June 2013

June 30, 2013

キャスター辛坊治郎氏を救った海上自衛隊(下)

ヨット遭難事故で救助された辛坊治郎さん「救助にたくさんの税金…反省」 2013.6.22
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130622/cpb1306222129003-n1.htm
救助されたニュースキャスターの辛坊治郎さん(57)は全盲のセーラー岩本光弘さん(46)とともに22日午前0時すぎから東京都新宿区の吉本興業東京本部で記者会見。辛坊さんは「救助にたくさんの人手や税金を使うことになり、反省しなければいけないことは、きりがないぐらいある」とあらためて謝罪し、「岩本さんを無事に家族の元に帰せてよかった」と声を震わせた。

「もう一回やりたいとは口が裂けても言えない」−「本当にご迷惑をおかけしました。救助していただいて心から感謝している」と声を詰まらせて謝罪した。疲れた様子の辛坊さんらは「救助にたくさんの人手や税金を使うことになり、反省しなければいけない」と反省の弁。再チャレンジについては「もう一回やりたいとは口が裂けても言えない」と厳しい表情だった。−また、救助活動時は海が荒れていたのに自衛隊が航空機を着水させたといい、「普通のパイロットだったら、あの海には降りない。僕は本当にすばらしい国に生まれたと思った」と述べた。

【軍事のツボ】辛坊治郎氏の海難救助取材記(2013.6.24)(梶川浩伸)
http://www.sanspo.com/geino/news/20130624/sot13062418480003-n1.html
完全に“シビレ”てしまった。−海難救助で海上自衛隊や海上保安庁が見せてくれたプロの仕事に、だ。ヨットで太平洋横断にチャレンジしていたニュースキャスターの辛坊治郎氏と全盲のヨットマン・岩本光弘氏が6月21日、宮城県の金華山南東約1200キロの洋上で遭難した。まず簡単に時系列で動きを追う。

 ●6月21日午前7時35分ごろ 辛坊氏から2人のチャレンジをサポートしている団体事務局に「右舷から浸水している」と電話連絡
 ●午前7時46分ごろ 団体事務局が118番通報(海難救助要請)
 ●午前8時ごろ 2人は浸水が激しいヨットを放棄してライフラフト(救命いかだ)に乗り移る
 ●午前10時 第2管区海上保安本部(2管)から海自厚木航空基地に災害派遣要請。この間、2管は巡視船とガルフストリーム昂慎 複味腺複毅娃亜屬Δ澆錣沓厩罅廖砲鮓従譴貿標。巡視船の到着予定時刻は23日未明
 ●午前10時49分 海自の哨戒機P−3Cが厚木航空基地離陸
 ●午前11時39分 US−2が厚木航空基地離陸
 ●午前11時44分ごろ 海保のガルフストリーム昂慎,現場海域に到着し、2人の無事を確認
 ●午後2時ごろ US−2が現場に到着し、着水を試みるが波が高く断念
 ●午後3時ごろ US−2は現場上空を旋回し続けていたが、現場を離れる
 ●午後3時5分 2機目のP−3Cが厚木航空基地を離陸
 ●午後3時8分 別のUS−2(2番機)が厚木航空基地を離陸
 ●午後5時53分ごろ 2番機が現場到着
 ●午後6時14分 2番機が着水に成功し、2人を無事救出
 ●午後9時45分ごろ 2番機の先導役のP−3Cが厚木航空基地着陸
 ●午後10時30分 2番機、厚木航空基地着陸(海自の派遣航空機は計4機)
 ●午後10時37分ごろ 2人が地上に降り立つ

