2月22日は竹島の日

February 25, 2018

2月22日は竹島の日 竹島は日本の領土、それ以外の何ものでもない

〜〜〜〜〜

竹島は,歴史的事実に照らしても,かつ国際法上も明らかに日本固有の領土です

韓国による竹島の占拠は,国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり,韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。

日本は竹島の領有権を巡る問題について,国際法にのっとり,冷静かつ平和的に紛争を解決する考えです。

〜〜〜〜〜

外務省 > 外交政策 > その他の分野 > 日本の領土をめぐる情勢 > 竹島

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/

 

これが日本国の姿勢です。

そして、竹島の日とは・・

〜〜〜〜〜

竹島が島根県の行政区域に編入された1905年(明治38年)222日を記念する日。

2005年(平成17年)の編入百周年にあたって、「竹島の日を定める条例」「竹島の日」の制定に関する条例が島根県議会により316日に可決された。

〜〜〜〜〜

竹島の日を定める条例(平成17325日 公布・施行)

(趣旨)

1条 県民、市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める。

(竹島の日)

2条 竹島の日は、222日とする。

(県の責務)

3条 県は、竹島の日の趣旨にふさわしい取組を推進するため、必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

〜〜〜〜〜


まずは島根県が定めた竹島を愛でる記念日です。


〜〜〜〜〜

20132月、8回目にして初めて政府の代表として、島尻安伊子内閣府大臣政務官が出席する。

〜〜〜〜〜


竹島が韓国に不法占拠され、日韓の領土問題となっている以上、竹島の領有権を訴えるべきは日本であり、竹島の日は日本の領土を守る覚悟の刻印日でもあるのです。

 

竹島問題の経緯について、外務省HPで掲載されている内容を要約してご説明します。

―――――

竹島の領有

我が国は、遅くとも江戸時代初期にあたる17世紀半ばには、竹島の領有権を確立していました。

 

竹島の島根県編入

政府は、1905(明治38)年の閣議決定をもって竹島を島根県に編入し、竹島を領有する意思を再確認しました。

 

サンフランシスコ平和条約起草過程における竹島の扱い

韓国は、米国に対し、日本が権利、権原及び請求権を放棄する地域の一つに竹島を加えるよう要望しました。これに対し米国は、かつて竹島は朝鮮の領土として扱われたことはなく、また朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない旨回答し、韓国側の主張を明確に否定しました。このやりとりを踏まえれば、竹島は日本の領土であるということが肯定されていることは明らかです。

 

米軍の爆撃訓練区域としての竹島

日米間の協議機関として設立された合同委員会は、竹島を米軍の爆撃訓練区域に指定しました。竹島が合同委員会で協議され、かつ在日米軍の使用する区域としての決定を受けたということは竹島が日本の領土であることを示しています。

 

「李承晩ライン」の設定と韓国による竹島の不法占拠

1952(昭和27)年1月、李承晩韓国大統領はいわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定して、そのライン内に竹島を取り込みました
1953(昭和28)年7月には海上保安庁の巡視船が、韓国漁民を援護していた韓国官憲から銃撃を受ける事件も発生、1954年(昭和296月、韓国内務部は、韓国沿岸警備隊が駐留部隊を竹島に派遣した旨の発表を行いました
これ以降、韓国は、引き続き警備隊員を常駐させるとともに、宿舎や監視所、灯台、接岸施設等を構築しています

 

韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありませんこのような行為は、竹島の領有権をめぐる我が国の立場に照らして決して容認できるものではなく、竹島をめぐり韓国側が何らかの措置等を行うごとに厳重な抗議を重ねるとともに、その撤回を求めてきています

 

国際司法裁判所への提訴の提案

我が国は、韓国による「李承晩ライン」の設定以降、韓国側が行う竹島の領有権の主張、漁業従事、巡視船に対する射撃、構築物の設置等につき、累次にわたり抗議を積み重ねました。そして、1954(昭和29)年9月、竹島の領有権問題を国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案しましたが、同年10月、韓国はこの提案を拒否しました
また、
1962(昭和37)年3月の日韓外相会談の際にも、小坂善太郎外務大臣より崔徳新韓国外務部長官に対し、本件問題を国際司法裁判所に付託することを提案しましたが、韓国はこれを受け入れませんでした

