどちらかでしか表示できません(ボタンで切替可能)。
固定サイズだとこんな感じですね。慣れればなんてことないでしょうが、ちょっとうっとおしい気もします(俺のPCのディスプレイは1600×900)。

hdpvr-4


それから、個人的には最大にして唯一の欠点が、出力動画が位置ズレを起こすことがあるということです。
位置ズレとは、簡単に言うと録画した動画の四方の辺のうち1辺(または2辺)に黒の線が入ってしまう現象です。
これが映像関連の知識が豊富な方であれば解消できるようですが、俺のような素人ではどうにもなりません・・・(´Д)
俺の場合は右と下の辺が1ピクセル分くらい黒くなってしまうため、それをごまかすために画像編集ソフトを使って4辺全てに黒線を入れてごまかしているわけですねーw
申し訳ないですが、位置ズレに関しては専門サイトなどを参考に対策するか、俺のようにごまかしを入れて対応してくださいです。

 ◆

まとめ。

基本的な線のつなぎ方。これを応用すればXBOX360なども接続できます。

PS3 ****** HD PVR ==== PC(USB接続)
           |
           |
          T V

※1 **** ソニー製コンポーネントケーブル(赤青緑白赤のやつ)(別売)

※2 ==== USB接続
※3 ―― コンポーネントケーブル(両端オス端子で赤青緑白赤のやつ)(別売)


ちなみに我が家のTVはコンポーネント端子ではなくD端子しか挿せないのですが、当製品(日本語仕様版)にはコンポーネント端子⇔D端子の変換ケーブルが付属していますので、それを使用しています。

主なメリット

■高画質
■USB接続で簡単
■キャプチャー中でもPC側の負荷が少ない
■専用ソフトは録画だけでなく編集もできるらしい

主なデメリット

■出力映像の明度・彩度の調整ができないバグ(?)がある
■位置ズレする可能性がある(出ない人は出ない)

ってところですかね。
製品自体には非常に満足しています。
こういったものがありますから、ゲーム好きな方はこれを機にゲームブログを始めてみてはいかがでしょうか(`・∀・´)

 ◆

おまけ。

キャプチャー中は製品本体のデザインランプが青く光ります。
カッコイイ(´∀` )b


 



エッジの画像出力された動画をGOMプレーヤーなどでじっくりとコマ送りし、スカートがめくれた瞬間にスクリーンショットボタンをポチリだ!

レイミの画像エッジのエッチっ!!



USB接続でハイビジョン録画 キャプチャーユニット HD PVR Hauppauge 「HD-PVR-C」USB接続でハイビジョン録画 キャプチャーユニット HD PVR Hauppauge 「HD-PVR-C」
販売元:Hauppauge

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コンポーネントAVケーブルコンポーネントAVケーブル
販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
(2006-12-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2
販売元:アイ・オー・データ
(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る