2016年09月15日

大袈裟太郎メルマガ第4回試し読み

IMG_6143


大袈裟太郎、心斎橋より通信中。



毎朝、起きた瞬間、今どこにいるのか、さっぱりわからなくて、



夢の中なのか、夢の外なのかもわからなくて、



たとえば、高江で僕が捕まる夢を見ていたりして、



たとえば、三宅洋平が国会の赤絨毯をビーチサンダルで歩く夢を見ていたり、





目覚めてもしばらく、思考回路が混濁していて、





眼鏡を探してかけても、





この部屋がどこの何なのか?今が、朝なのか夜なのか、自分が何歳なのかもわからなくて、





しばらく、煙草をつけてぼんやりと天井を眺めています。



そんな日々です。





思えば6日連続、高円寺、新宿、代官山、名古屋、名古屋、大阪、京都、三条堺町、大阪、と



9か所で高江について喋ってきました。



ましてや前半は憲法フェスの三宅洋平、山本太郎の家臣として、苛烈に走り回り、警察やJRとの現場での折衝を繰り返しながら、





そりゃまあ、人並みに疲れるわけです、笑



こぼれ話としては、大阪で僕が高江の話をステージでした後、



大阪府警の某所轄の偉い方が、めちゃくちゃ優しくなったんですね、笑





後で、道路使用許可を取りに行った憲法フェススタッフに聞いた話では、



どうやらその警察の方も、大阪府警が高江に行っていることに、疑問を感じているそうだということがわかりました。



どんな立場にもやはり心ある人は、いるのですね。



偏見を持たずに警察とも丁寧に接していると、そういうことまで見えてきます。





無敵主義を、心の中にいつも大切に温めていきましょう。





しかしながら、おとといの京都堺町画廊の報告会では、やはり安倍昭恵さんの件でだいぶ感情的になって、



人の話を聞けなくなってしまったことを反省しています。



IWJの中継です↓

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/331226





人の話に耳を傾けること、これは実は対話において、伝えるより重要なことだと最近気づき始めました。



高江のカンパをわざわざ浅草まで持ってきてくれた方が、



埼玉で傾聴のボランティアをやっているそうで、



その方とお話しした時に、恥ずかしながら初めて傾聴という概念を知りました。





相手が何を伝えたいのか、ちゃんと耳を傾けて、心を傾けて聴くこと、そこから対話は始まるのだと気づかされました。





これは高江でも、那覇でも東京でも、仕事でも家庭でも、すべての局面で重要なことです。





ですから、先日の京都で自分の態度、かなり反省しながら、前に進みます。





今日は、久しぶりに報告会のない日です。



少しだけゆっくり、



まあ、往年の無頼派の文豪が言うところの、無所属の時間。というやつを満喫しています。





昨日泊まった、大阪は門真の安宿は、さすが指名手配犯が潜伏していそうな雰囲気だけあって、



変な虫がいて、やたら痒くなってゆっくり寝つけませんでした。



今夜は難波に素敵なゲストハウスを見つけたので大丈夫です。



今、ランドリーが回るのを待ちながらこれを書いています。



2月までは走り続けます。





ただ休み休み、疲れてくると正常な判断力がなくなってきますから、



休めないやつは2流だよ。と選挙フェスの時、jazzy sportのCEOで三宅くんの親友のmasayaさんにも言われましたからね。



2月まで、きっとN1完成は防げます。



ただ、それもこれから1日1日の積み重ね方次第です。



2月になったら、人力車も戻りたいし、音楽のレコーディングもしたいですね。





あっという間に内地は秋になりそうです。



今、心斎橋の喧騒の中でチャールズ・ミンガスを聴きながらこれを書いています。









まだ、政治に関わって3か月の、政治赤ちゃんですが、これからもどうぞ宜しく。





僕が政治に関わらなくてよくなるぐらい、みんなが豊かな生活を送れる日を、夢見ています。





ででん!


↓メルマガ登録お願いします。






tohgo1982530 at 16:07|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月08日

大袈裟太郎mailmagazineお試し配信

10985918_10205758774102381_6572834240313174683_n



メルマガ第1回より抜粋です。

通信料は任意なので、ぜひ気に入ったら登録してみてください。



以下抜粋

まず、壁があるということを知ること、認めることから始まると思います。





日本と中国だって、日本と沖縄だって、壁があります。



都内だって下町と山の手に明確に壁があります。





高江に行って痛感しました。



沖縄の戦後史と、内地、日本の戦後史の違いを理解してない人は、まったく説得力のない存在になります。





平和や反戦、人類皆兄弟、と語るだけで思考停止している役立たずになります。





まずは壁の存在を認識しないと、単なる幽霊部員です。



誰からのパスも回ってこないサッカー選手です、笑





まず、壁の存在を理解することから、それを乗り越えるためのアイディアが生まれるのではないでしょうか?





