決勝メンバーを見てから楽しみにしていたのですが、その楽しみを超えて来た素晴らしい大会だったと思います。

トップバッターの蛙亭、二番手のジェラードンで高得点が出て、この大会どうなっていくんだ?と思ったらどんどん上乗せされて盛り上がっていくという凄まじいエネルギーを感じる大会でした。

そして優勝は空気階段!
いやあ本当に凄かったですね。なんといっても一本目のネタですが、設定がまずめちゃくちゃに面白くて、その後も馬鹿みたいに大笑いできる展開が満載。それでいて壮大なストーリーを見たかのような満足感もあって、歴代最高得点も頷ける完成度だったと思います。
二本目も抜群の設定。そこから細かく積み上げていって最後に大きな裏切りで落とす。こちらも素晴らしいコントでした。

ザ・マミィと男性ブランコも一本目とても良かったのですが、二本目は少し落ち着いてしまった感じで、空気階段の勢いを止めることはできなかったかなという結果でしたね。

ニューヨークとマヂカルラブリーという売れっ子が最下位とブービーに沈んだのも印象的。この2組もそれぞれ良さはあったのですが、今年のギラギラした他の面々に押されてしまいましたね。

もう一つトピックとしては審査員の変更ですね。新たな4名の審査員はネタの良かったところや惜しかったところをちゃんと言ってくれるのでかなり信頼感がありました。
点数のバラけさせ方もバランスが良くて、それぞれの好みも出ていて良かったのではないでしょうか。これであればこのまま5人制で良いのかなと思ってしまいますね。

キングオブコントは今年ユニットの解禁やキングオブコントの会の放送で盛り上がっていた中、それに応える爆発ができたのではないでしょうか。今回をきっかけにキングオブコントがより国民を夢中にさせる大会へ進化していって欲しいなと思います。

歴代でもトップレベルの戦い、最高の2本を披露した空気階段の優勝…まだまだ興奮は収まりそうにありません。

とにかくめちゃくちゃ楽しかったです。ネタの感想はまたゆっくり書いていきます。

空気階段、本当におめでとう!