2011年11月22日

リレーマラソンin白根

おととい20日に、第1回リレーマラソンin白根という大会に出場した。

1人でフルマラソンを走れなかったので、今回は10人リレーで42.195キロメートル完走を目指そうとこの大会へ意気込んで出場した。
この大会は、走るコースが400mトラックを105周+195mという、なかなかふざけた設定だ。
さらに、衣装などにより大会を盛り上げたチームには特別賞を授与、というから職員がふざけて考えた大会なんだろうと思う。

我々の作戦は、白根の名産ぶどうに仮装し、審査員にこびを売って特別賞をいただこうというものだ。

当日はあいにくの雨で開催が危ぶまれたが、朝電話したら職員が、
「これぐらいの雨ならやりますよ。笑」
とふざけ半分で答えてくれたので、会場に向かった。

陸上トラックを想像していたら、ぐっちゃぐちゃのクレートラックで水たまりだらけだった。
開会式で主催者がふざけながら、
「今日は泥んこレースになると思いますが、皆さんがんばってください。笑」
と挨拶して、大会が始まった。

我々は快調に走り、大会も良い感じに盛り上がっていたが、雨がみるみる激しくなってきて、
「やっぱ雨が激しいので、2時間のタイム制ということにしましょう。笑」
と、主催者の気まぐれで急遽ルールが変更された。

たすきを受けて走った最終周、ドラマティックに雨がその日最高潮のドシャ降りになった。
気づいたらおれは、ゴールテープを切らずにその下をくぐってヘッドスライディングを決めていた。
IMG_0058
ひどく寒かったが、気持ちよかった。

大会も十分に盛り上げたし、十分にこび売ったから、特別賞もらってしまうなと手ごたえを感じていたが、シャワーで泥を洗い落としているスキに、閉会式が終わっていた。
特別賞は、レース中終始よさこいをおどっていたおばちゃんチームが取ったそうだ。
うちのチームは誰も閉会式に出なかったので、特別賞はおろか、自分たちが何周走ったのかも分からずじまいだった。

しかし最早、そんなことはどうでも良かった。
十分に楽しんだし、チームの結束は高まった。
レース前はこんなにバラバラだったぶどうも…、
IMG_0032
レース後にはこのとおり。
IMG_0059


見事な白根ぶどうになった。
終始ふざけていたけど良い大会だった。

tohoku06gymnastics at 00:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年10月11日

新潟シティマラソン

10月9日(快晴)、新潟シティマラソンが行われた。
この日のために、マラソン部を結成し、精力的に活動してきた。

しかし当日の朝、信じがたい出来事が起きた。
おれはちょっと遅刻したためその場にはいなかったけど、集合場所に来たTの第一声が、
「みんな今日走る?」
だ。
当たり前だ、走るために来ている!

事情を聞いてみると、前日の受付を行うというルールを知らずに受付をしなかったらしい。
仕方ないので、急遽マネージャーに転向してもらった。
IMG_3033そして本人だけなぜか○サイン。

マラソンのほうは、10km組、フル組と分かれて走り、部長のおれ以外は見事完走。
目標達成ですばらしかった。
写真で見たらみんな良い顔していた。

おれは、最終関門37km地点で制限時間4:24オーバーの強制リタイアという屈辱。
30km過ぎてから両足つって終わった。
マジで悔しかったけど、楽しかった。

IMG_3052


部活できたということが最高にうれしかったし楽しかった。

部活を継続するか悩んでいたけど、完走できなかったので継続して来年リベンジしなければ。

tohoku06gymnastics at 00:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月24日

北海道

9/17から後輩の七大戦を見に北海道へ行った。

P9180164
みんなすげー緊張してたのが伝わってきた。
がんばってるみんなの姿を見てたらとても羨ましく感じた。
思い通りの演技なんてできないことのほうが多いけど、それでも全力で目一杯やってる姿は美しいと思う。
最後に泣けるのは、そこまで努力してきたからで、それを仲間と共有できるということは、最高に幸せなことだと思う。
2年前を思い出した。
見てたら体操したくなった。



