2013年11月09日

おなかの張りのこと。

産後編に続くとか言いつつ、違うことばっか書いてなんかすみません。

正直に言うと、何書こうと思ってたか忘れたんだ…

ので、おなかの張りのこと。

妊娠後期には、「おなかの張りに気をつけて、張ったらすぐ体を休ませましょう」って、本にも書いてあるしお母さん学級みたいなのでも言われるんだけど。

じゃあ「おなかの張り」てどんなの?ていうと、「張る感覚は人それぞれだからー」て、とたんに曖昧な表現になって、ずーっとよく分からなかった。

おなかの左側の方で若干キューと縮むみたいな感じはたっまーにあったから、それかと思って聞いてみても、「や、おなかの張りは一部じゃなくて全体の感じだから」て言われて。

「これ違うのかー、じゃあどんなんだろ。つまり張ってないから心配ないってことか?それとも気づいてないだけなのか?」て、なんか腑に落ちず。

腑に落ちないまま8ヶ月になり、実家に里帰りました。

そんで転院して2回目の健診。赤ちゃんが全体に小さいのと、頭が下がって骨盤にはまり込んでるせいでエコーで様子がよく見えないのとで、「週明けにもう一回来てくださいねー。その時一応、おなかの張りを計測する機械つけてみましょうかー」ってことになり。

週明け。計りましたがな。張ってましたがな。

ものごっつ張ってましたがな!!Σ(−△−;)

10分どころじゃないよ5分に一回張ってたよ!

おなか張るのがなんでマズイかっていうと、へたするとそのまま陣痛に移行しちゃうものだからなんだよね。

この時まだ31週。正期産は37週以降。さすがに早すぎる。

直接的な早産の兆候はなかったんだけど、赤ちゃん小さい+めっちゃおなか張る=入院 即決定でした。

あのキューっていうの、結局張りだったようで。

わたし思うんだが、妊娠後期に入ったらみんなに健診でNST(おなかの張り計測する機械)つけてみたらいいんじゃないかな。

拘束されるつーても40分だし。普段、自分じゃ分からない張りも、つけてると分かりやすいし。

一人一人に時間かかって大変かもしれんけど、初産の人には必要なんじゃないかなー。





tohno_ariku at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月04日

自信ないのこと。

写真 026


まだ信じられないよ。

自分がおかーさんになったなんて。

そんなどえらいもんになっちゃった実感ないよ。

ただ、毎日ちいさいひとと過ごしてるだけで、おかーさん的なことなんかできてないよ。

よく、膝にのっけたままで放ってぼんやりしちゃうし。

用事するのに意識いっちゃって、歌うたったりおはなし語ったりするの途中から忘れて放っちゃう時けっこうあるし。

ものすごくイライラしてるとことか、見せないように気をつけてるつもりだけどでもやっぱり見せちゃってるし。

私がおかーさんだっていうのが、この子にとって一番かわいそうなことだなって思うこと、よくある。

それでも笑ってくれて。

こっち見てすごく嬉しそうに笑ってくれて。

笑顔に救われてる。

ちょっとだけ、私がおかーさんでもいいのかなって思える。

ありがとう。

ほんとにありがとう。




tohno_ariku at 23:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年10月31日

すとれす。

ふと気づいたら結構な日にちがたっててびっくり。

人生自体、こんなふうに気づいたら終わってそうでこわい…もう30年も生きたなんていまだに信じられないもんなー…。

それはさておき、もにたがハゲました。

もにたはげた


最初えだまめ大、次の日にはソラマメに…

ハゲてるところの皮膚がきれーで「無理やりちぎれた!」て感じじゃないので、抜けちゃったのでなくハゲだろうとダンナ。たしかに…。

こども生まれるにあたって心配なことの一つが、猫との同居の仕方だったのですが。

生まれた病院では、猫と接触するのは6ヶ月まではちょっとねーと言われ、こっちでのかかりつけ医には、いやいや無理無理!2〜3歳までは離しておかなくちゃだめだよと言われ。

どっちにしても、まあとりあえず最初から接触させたらまずいのねということで、隔離生活を送っております。

基本的には、私とこどもが生活してる一部屋を猫出禁にしてるだけなので、行動範囲だけみれば猫的にさほどのストレスではなさ気… なんてのは淡い期待でした。

猫的には、いきなり自分と同じくらいの大きさの未知のいきものがやって来て、みんなの意識が超そっちに行っちゃって、今までガッツリあったスキンシップがめっちゃ減った状態なわけで…、そりゃストレスだよねええ…!

ハゲができてから、ちょっとだけもにたに優しくなった大人達なのでした… ごめんよ

tohno_ariku at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月17日

ピクニック

公園で


ここ最近で、急に寒さが加速してきたー…。

まだこんなには寒くなかった頃、近所の公園でダンナとむすこさまとお昼食べてきました。

緑が気持ちよかったー。

実家にいた頃から、この公園に3人で行きたいなーって思ってたので、実現できて嬉しかったです。

公園で3
おとーさんの足にトンボ。

公園で2
私の足にも。

むすこの足にもとまったんだけど、写真撮れなかったなー。

トンボは足がすきなのか?

tohno_ariku at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月13日

お産のこと2

DSC00517


続き。

続きを読む

tohno_ariku at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月10日

お産のこと1

DSC00515


だいすきな後輩がちょっと前に出産して、そのときのことを割りと詳しくブログに書いてたのが、大変に興味深かったので。

いちお記録つけてあるので、私もちょろりと書いてみます。

需要ないような気もするんだけど、いつかお産に興味のある誰かが読むかもしれんし…(えー?^^;)


遠野は初産には珍しい、ハイスピード超安産でした。

という訳で、以下、とあるお産の記録。

続きを読む

tohno_ariku at 21:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年10月04日

しっかりしたー。

こどものこと。

すごく大きくなりました。

生まれたばかりの頃は、赤くて小さくて華奢で、表現はよろしくないけど、なんていうかこう、死に易そうで(^^;やたらと緊張しながら扱っていたのですが。

だって、足なんてこんなですよ。
かつてのあし。


それが、生まれてから2週間くらい経ってからかなー、すごいシュッとしてたのが、あれよあれよという感じでぷくぷくしていって。

今はすっかり、小さい人っていう感じで、しっかりしました。
これ今の足。
5ヶ月のあし


前より人間ぽいでしょ?

