2008年08月12日

さすが四千年!!

さすがですね!! やることが、以前街の芝生がかれているので緑色のペンキで着色ってあったけど、、、、
吹き替え!??? 紅白の松田聖子じゃないんだから。。。


北京オリンピックの開会式で組織委員会が各国の放送局に提供した中継映像の一部に、事前に収録した花火の映像が使われていた可能性のあることがわかりました。

今月8日に行われた北京オリンピックの開会式は、組織委員会のもとでテレビ映像の制作を担当する北京オリンピック放送機構が中継し、各国の放送局はこの映像を使って放送を行いました。開会式の冒頭部分では、巨大な足跡を形取った花火が、南の方角から国家スタジアムまで順々に打ち上げられていく様子が映し出されましたが、この映像について、地元のメディアは、一部がCG・コンピューターグラフィックスを使ったものだったと伝えました。この問題について、北京オリンピック組織委員会の王偉副会長は12日の記者会見で、CGが使用されたかどうかの明言は避けましたが、「当日は天候が悪く、視界が不良だったため、事前に収録した映像が使われたのかもしれない」と述べ、事前に収録された映像が一部使われた可能性があることを認めました。北京オリンピックの開会式では、このほか、ステージで中国をたたえる歌を歌ったとされる4歳の少女の声が、実は別の少女による吹き替えだったことが明らかになっており、中国国内では、こうした演出の是非をめぐってインターネット上などで論議になっています


tohkonsammy at 21:44コメント(0) 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Archives
訪問者数

あし@