以上のような経過をたどったが、筆者は厚木航空基地で取材にあたった。滑走路脇のターミナルビルの前で、救出に成功したUS−2の到着を待っていると、海自の広報からUS−2はエンジンが1発停止しているとの情報が。停止しているのは4発あるうちの第3エンジンとのこと。右翼2発のうち機体側のエンジンだ。現場は波が高くエンジンが潮をかぶったことで、故障を防ぐため停止させていると説明があった。ちなみにエンジンは2発停止しても飛行は十分可能。飛行艇だからある程度潮をかぶるのは当たり前だが、予防的な停止をさせるほど大量だったということは、それだけ波が高かったことになる。現場海域は波高3〜4メートル、南西の風約15メートルだったというが、同機は波高3メートルまで着水が可能とされている。1番機が着水できなかったことも考えると、海況はこの機の限界付近だったのではないか。パイロットの技量の高さが分かる。

それは航続距離(滞空時間)の点でも同様だ。2番機は離陸から7時間半ほども行動している。4700キロとされる航続距離を巡航速度470キロで単純に割ると10時間となるが、実際には悪天候の中での飛行や着水して救助活動を行うことなどを考慮すると、余裕はほとんどないだろう。「世界的に見ても自衛隊の救難隊はトップレベル」と海自幹部が話すのも納得できる。

やがて滑走路の南方からUS−2の前照灯が見えてきた。海自広報から事前に「到着は午後10時30分」と聞いていた、その時刻ぴったりにタイヤが滑走路に降りた。着陸した2番機の3番エンジンは、プロペラのピッチ(角度)を変えブレード(羽根)を進行方向と平行にして空気抵抗をできるだけ少なくするフェザリングをしていた。数十メートルの至近距離で暗い中で雨に濡れる同機の姿を見、ターボプロップ機独特の「ビーン」というエンジン音を聞き、ケロシン(燃料)が燃焼したにおいを感じたとき、これまで何人もの自衛官から「われわれは命じられれば『できません』とは決して言えない」と聞いてきた、その言葉が脳裏をよぎった。

ターミナルビル内で会見に臨んだ辛坊氏と岩本氏は、厳しい表情ながらも思ったほどやつれていなかった。そして2人が目に涙を浮かべながら繰り返し口にしていたのは、海自や海保など救助に携わった関係者に対する感謝の言葉だ。「たった2人の命を救うために海上自衛隊、それから海上保安庁の何百人の皆さんが、命を投げ出す覚悟で、4メートルの波を越えて助けに来て下さった。本当に申し訳ない。ありがとうございました」−辛坊氏はこうも語った。「(ライフラフトの中で)2人で体を寄せていても互いの体温が下がっていくのが分かった。気力もあり、水と食料も1週間分合ったが、(海保の船が到着する)明日の夜まで持つかなと考えた。それが(US−2から下ろされた)モーターボート(ゴムボート)の15馬力のエンジン音が響いて、『大丈夫ですか』と声をかけてくださったときには、『あ、帰れる!』と。もうその一言で、本当にこんな言い方どうか分かりませんが、この国の国民でよかった』と本当にそう思いました」2人はターミナルビルの去り際まで、その場に居合わせた何人もの海自関係者の手を繰り返し堅く握り、感謝の言葉を述べていた。

困難な状況になっても、決して見捨てられることはない。必ず救助の手をさしのべてくれる。そう実感できる国は世界の中で決して多くはない。US−2の存在はその安心感を現実のものにしている。恩恵を受けるのは民間人だけではなく、海自や空自、それから米軍にまで及ぶ。航続距離が長く、世界最高水準の耐候性を備える救難飛行艇について海自幹部は「この機があるおかげで、洋上遠くを哨戒飛行するP−3Cの乗組員も任務により専念できる」と話す。第2次大戦時、米軍は潜水艦を不時着水したパイロットの捜索救難任務にも就かせた。これで数多くのパイロットが生還し、再び航空機に搭乗して戦うことができた。残念ながら日本軍はそのようなシステムを備えていなかった。

