2017年04月29日

ブログ移転のお知らせ

10余年にわたりご愛読頂いた裏祥寺物語はこちらに移転します。
http://blog.livedoor.jp/oogesataro/

大袈裟通信として、まずは500回に上るアーカイブから構築中です。


これからもゆたしくお願いします。

C-AvABwUAAAPtVC




大袈裟太郎


tohgo1982530 at 15:37|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2016年12月30日

「オール沖縄の向こう側へ」

15732387_1164693243606839_5782798564104469636_o

大袈裟通信343
翁長知事の「辺野古工事承認取り消し」取り下げ以降、
知事に疑念を持つ声、リコールの声が少しづつ上がり始めている。
高江の現状や、積み重なった不信感を知事が拭えない以上は、
当然の声とも思える。


しかし、あれから数日、取材を重ねてきた結果の僕個人の皮膚感覚としては、今はリコールの時ではないと感じる。

いくつかの有力な情報を総合すると、
今の翁長知事は、不信感を抱かせる構造の中に身を置いてしまっている気がしてならない。
その原因は、稲嶺、仲井真県政に薫陶を受けてきた県職員によるものであったり、オール沖縄内部の党派の違いによる情報共有の欠如であったりするのではないか?




だから、今、僕らにできることは知事のリコールではなく、
オール沖縄をより強いものにするための、具体的なアプローチだと思っている。


知事が孤立しているという話を耳にする。
県庁からも、オール沖縄の県議たちからも、孤立しているという声がある。
ならば、その状態を少しでも正常化するためには何ができるか。
知事と民の距離は確かに遠い気がするのだ。


具体的には、知事への疑念の声を届けることから始める。
それは知事に直接でなくとも、県議や周辺の人材に働きかけることで少しづつでも環境を変えていくしかない。


そして知事がどういう腹づもりなのか、わかりやすく説明してくれる人物を探し出そう。
その存在が今、明らかに足りない。

あのオール沖縄の熱と量を、今、祈りではなく、具体的な行動に転化していくことが民に求められている。
もちろん選挙の時だけではなく。
恒常的な行動として。



翁長知事が初めてオスプレイの墜落現場、安部の浜を訪れた時、
僕は数名の機動隊に運ばれながら知事に叫んだ。
「高江にも来てください!応援してます。みんなで支えます!」
翁長知事はしっかりとこちらを見据えていた。

この行動はのちに、翁長を応援するなんて馬鹿だ、などなど、と
批判されたが、
自分としては間違っていなかったと思っている。

僕が叫んだのは、知事個人へではない。
オール沖縄として知事を勝たせた沖縄県民へ叫んだんだ。

だからこそ、知事個人にその責任をすべて負わせてはいけない。
知事がこれからどう動くかは、
僕ら、民の声がいかに知事を導くかにかかっている。


知事が民の先頭に立つのではなく、
民が先頭に立ち、知事を導く時なのだ。


新潟の泉田知事の例を出すまでもなく、
地方自治体の長にかかる国からの圧は、並大抵のものではない。
死さえ覚悟させる強大な圧力だ。

だからこそ、県民が知事を支え、導いていくしかない。
オール沖縄の弱点を洗い出し、さらに磐石にしていこうじゃないか。



また、内地の人々に於かれましては、
この異様な現政権がこれ以上、民の生活を踏みにじらぬように、
それぞれの場所で、さらなるトライ&エラーを続けていただきたい。
新しく自由なつながりを広げ続けていただきたい。

より広く新しい人間が政治を語れる雰囲気作りを心がけていただきたい。


長くなりましたが、
今年はいろいろとお世話になりました。

まだまだ不束者ではありますが、
これからもゆたしくうにげーさびら。

来年は、「基地には反対だが反対運動には疑問がある」
という沖縄の生々しい声にも耳を傾けていきたいし、
オール沖縄が取りこぼしてしまっている人々にも焦点を当てて、
取材していこうと思います。


自分にできる範囲を少しずつ広げながら、
どうにかしぶとく、晴れ晴れとやっていきましょう。



それでは皆様の輝くような年末を、新しい年を、
お祈りしながら筆を置かせていただきます。
一年間ありがとうございました。

名護わーばーべーすより、
大袈裟太郎
#オールおれたち


tohgo1982530 at 13:03|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年12月12日

フェンスに登り見つめた高江Hヘリパッド

IMG_8041


大袈裟通信310
三宅洋平に言われたんだ、
「こいつはどんなことがあっても前に進んでいくやつだ」って、
今もその言葉がおれを強くしてくれるよ。ありがとう。

浦添のご夫婦がわざわざ僕のところまで、冷蔵庫を届けてくれたよ。
にふぇーでーびたん。ありがとう兄弟姉妹。

たくさんのひとに支えられて、僕は今日も生きている。
それを忘れないように1日を生きる。
気づけば、返還式まであと10日だ。




今朝は5時台の始発バスで高江へ。
バスの運転手が気を利かせて赤橋で降ろしてくれた。
作業員と話し合い、止める活動。
機動隊が到着する寸前に、蜘蛛の子散らすように北へ。


揚水発電所、GとHの作業車両を止める試み。
僕は、海を染める朝焼けが美しすぎてしばらく見とれていた。

千葉県警は比較的やさしい。
警視庁は手ひどい。
警察の採証班(カメラ撮影部隊)が遅れ、
沖縄県警が警視庁を怒鳴り散らす怒号が飛び交った。
メドさんが額に汗して走り回っていた。


3時間以上工事を遅らせることに成功した。



その頃、N1正面では座り込みの月曜行動、
今日は砂利を一台もゲート内に入れなかったとの吉報が届いた。
コバさんたちの喜ぶ顔が目に浮かんだ。



昼食後は山へ、
久しぶりのHヘリパッド。
あの、僕が切り株の上に座っていた場所といえば思い出していただけるだろうか?