―――――

首相官邸竹島問題について

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/takeshima.html

 

排他的経済水域














 















社説 竹島の日 「領土」の啓発を地道に続けよ 
20180223

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180222-OYT1T50194.html

竹島は歴史的にも、国際法上も日本固有の領土であるにもかかわらず、韓国に不法占拠されている。問題の解決に向け、領土教育の充実など、粘り強い啓発活動が欠かせない。

 

島根県などが「竹島の日」記念式典を松江市で開いた日本政府は1905年2月22日、竹島を島根県に正式編入しているこれにちなみ、県は2005年に制定した条例で、竹島の日を定めた。政府代表の山下雄平・内閣府政務官は「現状は極めて遺憾だ。わが国の主権に関わる重要な課題であり、冷静かつ平和的に解決する」と述べた。政務官の式典出席は6年連続となる。シンポジウムに、内閣官房の高田潔・領土・主権対策企画調整室長も初めて参加した。政府として積極的に関与するのは当然だ。韓国外交省が式典について、「不当な領有権主張を繰り返すことに強く抗議する」との声明を出したのは受け入れがたい。

 

島根県は、竹島に関する調査研究活動を推進し、情報発信に努めている。今月上旬、県が戦前、竹島でのアシカ猟に課税していたことを示す資料を公表した。行政権の行使を裏付ける貴重な文書だ。県の地道な努力を評価したい。気がかりなのは、内閣府が昨夏実施した世論調査で、竹島に「関心がある」と答えた人は59%と、14年より約8ポイント減ったことだ。政府は先月、竹島と尖閣諸島に関する「領土・主権展示館」を東京都内に開設した。ロシアが占拠している北方領土も合わせた世論喚起を強めなければならない。

 

小中高校で、正しい史実をしっかり教えることも重要である日本は江戸時代から、竹島を漁業などで利用してきたサンフランシスコ講和条約でも、日本が放棄する領土に含まれていない。だが、韓国は1952年に「李承晩ライン」を一方的に設定し、警備隊常駐を強行している

 

韓国軍は昨年6月、竹島の「防衛訓練」を行った10月には、「戦略島嶼防衛司令部」を創設する方針も示した。協議に応じないどころか、日本を仮想敵国のようにみなすのは理解しがたい。韓国の独善的な行動を見過ごさず、政府は、日本の立場を韓国側に繰り返し、伝えることが肝要である平昌冬季五輪に合わせて訪韓した北朝鮮の芸術団も、公演で「独島(竹島の韓国名)」とわざわざ歌詞を変えた曲を発表した竹島を「反日」の材料とする北朝鮮の挑発に警戒が必要だ

申し訳ない、今年の竹島の日のブログ更新はこれが精一杯です。
今年は平昌五輪の開催期間中であるとか、バカメディアのニャンニャン猫の日とかに惑わされている訳ではありません。
竹島は日本の領土、それ以外の何ものでもない!
領土問題の恒常化がある限り、この国の戦後の呪縛からの脱却は潰えません!
竹島を愛でる気持ちに変わりなく、金と余裕があれば、いつか隠岐の島町にも訪れてみたいものです。




togyo2009 at 21:03|PermalinkComments(0)

February 26, 2017

竹島プロジェクト2017:メチのいた島4〜メチが泳いだ阪神パーク「あしかの海」

Wiki. を参照し、阪神パークの時代背景をまずは紹介します。


阪神パークは、かつて兵庫県西宮市の阪神電鉄一大観光施設・甲子園にあった遊園地であり、正式名は甲子園阪神パークです。

昭和4年(1929)の開園からしばらくして、戦前では日本最大級の水族館を新設しました。

戦時となり昭和18年(1943)に海軍基地として接収され鳴尾飛行場の滑走路となりましたが、戦後となり昭和25年(1950)年に阪神甲子園球場の隣に再建され、昭和48年(1973)には入場者数135万人の年間最多を記録しますが、平成7年(1995)阪神・淡路大震災で園内が液状化現象を起こし半年間営業休止になります。
時は
1990年代の日本経済の失われた10年の頃、平成9年(1997)に入場無料のリニューアルオープンを行いますが、平成15年(2003)昔からのファンに惜しまれつつも閉園しました。