厚木航空基地での記者会見の間中、辛坊氏はひとつのワッペンを握りしめていた。救助された際、海自隊員に名前を聞いたところ、「規則で名前は教えられないということで、せめて部隊名だけでも教えてほしいと言うと、このワッペンをくれたんです」。この話に“シビれ”た。そして、とても大事そうにしていたのが印象に残った。ワッペンは海自の救難飛行隊である第71航空隊のものだ。岩国航空基地(山口県岩国市)が本拠地で、厚木航空基地にもUS−2を1機配備して、緊急事態に備えている。この日は2機が厚木航空基地から飛び立ったが、「1機はたまたま来ていた」(海自関係者)というから、ラッキーだった。

私もテレビでこのインタビューを観ましたが、その印象が違います。
辛坊氏が救助していただいた自衛隊員に名前を聞きたところ、それは教えられないが、ジャンバーに腕章として貼っていたワッペンをバリっと剥がして渡してくれたとのこと、それが第71航空隊のものであり、この隊はSWATであるとのことでした。
テレビの流し観ですので、不確かではありますが、日本の最高の救援部隊が発動してこその救われた命だったということです。
日本国民の命を救うために自衛隊員は命を賭けた訓練と責務を日々課しているということです。


togyo2009 at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 事件の深層 

キャスター辛坊治郎氏を救った海上自衛隊(上)

辛坊さんらのヨットが救助要請=太平洋横断中、海水侵入―海保(時事通信社)2013年06月21日
http://news.livedoor.com/article/detail/7787080/
第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると、太平洋横断に挑戦しているニュースキャスター辛坊治郎さん(57)ら2人が乗ったヨットから21日朝、「ヨット内に海水が侵入した」と救助要請があった。辛坊さんらは午前8時すぎ、ヨットを放棄し救命ボートに乗り移ったという。救助要請があったのは、宮城県の金華山灯台から南東約1200キロ付近の海上。巡視船が救助に向かった。2管によると、現場海域は波が3メートルと高く、海上自衛隊厚木基地にも救助を要請した。セーリングの事務局によると、ボートにはライフジャケットや水、食料が積んであるという。辛坊さんは、全盲のセーラー岩本光弘さん(46)と共に、ヨット「エオラス号」で16日に福島県いわき市の小名浜港を出発。8月10日ごろ米・西海岸のサンディエゴ到着を目指していた。

二人乗りヨットで太平洋横断ということですので、辛坊氏は冒険をしたわけですね。
そして、乗り越えられない、命さえ失いかねない事故に遭遇し、SOSを発したと。
そして涙と共に発した言葉が「この国の国民で良かった」です。
辛口キャスターであった辛坊氏も、恵まれた国の中での辛口で飯を食っていたことを、重々肝に銘じたことでしょう。
だってほとんどの国民はこのような冒険を安易にしようとは考えていませんから。

辛坊治郎さん 声つまらせ救助に感謝「この国の国民で良かった」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/06/21/kiji/K20130621006060391.html
海上自衛隊の航空機に救助された2人が午後10時半ごろ、神奈川県の海自厚木基地に着き、会見を行った。

辛坊さんはまず「本当にたくさんの方にご迷惑をおかけいたしました。たった二人の命を何百人で救ってくれた。本当に海上自衛隊、海上保安庁の皆様には感謝しています。4メートルの波の中を助けていただいて本当にありがとうございました」と感謝と謝罪を口にした。「気力はあるし、食料も水も1週間くらいは大丈夫という読みはあったんですけど、体温が下がって明日までもつかなという思いがありました」と状況を振り返り、「“あ、帰れる”もうその一言で。こんな言い方がいいかどうかわかりませんけど、この国の国民であって良かったなと思いました」と救助船がやってきたときの心境を声をつまらせながら告白した。