フェンスをよじ登り全貌を見た。
もはやあの頃の面影は微塵もなく、
ゴルフ場のグリーンのような光景が眼の前に広がり、
僕は落胆した。眼を塞ぎたくなった。


どれだけたくさんの人が、この工事を止めるために、
少しでも遅らせるために手を尽くしてきたことだろう。
人生の大事な時間を費やしてきたことだろう。


僕なんてまだ新参者だ。
沖縄のひとびとの、そして高江の住民たちの想いを鑑みると、
僕は悔しくて悔しくて、このフェンスをぶっ倒して、
全部、粉々に爆破してやりたくなった。



しかし、僕ひとり捕まって、何になるというのだ。
やさしくて強い、彼らの想いに泥を塗るわけにはいかないのだ。
僕は整然と撮影を続けた。

この現状をより多くの人に知らしめること、
どのような苛烈な犠牲を払い、このヘリパッドが完成しゆくのかを記録し続けなければならないんだ。



たくさんのひとの顔が浮かんだ。


この工事が終われば、引っ越さざるを得なくなるひとたちの顔が浮かんだ。
10年間、振り回され続けてきた高江のひとびとの顔が浮かんだ。
なぜだかみんな笑顔だった。



眼の前では得体の知れない、緑の液体が散布されて、
切り刻まれた切り株を合成着色料みたいな異常な緑色で塗りつぶした。



折しも携帯から、
最高裁辺野古敗訴確定の報が届き、
苦虫を噛み潰す僕らを、
あざ笑うかのようにオスプレイが低空を旋回していった。



疲れ果てたおれはヘリパッドの横で眠った。
カミソリ付きの有刺鉄線に囲まれながら。



工事ももう本当に終盤のようだ。
作業員たちの資材置き場も片付けられ始めた。

今日の分の工事が終わるのを見届けて、山から下りた。




N1裏テントの陽もだいぶ短くなった。
すすきが夕暮れに輝いていた。
森住さんが夕焼けの写真を撮っていた。
ひょいと現れたゲンさんと久しぶりに話せた。
もうおれが最近気づき始めてるようなことは、
この人はすべて知っているんだと思った。
ゲンさんはやっぱり最強で最高だった。




帰りの車のなか、送ってくれたひとと、
工事が終わるまでに、僕らに何ができるかと、
工事が終わってからも、
僕らは何をするべきかって話をずっとしていた。
とても素敵な友人ができた。



名護に着いて、わーばーの近くのコンビニでオリオンビールを買っていると、一通のLINEが来た。
翁長知事が返還式への参加を見送るという内容だった。
あぎじゃびよい!と月を見上げた。



沖縄はまだまだ負けない。
だって、
美しく生きている人たちがこんなにもたくさんいるんだもん。
おれも、そんなひとたちと同じきれいな空気を吸って、
まだまだまだ、歩き続けられそうだ。


あーまん!大袈裟太郎だ!ででん!

IMG_8049




https://www.facebook.com/oogesa/posts/1147651428644354


#高江今日
#オールおれたち
#沖縄は負けない
#あと10日


【振込先が変わりました!!】


ゆうちょ銀行
【店番】018  普通【口座番号】8935577
ゆうちょ以外からのお振込み
10110 89355771 イノマタトウゴ 







tohgo1982530 at 23:05|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年11月06日

大袈裟太郎、いよいよ名護にメディア基地を作ります!!!




