支那と尖閣諸島、韓国と竹島、そして台湾(下)李明博、恨み辛みの国を背負う、もとい、恨み辛みで国を背負う

August 22, 2012

ありがとう、ロンドン五輪の日本選手団

メダリストパレードに50万人!! 銀座に人また人!!一番人気は内村(2012年8月21日)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2012082102000163.html
50万人が感動をありがとう−。ロンドン五輪で史上最多となる38個(金7、銀14、銅17)のメダルを獲得した日本代表のメダリストによるがい旋パレードが20日午前11時から東京・銀座中央通りで行われ、約1キロの沿道を20分かけて走行した。銀座のパレードでは過去最多となる約50万人(主催者の日本オリンピック委員会発表)が沿道を埋め尽くした。全メダリスト76選手中71選手が参加。

 

暑い夏が終わりました。
深夜の試合へのお付き合いは出来ませんでしたが、朝方目が覚めた時にはテレビ中継に見入りました。
また、テレビニュースで選手団の朗報が日々伝えられ、普段は顔も知らない代表の皆様が一躍時の人となり、またそのための絶え間ぬ努力を知り、なおさらの慶びに包まれました。
なんといっても、代表の皆様ひとりひとりが、日本を背負っていてくれることに感謝いたします。


平野「真ん中に日の丸揚がるの見たい」4年後へ意欲 ロンドン五輪卓球女子団体決勝
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/08/09/kiji/K20120809003863120.html
代表最年長27歳の平野は「思い続けてきたメダルを手に入れて、まだまだ自分もできるという気持ちが湧いてきた」と目を輝かせた。全日本選手権ではシングルス5度の優勝を誇り、福原、石川が台頭するまでは日本を支えたエースだった。初出場の北京五輪では、敵に悟られるほど手が震えたが、この4年間で精神的にも成長。「(表彰式で)真ん中に日の丸が揚がるのが見たくなった」と欲を出した。 

“ママさんセンター”大友「娘にメダル見せたい」 ロンドン五輪バレーボール 女子3位決定戦  日本3―0韓国
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/08/12/kiji/K20120812003889180.html
ママさん選手の大友が歓喜の涙を流した。04年アテネ以来2大会ぶりの五輪出場で初のメダルを獲得。「最高の仲間と日の丸をつけて戦えることができて、復帰して本当によかった。本当にやり切った。早く娘にメダルを見せたいと思います」と母親の顔をのぞかせた。 
 
強豪撃破し金!米満、日の丸手にマット駆ける(2012.8.12)
http://www.sanspo.com/london2012/news/20120812/wrs12081223080010-n1.html
ロンドン五輪最終日(12日)並み居る強豪を撃破し、日本の男子レスリング界にとって24年ぶりの「金」を獲得した。フリースタイル66キロ級に出場したエース米満達弘(26)。頂点を懸けた一戦を制すると跳び上がり、日の丸を手にマットを駆け回った。

代表の皆様が日本を背負い、日の丸に想いを馳せ、手に入れた輝かしい記録と記憶です。
オリンピック強化の成果もあったでしょうが、この度は、なんといっても東日本大震災の被災者の皆様の姿が選手団の力を引き上げたのだと思います。
国民ひとりひとりの、逆境の中での生きる努力、悲しみを背負いながらも前向きに進む姿。
その姿を胸に刻み、選手団はこの大会に挑んだはずです。
それぞれにエールが届く、これこそが和であり、日本のもっている力です。

ロンドン五輪終幕!沙保里「感謝」の日の丸掲げた…閉会式
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20120814-OHO1T00038.htm
ロンドン五輪閉会式(12日・五輪スタジアム)閉会式を行い、17日間の熱戦が終わった。日本選手団は、開会式同様に吉田沙保里(29)=ALSOK=が旗手を務めた。ーロンドンのジョンソン市長から16年開催地のリオデジャネイロ市のパエス市長に五輪旗が引き継がれ、聖火が消えた。204か国・地域が参加した大会は、米国が金メダル獲得数46個で1位を奪回。日本は金メダルは7個にとどまったものの、メダル総数では史上最多の38個を獲得した。


togyo2009 at 15:56│Comments(0)TrackBack(0) 今が旬の企画もの 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
支那と尖閣諸島、韓国と竹島、そして台湾(下)李明博、恨み辛みの国を背負う、もとい、恨み辛みで国を背負う