翌日からは北海道を観光した。

P9190177北海道のカニはさすがに活きがよくて、食べようとしたら、ハサミではさまれて痛かった。
あそこまで調理されてなお動くとは…。

早起きしてシーカヤックする予定だったけど、「波が高いから今日は無理。」と早起きして乗った海に向かう電車の中で伝えられた。
結局、シーカヤックもスリラーカラオケもモエレ沼公園も、おれが行きたいと提案したところは全部諸事情で行けなくなった。
すごくがっかりしたけど、北海道出身のY始めみんながいろいろおもしろいとこ連れてってくれた。

P9190197

P9190208天狗山ボブスレーとか、小樽運河とか、大通りオータムフェスタとか。
←怪力自慢大会とか。
←札幌駅のJRタワーのてっぺんでした小便は痛快だった。
なんであんなベストポジションに便器を置くのか。
絶対に設計者は男だ。

おかげでとても楽しかった。


日付変わって今日は、うちのマラソン部のTシャツが完成した。うれしい。
P9230214P9230221
人生初の主将をつとめている。

左肩にCAPTAINの称号をいただいて大変満足な仕上がりとなった。

本番まであと2週間、体操部に負けないくらい上げていこう。
今のままじゃ絶望的に完走できない。
部の目標は、「全員が健康体で完走」としている。

はたして完走できたら泣けるのか、泣けないのか。

あと、北海道旅行中に、インド旅行で案内をしてくれたビネさんから久しぶりにメールがきてうれしかった。
途中で投げ出したインドの日記を完成させたい。

tohoku06gymnastics at 03:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月12日

片貝とトータルテンボス

昨日は、世界一大きい花火、四尺玉が打ち上がるという片貝花火大会に行った。

予報は雨だったのに、花火の時間はばっちり晴れた。
なぜかというと…
P9110143彼がいたから。

彼の名前は照男(てるお)。
照男に頼めば、たいがいの雨雲はどうにかできると言われている。
おれも半信半疑ながら頼んでみたところ、いとも簡単に晴れてしまった。
おそるべし照男。
笑顔がすてき。
感謝します。


P9100104小学校のグラウンドがビューポイントとなっていた。
どこにしようかと思って見渡すと、すでに人はたっぷり座ってて窮屈そうだった。
ただ、小学校によくある土管の刺さった山の上。
絶好のビュースポットと思われるその場所には、誰一人座っていなかった。
こんな良い席に、後からやってきた自分たちが座っていいのかと戸惑いつつも、山の上を陣取った。

子供たちがしょっちゅう遊びに来た。
けど、このメガネをかけたとたんに子供が寄り付かなくなった。
P9100113
山の上の変なおっさんに近づいちゃいけないと親が注意をしたのもしれない。
でも、やはり最高のビュースポットという読みは的中し、遮るものなく花火が見れた。

三尺玉が爆発すると風が吹く。
初めての体験にテンション上がった。

四尺玉は、さらに激しかった。
爆発の衝撃波が体に刺さった。
P9100137
山から転げ落ちそうになるのを必死でこらえた。
セルフタイマーで捕えた画像も、光を取り込みすぎて訳分からなくなってしまった。

あと笑い飯の哲夫さんが花火を奉納してたのがおもしろかった。
DVDの宣伝してた。




そして今日は、トータルテンボスのliveを新潟LOTSに見に行った。

開始早々、大村さんにちょろっと絡まれてドキドキした。
トータルテンボス超おもしろい。
アフロのヅラ被っていけばもっといじってもらえたと思って、すごく後悔した。
でも後ろの人に迷惑だから良かったかもしれない。
お笑いって良い仕事だと思った。

tohoku06gymnastics at 01:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年09月10日

にゅ〜〜〜

パソコン!

P91001035年前から使ってるパソコンの動きがいよいよにぶくてストレスたまるので、新しいパソコンを購入した。
Tと電気屋に見に行き、やっぱできる男はMacだよね〜とMac買う気満々で見てた。

しかしまあMacの高いこと。
すぐに心折れた。

10時間近く電気屋で話聞いて、くったくたになったけど納得の買い物ができた。
4万円。想像以上に安かった。
超勉強になった。
電気屋おもしろい。

昨日うちに届いて、早速使ったらもうサクサク軽快で気持ちの良いこと。
愛くるしくてしょうがない。


それと、今日のアナザースカイが最高におもしろかった。
前に深夜にやってた 7days backpacker を見てから、トルコと大東俊介が気になってしょうがなかった。
トルコの町並みもトルコの人も大東俊介も、全部が魅力的。
ギャフン!

トルコに行きたい。

tohoku06gymnastics at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)