便器奴隷の飼育日記

S妻M夫の徒然日記です。 全身変態刺青、性器ピアス60個、焼印、永久貞操帯… 妻の糞尿を餌に飼われる、生涯奴隷の夫の記録。

S女M男の夫婦の徒然日記です。

『休載に向けて』〜還らざる時の終わりに〜


『ブログの休載に向けて』お知らせです ✩*.゚

日々、新しい出来事や想いは生まれます。日常生活が、全て主従関係『D』ですから。


起きた瞬間から飲尿食糞が始まり、寝る直前まで様々な責めを受けます。

18年の主従関係や便器人生、幾つも発展や成長もあり、お伝えしている世界ですが |´ω`)



とても、来訪者様・アクセス数は増えましたが。

『趣旨』に載せていた通り、継続していく必要性や意義を強く感じないので。

少しずつ、休載に向かおうとする所です (*・ω・)

あまり頻繁な掲載ペースは、来訪者様だけ増えても『負の要因』も生まれ続けます。



本当にSM嗜好の強い当人達は、何十年と、毎日SM行為や便器を楽しみに暮らしても。

大抵の人は、見るだけの刺激は慣れて飽きます。

アレが見たい、コレは見たくない、もっと刺激的な話だけ聞きたい、仕方ない事です (´-ω-`)


モチベになるので、拍手連投は可能にしてますが。僅かな方だけの応援でも維持は困難です。

でも、支えて下さる方には感謝してます (*ˊ˘ˋ*)

時に、酷く妄想的な質問の多い時も、困って休憩を頂いては来ましたが。


ここで、暫く休息の必要な時期です (。・ω・)y-゚゚゚

Patience is also a form of action.



そして、何より大きな事情はあります (๑°口°)

医療従事者やライフラインを支える方々と同様、私も社会機能維持の前線に復帰していました。

私や御主人様は、もし感染すれば一般人より重篤化する危険性が非常に高く、覚悟もしてます。


やはり、そこが恐れて憎む理由であり、地方に大きく広がったらアウトだと思ってます。

経済を止めていても大勢が死にますが。弱者側が見れば、感染に無頓着な人間は殺人鬼です。



妻子以外の人々の為に、偏見や差別を受けてまで命を懸ける献身的な心などないですが。

でも、インフラとして最後まで前線に残る使命と、働かなくてはならないのも現実。


その中で、日々のSM生活を発信する余裕は、なくなって来ました。

今後も長らく書けなくなるかは、分かりません。


正直、万一の事態に備えるなら、食糞で無駄に抵抗力を使わない方が、助かるかもです。

でも、SMや便器は私の原動力。リスクを承知の上でも、そこまではやめられません。



伝えたい出来事は、まだ少しメモや案文もあるので。また気が向けば執筆しますが。

当分は、掲載ペースは落として行きます ( ´ᐞ` )


これから仕事の方も非常に大変になるので。落ち着くまでは覗けそうもありませんが。

毎日、飲尿食糞を励みに頑張ってくよー♪


お返事できないけど、コメントは嬉しく拝見してます。皆さん、見てくれてありがとうね。


そして、一生続く関係なので、また気が向いた時には、いつでも執筆します♪ «٩(*´ ꒳ `*)۶

今後も変わらず、便器人生は続いてくので!応援して下さる方々、たまには覗いてねー!



今回の画像に御主人様「暇なんだな……(๑′ᴗ‵๑)」

暇じゃないぜええええーッ!!(`・ω・´)

「俺から食糞を取ったら?食糞から俺を取ったら、だろ?」



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

photo_editor_ds_1586987330990
photo_editor_ds_1592998962998
photo_editor_ds_1592998104254