そういう個人にだけ、壁に穴を開けたり、



そういう個人同士にだけ、壁を蚊帳ぐらい薄くしたりするチャンスが与えられると思います。





理想論言って立ち止まってないで、現実を直視して一歩ずつ進むんです。



そんな人たちとともに、これからも歩んでいきたいと思います。





これからの大袈裟通信 OGTにご期待ください。



ご指導ご鞭撻お待ちしてます。



大袈裟太郎






ででん!







tohgo1982530 at 13:21|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月07日

大袈裟通信まとめ!!!

IMG_4075




まとめができました!
http://matome.naver.jp/odai/2147265654841550501










さらにはメルマガもできました、ふつつか者ですが登録よろしく!!

不思議な御縁で、というか時代の濁流のなかにまぎれて、
気がついたらメルマガを始めることになりました。
つい3か月前まで人力車とラップのことしか考えてなかった路傍の石ではございますが。
徒手空拳、
ネットだからこそ成り立つ適度な距離感で、
ジャーナリストではないからこそのちょうどいい温度でやっていこうと思います。
末永くよろしくお願いします。                      大袈裟太郎





ででん!

tohgo1982530 at 10:52|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年09月02日

大袈裟太郎の高江通信under construction

20141017010819


大袈裟太郎の高江通信

再編集中、しばしお待ちを

ででん!

tohgo1982530 at 14:36|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 大袈裟通信 

2016年08月03日

選挙赤ちゃんが見た都知事選&高江カンパのお願い


13731911_1030365870372911_3577890377877709127_o


ちゃす!大袈裟太郎でやんす!
鳥越選挙でんわ終わったと思ったら、今日からは三宅くんを応援してくれたひとへの御礼電話はじまってます!電話フェス!

ここからは選挙に関わって一カ月の赤ちゃんのたわごとと思って読み飛ばしてもらってかまわないんですが、

昨日の都知事選の結果で、何も落ち込むことないと思いますよん。

いよいよ、無党派層から見たら、
自民も民進も同じように見えるんだと思います。

保守とかリベラルとかの前に、古くさくて偉そうな政党政治が嫌なんすよね。

それが明確になったんじゃないすか?

野党共闘?
野党協力でよくないすか?
全共闘世代のエゴがかいまみえましたよ。

民主主義は終わった!とかも、大袈裟っすよ。
元々、石原慎太郎でも務まったポストですし。
単純に、小池さんは鳥越さんの倍ぐらいの速度で頭が回転してましたからね、、、
早い段階で勝負はついていました。

リベラルのひとらはすぐ、
はい、ファシスト!
はい、ヒトラー!
はい、ポピュリズム!
はい、レイシスト!

とか、対立候補をdisるけど、その表現力の低さは噴飯ものっす。
見飽きてあくびが出ます。
まして、ネットで対立候補叩いてる暇あるなら、
一本でも友達に電話して集票しろって話です。
対立候補を叩く選挙は票になりませんな。
傍目から見たら嫌な感じで、浮動票が減りますし、
投票率低下の理由のひとつになりますからね。

まあ、今回、投票率高かったですからね。
それでもリベラルが負けて幻想が打ち砕かれましたから、
いい機会です。

脱リベラル、
脱政党政治、だと、
選挙赤ちゃん的には思っています。

その時に中心になるのがもちろん、
三宅洋平、山本太郎のふたりだと思います。

おれたちはできる!ですね。

高江ヘリパッド建設、Xデーは8月6日、マスメディアが広島原爆慰霊一色になる裏をついて、機動隊が激しく動くと予想されます。

なんと三宅くんも高江に入るそうです!!!

6日には封鎖されるかもしれないので、4日夜には僕も飛びたいのですが、まだまだカンパが足りない状況です。
現地に座り込みすること+どうしても取材して確かめなきゃならないことがあるんです。
引き続き、千円でもカンパよろしくお願いします。汗

平成狸合戦ぽんぽこのヤバイ版です。
これから日本各地で起こるかもしれない権力乱用の最前線です。
現場を見ないと語れないことがたくさんあります。

みんなの家来、大袈裟太郎をぜひ高江に飛ばしてください。
よろしくお願いします。
※カンパ先は直接メッセージください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1030365870372911&set=a.163886780354162.40732.100001985243462&type=3&theater

‪#‎大袈裟GO‬
‪#‎高江GO‬
‪#‎この道は高江に通じている‬

‪#‎おれたちはできる‬


tohgo1982530 at 01:48|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年07月29日

「相模原障害者殺傷事件、犯人の間違った思想について」

13615344_1027978303945001_6412486606502127935_n


「相模原障害者殺傷事件、犯人の間違った思想について」大袈裟太郎




#この道は高江に通じている プロジェクト

https://www.facebook.com/oogesa/posts/1027985377277627?pnref=story

ででん!

tohgo1982530 at 03:17|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年07月13日

大袈裟太郎ポデモスラジオ!!!