【支援、協力希望】大袈裟通信231
大袈裟太郎、いよいよ名護にメディア基地を作ります!!!
高江の工事を止めるため、辺野古の再開を止めるため、
より現場に密着して発信や情報共有を続けるための選択です。
高江は今年が勝負です。
ヒロジさんの逮捕。高橋さんの逮捕。
土人発言。官邸側のあせりと、
反比例するような民意の高まりを感じます。
より多くの人を高江に呼ぶための起爆剤として、
大袈裟太郎は体を張ろうと思います。
また、内地から沖縄を訪れる人々の宿泊場所としても、機能できたらと考えています!
賛同いただける方、
下記までご支援を宜しくお願いします!!!!
[支援先] 三菱東京UFJ銀行 笹塚支店
普通 0004738   イノマタトウゴ
これからも大袈裟通信をよろしくお願いしますm(._.)m
大袈裟太郎
※追記
東京にいると、あれこれ情報や問題が降りかかってきます。
もちろんひとつひとつ、解決していかなければならない重要なことなんですが、身はひとつなんですね。
僕は高江に最初に行った時、問題をコンパクトに考えることで行動しやすくしました。国家間の問題など、自分に対処しきれないことは一旦、寝かせておいて、とにかく、高江の住民に合意なきまま、1000人の機動隊が強制的に工事を進めている。
この理不尽に焦点を絞ったことで、行動は迷いなきものになりました。
その結果、高江に身を置くことで、国家間の非道にまで自分の見解を持つことができました。
入り口のハードルは下げていいと思います。
現場に行けば、体験すれば、
答えなんか自ずと見えてくると思います。
東京の報告会で求められるのは、いつも答えばかりなんです。
特効薬ばかりなんです。
でも、簡単に答えなんて出せないんです。
特効薬なし、日々の積み重ねなんです。
答えを急がずに、高江に行って、
身の丈にあったひとりひとりの答えを探して欲しいと思います。
まず、自分にできることとできないことの線引き、
これを曖昧にしてはいけないと思いました。
これがわからなくなると、とても疲れてしまいます。
近頃、僕が内地で疲れていたのはどうやらそのためでした。
自分の身の丈を知る。
できることと、できないことを知る。
そしてそれは、微力でも、無力ではない。
続けることで、気づくことは沢山あります。
皆さんもぜひ、身近なところから、無理のないところから、
一歩踏み出してみてほしいと思います。
そして、疲れたら休みましょう。
生活を守るために政治に関わる。
これが大切だと思います。
決して政治活動をアイデンティティにしないように、
いち俥引き、ラッパーとして、これからも邁進しようと思います。
ででん!
大袈裟通信メルマガ登録もお願いします↓
https://goo.gl/forms/Ldc6dvUmvClU3cop1
#この道は高江に通じている
#おれたちはできる
#無敵主義

tohgo1982530 at 00:22|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年10月10日

大袈裟太郎が高江訪問初心者の質問に答えてみました!


IMG_5614


【共有希望】大袈裟通信221


https://www.facebook.com/oogesa/posts/1083328445076653?pnref=story
どうも、大袈裟太郎Facebook凍結されまして、
本名のイノマタトウゴになりました大袈裟太郎です。

日々、問い合わせがたくさんあるので、
まとめて高江訪問初心者編の質問に答えようと思います!
自分で確認した情報だけなので、
ご意見のある人はご一報ください、加筆、修正していきます。

また、情報は流動的なものなので日々局面に応じて変わっていくことをご理解ください。
だいたい、
内地から3日滞在ぐらいの人が多いのでそんな感じのプランを目安に。


[まず1、デマが横行している?]

いきなり重要事項です。
今現在、心ないSNSや、内地の某サンケイ新聞などで、
高江の活動は暴力的、道路を封鎖する、救急車を通さなかった、
などなど、根も葉もなく広まっていますが、
とんでもないデタラメです。

道路を封鎖しているのは機動隊員ですし、
女性に暴力を振るい名護署に出頭したのは、
デマを流しているY氏本人です。


87歳の車椅子のおばあが機動隊に暴力振るったなんてわけわかんない裁判まで起こされてます、、、、
そんなの僕の撮った映像見たら、いろいろ一目瞭然でしょ。

また、那覇でもまことしやかに言われている、

・高江の座り込みの人間に沖縄の人は一人もいない。も大嘘です。
沖縄の人が8割以上です!

というかもうほとんど沖縄のおじいおばあです。
若者来てください!!


・反対派には給料が出ている。
出てるわけないでしょ!日当5万円出たって、やりたくないですよ。あんな機動隊にボコられるの、、、


【現場にいるのは、お金じゃないものを守ろうとしてる人たちばかりだということ、これが重要です!!!!!!!!!】


内地から来ている人たちも少ない休みの中で、
やりくりしながらどうにか駆けつけているんですよ!

これは大袈裟太郎として声を大にして言いたいです!
だからネトウヨ諸君、ウソを元に人を叩くのをやめましょう、
自分の発言の信ぴょう性を損ねるだけです!


ネットに関わる皆さんも、いったい誰の情報が信用できるのか、
名前や顔を出して責任ある発信をしているのは誰か、
ネットリテラシーをおのおの磨いてください。
ネットはきっかけにすぎず、何も結論できません。
だからどうにか、現場に来て見て、感じてほしいんです!
それを、それぞれの生の言葉で伝えて、広めてほしいんです!
ツイキャスなどの配信できる方大歓迎です!


[2、那覇からはどうやっていけますか?]

那覇からはバス、もしくはレンタカーです。
高江についてからの行動を考えると、
免許のある人はレンタカーが良いです。
高江についてからも、車がないと移動はかなり不自由ですし、
車は工事を遅らせることにも使えます。

ちなみに僕も免許取得を考えています。
レンタカーは那覇で借りないと割高です。
以下、サイト。

http://沖縄レンタカー予約.jp/car/light/

名護まで1時間、名護からまた1時間20分、
正味2時間20分ぐらいです。
バス移動の方も、那覇〜名護(1時間に1本)、
名護〜高江(1日に3本)です。


【要注意ポイント】
意外と共有されていない事実としては、
N1正面の工事阻止行動にしても、
森に入る行動にしても、集合はN1裏テントに朝6時前後です。
朝8時から工事は始まりますので、そこの搬入されるトラックの阻止が基本になります。
したがって、見てほしい、参加してほしい活動はたいてい午前中、というか朝です!