こっちとしてもちょっと安心感が出てきて、だいぶ扱いが大雑把になりました(笑)

生まれてからしばらくは、死に易そうな気がして気が気じゃなくて、起きてる時はもちろん、寝る時も寝息に耳をすませながらすごい神経尖らせて寝てたんですけど。

今はもう、むしろ起きないでくれるといいなーとか思いつつ隣でそーっと横になります。

丈夫そうになった。

願わくば、私にもダンナにも似ずに、体を壊すことなくおじーちゃんになるまで生きますように。



tohno_ariku at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月28日

いきてます ×2

大変に大変にご無沙汰しておりましたが

ていうかご無沙汰とか書く意味あるくらい誰か見てる人がいるのか全然分かりませんが

生きてます。

4月にこどもがうまれました。

妊娠が分かって薬を断ってたので、更新する余裕がなく。

実家帰ったら入院になったので、パソコン触れず。

生まれた後も、産後の経過がちょっとよくなかったこともあり余裕はなく。

此度の音沙汰ナシ具合に至った訳でございます。

薬は今も断ってるんだけどね!あはは!

ぶっちゃけしばしば壊れてます。

そんでも、なんとか生きてます。

こどもも生きてます。元気です。

こんなダメな人だけど、助けてくれる人がいるので。

つながっててくれる友達もいるので。

だいじょぶです。

こどもかわいいです。

超かわいいです。

自分がこどもかわいいとか思う日が来るなんて、想像もしてなかった。

頭の調子がよくなくて、イライラしたりへこんだりしてばっかりだけど。

そんでも、今しあわせです。

超しあわせです。



tohno_ariku at 18:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2013年01月13日

野菜を切る

ごく最近きづいたのですが。

野菜を切るのが、好きかもしれない。

野菜を洗って、皮をむいて、刻む。

というのを、台所で一人で淡々と急がずにやっている時に、もしかしたらとても静かに幸福を感じているかもしれない。

決して手際がよい訳でも料理がうまい訳でもないけれど。

そういう、うまくつくらなければとか早くつくらなければとかいう意識から解き放たれて、ただ淡々と野菜に触れている時に、幸福な気がする。

ダンナと一緒にいる時の満たされた幸福感とはまた別の種類の、静かな幸福感。

なんでだろ。

肉とか魚とかの時は感じないんだよね。

肉とか魚とかは、やっぱり何かしら「こうしなければ」って思いながら触ってるからかな。

本当は、野菜も「こうしなければ」ってもちろんあるんだろうけど。

知らないし興味もないから。

この幸福を手放したくないし、知ろうとしない。

tohno_ariku at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月07日

お正月さいごの日

今日で2013年のお正月も終わりです。あっという間ですねー。

ツイッタが便利で、どうしてもそっちばかりに行ってしまっていた2012年だったので… いやでもここで2013年はもっと更新しますとか言うとすごい嘘つきになりそうな予感がするので… な なにも言うまい…(←だめなひと)


元気です。

ダンナも猫も元気です。

虚弱夫婦なので、体調悪いのとかしょっちゅうですが、まあ概ね元気なので。元気です。

二人ともデスクワークになり、ゴリゴリ肩がこるので、もんだりもまれたりしながら過ごしています。

ダンナは本当に肩もみの腕を上げました。一緒になった当時から比べると目覚しい進歩です。

ありがとうありがとう。

私は特にスキルアップしたりしていないので、つまり私だけがいい思いをしているということですね。はっは。


昨日スーパーに買い物に行ったのですが、買うものリストのメインに挙がっていたもやしが、売り切れていました。

え… まだ3時半だよ…?

も もやし … だよ…?

ちょっとびっくりでした。

みんなそんなお金ないのかしら…鍋大会とかする人が買い占めて行ったのかしら…。

私の財布がいまだかつてない貧しさなので、しばらくはもやしと豆腐とお友達の予定です。

もやし便利だよね。

しかし前よりも1袋の量が減ったような気が… 気のせいかなー。


そういえば、前にダンナと友達とカラオケに行った時に、お会計した私が友達だけでなくダンナからも割り勘分を徴収したので、友達に驚かれました。

驚かれたことに驚いた。

のだが、一般的には驚くところなのかも?

うちは完全に夫婦の財布が別なので、当たり前のことだったんだけど。

自分にかかるものは、基本自分の稼ぎで。

かつ、それぞれが分担している支払いを、それぞれの稼ぎで。

もちろん、遠野の稼ぎとダンナの稼ぎは金額的に対等ではないので、分担も多分にダンナに偏ったものにはなってしまっていますがー…

よう分からんけど、こういうのって珍しいのかな?

ともあれ、今は遠野は本当に本当にすずめの涙にも届かないくらいしか稼げていないので、その分ダンナがとても大変なことになってしまっていて… うう… 改善の努力をしなければ…

こんなところで延々書いてる場合じゃないですな(笑)

がんばります。












tohno_ariku at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)