13692632_1018568134886018_1126051385728972234_n


oogesatarou (大袈裟太郎)
&ロクタン
大袈裟太郎ポデモスラジオ!!
選挙フェスの舞台裏振り返りと、サプライズあります!!!

‪#‎三宅洋平‬ ‪#‎ヤーマン‬

前編 http://twitcasting.tv/oogesatarou/movie/287618331

後編
http://twitcasting.tv/oogesatarou/movie/287637196


ででん!

tohgo1982530 at 20:51|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年07月12日

おれたちはできる!

13592239_1017324398343725_3195612067043188139_n


声を枯らし汗を流し、駆けずりまわった熱い20日間が幕を閉じました。

眼を閉じると今もあの大群衆が眼の前にいるようで、歓声や拍手や、スタッフたちの叫び声が耳に聞こえてきます。

結果は周知の通りですが、



冷静に考えてみれば、
おれたちが失ったものは何ひとつありません。

得たものは、山ほどあります。



三宅洋平くんの言葉を借りるなら、見えない富でジャラジャラです、笑

個人的には、選挙が大好きになりました。政治が大好きになりました。



こんなに真っ直ぐにおれたちのちからを活かせる場所があるのだと初めて気づきました。



三宅洋平と山本太郎という、デカい背中を追いかけながら、時に叱咤されながら、


おれたちが学んだタフさや、やさしさは、選挙以外の日常生活にも応用の利く、人生の宝物になることでしょう。



タトゥだらけの腕のボラスタッフが、三宅洋平と書かれた旗を持った瞬間の、あの胸のすくような爽快感、時代が変わりつつあることを暗示してくれました。



すべては、今、始まったばかりなのです。

だから今は、涙を落としても、気を落とさずに、3年後、10年後、20年後の理想像を描きながら、

一歩ずつ、地道に、歩んでいきましょう。





たとえ憲法が破壊され、シナリオ通りに戦争が始まろうとも、おれたちは平和への歩みを、
自由への歩みを、決して止める気はありません。

しかし、もしも心が折れそうな時、多数派の圧に負けそうな時は、
眼を閉じ、心のなかでつぶやいてください、




おれたちはできる!と、



あの大群衆があなたの味方なのです。あの大歓声があなたを鼓舞してくれるでしょう!なんせあなたの味方は都内に25万人ですよ!全国には100万人いるかもしれません!




皆さん、いろいろとお力添え有難うございました。

今回の分析と反省を踏まえて、おのおのが動きに磨きをかけましょう。



これからもおれたちはあなたと共にあります。


三宅洋平と山本太郎とゆかいな仲間たちです。



あと10年、30年、末長く、三宅洋平をよろしくお願いします。



おれたちはできる!



大袈裟太郎
(公約通り改名します、
やーまんもと太郎)



‪#‎三宅洋平‬ ‪#‎山本太郎‬
‪#‎選挙フェス‬ ‪#‎自分らしくあれる社会‬ ‪#‎今回ばかりはやべえらしい‬
‪#‎俺たちをこき使え‬
‪#‎一票一揆‬ ‪#‎無敵主義‬
‪#‎timetoact‬ ‪#‎今日からが本番‬
‪#‎電話フェス‬ ‪#‎三宅洋平を当選させるのは私たちだ‬
‪#‎おれたちはできる‬
‪#‎ヤーマン‬



※取材、執筆など仕事のご依頼、並びに人生相談、困ったことなどあればなんでも↓まで、
09055403204
oogesatarou@gmail.com
大袈裟太郎


tohgo1982530 at 14:47|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年06月29日

7月10日参院選東京選挙区 三宅洋平!!!