岩本さんも「本当に助けていただいてありがとうございます。本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。あのゴムボートが来たときは本当にほっとしましたし、来ていなかったらどうなっていたんだろう」と感謝を口にした。船内に海水が浸入した状況について、「(午前)5時までウォッチで、8時くらいまで寝ようと思ったらゴーンゴーンゴーンと3回右舷の方で、下から突き上げるような感じ」(岩本さん)「もしかしたらクジラだったかも」(辛坊さん)と船底が障害物に当たったという。「(岩本)ひろさんが“浸水している”と叫び声があって、船内のキャビンに足を下ろしたら床に水が来ていて。緊急の排水をしたんですが、とても水が入ってくるスピードに追いつかなくて。あっという間にくるぶしくらいまで水がきて、脱出するときは膝下くらいまで(きていた)」(辛坊さん)とみるみるうちに浸水していった様子を描写した。救助を待っている最中は「何回も上空で(航空機)が旋回してくださっていて。厚木から来てこれくらい旋回してくださるということは助けたいという気持ちがあるとわかったので。とにかく生きようという話をラフト(救命ボート)の中で2人でしていました」(辛坊さん)と、気持ちを切らさずに耐えていたことを明かした。

【今日の言葉】辛坊治郎氏救助で一躍脚光の飛行艇 2013/06/22(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0622&f=business_0622_002.shtml
1200キロ離れた洋上救助に力を発揮したのが新明和工業(証券コード番号7224)の飛行艇「US−2」だった。同社の前身は川西航空機で旧日本海軍の飛行艇を手がけていた実績を持つ。現在、新明和工業はUS−2のほかに「US−1A」を製造している。遭難当時の洋上は台風4号の影響で荒い波だったといわれ、その中で救助したということから同機への評価が高まっている。それだけではない、時速480キロ、航続距離4500キロ、高揚力装置により狭い場所にも着水できるといわれる優れた性能を持ち、今、話題のオスプレイにも負けない能力を持っているとの指摘もある。今後、島国の日本の救助、防衛などでいそう見直され、海外からも引き合いが増えるのではなかろうか。

日本の防衛力、そして日本の技術力が荒波から辛坊氏を救ったのです。
辛坊氏は『日本経済の真実―ある日、この国は破産します』( 幻冬舎、2010年)という著書を出しています。
日本の危機を煽るキャスターですが、因果応報と云いましょうか、父親は自衛隊員だったのです。
なんとなくですが、代々の国を守り努める家系から斜めに構え、さらにはマスコミに被れ、遂には自衛隊員に助けられるという、お釈迦様の掌で暴れる孫悟空のような結末を迎えました。
ここにおける責任とは、キャスターとしての立場から、場合によってはジャーナリストとしての立場から、辛坊氏は命と引き換えに学んだものがあるべきです。


togyo2009 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今が旬の企画もの 

事情通さん〈アメリカとイギリスは、ガチで対立している〉(下)

この度の話に繋がるであろうメッセージを見つけましたので、併せて転記します。
 
〜〜〜〜〜
290. 名無しさん@ほしゅそく 2013年06月11日 01:19
最近、左翼のアホどもが『アベノミクスガー』とか『アベノミクスは崩壊だー』とか騒いでんじゃん?
いやwww無いわwww
あれは要するに、ゴールドマンとか言った大手投資会社が中国から撤退行動を取ったことが原因で株価下落を招いただけだ。
更に、アメリカの経済不調やユーロ圏のゴタゴタの悪化なんかも要因として挙げられる。
つか、日本企業は中国から撤退し辛いらしく生産拠点を東南アジアに移行するのに手間取っているんだよなぁ。
それらが株価下落の主な要因だが、ポジティブな情報もあるんだわwww
今まで、アベノミクス!アベノミクス!と過剰な期待があった安倍首相の諸政策が中国やアメリカの経済不調により過剰な分の期待が削げ落ちたおかげで実態部分が見え始めたんだwww
更に、日本の株価は『正しく市場に反応している』から日本の株価暴落は経済政策の失敗がない限り可能性がかなり低い状態にあるwww
でもよwwこのままじゃ、安倍さんはヤバいんじゃないか、とか思うだろwww
実はそんなことはないんだなwwwこれがさwww