ちなみに、現時点では、水曜、土曜の早朝にN1正面に多く人を集める集会が行われていますので、
ぜひその集会の様子、ヒロジさんや、沖縄の人々の声を聞いて行って欲しいと思います。


※ちなみに抗議や座り込みに参加しない方でも、
高江に行く意味はすごく重要です。
正直、お子さん連れや、女性には座り込みはハードルが高いと感じるかもしれません。
そういう方も大丈夫です。抗議に参加するしないは、写真のガイドラインの通り、自分の意志で決めてください。
集会やN1裏テントで、現状のお話を聞くことも大切ですし、
新川川などに入り自然に触れることも大切な支援です。
テントの修繕や、料理、草刈りなどの人手も重宝します。

また、10月22日には高江、旧ヤマガメで高江音楽祭も開かれます、七尾旅人さんのライブもあります。
機動隊や防衛局との激しいぶつかり合いだけが高江の日常じゃないということもぜひ共有してほしいです。


[3、宿泊先は?]

若者や、アウトドア慣れしている人たちならば、
N1裏テントがオススメです。
ここに基本、皆、抗議の前も後も集います。

テントは広く、そのテントの中に張る個人用のテントの貸し出しもあります。車中泊もありです。
トイレもありますし、シャワーも現地で教えてくれるはずです。宿泊の情報などは現地でしか得られないものもあります。
※N1正面、N1裏のトイレはフェスなどにある仮説のものです。
最寄りの水洗トイレは、新川ダムの入り口か、共同売店にあります。

社会人や子ども連れの場合、
私感ですが、名護に宿を取るのがいいかなと思います。
そして早朝5時には名護を立ち、車で6時に高江に入り、午前中は抗議などに参加、午後はN1裏のお話会に参加したり、高江の川や展望台などにいって、夕方以降に名護に戻る。
連泊の場合も、この繰り返しがいちばん現実的で負担が少ないかもしれません。


[4、食料は?]
車移動の方は、問題ないと思います。
名護と往復できますから、必要なものはその都度、揃います。
高江の共同売店、むーらん、ヒロコーヒーファームを利用して、
ぜひ地元のお店にお金を落としてください。

バス移動の方の場合、
自分の滞在分程度の水食料は持参してほしいと思います。
自分の身の丈、消費する分を知るきっかけにもなりますし、
高江の人たちの労力を少しでも減らすために行く。
という意識を持っていれば、当たり前のことですね。
あと、個人的にはマイ箸、マイカップがあると素敵です。

森に入る活動をするときは、こんにゃくゼリーとかグミが喜ばれます。
チョコは溶けるので微妙です、笑


N1裏テントに差し入れも大歓迎なのでそちらもよろしくお願いします!腐りづらいもので調理できるものがいいはずです。
米、缶詰、乾物、野菜、果物など、お願いします。
※現在、直接の物資配達は見合わせ中とのことですm(._.)m

【まとめ】
一応、現状、以上のような感じです。随時、補足していきます。
ぼくの書いた地図もN1裏テントまでの行き方が端折ってあったので、別の画像も添付しました。
安倍総理大臣は、
国会で今年中のヘリパッド完成を語ったそうですが、
そうはいきませんよ!

彼らがあせっているのは、稲田、菅と、両白紙領収書議員が沖縄を訪れたことを見ても明白です。
2月のノグチゲラの産卵期の工事停止まで、
どうにか工事を遅らせましょう。


これからの、僕らひとりひとりの行動が鍵です!
僕らは微力だけど、無力じゃない!
昨日、石原岳さんもそう言ってました。

ひとりひとりの小さな力の集合で、権力の暴走を少しでも止め、
その間に、地道に県議を動かす、翁長知事を動かす。
世論を高めていく。内地に伝えていく、
マスコミを巻き込んでいく。

今、この微力が重なり合い、大きなうねりになりつつあります!
だからまず若者よ、どんどん来てください!
心が若い人々もどんどん来てください!
入り口は僕らが広げます!
民主主義の扉を開くにはみんなの勇気が必要なんです!
これからも一歩一歩、しなやかに、軽やかに、しかし着実に、
歩みを進めていきましょう。

大袈裟太郎でした。
ででん!


