August 2013

August 30, 2013

国連事務総長韓国人が日本の歴史認識に難癖(下)

中立守るべき立場で日本批判潘事務総長が国連憲章違反疑い 2013/08/27

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/679794/

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長に、国連憲章違反の疑いが浮上している。国連トップとして中立を守るべき立場ながら、母国・韓国で常識外れの日本批判を展開したのだ。潘氏はこれまでも問題言動を繰り返してきた


日本政府は事実関係を調査したうえで、国連に発言の意図を問い合わせる方針。9月の国連総会などで、日本の立場も説明する意向だ。ー菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、「わが国の立場を認識した上でなされたのかどうか非常に疑問を感じている。国連を通じて真意を確認し、日本の立場を説明したい」と批判した。国連憲章100条では、事務総長および職員に対し、国際的職員としての中立性を求めているが、潘氏の発言は対日批判を強める韓国、中国の立場を代弁しているように聞こえる」(政府関係者)。このため、外務省は在ソウル日本大使館などを通じ、事実関係の調査に乗り出した。


潘氏は1944年生まれ。70年にソウル大学を卒業後、韓国外交部に入部した。米州局長、外交通商部長官(外相)を経て、2007年から国連事務総長を務めている。潘氏をめぐっては、問題発言がこれまでも指摘されてきた。ニューズウィーク日本語版のHPには、「世界で最も危険な韓国人、潘基文」(2009年6月23日)と記事があり、「歴史的にレベルの低い国連事務総長のなかでも際立って無能」という記述まである。


夕刊フジで「新悪韓論」(毎週水曜)を連載するジャーナリストの室谷克実氏は「ニュースを聞いて『ふざけるな!』と思った。国連の事務総長という立場になっても『韓国が正しい。日本の話など聞かない』という意識なのだろう。どっぷり韓国人なのだとあきれた」といい、こう続けた。「潘氏は就任以来、事務総長としてまともな活動はしていない。この時期にシリアではなく、韓国にいること自体が問題だ。国連で(韓国人などの)優遇人事ばかりしている。欧州のジャーナリズムは潘氏に落第点を付けている。日本政府としては、官房長官会見などで『事務総長不信任』をにおわすぐらい強い不快感を示した方がいい」と語っている。


馬脚を現した国連の潘基文事務総長 米紙誌の評判も 2013.08.28【湯浅博の世界読解】(東京特派員)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130828/frn1308280852001-n1.htm

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長がいくら中立を装ったとしても、いつかは馬脚を現すと考えていた。米誌が告発した「核や難民問題に関心がない」「世界中の大学で名誉学位を収集する癖がある」などはいい方で、事務総長の韓国びいきは度が過ぎる。国連の主要ポストに韓国人ばかりを起用してワシントン・ポスト紙から「縁故主義」が批判されたことがある。また、あるときは、加盟192カ国(当時)の外交官を招いた「国連の日」恒例の事務総長主催コンサートに、母国のソウル・フィルを招請した。しかも日本海を「東海(トンヘ)」と書き込んだ英文のパンフレットが配布されても素知らぬ顔である。韓国が国連地名標準化会議に、日本海と「東海」を併記するよう求めているのは百も承知だろう。


その潘事務総長が韓国で記者会見すれば、中立性はただちに揺らぐ。しかも、国連事務総長が他国の憲法改正の動きに口先で介入した。韓国記者から「日本政府の平和憲法改正の動きに対する国連の立場」を聞かれ、「日本の指導者はきわめて深く自らを省みて、国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」などと説教調である。安倍晋三政権の歴史認識や領土問題についても、「正しい歴史認識を持ってこそ、他の国々から尊敬と信頼を受けられるのではないか」と批判めいたことをいう。


日本政府は「中立性を求めた100条に違反する恐れ」と懸念を表明しているが、ハナから中立性などあるのだろうか。ちなみに国連憲章第100条とは、「事務総長および職員は、この機構(国連)に対してのみ責任を負う国際的職員としての地位を損ずるいかなる行動も慎まなければならない」との規定だ。


