東北農民管弦楽団

宮澤賢治の「農民芸術概論」に共鳴する農業関係者が集まってできたオーケストラです。農家はもちろん、農協職員、農学部の学生さんや卒業生、農政職員、獣医さん、肥料や飼料の会社にお勤めの方もなど総勢70名ほど。練習、演奏会は冬の「農閑期」。11月頃から10回程度の練習を行い、年明けの3月初旬に毎年東北のいずれかの県で順番に演奏会を行う予定です。2014年に青森県弘前で結成記念演奏会を開きました!来年は山形県天童市で第4回目の演奏会を予定しています。 練習場所は東北の中心、そして宮澤賢治の生誕地ということで主に岩手県花巻市周辺で行います。遠い県の方は仲間と自家用車を便乗したりして集まってきます。現在弦楽器を募集しています。

練習日誌♫1月7日

年が明けて今日は穏やかな一日でした。  東北農民オケの初練習です。 


私達の練習会場は、花巻市妙円寺 庫裡二階の広間。
さぁ気持ちも新たに練習場へ。

新年の初練習は、21名の参加でした。
おっと! Vn1stの姿が見えない・・・


でも 当オケでは一騎当千の弦メンバーがアンサンブルを力強くリードします! 



金管グループの重厚なアンサンブルに! 


木管グループの華やかな音色!  


パーカッションは 力強く拍動し! 


マエストロの情熱あふれた指揮に、時間はあっという間に過ぎました。 


午後3時半、熱気に溢れた練習は終了しました。 
皆さんの帰路が無事であることを祈りつつ家路につきました。
  

by パソーカ 

練習日誌♪12月17日

今日の練習は、代表お手製のラー油を購入する目的もあり、寒サニ負ケズ花巻へ。


2017年最後の練習は、18名の参加でした。



11月にはなかなか通らなかった変拍子にもだいぶ慣れてきました。
でも「練習しておきます!」で今回は免除してもらったところも多いので、個人練習も頑張ります!



全員をカメラに収めるのも大変になってきました。嬉しいことです!


そして、当団自慢の楽器職人の新作です。


いろんな木から選びに選んだ素材でできた拍子木は、ラテン音楽で用いられるクラベスとは少し違った音がしました。
今回演奏する和風の曲にぴったりです。


それから、インドネシアのお土産をいただきました!


味は酒粕のようで、食感は諸越(もろこし)のような、カルメ焼きのような、甘いお菓子でした。


パッケージを見ると、お米の写真と笛のイラスト。
農民オケにぴったりです!


今年の練習は今日で終わり。
皆さま良いお年をお迎えください。


by  にじます

練習日誌♪12月3日

冷たい雨がそぼ降る中、花巻妙円寺にて13名が参加しての弦楽器中心の練習。中学3年生の見学生も初見で参加してくれました。

弦セクションの練習だけに、自分たちの弾けないところが丸わかり。厳しくも充実した練習となりました。

新日本紀行の練習中に、マエストロが昭和30年代は貧しかったけど明るい希望があったとおっしゃっていたのが印象的でした。


魔弾の射手、全ての音符をきちんと弾く必要があります。自分も含めてシンコペーションが乱れることが多かったと思います
いたずら農夫は、本当に難しい。頭を使って合理的なポジションを決めることと、何より時間をかけて何度も個人的にさらう必要があります。
「野人」の2楽章はマエストロの根気強いご指導の結果、少し曲の見通しが良くなったと思います。もちろんこういうゆっくりな曲はピッチが課題です。


最後に練習した「眠れる森の美女」のワルツは、多くの方は弾いたことのある曲のはずですが、室内楽みたいな編成でやるとちゃんと弾くのはことのほか難しいのです。

その意味で、いつもソロやアンサンブルで弾いている管楽器や打楽器の方々はすごいなぁって思います。弦はいつもトゥッティで弾いているので誤魔化せる。でも今日くらいの編成だと誤魔化しようがない。シビれるなあ、このオケの練習!

by ぼろぼろのビオラ

  
  

練習日誌♪11月19日

東北各地から雪の便りが届き始め、今日は仙台が初雪。

そんな中、花巻で練習がありました。


2週間前と比べると確実に冬がすぐそこまで来ているのが分かります。

今日は前回より1名多い12名が集まりました。


今日も次から次へと計6曲の譜読みを行いました。
みんなと一緒だと譜読みも頑張れます!新しいレパートリーもなんとか途中で止まらずに演奏することができました。

今日のコンマスは将来有望な若手です!


ヴァイオリン1人で頑張ってました!!
凛々しいから大人っぽく写ってます。
頼りになりますから、皆さん安心して練習に来てくださいね!

