真夏の大阪でヤマトの祭典!

行ってきました!8/16(土)。リーガロイヤルホテル大阪のサマーフェスティバルの一環として8/14から3日間にわたり催された「宇宙戦艦ヤマト2199WORLD」 。
去年、神戸のポートピアホテルで供されたマゼランパフェを、今年は大阪のホテル界のフラグシップ、リーガロイヤルが再現と聞いて、去年食べにいけなかったリベンジを何としてでも果たすべく、一ヶ月以上前から前売り券を購入して、行ってまいりましたよ!

今回はリーガロイヤル直営のチョコレート専門店レクラが、目玉商品の「惑星チョコ」をヤマト2199バージョンにアレンジして限定発売ということだったので、初日の14日にチョコレートだけを買いに立ち寄りました。
これで三日目に心置きなく参戦できるというもの。何と言っても大阪市音楽団のヤマトコンサートがあるわけですから、それにターゲットを絞って16日に本参戦を決めておりました。


当日は東京から友人が遠征してくるというので、朝10時 過ぎに大阪駅桜橋口前で合流。すぐにリーガのリムジンバスに乗車し、リーガへ。
初日の参戦組(先遣隊?)から情報によると、マゼランパフェの整理券は、一回目は激戦だとか。(何しろ一日3回の配布で一回当たり30食という限定品)。2回目以降は比較的楽に整理券が手に入る(3回目は余裕)と聞いてはいたものの、やはりいろんな段取りを考えると一回目に食べたい。朝10時に行けば、まあ大丈夫だろうと思ってホテルのロビー(正面玄関じゃないほう)に入ってみると、そこにはすでに行列が・・・。
しかも、知った顔がチラホラ・・・(笑)。

ヤバい。ここは、コミケ会場か!(そんなに並んでません)
聞くと、9時前に到着したとのこと。私たちより1時間も早くに来て並んでいたのか!
イベント会場の開場は12時から。
まあたしかに、ホテルのサマーフェスティバル全体のオープンは12時からなんですが、並んでるのはどう見たってヤマト組。それ以外の親子連れ、ファミリーの人たちはこんなに朝早くから並びませんよね・・・。
それにしても、「10時だと早すぎるかな」と思っていたのですが、決してそんなことはなく、のんびり構えていなくて正解だったと思いました。

11時45分ごろ、ようやくエレベーターが動き出し、2階、3階の宴会場へと上がっていきます。
2階のゲートを抜けて真っ直ぐヤマトWORLDの会場へ。おいおい、走る人がいますよ!そんなに慌てないで!
何をさておき、パフェの整理券をゲットするべく並ばなければ。
ありがたいことに、1回目の配布に間に合いました。パフェの販売数は初日の1回30食から二日目以降40食に増やされたそうです。そりゃそうですよね。リーガ、いい決断をしたと思います。

さて、整理券も無事手に入れたことだし、時間までいろいろ見て回りましょうかねぇ・・・。


PICT0135

PICT0090

ヤマト2199WORLDのエリアに入ると、まず映画のポスターがお出迎え(その手前には古代戦術長、森船務長、沖田艦長、島航海長、デスラー総統、スターシャ猊下の等身大パネルが屏風のようにずらり)。
そして、東京の原画展でお披露目された1/100ヤマトが鎮座ましましておりました。なんとここでは撮影自由! 

ききょうやさん制作の見事なプラモデルの数々を見渡した後は、キャラの展示パネル、そして、ヤマトの各種設定の解説パネルに混じって、9月に開かれる大阪での原画展に先駆けて、貴重な原画が数点(最終話の古代くんと雪ちゃんのラブラブショットも!)展示されておりました。

その向こうは物販で、それを抜けると、サマーフェスティバルの一般向け(笑)催し物会場に。


PICT0091


PICT0095



お腹がすいてきたので、お昼にしようとカフェ・オムシスへ。
会場はウェストウィングのダイヤモンドルーム。ふだんはウェディングの大規模披露宴に使用される中宴会場です。
本来立食用の丸テーブルに椅子を付けて、カフェ風に。ずいぶんエレガントなカフェ・オムシスだなあと思いました。
ホール内にはヤマト2199の音楽が流れ、モニターにはBL/DVDのPVが。

とりあえず私は「太陽の燃えているチャーハン」のところに並びました。
提供されるメニュー(宇宙海軍カレー、月の塩ラーメンなど)は、「これでお腹いっぱいになるの?」という量だったのですが、結果的にマゼランパフェの入る余地をお腹に残してくれる量だったので、それはよし(ただし、価格との折り合いはちょっと・・・)。

あ、お味はまずまずでした。(豚キムチチャーハンでしたけどねw)


そうこうしていると、マゼランパフェの配布時間に。

カフェを出て見ると、すでに行列が!(みんななんでそんなに早いの!)

なんと、その行列の目の前で、マゼランパフェの製造過程が見られるという(仕上げの段階ですが)、ちょっとした楽しみが。

「たくさん試食とかされたんですか?」とパティシエの方に質問すると
「高さを出すのに苦労しました」
とのこと。
「やっぱりね、これだけのもの上に載せると、沈み込むんですよ。実は底にある工夫してます。絵コンテにない秘密があります」

PICT0121


絵コンテにない工夫?
うわぁ、何だろう、楽しみにしてます。


いざ、パフェを受け取ってテーブルへ。


PICT0124



高さ約25cmほどの、一般的な喫茶店のパフェより一回り大きいくらいではありますが、フルーツとクッキー類のボリューム感が豪華さを演出しています。

で、お味はどうでしょう。


・・・・・・・・。


ああ、なんという至福のひと時!


ソーダマーブルのバニラアイスとマンゴーのソルベが重なり、てっぺんには生クリームとイチゴ、新鮮なミントのリーフ。銀色のアラザンとチョコレートソースがまぶされ、マスクメロンと桜桃、梨、大粒のブルーベリーといったフルーツ類がグラスを飾ります。
星型にくりぬかれた梨がチャーミング。

丸いチョコレートクッキーは甘みを抑えた、サクサクとした歯ざわり。スティック形のクッキーと共に、アイスで冷えた舌を癒します。

食べ進むとグラスの底に、パティシエの言っていた工夫が!

アイスの重みで沈み込まないように、スティック型クッキーが高層ビルのパイルのように埋め込まれておりました。
これか!

グラスの底はアイスクリームではなく、おもに生クリームとラズベリーソース。底が見えてくるあたりまで食べると、かなりの満腹感に襲われます。チャーハンが少量でよかった(笑)。

グラスにはちゃんと国連宇宙軍のイカリマークが入っていましたよ(シールですが)。
(あとで画像を追加します)


リーガのマゼランパフェ、大満足!


メルダもきっと掻き込んで完食したに違いないボリュームとおいしさでございました。
これぞ、スイーツのコスモ宝箱やーー!
リーガロイヤル様、素敵なスイーツをありがとうございました!


これで、サマフェスのミッションの半分は遂行したようなもの。
次はステージイベントの華、大阪市音楽団によるヤマトコンサート。
その模様は次回の記事でw