もともと韓国外交通商相時代の潘氏は、左派の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領による対日強硬路線に沿って、反日親中姿勢を鮮明にしていた。記憶にあるのは、かつて小泉純一郎首相による靖国神社参拝に対する潘氏の反応だった。中国の李肇星外相が「アジアの人たちの感情を傷つけている」と、事あるごとに「アジア」を吹いた。小泉首相は参拝のたびに「無名の戦死者を鎮魂するために行くのだ」と述べており、断じて侵略戦争の賛美ではなかった。にもかかわらず、中国はアジアがひとかたまりになって、日本と敵対しているような印象をふりまいたのだ。この詭弁に対して「アジアとはどこの国なのだ?」との疑問を抱いた。いまも当時も、中国に同調したのは韓国ただ一国だけである2005年11月に、釜山で李外相と会談したのはその潘外交通商相で、「日本の責任ある政治指導者が靖国神社を参拝することは認められない」とお調子を言った。このときから韓国は、華夷秩序からみて忠実なる「従属変数」であった。首相の靖国参拝に不平をいっているのは中韓だけなのに、彼らは「アジア幻想」を総動員する。自らの主張に自信がないときや強化したいときほど、周囲を巻き込んで誇大宣伝するものである。ーかくして、会見内容の第一報に「中立を装ったとしても、いつかは馬脚を現す」と感じていた次第である。


Wiki.を参照しても、潘氏は上記の他にもいろいろと騒動を起こしているようです。

そのいくつかを上げてみますと・・


事務総長としては、2007年9月7日、潘基文が台湾の国連加盟問題について「台湾は中華人民共和国の一部」という見解を示したことについて、日本、アメリカ、オーストラリア政府が「この見解は不適切である」と申し入れたことが明らかになった。潘基文は、国連は「一つの中国」を承認しておらず、加盟問題は安保理の専決事項であるにもかかわらず、台湾の国連加盟申請を「中国は一つ」と申請を却下した。2009年7月には「アウン・サン・スー・チーとの面会」のため突如としてミャンマー入りし、世界を驚かせたが、事前に何ら下交渉が行われておらず、結局スー・チーとの面会を果たさぬままミャンマーを去った。


人事問題では、元国連大使の崔英鎮を駐コートジボワール特別代表に任命するなど、国連の主要なポストに自国民を起用したことから、縁故主義であるとして潘に対し国連内部から反発が生じている。これに対して潘は、元々国連への財政負担の割に極端に職員数が少なかった韓国人職員の数が増えたに過ぎない、と反論している。ただし、韓国は国連分担金のうち、10個国際機関分担金1100億ウォン(1億1600万USドル)を滞納しており、2007年に387億ウォン(4100万USドル)、2008年に713億ウォン(7500万USドル)を投入して滞納を皆解消する計画を示してはいたが、この発言の時点では完済していない。


事務総長としての中立性では、2008年7月3日、 事務総長就任後初めて訪韓した際に、訪韓の感想を問われて、「韓国人の国連事務総長として韓国の国力伸張に貢献できるようベストを尽くす」と述べた。


日本との関連では、慰安婦問題に対しては米国下院の決議案を支持する姿勢を堅持


評価として、アメリカの『フォーリン・ポリシー』誌においてー、歴代事務総長の中でも特に指導力や存在感を欠き「国連を無意味な組織にした」と酷評され、イギリスの『エコノミスト』誌からも潘の管理・調整能力不足を指摘され、自身が最重要課題に挙げた地球温暖化問題も含め大きな実績はなく、欧米諸国の支持を失っているともされた。『ヒューマン・ライツ・ウォッチ』は2011年1月24日に発表した年次報告書において、ー「人権侵害を繰り返す国々に対して、国際的な地位がそれほどでもない国々に対しては、強い批判を口にするが、中国のような大国に対しては何もしない」と名指しで批判した 。


それでも潘氏を支持する国や意見もあるのですが、またぞろ中韓タッグです。


中国、潘国連事務総長の発言「積極的に評価」(2013年8月28日  読売新聞)【北京=五十嵐文】

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130828-OYT1T00960.htm

中国外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長は28日、韓国出身の潘基文(パンギムン)国連事務総長が日本の憲法改正などをめぐり安倍政権批判と受け取られる発言をしたことについて、「積極的に評価する。歴史の正義を擁護し、日本に侵略の歴史を直視して反省するよう促すことは、国際社会共通の要望だ」とする談話を発表。潘氏の発言を支持し、歴史問題などをめぐり韓国と共闘する姿勢を示した。