#この道は高江に通じている
#おれたちはできる
#無敵主義


大袈裟通信メルマガ登録もお願いします↓


tohgo1982530 at 02:31|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月30日

メルマガ第8回試し読み“水俣でつながったこと”

IMG_6821


大袈裟通信211

21日間で15回の高江報告会、全国ロードは水俣を終着地にひと段落しました。

たくさんのひとの笑顔と、涙に包まれた幸福な旅でした。

水俣には、公営の水俣病資料館とは別に、いわゆる裏資料館と呼ばれている、水俣病歴史考証館という民営の施設があるのを知りました。

裏と表のあいだに広がるグレーゾーンにこそ、深淵なる真実があると思い、足を運びました。

歴史考証館、

ここには今、

高江の問題や福島の問題で、ぼくらを悩ませている難題のすべてが凝縮していました。

住民と運動の分断の問題、

メディアによるデマの問題、

学者による権力者の擁護、

問題を矮小化、隠蔽するための国の手口、

誰が当事者なのかという線引きの問題、

そして深く横たわる、差別。

今、沖縄や福島でぼくらが抱えている問題に、すでに水俣の先人たちは、苦しみながら対峙しつづけてきた歴史を知りました。

水俣病歴史考証館、

皆、行ってみてください。

今、地方自治や社会運動に携わる人々にも、必ずや前向きなヒントを与えてくれる場所です。

そして、水俣病について、知らなかったことをいくつか知りました。

まずは、1956年に水俣病が公式に発見されてから1968年まで、チッソの責任は問われず、12年間、有害物質がたれ流されこと。工場が停止しなかったこと。

ここに、国の恣意的な策略を感じるのは、私だけじゃないはずです。

チッソが作っていたのはプラスチックです、これが当時の日本の高度成長には欠かせないものでした、

国は高度成長がひと段落し、東京オリンピックを終えた1968年にようやく、チッソの責任を認め工場排水を停止したのです。

この12年間のあいだに犠牲者が拡大し続けたのは言うまでもありません。

経済成長、東京オリンピック、汚染水のたれ流し、

2016年を生きる僕らにも、当てはまるキーワードばかりで、震えました。

そして特筆すべきは今、われわれと同世代の30代の水俣病患者も現われているという点です。

汚染された魚を食べた母親から生まれたわれわれ世代にも、少なからず水俣病の症状が出始めているのです。

しかし、声を上げるのはたいへんなのです。

医療費目当てのニセ患者だろ、と個人への誹謗中傷があるからです。

さらにおかしいことに国は2010年、水俣病患者だと訴え出る人々に、医療費の無償化を呼びかけました。

しかし、その内容が怖いんです。医療費を無償とする代わりに、自分を水俣病患者だと認定する裁判などは、一切やめろという内容だったのです。

国が2010年にやったことというのは、おまえらを水俣病患者とは認定しないが、

認定てほしいと訴えなければ、医療費をタダにしてやる。という内容なんです、、、

そこで苦渋の思いで5万人のひとが、和解してしまいました。

だから、水俣病と認定されているひとは5,000人ほどですが、認定されていない方、認定されずに亡くなってしまった方は10万人とも言われています。

まして、現地水俣で、聞いたお話では、表には出しづらいが、異常な数の死産、流産があったとのことです。

これで、あなたは本当に今の国を信じられますか?

この話を福島の被曝問題に平行移動して考える僕を、偏っていると言い切れるでしょうか?

97年、汚染水の停止から30年がたち、ようやく水俣湾の安全が認められ、漁業が再開されました。

水俣産の食の安全について活動されている方とも知り合いました。

30年ですよ?

30年経って、ようやく、

食べて応援が許される時代になったんです。

それでもまだまだ、水俣産食材の安全性の認知度は低いし、ぼくでさえ、

水俣産の魚と阿久根産の魚どっち食べたい?とフラットに聞かれたら、阿久根産と言ってしまうでしょう。

海や山を汚すことは、そのぐらい負の遺産になることなのです。地元のひとにとって半永久的に背負わなければならない重い十字架になることを忘れないでほしいです。











最後に差別の問題です。

水俣の中学生が修学旅行に行った先や、サッカーの練習試合に行った先で、ひどい暴言を浴びること、残念ながらこれは今も続いています。

そして、水俣病の根底に、差別が横たわっていることを今回初めて知りました。

初期に水俣病を発病した人々は、天草などの島から移住し、海辺に暮した、たいへん貧しい人々だったのです。

これはなぜかと言うと、

海辺に暮らす貧しい漁師たちは、田畑を持たないため、

どんぶりに魚を入れ、魚を主食にしていたのです。

よって、水俣の丘に住む人々より何倍もの水銀を摂取し、

まず、彼らから発症していったのです。

ですから、当初は、水俣病は差別者だけの病とされ、

水俣の人々からもタブー視され、問題の発覚が遅れたというのです。

そしてその差別は今だに根深く残っていると知りました。

その後の保障問題の分断にもつながっていると知りました。

ここで、突然、僕は当事者になってしまったのです。

ぼくの父や、祖母や祖父は天草の出身なのです。

自分が差別される側の人間だと気づかされたのです。

体が急に重くなりました。

言葉が出なくなりました。

そして、

高江のあの違法伐採の道に敷かれている砂利が天草から運ばれていると知ったのです。

この、高江報告会の終着地、水俣で、僕は、すべてが自分のもとに、つながってしまったと、不思議な気分に包まれました。

去り際に、考証館の遠藤さんとお話ししました。

「自分は元々左翼運動をしていたんだけど、あの時、歴史や伝統や文化をすべて否定してしまったことが、今の新自由主義の台頭につながっているんじゃないか、、、」

というお話しでした。

全共闘トラウマからの脱却を約束し、笑顔で握手しました。

六反とふたり、車中から眺める水俣湾、

そして遠くに見える天草は輝いていました。

ドラクエで言ったら3レベルぐらい一気に上がった音が頭の中で響きました。

これからも、過去の歴史や過ちや反省と向き合いながら、

一歩一歩、前に進んで行こうと決めました。

未来へのヒントはいつも過去や歴史にあるのです。

最後に、水俣のみなさん、

企画してくれた三須くん、本当にありがとう。

次は天草にも行きます。

水俣、薩摩川内、天草を結ぶ三角形が、自分の聖地だと気づきました。

ぼくはまた、ケツの座りの悪いあの大東京に戻り、

大袈裟通信を続けます。

報告会呼んでくれた、全国のみなさんほんとうに有難う。

これからもよろしく!