 

この阪神パーク水族館の「あしかの海」に竹島海域のメチが飼育され、阪神電鉄のパンフレットより、メチが広い池垣に飼われ、観覧ショーにも登場していた姿が映し出されています。

 

平成26年度版:竹島が日本の領土である[新資料]続々/瞑走February 23, 2017

http://blog.livedoor.jp/togyo2009/archives/52913512.html

 

日本沿岸で繁殖する唯一のアシカ科動物が日本アシカであり、江戸時代は禁猟でしたが、明治に入って猟の対象となりました。江戸時代には「みち」や「みちのうお」、竹島のある隠岐の島界隈ではメチと呼ばれていました。
アザラシ、トド、オットセイのように冬に回遊してくるのではなく、アシカは周年生息します。

 

竹島周辺のアシカ猟は1900年代初頭から本格的に行われるようになり、島根県の資料には「明治三十年頃にランコ島(竹島)にメチ(アシカ)取りに人を雇って行きました」と記録されています。
乱獲を防ぐために、明治
38年(1905222日に竹島の所属を島根県に決定し、同年4月に同県が規則を改定してアシカ漁を許可漁業に変更し、同年6月には共同漁猟の企業・竹島漁猟合資会社が設立されました。
しかし、先の大戦や韓国の竹島占拠を経て、隠岐のアシカ猟は途絶え、昭和
51年(1975)竹島で2頭の目撃例があったのを最後に、日本アシカの生息は報告されていません。

 

メチの絶滅は寂しい話ですが、誤解を招かないよう記載すれば、近年でもアシカの目撃情報はあるのです。
そのアシカが日本アシカであるかどうかは定かではない、同種であるという報告はされてないということです。

 

222日の竹島の島根県編入は、実はメチの生息が大きく関わっていたということです。

 

アシカの皮と脂を得るための乱獲による絶滅危機ともされてます。日本沿岸に3〜5万頭いた日本アシカは、明治以降の年間13百〜1千4百の捕獲漁ができましたが、昭和初期には年間20〜30頭に減じました。

それも事実ですが、随分の数の日本アシカが全国の水族館などで飼育され、国民に愛されていた証しが阪神パーク「あしかの海」の記事からも見て取れます。

 

「隠岐公論」、「隠岐タイムス」が記す戦後の竹島問題Web竹島問題研究所

http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/pref/takeshima/web-takeshima/takeshima04/takeshima04-1/takeshima04-20100622.html

〜〜〜〜〜

 「隠岐公論」は−隠岐公論社を設立し、昭和29610日第1号を刊行している。−「隠岐公論」の記事では組合長脇田敏と「往年の竹島出漁者」前田峯太郎の名を記し、ワカメやアワビ等の具体的な漁獲と接岸時アシカが30頭位岩場から海に飛び込むのを見たとして、繁殖期でもあり竹島には数百頭は生息するだろうとの談話を載せている。また村民に極秘で出漁したのは「韓国側に情報がもれないようにするため」としている。

〜〜〜〜〜

最盛期には及ばずとも、戦後も竹島沿岸に数百頭の日本アシカが生息する可能性が身近にあったのです。

竹島は日本アシカの繁殖地でもあり、その可能性を広げれば日本海沿岸での数千頭、数万頭の生息を見込むこともできたのです。

 

竹島問題は、韓国の不法占拠による領土問題だけでは話は済みません。

日本の海を守るのは、日本人の定めです。

最近豪いことを知りました。

規律(ルール)により得られないものは、力ずくで奪うものだというのです。

これが公然と知識人の世界で罷り通っているのです。

私たちは毅然とした態度で、このような暴言と暴挙に挑まなくてはなりません。


聖徳太子が隋の煬帝に送った国書を思い出してください。

 