291. 名無しさん@ほしゅそく 2013年06月11日 01:31
最近の安倍首相と安倍首相の閣僚の外交を見てみようかwww
中東を歴訪、ASEAN歴訪、ロシアと会談、アメリカと会談、インドと会談、フランスとの会談…。

これらを並べると見えてくることがあるんだわwww
まぁ、先ずアメリカはみんなが知っての通りだろうからパスするとして、一番興味深いのは日本と英仏のやりとりなんだわwww
まずはwイギリスだわなwww
イギリスは日本と同盟を組む方向で話を進めていて、多分、今年の終わりか来年くらいにはイギリスのキャメロン首相と王室が日本に来て、同盟に関する実質的な協議をやるんじゃねぇかなwww
ていうのもなwwイギリスは心底ユーロから抜け出したいと願っている上にアメリカに指図される状況からも抜け出したいと考えているんだわwww
そんなイギリスは今の日米と中国のいざこざを狙って、日本と同盟を結び、アメリカ抜きでアジアで手広く儲けようと画策しているww
つかwアメリカは日本と中国の関係で板挟み状態でアジア圏で思う.ように活動できねぇのよwww
活動内容は現時点で日中間の争いを抑制するので精一杯で、更に自国は経済不調ってツイてない状態なんだわ。
イギリスとフランスはそこに目をつけて、今の内にアメリカとは関係なく、日本を巧く利用しようって考えてるんだわww
イギリスの狙いは二つ。
一つ目はユーロ圏からの脱出。
二つ目はアメリカは関係無い独自の日英関係の構築。
この二つなんだよなぁwww

で、次はフランスだ。


293. 名無しさん@ほしゅそく 2013年06月11日 01:39
フランスなぁwww
フランスも最悪の事態を想定し始めてるんだわww
それが欧州連合の崩壊ってわけだwww
だから、フランスは考えたw
自分の影響力はそのままにして、儲けることができるか、ってなwww
それでフランスが取った行動が日本との協力だww
今、日本・インド・ASEAN対中国・北朝鮮・韓国でヒートアップしてるからなwww
武器を売るには持ってこいだし、原発を売りさばいたりアジアで商売するには日本の信用を借りておくとやりやすくて中国なんかよりも断然お得ってわけだww
で、フランスの最終目的は日本との同盟だろうなwww
考えてみろよww日本と組めば、原発・武器もそうだし、普通の商いをアジア圏でするにもかなり有利に立てるww
フランスはそれで得られる利益を欧州連合が崩壊したときのセーフティーネットにしよう、って考えてるんだわww
まぁ、後は日本が勝ち馬になるとフランスが踏んでるからと言うのもあるなwww

ロシアはプーチンさんにでも色々聞いとけww
ちょいと、ロシアの情勢をググれば、ロシアが日本寄りになってきている理由に大体の察しがつくからよwww


295. 名無しさん@ほしゅそく 2013年06月11日 01:52
で、まぁ、英仏の思惑も絡んで英仏は「我こそは」と日本に猛烈なアピール中なんだよなぁwww
でさw日本がこの英仏を利用しない手はないだろwwと言わんばかりに安倍首相は色々と伏線を張ってるわけwww

まず、分かりやすいのは軍需産業の活性化だろうなwww
それを日本がやるにはアメリカの軍需産業に邪魔されない強力な後ろ盾が必要なわけだが、これが英仏なわけよwww
まず、イギリスとの日英兵器共同開発を安倍首相は首相就任後から活発化させている。
次に、フランスとはこの前、原発輸出強力の強化と並行して、中国への武器輸出禁止に関する協議と日仏間の安全保障協力についての協議と日仏での兵器輸出管理でこれからも定期的に2on2、つまり、日仏両国の外相と防衛相を絡めて協議しようということで話がついたんだわwww