#この道は高江に通じている

メルマガ、カンパなど下記よりよろしくお願いします。
https://goo.gl/forms/tgTNbXjG1Brv8sEb2



tohgo1982530 at 17:23|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年09月15日

大袈裟太郎メルマガ第4回試し読み

IMG_6143


大袈裟太郎、心斎橋より通信中。



毎朝、起きた瞬間、今どこにいるのか、さっぱりわからなくて、



夢の中なのか、夢の外なのかもわからなくて、



たとえば、高江で僕が捕まる夢を見ていたりして、



たとえば、三宅洋平が国会の赤絨毯をビーチサンダルで歩く夢を見ていたり、





目覚めてもしばらく、思考回路が混濁していて、





眼鏡を探してかけても、





この部屋がどこの何なのか?今が、朝なのか夜なのか、自分が何歳なのかもわからなくて、





しばらく、煙草をつけてぼんやりと天井を眺めています。



そんな日々です。





思えば6日連続、高円寺、新宿、代官山、名古屋、名古屋、大阪、京都、三条堺町、大阪、と



9か所で高江について喋ってきました。



ましてや前半は憲法フェスの三宅洋平、山本太郎の家臣として、苛烈に走り回り、警察やJRとの現場での折衝を繰り返しながら、





そりゃまあ、人並みに疲れるわけです、笑



こぼれ話としては、大阪で僕が高江の話をステージでした後、



大阪府警の某所轄の偉い方が、めちゃくちゃ優しくなったんですね、笑





後で、道路使用許可を取りに行った憲法フェススタッフに聞いた話では、



どうやらその警察の方も、大阪府警が高江に行っていることに、疑問を感じているそうだということがわかりました。



どんな立場にもやはり心ある人は、いるのですね。



偏見を持たずに警察とも丁寧に接していると、そういうことまで見えてきます。





無敵主義を、心の中にいつも大切に温めていきましょう。





しかしながら、おとといの京都堺町画廊の報告会では、やはり安倍昭恵さんの件でだいぶ感情的になって、



人の話を聞けなくなってしまったことを反省しています。



IWJの中継です↓

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/331226





人の話に耳を傾けること、これは実は対話において、伝えるより重要なことだと最近気づき始めました。



高江のカンパをわざわざ浅草まで持ってきてくれた方が、



埼玉で傾聴のボランティアをやっているそうで、



その方とお話しした時に、恥ずかしながら初めて傾聴という概念を知りました。





相手が何を伝えたいのか、ちゃんと耳を傾けて、心を傾けて聴くこと、そこから対話は始まるのだと気づかされました。





これは高江でも、那覇でも東京でも、仕事でも家庭でも、すべての局面で重要なことです。





ですから、先日の京都で自分の態度、かなり反省しながら、前に進みます。





今日は、久しぶりに報告会のない日です。



少しだけゆっくり、



まあ、往年の無頼派の文豪が言うところの、無所属の時間。というやつを満喫しています。





昨日泊まった、大阪は門真の安宿は、さすが指名手配犯が潜伏していそうな雰囲気だけあって、



変な虫がいて、やたら痒くなってゆっくり寝つけませんでした。



今夜は難波に素敵なゲストハウスを見つけたので大丈夫です。



今、ランドリーが回るのを待ちながらこれを書いています。



2月までは走り続けます。





ただ休み休み、疲れてくると正常な判断力がなくなってきますから、



休めないやつは2流だよ。と選挙フェスの時、jazzy sportのCEOで三宅くんの親友のmasayaさんにも言われましたからね。



2月まで、きっとN1完成は防げます。



ただ、それもこれから1日1日の積み重ね方次第です。



2月になったら、人力車も戻りたいし、音楽のレコーディングもしたいですね。





あっという間に内地は秋になりそうです。



今、心斎橋の喧騒の中でチャールズ・ミンガスを聴きながらこれを書いています。









まだ、政治に関わって3か月の、政治赤ちゃんですが、これからもどうぞ宜しく。





僕が政治に関わらなくてよくなるぐらい、みんなが豊かな生活を送れる日を、夢見ています。





ででん!


