W杯、南アフリカ大会、若き侍たちを日の丸で讃えよう「逃げるな菅!!」

June 29, 2010

伝統の相撲協会に噛みついた元検事・大澤孝征



角界野球賭博 :琴光喜を含む幕内力士7人休場、理事を含む親方11人も謹慎-名古屋場所(2010年06月29日) 
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100629/56892.html
大相撲の野球賭博問題で、日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で緊急理事会を開き、特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授)の処分勧告案を全面的に受け入れ、名古屋場所が開催される見通しとなった。日本相撲協会は5日、名古屋場所の番付を発表する予定としているが、既に決まっている番付の再編成はしない。日本相撲協会は特別調査委員会の勧告に従い、謹慎などで幕内力士のうち琴光喜を含む7人を休場とする。

【大相撲】琴光喜、大嶽親方 角界追放へ(2010年6月29日)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sumo/news/CK2010062902000113.html
野球賭博に関与した大関琴光喜と大嶽親方(元関脇貴闘力)に、厳罰が下る。「解雇以上」(解雇か除名)で懲戒処分の手続きに入る。日本相撲協会は、特別調査委員会が提示した処分の勧告案を受け入れることを決めた。7月4日の臨時理事会、評議員会で2人の解雇以上の懲罰処分が決まれば角界追放となる。大嶽親方はNHKのインタビューで「本当は(賭博を)やめさせなくてはいけない立場でありながら、やってきたことに対して、廃業しておわびしなくてはならない。すべて自分が悪く、琴光喜が負けたとされる3000万円もほとんど自分のものだった」と語り、28日の理事会の前に相撲協会に退職届を提出。だが、協会は「理事会で処分を検討する」とし、退職届を受理しなかった。特別調査委員会は大嶽親方が、野球賭博などで膨らんだ借金の返済に困り、琴光喜から2000〜3000万円を借りた事実を把握。琴光喜が仲介役に求めた勝ち金500万円について、大嶽親方は「自分の野球賭博によるものだった」と説明していることも分かった。3、4年前から野球賭博を始め、最初は1、2万円だったものの、最近では1回につき20万円から多い時で50万円を賭けていた。琴光喜の賭け金1〜5万円と比べても突出しており、悪質だった。除名となれば、現行の賞罰規程では初、横綱、大関が解雇以上の処分を受けるのも初めて。相撲協会外部理事で特別調査委員会の伊藤滋座長は記者会見で、琴光喜についても「解雇以上が相当」と明らかにし、4つの理由を挙げた。(1)極めて格の高い大関という立場にありながら野球賭博を行った(2)常習性が強い(3)賭け金の回収で刑事事件に発展した(4)理事会の事情聴取に対して虚偽の説明をした。この4点の中でも伊藤座長は「刑事事件に発展したことは大問題。それに当初、賭博の事実を否定している。これは重いです」と5月の理事会で「野球賭博はしてません」と虚偽の報告をしたことを重要視した。大嶽親方、琴光喜、時津風親方(元幕内時津海)ら野球賭博に関与の力士や親方への正式な処分は7月4日の理事会、評議員会で決まる。

このような事件と経緯があります。

今日朝のテレ朝「スーパーモーニング」でコメンテーターの大澤孝征氏が、放送された伊東氏の報告(記者会見)に憤慨していました。
大澤氏は元検事であり、今は弁護士やマスコミなど多方面で活躍しています。

相撲協会内での調査や審議や審判が、司法のスタイルに準じていない、極めて不正な仕業であるというのです。
そして伊藤氏は調査委員でありながら、理事でもあり、相撲協会の内々の決め事に過ぎず、社会性や公共性がないというのです。
(お力のあるブロガーの方に今朝の放送の書きお起しをお願いしたいものです)

しかしちょっと待ってください!
伝統ある相撲界(角界)には、その世界のしきたりがあります。
たしかに文科省や警察が動き出せば、社会性や公共性が要求されるでしょう。
しかし今は、名古屋場所が目の前で、各部屋の事情があり、なによりも相撲界全体を是正していかなくてはなりません。
どんな世界、協会、にもその世界の代々培ってきたやり方があるのです。
それが魅力的な世界を作り出すのです!

何もかも司法や行政に則してしまえば済むというものではありません。
大澤氏はあまりにも一方的な物言いに驚き、Wikiでその人となりを調べてみました。

TBS不二家捏造報道問題では元検事の郷原信郎から国会で「実は、みのもんた氏以上にあの人が許せないという声を私は聞いたことがあるんですけれども、弁護士です。弁護士のバッジをつけて、あそこで全く間違ったことを、食品衛生法に違反しているかしていないかとかいうことに関して間違ったことをたくさん発言している」と批判された。(2007年)
また、元検察官であったこともあり、弁護士でありながら検察側の立場からのコメントも頻繁に残している。富山連続婦女暴行冤罪事件で柳原浩が冤罪と判明した後、民放において「自白しちゃった本人の責任もある」「いい勉強になりましたね」などのコメントを残している。(2007年)

なるほど、今も相変わらず、司法の人として一方的なコメントを流布しているということですね。
 


togyo2009 at 17:48│Comments(0)TrackBack(0) 今が旬の企画もの 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
W杯、南アフリカ大会、若き侍たちを日の丸で讃えよう「逃げるな菅!!」