〈【正論】戦後71年に思う〉(下)安倍談話が日本の政策の柔軟性を高める国際派日本人養成講座〈対中ODAの7不思議〉4、ムダに使われるODA

August 30, 2016

習近平と李克強の対立

現代中共の最高指導者・習近平(漢族、1953’ -)は、2012年より中国共産党中央委員会総書記、中国共産党中央軍事委員会主席であり、2013年より中華人民共和国主席、中華人民共和国中央軍事委員会主席であり、中共の最高の地位にありますにある。太子党の出身です。


李克強(漢族、1955’ -)は、国務院総理(首相)、中国共産党中央政治局常務委員であり、中共での序列は習近平に次ぐ位です。中国共産主義青年団(共青団)の出身です。


習近平と李克強の対立が今の中共内で起きています。


2015.12.14【国際情勢分析】習近平主席の譜代大名が続々と出世 「之江新軍」の名も 外様の李克強首相ら苦しい立場に(上海 河崎真澄)

http://www.sankei.com/premium/news/151214/prm1512140002-n1.html

2007年8月に浙江人民出版社から刊行された「之江新語」という書籍が中国でロングセラーになっている。ーすでに180万部が売れたという。著者は習近平氏(62)。中国共産党総書記、中国国家主席であるその人が50代前半に、浙江省トップの党委書記などを務めた03〜07年に地元紙、浙江日報に寄稿したコラムから232本を選んだ1冊だ。


政権の中核「之江新軍」


「腐敗が多発する分野で予防策を強化せよ」「人の上に立てば立つほど自ら清廉に律せねばならない」など、現在の腐敗摘発キャンペーンの片鱗を示すようなコラムのタイトルが多く並ぶ。習氏の基本的な発想が詰まっていると考える関係者も少なくない。


地元紙のコラム名でもあった「之江新語」の「之江」は浙江省を流れる銭塘江の別名で、浙江省そのものをイメージして名付けたのだろう。その名をもじって「之江新軍」と呼ばれるようになった党幹部や政府高官の一群が注目を集めている。浙江省時代に加え、河北省(1982〜85年)、福建省(85〜2002年)、上海市(07年)と習氏が地方勤務を続けた25年間に、習氏に忠誠を誓った同志や部下らが続々と出世を果たした皇帝として君臨するに至った習氏の臣下による習軍団の中核的な存在になったからだ。


苦楽を共にした縁を重視


習氏が河北省正定県で幹部についた1980年代前半、省内の近隣県で書記を務めていた栗戦書氏(65)=河北省出身。習氏の出身地、陝西省の党委副書記などを経て、習氏の側近中の側近ともいえる党中央弁公庁主任まで出世している。台湾の対岸、福建省で習氏がアモイ市や福州市の要職から省長まで上り詰めた1985年から2002年まで習氏に仕え、さらに習氏について浙江省に移った蔡奇氏(59)=福建省出身。福建省副省長を経て、現在はテロ対策など治安維持の要でもある国家安全委員会弁公室の副主任だ。習氏が浙江日報にコラムを執筆した当時、省党委でプロパガンダの旗振り役を務める宣伝部長だった陳敏爾氏(55)=江蘇省出身。現在は貴州省党委書記だ。2年後の党大会で最高指導部、政治局常務委員会入りが噂される。ー短期間ながら習氏が上海市党書記を務めた07年に仕えた徐麟氏(52)=上海市出身。情報統制の中心、国家インターネット情報弁公室の副主任だ。さらに「之江新軍」の上で目を光らせるのは、腐敗摘発キャンペーンの元締めで党中央規律検査委員会書記の王岐山氏(67)=山西省出身。毛沢東が発動した文化大革命で、10代から20代にかけて陝西省の貧しい農村に「下放」された習氏。近隣の村に下放されていた先輩格の王氏と苦楽を共にした話はよく知られる。


いわば「譜代大名」


習氏が実際、どこまで過去のつながりを重視して「之江新軍」を構築したのか確証はないが、日本の江戸時代、徳川家と大名家の関係になぞらえる観点が分かりやすい。


一方で、習氏が北京の中央政界に移った2007年以降の同志で、現在は首相の李克強氏(60)=安徽省出身=はさしずめ「外様大名」だろう。李氏は習氏の前任者、胡錦濤氏(72)=安徽省出身=と同じく、党青年組織で中国のエリート集団ともいえる共産主義青年団(共青団)出身党の高級幹部を父親に持つ親の七光の「太子党」に属する習氏とは、政策運営で意見が異なる場面も散見される。ただ、「之江新軍」には浙江省時代の部下で、現在は浙江省党常務委の趙一徳氏(50)=浙江省出身=ら共青団の出身者も少なくなく、必ずしも習氏が李氏ら共青団の勢力と対立関係にあるとはいえない。


日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)首脳会議は来年、中国が初めてホスト国となるが、議長を務める習氏は開催地を、風光明媚で思い出も深い浙江省杭州に決めた。