自由社」の歴史教科書p.52-53

―――――

遣隋使の派遣

 

国内の改革に成功した聖徳太子は、607年、再び遣隋使を派遣しました。代表に選ばれた小野妹子は、地方豪族の出身だったが、冠位十二階の制度で才能を認められ取り立てられた、優れた人物だった。この時の隋の皇帝にあてた手紙には、「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや」と書かれていた。大使は、手紙の文面で対等の立場を強調すると事で、隋に決して服属しないという決意を表明したのだった。

 

隋の皇帝・煬帝は、この手紙を無礼だとして激怒した。朝貢国が、世界に一人しか存在しない皇帝の別名である天子という称号を自らの君主の称号として用いるのは、許しがたい事だった。しかし、高句麗との戦争を控えていた煬帝は、日本と高句麗が手を結ぶことを恐れて自重し、帰国する小野妹子に返礼の使いをつけた。

 

天皇号の始まり

 

翌年の608年、3回目の遣唐使を派遣する事になった。その時、国書に記す君主の称号をどうするかが問題となった。中国の皇帝の怒りを買った以上、中国の君主と同じ称号を唱える事は出来ない。しかし、再び「王」と称し中国に冊封される道を選びたくなかった。そこで、この時の手紙には、「東の天皇つつしみて、西の皇帝にもうす」と書かれた。皇帝の文字を避ける事で隋の立場に配慮しつつも、「皇」の文字を自らの称号に使う事で、両国が対等である事を表現したのである。

これが、天皇という称号が使われた始まりだった。日本の自立の姿勢を示す天皇の称号は、その後も使われ続け、途切れることなく今日にいたっている。

―――――

 

この時にはじまった日本に今私たちは居るのです。

国の民であれば国を誇る心を育まなくてはなりません。

それが、この国の民として生きるということです。

竹島のメチを守るため、日本の領土として国が取り決めた222日は深い意味を持つのです。

これから学ぶ、次世代の国民のためにも、この日を祝い願い唱え続けなくてはなりません。

 

竹島は日本の領土だ!


韓国軍は竹島の不法占拠を止め、速やかに撤退せよ!


そして自然と生命に育まれた日本の海を取り戻せ!

Takeshima2017

 











2017.1.28
尖閣と竹島「我が国固有の領土」指導要領明記へ 文科省方針、小学校でも題材取り上げ

http://www.sankei.com/life/news/170128/lif1701280033-n1.html

文部科学省が、今春告示する小中学校社会科の新学習指導要領に、竹島(島根県隠岐の島町)、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「我が国固有の領土」として初めて明記する方針を固めたことが28日、分かった。法的拘束力のある学習指導要領に記載することで領土教育の徹底を図る

現行の学習指導要領では、中学校社会の地理で北方領土に関する記述があるだけ。指導要領を補足する解説書には、中学校社会で竹島、尖閣諸島も「日本固有の領土」として扱うよう明記しているが法的拘束力はない。新学習指導要領では、小学校社会で北方領土、竹島、尖閣諸島に関し日本の固有の領土として扱うことを明記。中学校社会でも扱い、地理では「尖閣諸島に領土問題は存在しないこと」を、公民では「北方領土や竹島に関し、平和的解決に向けて努力していること」に触れるよう記載する。

 

学習指導要領はほぼ10年に1度改定され、授業や教科書編集の指針にもなる。次期学習指導要領は意見公募を経て、今春告示される。小学校は平成32年度、中学校は33年度から全面実施される予定。

 

水族館や剝製など、私たちにも実物の日本アシカを見る機会がありました。

日本の海の自然の中で生息する日本アシカに想いを馳せるのは当然です。

日本人は、自然や生命を崇拝する民族だからです。

隠岐の島の人々は、確かにメチの狩猟を生業としましたが、明治38年の竹島の日を機に組合会社を設立し、メチの保存にも努めたのです。

隠岐の島の子供たちは、美しい海の遥かで嬉々と生息するメチを愛で、生きる活力を授かったのです。

今、子供たちは絵本の中のメチと出会い、日本民族の愛しみを学んでいます。

 