国際社会があるのですから、正しい歴史認識が重要ですよね。


韓国こそ「ドイツに学べ」 戦犯国非難は壮大な誤解 2013/08/24【緯度経度】ソウル・黒田勝弘

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/679043/

ドイツのメルケル首相が最近、国内のダッハウにあるナチス時代のユダヤ人強制収容所跡を訪れ、犠牲者に頭を下げる写真が、韓国のマスコミで大々的に報道された。新聞はほとんどが1面トップだった。ドイツではよくあるシーンだが、韓国でのこの異様な関心はなぜか。ある新聞は頭を下げたメルケル首相の写真にわざわざ日本語で「安倍が見習うべき姿」という文章まで付けていた。つまり「ドイツはこんなに過去の歴史について謝罪と反省をしているぞ、それに比べ日本は」という、日本非難のためのおなじみの「ドイツに学べ」論である。日本でも似たような議論をよく聞くが、はて。ー日本は過去、韓民族に対しナチスのようなことをしたのだろうか。


韓国は日韓併合で日本の支配、統治を受け植民地になったが、第二次大戦で日本と戦ったわけではない。逆に日韓は一緒になって米国、中国など連合国と戦ったというのが実態だった。ーヨーロッパでナチスの植民地だった国はない。だからドイツの戦後処理に関し韓国が参考にすることは基本的にはないのだ。韓国には意図的な歴史の歪曲がある。自らを日本やナチス・ドイツに対する戦勝国である連合国になぞらえ、日本を戦犯国といって非難するのがそうだ。極東裁判は日本の韓国支配を裁いたものではないし、植民地支配は戦争犯罪ではない。にもかかわらず韓国がー靖国問題にこだわるのは壮大な誤解なのだ。


ナチス・ドイツの歴史を振り返り、あえて韓国に相当するような国を探せばオーストリアかもしれない。ヒトラーの故郷でもあるオーストリアはナチス・ドイツに6年間、併合されその一州になった。ナチス・ドイツと一体だったため、戦後は連合国の米英仏ソによる分割占領後、中立化を条件に1955年、独立を回復した。韓国(朝鮮)が戦後、連合国の米ソに分割占領されたのと同じだ。興味深いのはオーストリアはナチス・ドイツとの過去の関係を国際社会に謝罪していることだ。これでいくと韓国は日本との過去を謝罪、反省しなければならないことになるが


「ドイツに学べ」で思い出した。韓国と北朝鮮の間でまた南北離散家族再会の話が出ている。しかし、ドイツでは東西分断中も家族の相互訪問や手紙、贈り物の交換など自由な交流があり、結果的に1990年に統一が実現している。韓国と北朝鮮こそそうしたドイツにしっかり学び、南北交流をちゃんとやって早く統一してはどうか。そして少数派の東ドイツ出身のメルケル首相のように、統一コリアで北朝鮮出身の大統領が誕生するような姿を早く見せてほしい。



togyo2009 at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 捏造の慰安婦問題 

国連事務総長韓国人が日本の歴史認識に難癖(上)

国連事務総長が日本に異例の注文 「歴史顧みること必要」 韓国訪問し2013/08/26(共同)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/679452/

韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に注文を付けた


具体的な点には言及しなかったが「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとみられる。国家間が対立する問題で、国連事務総長が一方の態度に問題があるとの認識を強い表現で示すのは異例だ。潘氏は、歴史認識を正しく持つことが未来志向的な隣国同士の友好関係につながるとの認識を示しながら、日本政府を名指しして態度変化を促した


国際社会の相応の立場の現職ながら、反日の故郷凱旋で威勢良く日本の歴史認識を叩いたわけですね。


潘事務総長「日本反省を」 歴史認識、中立性欠く 2013/08/26 【ソウル支局】

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/679610/

韓国人の潘氏が韓国の立場に立ったことは、国連事務総長としての中立性を欠く行為で波紋を呼ぶことも予想される。潘氏の発言は、「北東アジアの国々が憂慮している日本政府の平和憲法改正の動きに対する国連の立場」を尋ねた記者に答えるさいに述べたもの。