とりあえず、まだ三宅洋平よくわかんないってひとは、この動画5分だけ見てちょーだい。

選挙演説というより、もはや最高の詩。「てんでんばらばら各々めいめい勝手な自由を愛したい」


今、おれは大河ドラマのなかにいるような気分だ。
うちの先祖は山賊なんだけど、勢力範囲が拡大しすぎて侍の身分与えられて小さな山城を任された。

その遺伝子がおれを突き動かしてるのかな?天下国家語るのはおもしろいよ。

だから、おれたちは毎日、三宅洋平の草履温めてんだよ。

最高だ。#選挙フェス


13443045_1007904092619089_2949561411453509808_o





おれたちは今、歴史の中にいるんだよ。


ポスター192枚運んだ、選挙事務所のテーブル、椅子200台運んだ。

毎日、チラシ配って、

山本太郎、三宅洋平、3ショット撮りましょう撮影会のカメラマンも任されてる!



明日から選挙カー乗ります!



13502076_1103923543007131_6876010405152515429_n







ででん!!!



tohgo1982530 at 02:37|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2016年06月16日

playtokyo




インバウンド向けのサイトで取り上げてもらいました。


途中、タケタリーノ山口氏とすれ違うのがツボです。

ででん!



tohgo1982530 at 19:26|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2016年06月12日

ある暑い日、

image



朝、笹塚ロビンのマスター夫妻にやさしくされ、実家のようだと思い。

昼に、実の孫のように接してくれる弁当屋のトヨちゃんから電話があり、




そして今、10数年ぶりに実の父からメールがきた。




妹が子を産んだらしい。


めちゃくちゃうれしい。


ででん


tohgo1982530 at 07:56|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年06月03日

AMY

13308318_994251293984369_3815768923689609669_o







エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画「AMY」の試写に呼んでもらいました。




最初は正直、ヤク中のイケメンと縁が切れないメンヘラビッチ、自業自得じゃんか、ぐらいに思ってましたが、話が進むにつれ、もっと普遍的な個人と世界との関わりの話なんだと引き込まれました。


これは安室ちゃんの話であり、宇多田ヒカルの話であり、ゴマキの話であり、浮世で生きるすべての人の話だなあと、そして、彼女が死の間際に言うIm sorryは、ジョニー・サンダースのsad vacationを思い起こすのでした。

モスデフとクエストラブとのプロジェクトが途絶したのが本当に悔しい限りです。




情報が溢れまくってなんでもすぐに忘れなきゃならない今だけど、
彼女のことはちゃんと憶えていてあげたい、忘れたくない、そんな映画でした。



7月16日公開です。

ででん

tohgo1982530 at 23:17|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

2016年05月19日

10年

2016-05-19-02-52-05
2016-05-19-02-09-07
2016-05-19-02-52-43
2016-05-19-02-52-55



自分の10年を振り返ってみて、


なんだかおれの人生はとても楽しいんじゃないかと思った。





近頃若い奴の服装を見て、それをそのまま自分が着たらと想像すると、


なんかプッとなる。


似合わないのももちろんだけど、似合いたくねえなという気持ちが強い。


そんなことを考えてたら、なんだかいよいよ若者じゃなくなったって実感した。





まあ、俗っぽい意味での若者なんてはやく終わりたかったし、


ほんとの人生の始まりって気分もあるが、また同時に、


もう決定的に取り戻せない何かについて自覚するのも確かなんだ。



そんなタイミングで、数少ない友達と古い写真の応酬になり、


わざわざ、外付けHDとか引っ張りだしてディグってたら、



ああ、なんかおれいい人生だなってしみじみ思って、



なんかおれ、なーんもないというか、音楽とか表現でしか人とつながって来なかったから、


いつも友達ともコンペの中にいる感じで勝手に緊張してたんだけど、


なーんも利害関係のない友達ってすげえ存在なんだなって初めて思った。


恋愛とかでもなくて人生の重要人物っているんだよね。


きっと女の子のほうがそういうやさしさが強いからずっとおれを見守ってくれるんだけど、


これもしかしておれが勝手に肩肘張ってるだけで、値踏みしてるだけで、


男にもそういう友達もいるんじゃないかって思ったりして、



すごいな。


まったく肩書のない自分を面白がってくれる人、とてもだいじだ。



なんておれはアタマが悪いんだろう、なんて他人のやさしさに鈍感なんだろって思ったけど、



これからの10年は、ちょっとそういうふうにリラックスしてみようかなと思えた。









2016-05-19-03-15-09



2016-05-19-01-49-30
2016-05-19-01-55-27
2016-05-19-02-09-33
2016-05-19-02-12-49
2016-05-19-03-08-18
2016-05-19-02-34-43





image



すてきな思い出たちよ、ありがとう。


これからもよろしく。ででんのでん!

tohgo1982530 at 03:57|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 裏祥寺 

じんせ

tohgo1982530 at 01:20|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2006

tohgo1982530 at 01:18|PermalinkComments(0) Share on Tumblr