過ぎ去りし時を求めて。

以前に何度か、私の学生時代の話に触れた。

性に夢中になったあの頃。公園でクンニしていた時の偶然の飲尿。

後に結婚する彼女との性とSM三昧の日々 ☆***



ふと、過去を思い出す絵に出会った時、考えた。

私が本格的なマゾの道を歩む前に、もしも出会った彼女が強いM癖だったなら。

私の様に、刺青を彫って、便器になりたがる程の、根っからのマゾ女性だったなら。

それに対応して、私はドSの道を歩んだのだろうか。今と逆の人生だったのだろうか…。



付き合う人や環境で、人は変わるとも言う。
人との関わり方次第で、変えられるとも言う。

自分で努力を続けた出会いだから、人生が変えられるとも言う。御主人様とはそうだろう。


でも、確かに良くも悪くも、偶然の出会いで自分が変わる、変えられてしまう事もある。

私なら、2度の犯罪被害のPTSDだってそうだ。

御主人様と生きる道を選ばなければ、私は生きていないか、人を殺している。



SにもMにもなれる人もいる。「ド」が付くほど強烈な性癖は、片方だけかとも思うが。

MMカップルだっている。どんな相手と出会えるかは、努力が重要だけれど、運もある。

Sの道でも、きっと私は「こんな姿になりたいのは本当は自分…」と胸に抱いただろうか。



過去を振り返って「もしも…」なんて思う事が増えたのは、歳を取ったのもある。

意味の無い事は、振り返っても仕方ないが。

残る人生、どんな出会いがあって、どんな影響を受けるのか。それは、自分次第でもある。



あまりテレビ番組を見る方ではないのだが。

最近、何度か見かける、なんとか萌歌さんと言う子か。あまりに、前妻に酷似していて…。


目にする度に、15〜20歳過ぎの青春が鮮明に蘇る。もう20年近くは会っていないけれど。

そのせいか、やたら若い頃が思い出される様になった。甘く、苦く、何とも懐かしい………。



過去には、辛くて苦しい思い出の方が多く感じられてしまうのは何故だろう………。

これから出会う相手と、後悔の無い付き合いをして行けるだろうか…。


運命は、決まっているとも変えられるとも言う。

Indecision is often worse than wrong action.
(決断しないことは、時として間違った行動よりたちが悪い。)


20年も会っていない前の妻子に会いたいと思った事はない。もう、別々の道なのだから。

自分だけが幸せになっていたらと思うのも怖い。



過ぎた「if」は変えられなくても、今後の努力や選択をして行く為の参考には出来る。

同じ過ちは犯すまい…と自らを戒める事も多い。


人生は一度。攻めるも守るも、大きな後悔の無い道を進んで行きたい。勿論、努力しながら。

若さというのは、少し懐かしく、少し羨ましい。



20代の頃から、とても嫌いな言葉があった。「今どきの若いモンは〜」という偏見だ。

おっさんにも爺さんにもバカ者は多くいる (-ω-)


だが、今もテレビでは毎晩、若者の姿が中心に多くニュースで顔を隠して映される。

「別に怖くない、どうせ感染しない、どうせ大した事ない」映されるのは若者ばかりだ。


そうヘラヘラ語る連中は、やはり若者が大半なのだ、残念ながら (。-_-。)

発想力を持たない人間が大人になって社会を築いて行って、どうなるのだろう……。



身体的弱者を顧みない行動や政策を続ける者ばかりいるのならば、

耐えきれないと嘆く企業や人間など足掻く必要はない、淘汰されて消えてしまえッ。

と、いうやつである!弱者は死んで、とは遠回しに言って来ないからな (#゚Д゚)y-~~



あまり、自分を見て、中身が変わって来た様にも思えないというか進歩が少ないというか。

知性や品性というのは、10代だろうと、80代だろうと、育てられ方なのかな。

賢い10代もいりゃ、ほんと変テコ爺さんもいる。


色々と経験して来た事は身に付くが。「三つ子の魂百まで」というヤツも確かに大きい。

きっと、60歳になっても私はこんなままだろう。



もしいつか、前の妻子と会う様な事があったら。
(相続の手続き以外で連絡する事あるかな…)

んー、20年以上ぶりに、何を話そうか……?



「久々に1発ヤラせてくんない?( ・ㅂ・) 」


いや、再婚してたら嫌がるかなー。ピアスが多すぎて難しいか。中年不倫…。

めちゃ青春が蘇るんだけどなァ〜〜ッ!いや、ウチは公認だから浮気じゃないゾ。


まぁ、冗談(?)はさておき ( ˙꒳ ˙ ;)

思い出というヤツも良いけれど。新しいモノは生み出さない。甘くて苦いだけだ……。

御主人様が先立って、コレが独りで感じる思い出にならない事だけを祈ろう。


とっても、欲望が溢れて利口な学生ではなかったなァ。青春ってそんなもんじゃない?

あまり「バカな中年」と見られない様に体裁には気をつけて生きたいな〜 (๑° ꒳ °๑)

でも、やりたい事はやるがなァァァァ!?



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』よむ 様
https://www.pixiv.net/users/6210796
unnamed (2)

《ギャラリー11・拘束放置》


『過去画像』の再加工、第11弾 ✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝

今回は、あの糞尿飼育の最中の『拘束放置』。


アレは辛かった。でも便器ならやってみたい体験。いや、ホントに辛かった。


またやりたいかと問われたら、もう今はいい…。

何もあの状況でなくても。普通に食糞で凄く大きな興奮を感じられる様に今はなってる。


それだけ『HEAVEN』や『WORLD』と呼ぶモノは大きな興奮でもあり。

それだけ『糞尿飼育』は地獄だった 0(:3 _ )~



暗く加工すると、監禁された絶望感が増すねッ!