これに先立ち、歴史認識や領土問題に関連した質問に対しても、潘氏は安倍政権を念頭に「正しい歴史認識を持ってこそ、他の国々から尊敬と信頼を受けられるのではないか」と批判した。潘氏は、日中韓の間で緊張関係が続いていることについて、「国連事務総長として深く遺憾に思う」とした上で、北東アジアの指導者は自国だけでなく、地域やアジア全体、世界的な共存共栄の発展のために何ができるのかという、より広い視野を持つことが必要だと述べた。


下線で示した所は将に正論ではありますが、この言葉はそっくりそのまま中韓の指導者へ注文すべきです。
現実の中韓の国民の悲鳴を受け止めてこそ訴える言葉であって、それこそ国連の出番ではないでしょうか。


官房長官「非常に疑問」 国連事務総長発言に批判続出 2013/08/27

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/679812/

菅義偉官房長官は27日の記者会見で、国連の潘(パン)基文(ギムン)事務総長が日本政府の歴史認識を批判したことに対して「非常に疑問を感じている」と述べた。他の閣僚や自民党からも政治的中立を保つべき潘氏への批判が続出、外務省は国連側に真意を確認する方針だ。


潘氏の発言に、菅氏は「安倍晋三首相は中国や韓国に対し、地域の平和と安定のため懸案のある中でも対話を行うべきだ、とずっと呼びかけている」と指摘。国連の場で日本の姿勢を説明する意向を改めて示した新藤義孝総務相も記者会見で「中立的であるべき国連事務総長が、恣意的に、みずからの立場をどこかに偏るような形での発言はいかがか」と批判した外務省は27日の自民党外交部会で、潘氏の発言を詳細に分析していることを説明。「国際的職員の地位を損じる」行動を慎むよう定めた国連憲章100条に違反する可能性もあることから、米ニューヨークの国連代表部などを通じ、発言の真意を確認するとした。


反日韓国人を制御するのに倍返しが重要 「絶対、下手に出るな」2013/08/20

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/678188/

韓国の反日パフォーマンスが止まらない

終戦記念日の8月15日、来日した韓国最大野党、民主党の李鍾杰議員らが靖国神社近くの路上で日本を批判する横断幕を掲げて「軍国主義反対」と抗議活動を行なった

先月末には、米カリフォルニア州グレンデール市で現地の韓国系団体が中心となって慰安婦像を設置。同市のホームページ(HP)に、姉妹都市の大阪府東大阪市が設置に賛同したかのような記述があることも判明し、東大阪市が、グレンデール市に「このような意見表明をした事実はない」と抗議文を送る別の騒動も起きている。

サッカー日韓戦でも韓国応援団が政治問題を持ち出して挑発


韓国の目に余る行動が相次いでいる。世界各地で日本の悪印象を広めるロビー活動も展開するなど行為はーエスカレートするばかり。ーなぜ、韓国はこれほど日本を敵視するのか。


『韓国が「反日」をやめる日は来るのか』(新人物往来社)の著書がある首都大学東京人文科学研究科(社会人類学)の鄭大均名誉教授は「韓国人の『反日』は、人生の過程で、心や身体にすり込まれる思考や感情のパターン」と、背景にある「反日教育」を理由に挙げる。鄭氏は、日本に帰化した韓国系日本人で、現地の大学で14年間教鞭を執った経験を持つ。その際、「愛国」と「反日」を結びつけた韓国政府の「反日ナショナリズム教育」を、何度も目の当たりにしたという。

「韓国の歴史教科書をみてもバランスに欠ける。古代史において韓国は、日本に先進文化を伝授した国として描かれ、その韓国に、日本は豊臣秀吉の侵略や『日帝支配』という形でお返しをした(ことになっている)。恩をあだで返す国というのが、韓国教科書に描かれた日韓の物語で、これは韓国人が共有する国民の歴史。歴史教科書に見る韓国人のナショナル・アイデンティティーは日本の否定性と不可分の関係にある」(鄭氏)

その韓国の歴史教科書が日本を表すときに多用するのが「激語」の数々だ。「『収奪』『強占』『搾取』『抑圧』『剥奪』
。『日帝』を語る際、こうした劇画的記述や負の『激語』が多い。物語そのものは現実味に欠け、憲兵や親日派や独立運動家は出てきても、当時、朝鮮半島で生活した普通の日本人や普通の朝鮮人がでてこない」と鄭氏。歴史には「超現実的な世界」が綴られていると解説する。幼少時からすり込まれた「反日」のDNA。