↓メルマガ登録お願いします。






tohgo1982530 at 16:07|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月08日

大袈裟太郎mailmagazineお試し配信

10985918_10205758774102381_6572834240313174683_n



メルマガ第1回より抜粋です。

通信料は任意なので、ぜひ気に入ったら登録してみてください。



以下抜粋

まず、壁があるということを知ること、認めることから始まると思います。





日本と中国だって、日本と沖縄だって、壁があります。



都内だって下町と山の手に明確に壁があります。





高江に行って痛感しました。



沖縄の戦後史と、内地、日本の戦後史の違いを理解してない人は、まったく説得力のない存在になります。





平和や反戦、人類皆兄弟、と語るだけで思考停止している役立たずになります。





まずは壁の存在を認識しないと、単なる幽霊部員です。



誰からのパスも回ってこないサッカー選手です、笑





まず、壁の存在を理解することから、それを乗り越えるためのアイディアが生まれるのではないでしょうか?





そういう個人にだけ、壁に穴を開けたり、



そういう個人同士にだけ、壁を蚊帳ぐらい薄くしたりするチャンスが与えられると思います。





理想論言って立ち止まってないで、現実を直視して一歩ずつ進むんです。



そんな人たちとともに、これからも歩んでいきたいと思います。





これからの大袈裟通信 OGTにご期待ください。



ご指導ご鞭撻お待ちしてます。



大袈裟太郎






ででん!







tohgo1982530 at 13:21|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月07日

大袈裟通信まとめ!!!

IMG_4075




まとめができました!
http://matome.naver.jp/odai/2147265654841550501










さらにはメルマガもできました、ふつつか者ですが登録よろしく!!

不思議な御縁で、というか時代の濁流のなかにまぎれて、
気がついたらメルマガを始めることになりました。
つい3か月前まで人力車とラップのことしか考えてなかった路傍の石ではございますが。
徒手空拳、
ネットだからこそ成り立つ適度な距離感で、
ジャーナリストではないからこそのちょうどいい温度でやっていこうと思います。
末永くよろしくお願いします。                      大袈裟太郎





ででん!

tohgo1982530 at 10:52|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月02日

大袈裟太郎の高江通信under construction

20141017010819


大袈裟太郎の高江通信

再編集中、しばしお待ちを

ででん!

tohgo1982530 at 14:36|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年08月03日

選挙赤ちゃんが見た都知事選&高江カンパのお願い


13731911_1030365870372911_3577890377877709127_o


ちゃす!大袈裟太郎でやんす!
鳥越選挙でんわ終わったと思ったら、今日からは三宅くんを応援してくれたひとへの御礼電話はじまってます!電話フェス!

ここからは選挙に関わって一カ月の赤ちゃんのたわごとと思って読み飛ばしてもらってかまわないんですが、

昨日の都知事選の結果で、何も落ち込むことないと思いますよん。

いよいよ、無党派層から見たら、
自民も民進も同じように見えるんだと思います。

保守とかリベラルとかの前に、古くさくて偉そうな政党政治が嫌なんすよね。

それが明確になったんじゃないすか?

野党共闘?
野党協力でよくないすか?
全共闘世代のエゴがかいまみえましたよ。

民主主義は終わった!とかも、大袈裟っすよ。
元々、石原慎太郎でも務まったポストですし。
単純に、小池さんは鳥越さんの倍ぐらいの速度で頭が回転してましたからね、、、
早い段階で勝負はついていました。

リベラルのひとらはすぐ、
はい、ファシスト!
はい、ヒトラー!
はい、ポピュリズム!
はい、レイシスト!

とか、対立候補をdisるけど、その表現力の低さは噴飯ものっす。
見飽きてあくびが出ます。
まして、ネットで対立候補叩いてる暇あるなら、
一本でも友達に電話して集票しろって話です。
対立候補を叩く選挙は票になりませんな。
傍目から見たら嫌な感じで、浮動票が減りますし、
投票率低下の理由のひとつになりますからね。

まあ、今回、投票率高かったですからね。
それでもリベラルが負けて幻想が打ち砕かれましたから、
いい機会です。

脱リベラル、
脱政党政治、だと、
選挙赤ちゃん的には思っています。

その時に中心になるのがもちろん、
三宅洋平、山本太郎のふたりだと思います。

おれたちはできる!ですね。

高江ヘリパッド建設、Xデーは8月6日、マスメディアが広島原爆慰霊一色になる裏をついて、機動隊が激しく動くと予想されます。

なんと三宅くんも高江に入るそうです!!!

6日には封鎖されるかもしれないので、4日夜には僕も飛びたいのですが、まだまだカンパが足りない状況です。
現地に座り込みすること+どうしても取材して確かめなきゃならないことがあるんです。
引き続き、千円でもカンパよろしくお願いします。汗

平成狸合戦ぽんぽこのヤバイ版です。
これから日本各地で起こるかもしれない権力乱用の最前線です。
現場を見ないと語れないことがたくさんあります。

みんなの家来、大袈裟太郎をぜひ高江に飛ばしてください。
よろしくお願いします。
※カンパ先は直接メッセージください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1030365870372911&set=a.163886780354162.40732.100001985243462&type=3&theater

‪#‎大袈裟GO‬
‪#‎高江GO‬
‪#‎この道は高江に通じている‬

‪#‎おれたちはできる‬


tohgo1982530 at 01:48|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年07月29日

「相模原障害者殺傷事件、犯人の間違った思想について」

13615344_1027978303945001_6412486606502127935_n


「相模原障害者殺傷事件、犯人の間違った思想について」大袈裟太郎




#この道は高江に通じている プロジェクト

https://www.facebook.com/oogesa/posts/1027985377277627?pnref=story

ででん!

tohgo1982530 at 03:17|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年07月13日

大袈裟太郎ポデモスラジオ!!!