文字入れてみたけど、あまり好きではないかな…。でも、たまには作ると思う。たまにね。

まー、ギャラリーはお遊びなので適当に (๑′ᴗ‵๑)



ギャラリーの食糞で話した事にも通じるケド、

一人前の便器を目指すには「こういう状況の心理」も頭の片隅には持ってる ☆*°


なあなあにならない様に「自分にはコレしかない」って忘れない様にしてる。

それも瞬時に「オン」に入る為であり『HEAVEN』に入りやすくする秘訣 ✩°̥࿐୨୧



なので時折「絶望」や「覚悟」を感じる画は、眺めて「力」にしてる。

そういうのは誰でもある事だよねッ!( 。›ω‹。 )


私の全身の刺青の様に、その「自覚」は幾ら多くあっても、あり過ぎて困る事はない。

それだけ、常に便器である事は大変なのだから。



さぁ、もうすぐ連休だァーー!!o(≧▽≦)o

もう友人とも半年は遊べてないな〜。大切な人達だから、今は会ったらいけない (´'ω'`)


このご時世、親族の冠婚葬祭さえ敬遠してしまう。ミイラ取りになりかねない。

無理に今、GoToトラブルこともないべ (*‘ω‘ *)



歳を取ると、月日の流れは本当に早く感じる。

一方、時間の過ごし方は、次第にのんびりする。


若い頃よりも、静けさや香を感じ、凉や暖を楽しんで、味わおうと思える様になった。

助手席に乗っていても、今では携帯に触れてるよりも、流れる景色を楽しむ方が快適だ。

色々な事に疲れて行くのかなァ (:3_ヽ)_



老人が縁側で、ぼーっと庭を眺めてお茶を飲んでいるという気持ちも、分からなくはない。

築いた人生の楽しみ苦しみが山ほどあるのだから、満ち足りた気分と感じるのだろうか。


そこに、苦楽を共にした御主人様が横にいたなら、朝から晩まで縁側に座っていられる。

そんな穏やかな未来を迎えられるまでは、激しい思い出作りをしっかりしたい。



平穏を求めるのと反して、持論は、平凡で退屈な人生じゃ意味がない!だから (ˊᗜˋ๑)

休日に朝から晩まで寝て終わるだけで満足なんて、私には出来ないぜー!


今も、飛びっきりの『HEAVEN』を感じた所だー。ビンッビンッにおっ勃ててなァー!

ンッン〜〜♪こんなにも絶品の黄金が胃に納まってるなんて、最高に「ハイ!」ってやつだ♪


しかし、このご時世だと、食べに出るって訳には…いかんのかなァ、やっぱり (´._.`)

外に出たい人達、無理しないで、気をつけて〜。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

photo_editor_ds_1592914315143
photo_editor_ds_1592915123508

家畜奴隷は静かに暮らせない。


食糞が減った訳でもないし、日々、色々な出来事に追われているがッ!(๑`^´๑)

やはり暫く「休憩」という気分らしい。当分くだらない話だけ呟いておく。

いつか、その気になれたなら、また何か載せる。



社会生活は「ストレス」だらけだ。
誰だって、幾つものストレスを抱えてるだろう。

自分の「夢・目標」の為になら、戦って来た。
厳しい社会生活も、何とか生き抜いて来た。


「人間は『不安や恐怖』を克服して『安心』を得る為に生きる」との考え方を話した。

しかし、戦っても戦っても、上を目指せばキリがない。地位や名誉や、多くの金はいらない。


「自分の幸福」だけを手にして守れれば、余計な比較、競走や争いをする必要はない。

全力を尽くすのは『安心と欲望』の為だけだ ✩.*˚



今の私が目指すのは『平穏な人生』だ。「争い」や「トラブル」「敵」は大嫌いだ。

若い頃は、目立つ事も刺激も無茶も好きだった。


男性は赤ん坊が生まれると、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が減少するそうだ。

一概には言えないが。果敢に挑戦していた者も保守的になり、家族を守ろうとするという。


子供が生まれたら、優しくなる男性は多い ( ˙˘˙ )

今では私も、そこそこ「望むモノ」を得て「守るモノ」が出来て、歳を取ったのも感じる。



一方で、性格上、難しい悩みとも戦って来た。

真面目に育ち過ぎた性格から「正義感」が強かったが、それも病と共に病的なモノになった。


正義感の良し悪しの判断は、モラルや倫理観・道徳観と違い、個人の価値観が基準となる。

何事も、ほどほどが良いのだろう……(o'ω'o)



そして「適応障害」というヤツを患った。くだらん事を見過ごせず、気にしてしまう。

幼い頃から、コレは持っていたと言われる。

日常生活でも、テレビを見ていても、誰にだって、イラつく事は多い社会だろう?