では、われわれはどう接すればいいのか。鄭氏は「反日はある意味、韓国人の娯楽みたいなもの。ある状況が醸し出されたときに条件反射のように出てくる。これまでは、逃げ腰の日本と、そういう日本を攻める韓国という図式があった。日本人はそんな韓国人を相手にしていなかったが、今や韓国は強い国、大きな国になった。第三国でも反日宣伝をやる以上は、ケンカしながら付き合っていかなくてはならない」と語る。


『東アジア「反日」トライアングル』の著者で筑波大大学院教授(朝鮮史)の古田博司氏は、韓国人と交渉事に望む際、「絶対、下手に出てはいけない」とくぎを刺す。「韓国でよく使われる『ヌンチ』という言葉がある。日本語で『相手の顔色をうかがう』というような意味だが、韓国人の行動様式を理解するのに欠かせない。彼らは、相手が自分より上位だと見るや、徹底的にこびへつらう。逆に、下位と見なすと容赦なく踏みつけてくる。交渉の主導権を握られないために、毅然とした態度を貫くのが賢明だ」

ご都合主義も浸透する。戦後賠償の終結が明記された65年の日韓基本条約を無視した賠償命令を出したり、汚職で逮捕した政治家に恩赦を連発したり。韓国の裁判所が理解しがたい判決を連発するあたりも、その現れだ。「日本人はウソを嫌うが、彼らは平気でウソをつく。それはウソでも真実でも、正直に言うことが評価される風潮があるから。都合良くこちらに合わせてくるから一見『いい人』に見えるが、それで信用するとひどい目に遭う。ウソを言うものだと肝に銘じておいたほうがいい」(古田氏)沈黙は金−この格言は隣国との付き合いに通用しない。ー理不尽な物言いには、「倍返し」ぐらいの気概で立ち向かうべきだろう。



togyo2009 at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 捏造の慰安婦問題 

August 29, 2013

〈【暗躍列島を追う】大高未貴〉下

【暗躍列島を追う】韓国性産業輸出驚きの実態 売春婦「世界に10万人」 ★(4)2013.08.18

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130818/frn1308180725000-n1.htm

米カリフォルニア州グレンデール市に先月末、慰安婦を象徴する少女像が設置された。在米韓国系団体が後押ししたもので、全米20カ所以上で設置計画が進められているという。歴史を捏造して、ここまで他国を貶める民族的情熱は、精神医学のテーマであり、「日帝36年の恨」などと分析するのは好意的すぎよう。


慰安婦問題を考えるうえで大変参考になる記事が昨年、朝鮮日報(6月15日)に、「拡大する韓国型性産業、海外での実態」「『性産業輸出大国』韓国の恥ずかしい現実」として掲載された。驚くべき内容だった。まず、海外での韓国人売春婦について、〈2010年10月に行われた女性家族部(省に相当)への国会国政監査で、当時の金玉伊(キム・オクイ)議員(女性家族委員会所属)は『海外で売春をする韓国人女性の数は日本に約5万人、オーストラリアに約2500人、グアムに約250人いるとみられ、全世界では10万人余りに達する』と主張した〉とある。海外売春の理由の1つを「カネ」と分析し、〈昨年5月にカナダの売春宿で警察に身柄を拘束された10人の韓国人女性も『短時間でたくさん稼げると聞いて、つい来てしまった』と話した。売春宿を経営していた女性社長(36)は、普段から女性たちに『1カ月に2000万ウォン(約175万円)稼げる』と話していた〉と記している。記事には、米国での外国人売春婦の割合も掲載されており、1位は韓国で23・5%、2位はタイで11・7%、3位はペルーで10%とある。04年に韓国内の売春禁止法が強化され、08年にノービザでの米国旅行が可能になり、一気に流出し始めたようだ。


一方、韓国国内では、般若のような白塗り、白装束の売春婦が数百人規模で「仕事を自由にさせろ」とデモをし、その姿はインターネットで全世界に流れていた。彼女たちは「私たちは性労働者、労働者には働く権利がある」とし、「成人男女の私的な行為に法律が介入するのは違憲」と法廷で主張し、現在、憲法裁判所で審議が進められている。女性家族部が07年に実施した実態調査によると、韓国の風俗産業の経済規模は約14兆952億ウォン(約1兆2377億円)と試算されている。風俗店で働く女性は約27万人。これは、この年の国家予算である239兆ウォン(約20兆9868億円)の約6%に相当する(前述の朝鮮日報)。