 



togyo2009 at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2017

竹島プロジェクト2017:韓国の虚偽を暴く領土議連会長・新藤義孝衆議院議員

出遅れましたので、今年開催された「竹島の日記念式典」と「竹島問題を語る国民交流会」のニュースも記録しました。

 

2017.2.22【竹島の日】韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

http://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220091-n1.html

韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然とした姿勢で対応を」と訴えた。

 

記念式典は島根県などが主催し、今年で12回目。政府からは務台俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める池田高世偉隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。−会場周辺には、右翼団体約30団体や複数の韓国人グループなどが詰めかけ、竹島の主権確立を求めたり、式典に反対したりする街宣活動を展開。島根県警などが740人態勢で警備に当たった。

 

2017.2.22【竹島の日】記念式典に先立ち「竹島問題を語る国民交流会」で熱い討議

http://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220053-n1.html

島根県が制定した「竹島の日」の22日、記念式典に先立って「竹島問題を語る国民交流会」が松江市の県民会館で開かれ−。−韓国の不法占拠が続く竹島の現状について、地元の住民や団体の代表者らと国会議員や地方議員が、討議を繰り広げた。−島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」(竹島議連)が昨年に続いて開催し、今回で2回目。超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(領土議連)の3人をはじめ、竹島議連の県議や竹島が所属する隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。

 

■新藤・元総務相「国際法上、正しくない韓国は」

 

領土議連会長の新藤義孝・元総務相は、昨年8月15日に竹島へ上陸した韓国の国会議員らに送付した公開質問状の内容を、韓国側が自国領とする根拠などを交えて紹介した。−「韓国側が『第二次大戦終了後、竹島は自国領に戻った』と主張する根拠は」など7項目の質問と、「サンフランシスコ平和条約に基づき、日本から分離される韓国領には独島(竹島の韓国名)が含まれる」など質問に対する過去の韓国政府の見解を説明。それらがいずれも歴史的事実や国際法上正しくないことを浮き彫りにした上で、「こちらの主張が『違う』と言うなら、ぜひ一緒に勉強し、話し合おう」と韓国側に呼びかけた。

 

このあと、グループに分かれて討議。漁師の父親が戦後に1度だけ竹島近海での試験操業に参加したという民宿経営の佃諭さん(70)=同県隠岐の島町=は「竹島周辺では潮が速かったこと、大きなアワビやワカメがとれたことなどを父がよく話していた。早く、日本の領土といえる状態になってほしい」と訴えた。

 

新藤氏が会長を務める領土議連(日本の領土を守るため行動する議員連盟)は近隣諸国から領有権問題を提起、或いは不法占拠されている北方領土・尖閣諸島・竹島問題などに取り組むため、平成16年(2004)に結成された自民党系の超党派議員連盟です。

 

新藤氏は昨年・平成28年(201618日の衆議院予算委員会において、明治41年(1908)日本が作成した近代的測量図面と昭和29年(1954)韓国が作成した実測図を提示し、海上保安庁が航路図として利用している資料等、関係各省庁が保有する領土に関する資料を取りまとめて国民に広く公開し認知してもらうことを提案しました。

 

 

韓国の実測図?にある竹島のフォルムに目を見張りもしますが、日本の測量図面は竹島資料室が5年前に発見調査し、新藤氏の働き掛けにより公けのものとなりました。

 

竹島の実測原図 旧日本軍、明治41年に測量2012.4.11 産経ニュース)

島根県竹島(韓国名・独島)を旧日本海軍が明治41(1908)年に測量した実測原図が海上保安庁に所蔵されていることが10日、同県竹島資料室の調査で分かった。

 

原図は、旧日本海軍水路部が経緯度を実測した記録「本標 経緯度実測原簿」(縦30センチ、横21センチ)。竹島資料室が今年3月、海上保安庁海洋情報部(東京都)の資料を調査し、新たに見つかった。測量時の竹島経緯度が記された経緯度表も初めて確認された。原図の縮尺は、1万8204分の1。旧日本海軍が明治41年8月4、5日の2日間、竹島周辺を測量し作製した。竹島の西島を「男島」、東島を「女島」と記載。島名を含む地名9カ所が記載されており、西島南西の「南西岩」や、西島と東島の間にある「洞岩」、東島北東の「洞湾」など6カ所は、今回初めて確認された地名だった

