子供の徳目:心のノート(後編)「ブログで南京祭り」南京・史実を守る映画祭

December 12, 2009

「ブログで南京祭り」なぜ南京大虐殺は捏造されたのか?

ナチスドイツにおけるニュンベルグ裁判のアウシュビッツ大虐殺に匹敵する罪状として、東京裁判にかけられたのが南京事件でした。

東京裁判では証拠として、日本軍が南京を占領して6週間で、一般人と捕虜の殺害数は11万2366体と提示されました。

これが後に、不明者を含め20万、30万と膨れ上がり、中共プロパガンダに利用されはじめたのです。
さらに、日本ではジャーナリスト・本多勝一氏が日本軍の中国での百人斬り競争や婦女子狩りなどの虚言に並び、南京事件を南京大虐殺と誇大に喧伝し、日本人にいっそうの自虐史観を植え付けたのです。

当時の南京の人口は20万人。肯定派の藤原彰氏さえ殺人件数は49件です。その報告は強姦361件、掠奪その他170件と続きます。
しかし日本軍が南京に入った翌月には、人口は25万、30万と増えているのです。

調査された蛮行は日本軍のものではありません!

反日であったマギー牧師さえ「安全区は難民たちの”天国”だったかもしれない」と述べています。

日本軍よって南京の治安は守られたのです!

近現代の日本の史実とされていたものが、全くの捏造だったのです!

「ブログで南京祭り」を企画された日心会の方々のご好意により、この度はじめて動画を提供させていただきます。

私たち日本人の苦難に立ち向かった先輩方の生の声が全てを物語ります。

先輩方に倣い、日本の史実は私たちが守らなくてはなりません。



togyo2009 at 07:26│Comments(4)TrackBack(0) 南京大虐殺はなかった! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あおこ   December 12, 2009 22:02
togyoさん、お忙しいところ、ブログで南京祭りへのご参加、本当にありがとうございました。チャイナの嘘、捏造を、これからもどんどん暴いていきたいですね!!
2. Posted by togyo   December 12, 2009 23:29
あおこさん、わざわざのご挨拶ありがとうございます。
実は、日心会の皆様のML情報と熱意によって、やっと真っ向否定できるようになった次第です。
気がつけば、代表のねずきちさんブログを真似した内容となり、皆様にお見せするのは冷や汗ものです。
併せて、日心会「ブログで南京祭り」会場のURLを記載させてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/aoiqqq3/4789065.html
3. Posted by かぐやひめ   December 13, 2009 20:05
ブログで南京祭りーを次々拝見し、動画を見るうちに
あの南京開城が・・・ここまでねつ造されたのだと、ようやくつながりました。

私が、直接、親たちから聞いた南京開城は、わきあいあいとした、あのままの物語でした。

だから南京事件と言われるものは、別の時代の別の事件だと思っていました。

なんのことはない!
あれを、ここまでねじまげたんじゃないですか?

ああ、事実を知る日本人が90歳になってしまって、歴史をしらない日本人ばあkりになったから、

ついにだまされる時代になったのですね。

今度は、事実の検証で反撃するしかありませんね。でも、真実は、必ず日の目を見ます。
4. Posted by togyo   December 14, 2009 19:34
かぐやひめさん、はじめまして。わざわざのご来場とコメントを頂き、ありがとうございました。
歴史的事実は、日本人を信じていれば、決して裏切らないものだと思っています。
悪名高き東京裁判での、その大きな一つが南京事件でしたね。
先輩方の雪辱を拭うため、少しでもお役に立てれば幸いいたします。
なかなか政治的活動に参加できませんが、これからもよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
子供の徳目:心のノート(後編)「ブログで南京祭り」南京・史実を守る映画祭