2016.7.31【矢板明夫のチャイナ監視台】共産党ツートップがここまで対立するのは近年珍しい 習近平vs李克強 中国行政の現場が混乱している(北京)

http://www.sankei.com/premium/news/160730/prm1607300010-n1.html

「南院と北院の争いに巻き込まれて大変だ」。7月中旬、久々に会った中国共産党の中堅幹部がこう漏らした。北京市中心部の政治の中枢、中南海地区には、南側に党中央の建物、北側に国務院(政府)の建物がある。党幹部らは最近、習近平総書記(国家主席)と李克強首相の経済政策などをめぐる対立について、冒頭のような隠語で表現しているという。国有企業を保護し、経済に対する共産党の主導を強化したい習氏と、規制緩和を進めて民間企業を育てたい李克強氏の間で、以前からすきま風が吹いていたが、最近になって対立が本格化したとの見方がある。江沢民氏の時代は首相の朱鎔基氏、胡錦濤氏の時代は首相の温家宝氏が経済運営を主導したように、トップの党総書記が党務と外交、首相が経済を担当する役割分担は以前からはっきりしていた。しかし最近、権力掌握を進めたい習近平氏が経済分野に積極的に介入するようになったことで、誰が経済政策を主導しているのか見えにくい状態になったという。


党機関紙、人民日報が5月9日付で掲載したあるインタビュー記事が大きな波紋を呼んだ。「権威者」を名乗る匿名の人物が、「今年前期の景気は良好」とする李首相の見解を真っ向から否定し、「(このままなら)中国経済は『V字回復』も『U字回復』もなく『L字型』が続く」と主張し、痛烈に批判した。共産党最高指導部内で序列2位の李首相をここまで否定できるのは序列1位の習主席しかいないとの観測が広がり、「習主席本人がインタビューを受けたのではないか」との見方も一時浮上した。複数の共産党幹部に確認したところ、「権威者」は習主席の側近、劉鶴・党財経指導小組事務局長であることはのちに明らかになった。しかし、インタビューの内容は習氏の考えであることはいうまでもない。最近の株価の下落や景気低迷の原因は、李首相の経済運営の失敗によるものだと考えている習主席は、周辺に李首相への不満を頻繁に漏らしているという。


習主席は7月8日、北京で「経済情勢についての専門家座談会」を主催した。経済学者らを集め、自らが提唱した新しいスローガン「サプライサイド(供給側)重視の構造改革」について談話を発表した。李首相はこの日、北京にいたが会議に参加しなかった。共産党幹部は「李首相外しはここまで来たのか」と驚いたという。


その3日後の11日、今度は李首相が「経済情勢についての専門家・企業家座談会」というほとんど同じ名前の座談会を主催した。自らの持論である「規制緩和の重要性」などについて基調講演を行った。李首相周辺に近い党関係者によると、李首相は習主席に大きな不満を持っており、自分が主導する経済改革がうまくいっていないのは、習氏による介入が原因だと考えているという。


共産党のツートップがここまで対立することは近年では珍しい。「天の声」が2つあることで、行政の現場で大きな混乱が生じているという。


2016.8.29 習近平氏と李克強氏、人事で激しい攻防 習氏「経済主導権」との情報も 共青団の排除鮮明に【北京=西見由章】

http://www.sankei.com/world/news/160829/wor1608290030-n1.html

中国共産党の次期最高指導部を選ぶ来年秋の党大会をにらみ、習近平国家主席と李克強首相周辺との間で省トップ級の人事をめぐる激しい攻防が繰り広げられている20カ国・地域(G20)首脳会議の開催を目前に、路線対立が表面化していた経済政策に関し、習主席が主導権を握ることが決定したとの情報も出ている。


中国国営新華社通信は29日、チベット自治区トップの陳全国・党委書記を新疆ウイグル自治区の党委書記に栄転させる人事を発表した。陳氏は李首相が河南省長時代に副省長を務めたこともある元部下だ。新疆ウイグル自治区トップは最高指導部の政治局常務委員(7人)に次ぐ政治局員(25人)への任命が約束された重要ポストで、李首相に有利な展開といえる。ただ、28日発表の人事では、首相の出身母体である党青年組織「共産主義青年団(共青団)」派の有力者、李源潮国家副主席の元部下だった徐守盛・湖南省党委書記を追い出す形で、習主席の上海市トップ時代の部下である杜家毫氏が送り込まれた。6月末には李副主席の側近や共青団派が次々と省トップから外れる人事が発表され、全体的に共青団派は苦境にある


党中央弁公庁は8月初旬、全国に約8700万人の団員を抱える共青団の「改革計画」を発表中央の機構と定員を減らし、エリート化を避けるために地方幹部との人事交流を推進するなど、共青団の弱体化にもつながる内容で、習主席の攻勢を裏付けた8月に河北省の避暑地で開かれた党の重要会合、北戴河会議で、「習主席が経済政策の主導権を握ることが決まった」(米国の中国語ニュースサイト「博訊」)との情報も流れる省レベルの人事は来年秋の党大会での政治局常務委員選出をめぐる動きと密接に関連する。習主席側が現在の勢いを生かし、反腐敗闘争を率いてきた王岐山・党中央規律検査委員会書記の定年延長を図ろうとする可能性もある。実現すれば、党内部でささやかれる習主席の党総書記としての任期延長の実現にも道を開くものとなる。



togyo2009 at 17:07│Comments(0)TrackBack(0) 中共との戦い 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
〈【正論】戦後71年に思う〉(下)安倍談話が日本の政策の柔軟性を高める国際派日本人養成講座〈対中ODAの7不思議〉4、ムダに使われるODA