「思い込む」という事は、何よりも「恐ろしい」事だ………。

しかも、自分の能力や才能を優れたものと過信している時はさらに始末が悪い。


そんな事を気にすると、すぐに病んでしまう。

度々『殺意の波動』に目覚める要因でもあった。



私には、なるべく心掛けている事がある ☆彡.。

『怒らない、恨まない、恐れない、引きずらない』…どれも若い頃の私には難しかった。


私は、何も宗教などは信仰していないが ( ・ㅂ・)

それは、幼い頃から「強くなれ」と恩師に育てられて、身に付かなかった事でもあった。


結局、御主人様にも諭される「楽な生き方」も、シンプルな単語にすれば、こんなモノだ。

それが、心の幸福を守ることになるのだ ♡



激しい「喜び」はいらない…その代わり深い「絶望」もない…「植物の心」のような人生を…

こんな暮らしを送っていても『平穏な生活』こそ、私の人生の目標だ。


私も、いつまでも「目立ちたがり屋」な若者の心で活発に生きて行ける訳ではない。

御主人様が、今では「表舞台」で活動されなくなったのも、そういう所があるだろう。



とても、あの男に共感する所はある。要は、

私は、常に心の平穏を願って生きてる人間という事を説明しているのだよ…。


「世を正したい」等と考えてしまっては疲れる。
ただ、自分の周囲が平穏に暮らせれば良いのだ。

だから、心と日常の平穏を守る「言葉」を胸に刻む。結局「人生は心の持ち方一つ」だ。



まぁ「過激な生活」という意味では、全く平穏ではないのだが。ソレはソレというやつだ。

もう、それほど「挑戦的」で「向上心」のある歳でもなくなってしまった……。


勿論、まだ懸命に働いてはいる立場だが (´ω`*)

つまらん言い方をするなら「守りに入った」というヤツになるのだろうか。



リスクはあっても、挑戦を続ける人々は多い。
楽しみや欲、更なる高み、「安心」を求めて。

病んで、少し離れて冷静に見てみると。仕事に燃えていたのも、今では妙にバカらしい。


それはそれで、やり甲斐があり楽しいのも分かる。私もそうだったし、今でも仕事は好きだ。

人の役に立つ事や、感謝されるのは楽しい。


だが、その裏には苦労も苛立ちも、理不尽もトラブルも山積みにある。それが現実。

そして、仲間達と頑張って尽くそうが、会社都合は時にソレらを無情に切り捨てる。


所詮、和気あいあいの仲間と感じても、親友でもなく友情も無い。利用し合う歯車同士だ。

そんな偽物の馴れ合いを、やり甲斐の一部だと感じて一生を送れるほど、平坦な道ではない。



やり甲斐にして励むのもいい。そうでなくては、仕事は辛いだけのモノだ。

だが、そこに無慈悲な現実がある事も知っている。だから、心は許さない。尽くさない。


それが会社というモノなのだから、懸命に尽力してみても、万一にはクソの役にも立たない。

そういうモノを見てきたのはあるが。それは、残念ながら仕方ない事実でもある。



とはいえ、日々は楽しく前向きに生きたい ( ˙꒳ ˙ )

世の中には、あまり挨拶をしない人間がいる。職場でも、出先でも、道端でも。

挨拶というのは、私に敵意はない、友好的にしようという、警戒を解く意思表示となる。


ろくに挨拶しない、返さない人間は、味方を減らし敵を増やす生き方をしているのだ。

平穏に生きるには、心を許さないにしても、敵より味方が多い方が良いに決まっている。



前に、私の「優しさ」は、自分にも優しく接してほしいからだろうと話した事がある。

私は穏やかにも、狂人にもなるが。やはり、穏やかに、穏便に生きたい所じゃあないか…。

Whatever is begun in anger ends in shame.
(何であれ、怒りから始まったものは、恥にまみれて終わる。)



また、色々と戦う事もあるかと思うが。今から、先に何が起きるかなど分からない。

それは「安心を得て守る」為の戦いなのだろう。日々の勤労もそういう事になる。

要は、動くべき時には動く。それでいい (*'v'*)


