藤井厳喜氏著〈東アジアの動乱と日本の進路〉(1)米国ペンス副大統領演説祝 天皇陛下ご退位の日 平成三十一年四月三十日 (さようなら平成)

May 01, 2019

平成から令和の時代へ 皇位継承の儀

【図解・社会】皇位継承式典の流れ(20187月)次官級トップに準備組織=皇位継承、月内にも新設−政府

https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_koushitsu20180703j-10-w470

天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う一連の式典に向け、政府は各府省庁による準備作業を統括する事務局を、今月末か8月初めに新設する−。トップは国税庁長官などと同格の事務次官級ポストとする。政府は退位の礼や即位の礼の大枠を定めた「基本方針」を4月に閣議決定しており、新たな事務局はこれに基づき各式典の詳細について検討を進める。常勤職員約25人で構成し、内閣官房と内閣府が共同で設置する形とする。宮内庁と連携を密にするため、同庁からの出向も検討している。政府は10月にも首相を委員長とする式典委員会(仮称)を発足させ、月1回程度のペースで会合を開催。官房長官を本部長とする式典実施連絡本部(仮称)も設置する方針で、新事務局は、式典委員会と式典実施連絡本部の事務局機能を担う見通しだ。

 

閣議決定された基本方針によると、陛下が退位される来年4月30日に「退位礼正殿の儀」が行われる皇太子さまの即位日の翌5月1日は「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」、10月22日以降には「即位礼正殿の儀」「祝賀御列の儀」「饗宴(きょうえん)の儀」が挙行されるこれら六つの儀式は憲法上の国事行為と位置付けられ、内閣の「助言と承認」に基づいて行われる。政府が新設する各種準備組織の検討作業では、皇室の伝統と象徴天皇制との整合性、陛下や皇太子ご夫妻の負担軽減、式典の簡素化などが課題となる。

 

―――――

平成30年11月20日 宮 内 庁 退位の礼関係諸儀式(予定)について(案)


〇賢所に退位及びその期日奉告の儀 (平成31年3月12日) 〔賢所〕

〇皇霊殿神殿に退位及びその期日奉告の儀(同日) 〔皇霊殿,神殿〕

〇神宮神武天皇山陵及び昭和天皇以前四代の天皇山陵に勅使発遣の儀(同日) 〔御所〕

〇神宮に奉幣の儀(平成31年3月15日) 〔神宮〕

〇神武天皇山陵及び昭和天皇以前四代の天皇山陵に奉幣の儀(同日)〔各山陵〕

〇神武天皇山陵に親謁の儀(平成31年3月26日) 〔神武天皇山陵〕

〇神宮に親謁の儀(平成31年4月18日) 〔神宮〕

〇昭和天皇山陵に親謁の儀(平成31年4月下旬) 〔昭和天皇山陵〕

〇退位礼当日賢所大前の儀(平成31年4月30日) 〔賢所〕

〇退位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀(同日) 〔皇霊殿,神殿〕

◎退位礼正殿の儀(同日) 〔宮殿〕


(注)1は,国事行為として行われる。

   2は,大礼関係の儀式である。

   3 名称及び期日については,変更があり得る。

―――――

 

一連の退位儀式始まる 皇居で「奉告の儀」 2019/3/12

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42335790S9A310C1CR0000/

天皇陛下は12日午前、皇居・宮中三殿で430日の退位を告げる「賢所に退位及びその期日奉告の儀」に臨まれた。200年ぶりとなる退位の儀式の最初の行事。厳かな雰囲気の中、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方、宮内庁や皇宮警察幹部ら約40人が参列した。

 

陛下は午前10時ごろ、儀服の黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)をまとい、皇祖神を祭る「賢所」内陣で拝礼。自身が退位することと、その期日が430日であるとの趣旨の御告文(おつげぶみ)を読み上げられた。歴代天皇や皇族の霊を祭る「皇霊殿」、神々を祭る「神殿」でも同様の所作を繰り返された。皇后さまはこの間、お住まいの御所で儀式終了まで待機された。

 

午後には御所で、伊勢神宮、神武天皇山陵、昭和天皇はじめ前4代の天皇陵に使者を派遣する「勅使発遣の儀」が行われた。退位の儀式は、この日を皮切りに、伊勢神宮や神武天皇山陵の参拝などを経て、退位当日の430日まで続く。