お昼には団員からリンゴの差し入れをいただきました!ついつい手が伸びて、食べ過ぎてしまいます。


東北農民オケ医務室?の健康相談も。(テーマ:肩こり)


練習後は早くも2019年に向けた井戸端会議。多くのホールが1年前に予約を開始するのです。


2019年に東北6県制覇となるでしょうか!?
乞うご期待!!


団員の皆さま、次回の練習は12月3日(日)10:30より妙円寺です。
弦楽器のセクション練習を行います。

by にじます

8ヶ月ぶりの妙円寺です

11月5日(日)、花巻の妙円寺で東北農民オケの5シーズン目の合奏練習がスタートしました。今シーズンもお世話になります! 

私は久しぶりの参加でしたが、妙円寺の紅葉がなんだか懐かしく迎えてくれました。



当日の参加は、指揮者をはじめ11名の参加でした。新入団員の方もいました!
人数は少なかったのですが、東北農民オケのホームとも言える妙円寺での練習は、来年3月の秋田公演に向けいよいよ練習がスタートしたというワクワク感の感じられた一日でした。



今回は、秋田の上小阿仁公演で予定されている演奏曲ほぼ全曲について譜読み中心の練習でしたが、なかなか手強い曲が多く個人練習が大事だなとあらためて感じた次第です。




練習の中休み時に(タイミングよく?)パプリカ生産農家の団員が、自家農園で生産したパプリカや、とてつもなく大きいキャベツ、大根等を車に積んでやってきました。そのあまりに見事で美味しそうな生産物に、皆さんただただ感嘆し(購入し)そして全員で嬉しい記念写真を撮りました!あっ、カメラマンの私が写っていません!!



中央のキャベツにご注目!小顔に写れます。

皆さん、次回練習でお会いしましょう!

by パソーカ

秋合宿2017 in横手 3日目

合宿3日目
いよいよ、合宿最終日!
まずは恒例のポスター写真撮影。コンバインも写っていて、農民オケらしい写真が撮れました!


合宿の最後には、秋田ふるさと村の「すずとも祭」にてミニコンサートをしました。
弦の「アイネ・ クライネ・ナハトムジーク」から始まり、最後は「有機100%」(有機⁉︎笑)





農産物販売もさせていただきました!
東北農民オケについて知ってもらえるいい機会になりました。出演依頼をして下さった、鈴木さんをはじめとするすずとも祭実行委員の皆様に感謝いたします。


本番の3月まで残り約5ヶ月!
農民オケらしい、素敵な演奏ができるように練習頑張っていきましょう!
合宿お疲れ様でした!


東北農民管弦楽団  
第5回定期演奏会 上小阿仁公演
2018年3月4日(日)13:30開演
秋田県 上小阿仁村生涯学習センター


by  なのはな

秋合宿2017 in横手 2日目

合宿2日目

朝ごはんも自炊です!
献立は…


ご飯、ポテトサラダ、野菜炒め、そして具沢山の味噌汁!

朝ごはんもたくさん食べて、2日目の練習が始まりました。
この日からオーボエ、トロンボーンも加わり、全曲練習しました。


初日に合わせた「野人」は難しくてついていけなかった私、2日目には(まだまだですが)かなり慣れてきました(^_^)
今回は曲数が多いこともあり、一曲一曲の練習時間はあまり多くは取れませんでしたが、曲の流れや全体像は掴めてきました!

夕方には総会と翌日のアンサンブル演奏に向けた練習も行いましたよ(^。^)

そしてお待ちかねの夜ご飯!
栗ご飯に芋煮にポテトサラダ、(写真にはありませんが)生麩の胡麻和え、さらにはブドウまで!
私は初めて生麩というものを食べたのですが、とても美味しかったです!自分でも買って料理して食べてみたいと思いました。


芋煮は豚肉入りの味噌味と鴨肉入りの醤油味、2種類作りました。
ちなみにこの芋煮に使われた鴨肉、合宿中にも食べたお米を育てていた田んぼで一生懸命働いてくれたカモさんだそうです。ありがたくいただきました。

そして、栗ご飯に入っていた栗、実は…


こんなにかわいい仲良し2人組が皮むきを手伝ってくれました(*^_^*)

もちろんこの日も、メインイベント(!?)の懇親会がありました。
農業の話、仕事の話、音楽の話…お酒片手に話題が尽きることはありませんでした(^^)

3日目に続く

by  とも

秋合宿2017 in横手 1日目

東北は実りの秋を迎え、いよいよ農民オケの季節です!

今季の練習も10月7〜9日、恒例の顔合わせ合宿から始まりました。
今年は秋田県横手市に集合です。

合宿1日目
今年は、ヴァイオリン1人ではありませんでした!
野人→魔弾の射手→いたずら農夫の順で練習しました。団にとっては、数年ぶりのいたずら農夫。初挑戦の私にとっては難しかったです…頑張ります!