『便器奴隷』は、変わらず私の生きる道だ。
少なくとも、この身体が動かなくなるまでは。

この趣味を維持して行けるだけの「安心と平穏」も変わらず守り続けたい . *:゚ 。.★゛



普通の、ありきたりな望みや夢を語るなら、

孫の顔が見れるまでは、生きていたいと思う。


定年したら、御主人様と二人で、大好きな大型バイクで旅に出るのも悪くない。

遅くても60歳には早々と隠居して、SM三昧で悠々自適な余生を過ごしたい。


まぁ、南海トラフでも起きれば、幾らか出費になるのは仕方ないとして。

そんな事を、深くまで考えていても仕方ないが。

幾らか「安心と平穏」の為の備えはしておかなくてはならない。知恵を絞ってね。



20年後、世界は変わっても、変態世界というモノに変化はあるのだろうか。

大きく概要に変わりないとしても、個々の関係性には大きくあるだろう。私達のように。


まだ必要性を感じる事があれば、ココも途切れ途切れに続けて行くのかもしれない…。

未来、平穏に生きていたなら、お会いする事もあるだろうか。奇妙な老人に ( ੭ ˙࿁˙ )੭ ᐝ



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』ダツマ69@お仕事募集中 様
https://www.pixiv.net/users/29823356
1561615457_4_o54hahe0b9dfsr

反転攻勢〜オレかなり弱いけどどうする?〜


今まで読まれて来た方々なら分かる話。

私は、臆病で弱い。自閉症等のある障害者だ。
詳しくは話してないが、聞けば驚かれるだろう。


それを3歳で見抜いた恩師の元で育てられたが。強く逞しい程の人間にはなれなかった。

深く病んだ後の今は、御主人様に支えられつつ、強くはないが働けて生き抜いている。



『人間は不安や恐怖を克服して、安心を得る為に生きる』と、私の好きな男は言った。


名声を手に入れたり、人を支配したり、金儲けをするのも安心する為だ。

結婚したり、友人を作ったりするのも、安心する為だ。

人の為に役立つだとか、愛と平和の為にだとか、全て自分を安心させる為だ。



自らを顧みず、献身的に、本当に他人の為に動ける人間、生きれる人間も確かにいる。

けれど、そんな人間は1%もいるだろうか。

普通、殆どの人間は安定、安全など自分の「安心」を求めながら生きるのは、当然だ。



「趣味、嗜好、楽しみ」を目標と生き甲斐にする人も多いとは思うが。

私は、変態性欲に満ちた人生を得たいと「欲」の為にも必死で努力した。


誰でも勉強はするが、私もある理由から本当に生き延びる為に、死ぬ気で勉強もした。

そして、とても臆病で弱かったからこそ、戦った。弱者は怯えて何もしないだけじゃない。


人生を「安心と欲」で満たす為なら、必死で力を出すし、邪魔や障害は許さない。

その為なら、善も悪もなかったかもしれない。


何より、敵である「恐怖」には立ち向かう。

「窮鼠猫を噛む」とでも言うか。立ち塞がった犯罪者には、常人以上のチカラで対抗した。



臆病で弱くて不安だから、安心できる円満な家庭、仕事、趣味を強く求めた。

「弱い=何も出来ない」ではないのだと、振り返ってみると感じる事がある。

「怖いから人生の守りを固める!」という強い意志に転化した時、人は反転攻勢にも出れる。



私の「秘めたる行動力」の話をした事はある。

変態欲求に対する精神力だけは強かったのかと思うが。一般基準で見るなら、貧弱だろう。


私に出来た事なら「その気」になりさえすれば、多くの人々にも可能ではないだろうか。



勿論、多くの恵まれた出会いや、どんな運を持っているかは、人それぞれだが。

弱くても、強くても、その多くは自分の努力によって掴み取って行くモノだと思う。


結局、人は弱くても「安心や欲」を得る為になら、逞しく戦えるのだろう。

弱者を侮るべきではないと、昔から思っている。そういうヤツほど何をするか分からない。


People do not lack strength, they lack will.
(人は強さに欠けているのではない。意志を欠いているのだ。)



『恐怖を克服する事が生きること』

その言葉の意味を、幾らか乗り越え続けて来ると、しみじみと感じる事がある。


「安心」と「刺激」の両方を得る為に生きて、ここまでは辿り着いた。

まだこの先の、様々な恐怖を考えれば、幾らでも安心はあるに越したことはない。



今、人生の5割は生きたのか、もう8割も来ているのか、ソレは不安でも知りようがない。

そろそろ、肩の力も抜きたいが。何処まで「守りの為に攻める」のか……。

そんな事を考え、ゆっくり今も走り続けている。



SM話ばかりも飽き飽きする。気が向いた時には、また戯言も呟く (´ー`)y-~~

最近、あまり自分の事を話すのは、好きでもないが。とはいえ、これも私の徒然日記だ。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』Grandia元 様
https://www.pixiv.net/users/16916292
72976049_p0

千代に八千代に…。(画像注意)