最近でも、これだけ性産業で働きたがる女性がいるのに、売春が公認されていた70年前、「強制連行」などという手荒な行為が必要であったかどうか、冷静に考えれば誰にでも分かる慰安婦は、戦時の商業売春婦だったのではないか。現在でも、中朝国境付近では脱北した北朝鮮女性数万人が、中国人業者に売春窟や貧しい農家に売られ、それこそ性奴隷に貶められている。だが、「中国の属国1000年・美女献上の恨」は聞いたことがない。韓国がベトナム戦争に参戦した際、韓国人兵士と現地のベトナム人女性の間に生まれた子供「ライタイハン」は1万人とも3万人ともいわれる。「敵国の子供」として激しい差別を受けているが、韓国政府はほぼ棚上げしたまま。反日慰安婦プロパガンダより、こちらの問題解決の方がはるかに人道的ではないのか。


ともあれ、韓国は今後、米国以外にも慰安婦像を設置すると息巻いている。その前に、こんな説明文の碑を追加建立してはいかがだろうか?「これは自国の退廃文化を他国の責任とした韓国政府と、古代から女性を売り続けてきた朝鮮半島の哀しい歴史を証明するものである」


【暗躍列島を追う】慰安婦問題に日本女性が決起 韓国の歴史捏造を暴く!★(5)2013.08.19

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130819/frn1308190724000-n1.htm

韓国は8月15日を日本から独立を勝ち取った「光復節」として祝日としているが、嘘である日本の終戦から米占領軍が上陸する9月11日まで25日間、現地の治安を担ったのは日本の軍と警察機構であり、米占領軍統治から真の独立を果たすのは3年後の9月11日だ。正確には、韓国は日本からでなく、米国から独立したのである。


また、8月14日は「日本軍『慰安婦』メモリアルデー」とかで、東京・新宿の柏木公園周辺では、韓国人と日本人の支持団体による、集会・デモ行進が行われた。1991年に、初めて元慰安婦と名乗り出た女性が記者会見を開いたのが、この日だそうで、ゆくゆくは国連の記念日にするのが狙いだそうだ。とはいえ、この女性が15歳で40円で妓生(キーセン)に売られ、その後、義父(=妓生店主)に中国の慰安所業者に売られたのは周知の事実なのだが。デモ隊は100人ほどで、慰安婦の名前を記した白い提灯を押し立てているが、先導車からは「憲法改正反対!」「安倍政権は戦争のできる国にしようとしている!」という金切り声が流れてくる。それを韓国系メディアが撮影している。


このデモ行進に対し、若い女性らが沿道から「歴史捏造で日本を貶めるな!」「おじいちゃんの名誉を汚すな!」と批判の声を上げていた。正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」と、日本女性の会「そよ風」の人々だった。なでしこのリーダー、山本優美子氏は「みんな普通の主婦で、最初はネットで『何か変だよね』と意見交換していたのが始まり。そのうち、『日本もきちんと反論しなければ』『子供たちの代まで(韓国による)嘘の宣伝で罪を背負わされるのが許せない』とHPを立ち上げたところ、予想以上に多くの仲間が集まってくれました」と語る。


なでしこアクションは昨年、米下院の「慰安婦決議」撤回の請願署名の呼びかけを行った。すぐに3万人以上の署名が集まったという。山本氏は「米国では1カ月以内に2万5000筆以上の署名を集めた請願は自動的に審議されます。いずれ決議の見直しが行われるでしょう。男性が慰安婦問題を口にすると、向こうは『女性の人権問題だ』と論点をすり替えてきます。これは国の名誉だけでなく、私たちの子孫の名誉の問題でもあります。女性として黙っていられません」と言い切る。現在、在米韓国系団体の後押しで、全米20カ所以上で慰安婦の像や碑の設置計画が進んでいる。山本氏は在米日本人女性たちとも連携し、設置計画を少しでも阻止しようと努力している。慰安婦問題について、普通の女性たちが異議申し立ての声を上げ始めたのは大きな変化だ。ここまで問題をこじらせたメディアと、放置した政治家の責任は極めて重い。 =おわり



togyo2009 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 捏造の慰安婦問題