夕飯は、カレーとサラダ。
人参の大きさと柔らかさにびっくり!美味しかったです!


実は、今年の合宿は自炊で、材料のほとんどが持ち寄りです。
さすが、農民オケ!量と種類が豊富です!


そして、メインイベントの懇親会。
恒例の自己紹介から始まりました。今年も新しいメンバーが増えて、来年のコンサートも楽しみですね!


2日目に続く

by なのはな

次は秋田です!

山形県天童市での第4回定期演奏会のあの大興奮とあの感激が冷めないうちに次回公演に向けて運営面などでの話し合いを持つ予定が、なかなか運営委員メンバーの都合がつかずにようやくこの前の日曜日(6月25日)に天童で運営委員会を持ちました!

大丈夫です!あの天童公演の感激はまだ冷めておりません。

しかも、この時期、山形ではまさにサクランボのシーズンではないですか!
天童公演のあの大成功の立役者、天童公演実行委員長のサクランボ農家の大泉さん(フルート)の果樹園で、サクランボ狩りのオプション付きの運営員会!

もう、みなさん子供連れで参加!

FullSizeRender

もう今後は、毎年演奏会の反省を兼ねた運営委員会を天童でこの時期にしてしまおうかと本気で思ってしまいました。
こんなにおいしいナポレオンを食べたのは、はじめて!
農作業もピークのこの時期、こんな機会でもないと旅行なんてできませんから、私なんて家族全員で天童にサクランボ狩り旅行を兼ねて。

さて、本来の目的の天童公演の反省と、次回公演についての役員による話し合い。

IMG_1295

参加者7名、サクランボが口から出てきそうな状態で真面目な話し合い。

・第5回定期演奏会は秋田県「上小阿仁村公演」に決定!
・2018年3月4日(日)午後1時会場、1時30分開演です。
・会場は上小阿仁村生涯学習センター多目的ホール。

曲は、さまざまな案が出ております!
上小阿仁村公演、楽しみです!



天童公演 本番(3)

産直でにぎわった休憩も終わり…
第2部が始まります。

曲目は
アントニン・ドヴォルジャーク
交響曲第9番 新世界より

童話「銀河鉄道の夜」にも登場するこの作品。
当団では昨年に引き続き2回目の演奏です。
指揮はもちろん当団のマエストロ
折居周二さん(岩手の野菜農家)!

昨年の演奏を出発点に、
さらに先の「新世界」を目指して
花巻市妙円寺さんでの練習を重ねてきました。
さて、その成果はいかに…?


終演後のお客様からのアンケートには
「( 第二部 )東北農民管弦楽団の面目躍如という演奏でした。来たかいのある演奏でした。」
「とても良かった。特に交響曲『新世界』が良かった。」
といった嬉しい声を寄せていただきました。
ありがとうございます。
これからの励みになりますね!


さて、鳴り止まぬ拍手にお応えしてアンコールです。

曲目は
アントニン・ドヴォルジャーク
序曲「謝肉祭」より

舞台を一緒に盛り上げてくださった客様への感謝を込めて、あっという間に?にぎやかに駆け抜けました ♪

さあ、いよいよフィナーレ!
もう一度合唱団のみなさんに舞台に上がっていただきます。
指揮は再び、鈴木義孝さん。

宮澤賢治/詞  川村悟郎/曲    吉川和夫/編曲
「精神歌」

花巻農業高校で歌い継がれている精神歌を今回オーケストラ版に編曲していただきました。
こちらも代表白取の思いが詰まった一曲。

会場のお客さまも一緒に大合唱。
合唱団・オーケストラ・観客の皆さんの思いが共鳴しているような、感動的な響きで第4回定期演奏会は幕を閉じました。

最後になりましたが、
このように本公演を成功させることが出来ましたのも、
指揮者の先生方、合唱団の皆さまを始め、
裏方として支えてくださった多くの皆さま、
当日、各地から足を運んでくださった観客の皆さま、
多くの皆さまの多大なるご理解・ご協力のおかげです。

演奏・運営面共にまだまだ未熟な私たちを温かく支え続けてくださった皆さまに心より感謝いたします。
ありがとうございました。

今後は、
来年の第5回定期演奏会に向けた準備を進めつつ、
農に携わる、地に足をつけた生活者としての営みを大切に、
より豊かな音の響きを創り上げて行きたいと思います。

今後とも皆さまからの応援よろしくお願いします!


東北農民管弦楽団 団員一同
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
  • 練習日誌♫1月7日
アクセスカウンター