【皇室ウイークリー】(582)陛下、古式装束で譲位期日ご奉告 復興へ秋篠宮さま「心を一つに」2019.3.15

https://www.sankei.com/life/news/190315/lif1903150003-n1.html

天皇陛下は12日午前、皇居・宮中三殿で、4月30日に譲位することを歴代天皇や神々に伝える「退位及びその期日奉告の儀」に臨まれた。午後には皇居・御所で、譲位の奉告のため伊勢神宮などに勅使(ちょくし)を派遣する儀式があり、譲位関連の儀式が本格的に始まった。「退位礼正殿の儀」を含め残り9つの行事がある。

期日奉告の儀で、天皇のみが着用できる古式装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を身につけた陛下は、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる「賢所(かしこどころ)」の回廊をゆっくりと進み、御簾(みす)の前でご一礼。賢所内で拝礼した後、譲位を奉告する趣旨の「御告文(おつげぶみ)」を読み上げられた。

 

陛下が歴代天皇や皇族をまつる「皇霊殿」、八百万(やおよろず)の神をまつる「神殿」でも同じ趣旨の奉告を行われた後、皇太子さまが「黄丹袍(おうにのほう)」と呼ばれる束帯姿で拝礼された。秋篠宮さまをはじめとする皇族方も拝礼され、宮内庁や皇宮警察の幹部が続いた。皇后さまは髪形や装束の負担を考慮し、御所で遙拝(ようはい)された。

両陛下、伊勢神宮を参拝へ 418日  2019/3/15
宮内庁は15日、天皇、皇后両陛下が伊勢神宮参拝のため、41719日の日程で三重県を訪問されると発表した。同18日に外宮(豊受大神宮)と内宮(皇大神宮)を参拝し、退位の関連儀式「神宮に親謁の儀」に臨まれる。4月末の退位を控え、両陛下にとって在位中最後の地方訪問となる見通し。陛下は皇位のしるしの「三種の神器」のうち剣と璽(じ=まがたま)を伴われる剣璽が皇居を出るのは20143月、伊勢神宮の「式年遷宮」後の参拝以来という。

 

伊勢神宮などで「奉幣の儀」=天皇陛下の退位を報告 20190315

https://www.jiji.com/sp/article?k=2019031500853&g=ryl

天皇陛下が4月30日に退位されることを、陛下の使者が伊勢神宮(三重県伊勢市)と神武天皇陵(奈良県橿原市)、昭和天皇はじめ前四代の天皇陵に報告し、供え物をささげる「奉幣の儀」が15日行われた。12日から始まった一連の退位儀式の一環。15日午前は伊勢神宮外宮と昭和天皇陵(東京都八王子市)、孝明天皇陵(京都市)で、午後は伊勢神宮内宮と明治天皇陵(京都市)、大正天皇陵(八王子市)で儀式が行われた。



両陛下、伊勢神宮に譲位ご報告 2019.4.18

https://www.sankei.com/life/news/190418/lif1904180013-n1.html

三重県伊勢市を訪れている天皇、皇后両陛下は18日午前、伊勢神宮の外宮(げくう)で、天皇陛下の譲位を報告された。譲位関連の儀式の1つで、陛下と皇后さまが順にご参拝。午後には皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る内宮(ないくう)でも拝礼される。陛下はモーニング、皇后さまはロングドレス姿で宿泊先の内宮行在所(あんざいしょ)を車で出発し、衣食住の神である豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る外宮に移られた。

 

両陛下、武蔵野陵ご参拝 昭和天皇に譲位ご報告 2019.4.23

https://www.sankei.com/life/news/190423/lif1904230023-n1.html

天皇、皇后両陛下は23日、武蔵陵(むさしりょう)墓地(東京都八王子市)にある昭和天皇の武蔵野陵(むさしののみささぎ)を訪れ、天皇陛下の譲位を報告された。モーニング姿の陛下は石段を上って陵前に進み、玉串をささげて深々とご一礼。グレーの参拝服姿の皇后さまが同様の所作で続かれた。

 

両陛下は今後、26日に皇居外での最後の公務となる政府主催の「みどりの式典」にご臨席。30日に退位礼正殿の儀に臨まれる



togyo2009 at 18:26│Comments(0) ニッポンの心 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
藤井厳喜氏著〈東アジアの動乱と日本の進路〉(1)米国ペンス副大統領演説祝 天皇陛下ご退位の日 平成三十一年四月三十日 (さようなら平成)