「千代に八千代に、御主人様の便器でありたい」


50、60歳なら、身体を壊してなければ、SMをする体力は充分にあるだろう。

70、80歳まで生きたなら。激しい事は無理でも、SM的な行為は出来るかもしれない。



私は、どんなSM行為より、とにかく死ぬまで「御主人様の奴隷で便器」でいたい♡

御主人様が、シワシワのお婆ちゃんになっても。その頃には、私もお爺ちゃんなのだ。


私は変わらず、御主人様のおみ足を舐めて、おパンティ様を舐めて、興奮していると思う。

もうブログを続けても面白味はなくなるが、崇拝に外見の若さや美など関係ないのだ。



しかし、今まで話して来た様に、大便を口にしても平気なのは、抵抗力があるから。

両者が健康な時である事は勿論。疲れて抵抗力が落ちている時も、量は避けるべき。


70、80歳にもなったら、若い頃ほど抵抗力があるとも思えない。健康だとしても。

ほぼ無菌である聖水を戴いていれば、それでも「便器」とは言えるけれど。

少量にさえすれば、90歳を過ぎて食べていても、平気なのだろうか…そんな事を考える。



様々な趣味の若者が長生きすれば、あらゆる事をする老人が、将来にはいるだろう。

そこまで、長生きするとは思ってないケド。


大きく健康を害せば、若くても色々な事が出来なくなってしまうのは同じコト。

一度きりの人生、長く楽しみたい (。•ㅅ•。)💗



それとも………

80歳を境に「SM的な事はここまでにしよう」とキッパリやめたりするだろうか。

タバコや、車の運転を止めるように (*'v'*)


それぐらい長生きしたなら、身体を壊したり、何かキッカケに、それもあるかもしれない。

人生というのは、何が起こるか分からないのだ。


Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself.
(人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。)



歳を取ると『死』を考える事も増えて来る…。

折角、S女M男が結ばれて、ここまで改造して便器生活を過ごして来られたとはいえ、

いつか死ねば、ただの骨になってしまう ( '-' )


惜しくて悔しいと考えても、永遠の命は無い。

何かを残すには、ここで幾らかの戯言を同士に聞いてもらうのが、精一杯だろうか。


これまでも、色々な人々の死を見てきたが。

当然、また変わりなく、時は流れ続ける………。



世の中には、私の様な人間便器が大勢いて、これからも、数多く生まれ続けて行く。

私が死んでも、第二第三の家畜奴隷が現れる…。


私の亡き後も、次の世代の記憶の中に残せるモノがあれば、全てが「無」にはならない。

将来「まるで人間便器のバーゲンセールだな…」という様な時代が来ないだろうか。



この季節、とうもろこしも大量に収穫される時期になった。採れたては生でも美味い ✩.*˚

とにかく自家製はメチャクチャ甘いのだが、その一方で、どうしようもない問題も生じる。


そう、うんこにはとうもろこしというヤツは天敵なのだ……その見た目……その食感……。

だがッ、今も進化を続ける『HEAVEN』の前にコーンなどッ、コーンなどおおおおッッッ…


いや、もう、CHA-LA HEAD-CHA-LA♪ってぐらい平気なんだけど、一応。

でも、出来れば、もう少しよく噛んでッ!(。-∀-)



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

(掲載のイラストはハードSM小説家マツダカコ様の許諾を得て引用させて頂いております)
引用元:『pixiv』マツダカコ女王様
https://www.pixiv.net/users/10968668
81e723c8
0c2931f5
photo_editor_ds_1587427643992

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚。

時折、御主人様に言われる事がある。

「おい、自分の立場と身分を言ってみろ」


奴隷や家畜に、自分の惨めな立場を言わせる。

それは、定期的に身分を自覚させる意味でも、効果的な躾(+羞恥)なのだと思う。

それを、直立不動や、土下座だったり、鞭を打たれながら言う場合もある。



「はい、私は18年前、女王様に睡眠薬で拉致され、御調教を受けて育てられた奴隷です」

「思えばあの時、舐めた足の指に薬が塗られていたのだと思います…」


「おおぉんっ?∑(ºロº ) 」


「そこから、様々な身体改造をされ、二度と人間界に戻れない身体にされてしまいました」

「食事は女王様の糞尿しか与えられず、排泄物だけで、生かされ育てられております」


「もしもーーし・・・(´ ゚ω゚`) 」


「今では、この地下室に10年以上も監禁され、拷問や便器に使用される家畜という道具です」

「これから、歯を抜かれて、爪も剥がされてから、四肢を切断されます」



私は、昔から妄想も大好きだ (*ˊ˘ˋ*).•*¨*•.¸¸♬

「何か面白いコト言ってるね〜(ºωº) 」


そんなに乗馬鞭でスキンヘッドをペチペチしないで下さい。いい所なんですから。

「よし、他に言い残す事はないか?( ・ㅂ・) 」

御主人様の一本鞭が、背中まで振りかぶられる。



あばばばばばばっ!?(((((!!O⌓O;)))))