そんでもって、我らが良き友インドくんが色々と日本にラブコールしてるわけよwww
日本とインドは安全保障宣言で準同盟国になっているが、インドは常に日本に軍事支援を要求しているんだわww
経済協定・軍事支援・日印両国の親密化の三つがインドくんの最大の関心事なわけよwww
でもさww日本は憲法九条や武器輸出三原則(減速)とか言うので武器輸出があまり大っぴらに出来ない上に、下手に武器輸出で稼いだら、既に権益を持ってるアメリカの軍需産業さんやロシアの軍需産業さん目を付けられて、失敗するのは目に見えてるじゃんよ。
そこで、英仏の二国の出番になるわけwww
日英・日仏で共同開発した武器ならば、英仏枠に乗っかって、インドとかに武器を売り込むことも可能になってくるわけよwww
で、現行憲法でも日英・日仏間の安全保障協力と言って誤魔化すことも可能ww
憲法改正すれば、アジア圏の平和と安定のためにパワーバランスを取るっていう理由で英仏とアジア圏で武器を売り込めるんだわwww


296. 愛国者たち 2013年06月11日 01:59
日本の軍需産業は今まで閉鎖的で外には向いてない不活性な産業だったんだが、英仏との協力でそれは一気に活性化するんだwww
しかもw英仏が絡んでるからアメリカあたりは手を出し辛いww
せいぜい、アメリカも英仏と同じ手法で日本と一緒に儲けるくらいしかやりようがないわけなんだww
後、副産物として日本の軍事技術が英仏との共同開発で底上げされる上にアジア圏で売り込むから武器の単価が安くなる可能性が十分あるwww
これは日本の自衛隊が帝国軍に返り咲いたときにプラスになるわなwww

また、日本が英仏と共同して売り込む先はインドとASEANなんだわさww
隣国の何処とはいわねぇけどwどっかには都合がわりぃ話だわなwww

これが日本経済の起爆剤その一になる可能性が非常に高いし、今までの安倍外交が安全保障協力の強化と経済関係の親密化にあるだけ、これはかなりガチな話なんだwww


297. 名無しさん@ほしゅそく 2013年06月11日 02:08
他にもw安倍首相は色々やりこんでるんだぜww
今、安倍首相は国内経済は現状維持に努めて、外交で頑張ってるんだが、やり方が賢いんだわwww
まず、安倍首相はインドとASEANのインフラ整備事業の協力でアジア圏のインフラを掌握しようとしているんだwww
もちろん、日系企業とその国の現地企業で提携してなww

そこでさww「インドの地下鉄を日本が整備した話」を検索してみろwww
安倍首相はインド・ASEAN方面のインフラ整備事業全掌握と日本の価値観輸出を同時に進める予定なんだわwww
それを以て、日本とインド・ASEANを強靭なネックレスに仕立てようと現在奮闘中www
でさwwもう、結構なところまで安倍首相の外交戦略は進んでるんだよなww
ASEANは元々、防虫の同志として日本を受け入れているから日本からの支援は大歓迎なわけで、インフラ整備とか日本は提携有利な状態だw
インドはインドで地下鉄の件もあって、経済協力を通して、日本の価値観を輸入したがってるwww
まぁwwインドは日本ラブだよwww


299. 愛国者たち 2013年06月11日 02:13
わりぃわりぃ、下の地下鉄やインフラの話は俺たちのだww
名前を入れ忘れたww


まぁ、そりゃいいww

おまいらwwちと、楽しみにしとけよwww
安倍外交が一息ついてからがアベノミクスの真骨頂になるだろうからなwww
インド・ASEANでの怒涛のインフラ整備ラッシュとそれを軸にした日本のアジア圏での経済活動と日英・日仏によるアジア圏への軍需産業共同進出などなどwww
これで株価が上がらない訳がない愉快痛快な経済活動が見れるぜwww
今の日本経済は我慢の時期だww
そこを超えたときww今までで最も愉快な出来事が始まるwww
だから、楽しみにしてろよwww
〜〜〜〜〜

事情通さんコピペ アベノミクス、英仏、アジア、外交戦略/ゲッターなブログ 2013年06月11日


togyo2009 at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 事件の深層