13692632_1018568134886018_1126051385728972234_n


oogesatarou (大袈裟太郎)
&ロクタン
大袈裟太郎ポデモスラジオ!!
選挙フェスの舞台裏振り返りと、サプライズあります!!!

‪#‎三宅洋平‬ ‪#‎ヤーマン‬

前編 http://twitcasting.tv/oogesatarou/movie/287618331

後編
http://twitcasting.tv/oogesatarou/movie/287637196


ででん!

tohgo1982530 at 20:51|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年07月12日

おれたちはできる!

13592239_1017324398343725_3195612067043188139_n


声を枯らし汗を流し、駆けずりまわった熱い20日間が幕を閉じました。

眼を閉じると今もあの大群衆が眼の前にいるようで、歓声や拍手や、スタッフたちの叫び声が耳に聞こえてきます。

結果は周知の通りですが、



冷静に考えてみれば、
おれたちが失ったものは何ひとつありません。

得たものは、山ほどあります。



三宅洋平くんの言葉を借りるなら、見えない富でジャラジャラです、笑

個人的には、選挙が大好きになりました。政治が大好きになりました。



こんなに真っ直ぐにおれたちのちからを活かせる場所があるのだと初めて気づきました。



三宅洋平と山本太郎という、デカい背中を追いかけながら、時に叱咤されながら、


おれたちが学んだタフさや、やさしさは、選挙以外の日常生活にも応用の利く、人生の宝物になることでしょう。



タトゥだらけの腕のボラスタッフが、三宅洋平と書かれた旗を持った瞬間の、あの胸のすくような爽快感、時代が変わりつつあることを暗示してくれました。



すべては、今、始まったばかりなのです。

だから今は、涙を落としても、気を落とさずに、3年後、10年後、20年後の理想像を描きながら、

一歩ずつ、地道に、歩んでいきましょう。





たとえ憲法が破壊され、シナリオ通りに戦争が始まろうとも、おれたちは平和への歩みを、
自由への歩みを、決して止める気はありません。

しかし、もしも心が折れそうな時、多数派の圧に負けそうな時は、
眼を閉じ、心のなかでつぶやいてください、




おれたちはできる!と、



あの大群衆があなたの味方なのです。あの大歓声があなたを鼓舞してくれるでしょう!なんせあなたの味方は都内に25万人ですよ!全国には100万人いるかもしれません!




皆さん、いろいろとお力添え有難うございました。

今回の分析と反省を踏まえて、おのおのが動きに磨きをかけましょう。



これからもおれたちはあなたと共にあります。


三宅洋平と山本太郎とゆかいな仲間たちです。



あと10年、30年、末長く、三宅洋平をよろしくお願いします。



おれたちはできる!



大袈裟太郎
(公約通り改名します、
やーまんもと太郎)



‪#‎三宅洋平‬ ‪#‎山本太郎‬
‪#‎選挙フェス‬ ‪#‎自分らしくあれる社会‬ ‪#‎今回ばかりはやべえらしい‬
‪#‎俺たちをこき使え‬
‪#‎一票一揆‬ ‪#‎無敵主義‬
‪#‎timetoact‬ ‪#‎今日からが本番‬
‪#‎電話フェス‬ ‪#‎三宅洋平を当選させるのは私たちだ‬
‪#‎おれたちはできる‬
‪#‎ヤーマン‬



※取材、執筆など仕事のご依頼、並びに人生相談、困ったことなどあればなんでも↓まで、
09055403204
oogesatarou@gmail.com
大袈裟太郎


tohgo1982530 at 14:47|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年06月29日

7月10日参院選東京選挙区 三宅洋平!!!




とりあえず、まだ三宅洋平よくわかんないってひとは、この動画5分だけ見てちょーだい。

選挙演説というより、もはや最高の詩。「てんでんばらばら各々めいめい勝手な自由を愛したい」


今、おれは大河ドラマのなかにいるような気分だ。
うちの先祖は山賊なんだけど、勢力範囲が拡大しすぎて侍の身分与えられて小さな山城を任された。

その遺伝子がおれを突き動かしてるのかな?天下国家語るのはおもしろいよ。

だから、おれたちは毎日、三宅洋平の草履温めてんだよ。

最高だ。#選挙フェス


13443045_1007904092619089_2949561411453509808_o





おれたちは今、歴史の中にいるんだよ。


ポスター192枚運んだ、選挙事務所のテーブル、椅子200台運んだ。

毎日、チラシ配って、

山本太郎、三宅洋平、3ショット撮りましょう撮影会のカメラマンも任されてる!



明日から選挙カー乗ります!



13502076_1103923543007131_6876010405152515429_n







ででん!!!



tohgo1982530 at 02:37|PermalinkComments(0) Share on Tumblr