「えと、2〜7号は拷問で殺されてしまい、8〜12号は、海外に出荷されてしまいました…」

「どうやら、お気に入りの私は、ここで最期を迎える事になりそう…ピヨ?」


「うん、以上だな ( ´▽`) 」

そして、その一撃は振り下ろされる (-∀-)

何を言おうと、どうせ避ける術などないのだ……。



こうして私は、たまに妄想を垂れ流し始める。
そこに待ち受けるのが、激痛と分かっていても。

そういう『世界観』を感じてみてもいいじゃないですか、似たようなもんだし♪


話した事もあるが、御主人様は「雰囲気」など何気ない一言で簡単に破壊し楽しまれる。

その、いともたやすく行われるえげつない行為に立ち向かうのも、また終わる事ない戦い。

Dream are necessary to life. 人生に夢は不可欠。



得てして、奇なる出来事は、妄想やテレビの中よりも『現実』の中にこそ実在する。

そんなイギリスの詩人の言葉もあったか。


現実は、漫画やドラマの主人公ほど平凡じゃない毎日なのを、貴方は幸運に思うだろうか?

そろそろ、歳もとって平穏ってヤツも欲しいが、なかなか人生は穏やかじゃない。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』マゾ豚 様
https://www.pixiv.net/users/12583903
Point Blur_20200712_205727
Point Blur_20200712_205814

笑顔の代償。


人は、痛かったり苦しければ、叫び声を上げる。
それは普通の事で、想像も出来ると思うが。

私は、叫び声を我慢するうちに、奇声や変な音を発する事もあると話していた。


与えられるのは、激痛や苦しみだけでなく、耐え難い恐怖や気持ち悪さの場合も多い。

御主人様は「そういう嫌な事」を私にするのが、たまらなく好きな御方だ。


敏感な所や血管を、くすぐったり、刺したり…。

耐えられなくて発狂しそうな私は、いつしか「奇妙な笑い」を抑えられなくなっていた。


言葉では表し難いが。『JOKER』が発していた、あんな笑い方をしてしまう事もある。

可笑しくて、苦しくて、怖くて、悲しくて、狂いそうで、やり切れない、かすれた笑い声。



そんな「常軌を逸したおかしな笑い」が、反射的に出てしまう様にもなっていた。

人は、痛かったり怖い時には、笑うしかなくなるともいう。もう、たまらないのだッ!


する事が好きというより、その「反応」を見るのが楽しくて仕方ない御主人様だが♡

病院で注射される時に、腕を掴まれると反射的に変な反応が出そうになる私 :(ˊ◦ω◦ˋ):

一言で言い表すなら「アヒャ!」って身構える。



以前、御主人様は、大好きだった『JOKER』を観に行かれた事がある。私もお供した。

感想は「まんま、お前を見てる様だった…」と、
何故か、かなりお疲れの様子だった (੭ ᐕ)੭


幾つも精神疾患を持つ私も、何とか世間に溶け込もうと、不器用に頑張ってはいるが。

生き辛い社会には、なかなかそれも難しい。


御主人様に拾われなければ、もう何人殺しているか分からない危ないヤツだと思う。

色々と壊れている私は、どうしても善良にはなりきれない。疲れる日常社会なのだ。


例えば、政治を見たって「吐き気を催す邪悪」ばかり、笑顔を振り撒いてるじゃあないか。

ウイルスを平気で広める連中も、見て見ぬふりを続ける政府も、弱者からすれば殺人鬼だ。

真面目に生きてりゃ報われるって訳でもない…。



それでも、御主人様の躾と治療のおかげはあって、かろうじて、まだ社会には立っている。

まぁ、そんな話はどうでもいい (*´゚Д゚)y━~

「やっぱり変態なんて狂ったヤツか」等と言われる存在になりたくないとは思っている。



こうして、よく我が家の近所には、アイツの笑い声が、何度も大きく響き渡っている……。

近所の人達も、さぞ不気味だろう✩°̥࿐୨୧



愉快で笑っている訳ではないのだが。それでも、笑いが多いのは賑やかな事だ。

まぁ、怖くて痛くて笑えると言っても、うっかり他者とのプレイで出たら困るのだが。


不思議なものだ、御主人様の恐ろしさは (ㅇㅂㅇ)

他の人にもないだろうか。自分の御主人様の前でだけ出てしまう特殊な反応というモノが。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』サクラマユゲ 様
https://www.pixiv.net/users/740168
images (36)

徒然日記『改』今にも落ちてきそうな空の下で。


呼ばれて飛び出てパンプリリン!