 

こんな当たり前の事実を一つ一つ公としなければならない、その積み重ねの上で韓国の不法占拠を曝さなくてはならない、ある意味途方もない領土問題の解決への道(糸口)です。

 

海に守り囲まれた日本と支那大陸と地続きの韓国(もしくは朝鮮、朝鮮半島)とは、その領土や歴史に大きな隔たりがあります。

片や、日本には火山があり、日本民族は荒ぶり生くる自然と共存しなくてはならず、文明や文化を育んできました。

近年の大災害となった東日本大震災でも私たちは、同胞の悲しみと共に、この地に根をはりました。

その時、在日していた支那人は何機もの旅客機を飛ばして大陸に戻っています。

永き歴史の中で、このような災害時の出来事が繰り返され、私たちは日本人としてこの列島に生きているのです。

生きた自然、日本アシカの生息していた竹島、これを取り戻さずして、日本民族の誇りを持ち得ることができるでしょうか。

 

竹島は日本の領土だ!

韓国軍は竹島の不法占拠を止め、速やかに撤退せよ!

そして自然と生命に育まれた日本の海を取り戻せ!

 

戦後の経済復興より国の成長を止めたいわゆる失われた1020年を取り戻すべく、そしてたった一度の敗戦の呪縛を解くべく、日本民族の復興を賭けた東京オリンピックが3年先に待っています。

オリンピックは民族の祭典であり、協議はフェア(公明正大)に行われなくてはなりません。

2008年北京五輪開会式でのCG花火や口パク問題、2016年リオ五輪などのドーピング問題など公明正大でないものは、世界中の人々が楽しみにしているこの祭典を汚します。

突き詰めた言い方をすれば、人間の営みを汚し、人類の生きる意欲を失わせるのです。

 

韓国は1年後の祭典を利用して捏造工作をしています。

これが韓国のやり方であり、肝に命じて襟元を糺さなくてはなりません。

これがお前らのやり方か!

 

2017.1.19 平昌冬季五輪のHPに「独島」と記載 日本政府が抗議

http://www.sankei.com/politics/news/170119/plt1701190028-n1.html

2018年の平昌冬季五輪の公式ホームページ(HP)で竹島(島根県隠岐の島町)を「Dokdo」(独島)と記載して韓国領であることをアピールしていることに対し、日本政府が外交ルートで抗議していることが19日、分かった。HPの掲載内容を見直すよう求めている。

 

HPでは英語で記載された「韓国文化」ページで、竹島を紹介。−また、開催地を説明するページでは、イメージ地図で平昌に極めて近い沖合に「Dokdo」を配置海には日本海の韓国呼称「EAST SEA」(東海)と記されている

 

2017.1.20 岸田文雄外相、平昌HPを批判 竹島領有権主張に「スポーツの政治利用」

http://www.sankei.com/sports/news/170120/spo1701200013-n1.html

岸田文雄外相は20日午前の記者会見で、2018年の平昌五輪の公式ホームページ(HP)で竹島(島根県隠岐の島町)を韓国領と主張している問題について「スポーツの政治利用に反対し、相互理解を求める五輪憲章の精神にも反している」と批判した。岸田氏はまた、政府が韓国政府に対し、竹島が日本固有の領土である史実を伝え、「適切な対応」を取るよう求めたと言明。

 

HPでは、日本海の韓国呼称「EAST SEA(東海)」と記載しており、「竹島の領有権、あるいは日本海の呼称に関するわが国の立場に照らして受け入れられない」とも述べた。HPでは、竹島が韓国の呼称「Dokdo(独島)」となっており、「独島は韓国人の心の中で特別な場所であり、韓国人は韓国最東端の領土を防衛する誇りを抱いている」と説明している。

 

オリンピックを餌にして、日本海を東海?

新藤氏がこれを論破しています。

はい、論破!



Takeshima2017



togyo2009 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)