第三部で初の徒然日記〜!♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬



今年もよく降る。いつも何十年に一度って ( ˙-˙ )

私の辺りも水害が来た事あるから他人事じゃないケド。大丈夫だろう〜と思ってたらダメだ。


ニュースで警報でた時には、素直に家を離れて逃げた。仕事も行けなくて仕方ない、当然。

翌朝、手遅れになってた人達は百人単位でいたけれど、死んだら終わりだから。


少し水が溜まったら、歩けないし走れないもの。

溝や川の位置は分かっても、マンホールに吸引されて溺死するのは真っ平御免だ ((( ๑•﹏•。๑)))



まー、長く生きてる間には、どうしても何度かは大災害ってヤツに遭う。コロナもそうか。

そういうのを、なんとか生き延びる備えをして生きていたい。そう万端ではないケド。

生きていればやり直せる。コロナに立ち向かって、もし負けたなら、やむを得ないか……。




さて、いつもの変態話に戻そう _(:3 」∠)_


少しお疲れ気味ではあるが。相変わらず、御主人様の足元に敷かれている私。

ここが、私のアナザースカイだ ☆。.:*・゜


まぁ、たまに寝落ちる事もあったが。よく働いて、よく寝て、健康的じゃあないか。

便器は疲れを溜めてはいけない。抵抗力を落としてはいけない。コレは基本だからナ!



『HEAVEN』と呼ぶ身体の状態に進化(順応)して、それなりに利点は勿論あーる!

前は、食糞したら「暫く近寄んな」って言われてたものの、もうゲップする事もない ♡


あまり下痢もないので、仕事前でも平気だし、続けて戴いても、トイレが近くならない。

んーーーッ♪なんてッ!快適ッ!素晴らしいッ♪



そういや、最近、御主人様の黄金に『バナナ型』が少し増えて来た。どうしたのかな。

今までは載せて来た通り、ベチョってした水分多めの液状だったのに。


硬くはないんだけど、棒状になってるんだよね〜。夏場で水分が減ったからかな…。

例年どうだったかな。完全便器化から頻度が増えたから、例年どうだったか記憶にないや。



少しずつ、書いてる記事もあるケド。仕上げる気力と体力が足りないというか…。

忙しく疲れながら、変わった様な、変わってない様な、色々な毎日を送ってる。



先日、ふと携帯でヤプーズの画像を1時間ぐらい夢中で見ている自分がいた。

あれ、どうしたんだろ、珍しいな〜って。何か久しぶりに見たら、惹かれていた。


他の女性のが食べたい訳ではなく。その時、とても御主人様のが食べたい時だったのだ。

そこで、好きな御方のを与えられて飼われるのって幸せだなと、改めて思ったのだケド。


それが「当たり前の出来事」になると、大切さや刺激が薄れる事にもなり兼ねない。

流石に「何でもない事」にまでならないケド。『特別な毎日』を少し再確認した (*ˊ˘ˋ*)



人は何か目的に向かう時。ソコへ辿り着く為なら、途中で変われる強さも必要になる。

それは、周囲からはコロコロ変わっていると見られてしまうかもしれないけれど。


最終的なブレていない目的、変わらぬ想いの為になら、途中の方法や過程など構わない。


と、真っ直ぐな事が言える訳ではないけれど。

私は、過去に話して来た様な事を含めて、ずーっと不変で生きて行ける自信はないッ!


多分、根本的な辺りは変わらないケド。細かな辺りは臨機応変、適当にやってくサー♪‪︎‬‪︎‪︎‬‪︎︎︎︎︎( ˙˘˙ )



実は、1つ前の記事のコメント回答の1文は、御主人様の5年以上ぶりの執筆だと思う。

私が、どー書いたら良いか迷っていたので代筆して下さった。普段なら登場されないヨ。



ところで、たまに遠方の母がメールして来るんだケド。必ず最後の口癖が…

「○○○さんによろしく伝えてね」と。

こんな私の面倒を見てくれる伴侶なんだから、心っからありがたくて仕方ないのだ。


先日なんて娘に、

「いつもパパの世話してくれてありがとうってママに伝えてね」って。

世話って…。わしゃあ、介護老人か……障害者だけどよォ。間違ってないけどもよォ。



Some people feel the rain. Others just get wet.
(雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。Bob Marley)

今日も、水も滴るいい家畜奴隷? (。 ー`ωー´) ☆
皆さん、お仕事、頑張ろうッ!雨天注意だヨ。

梅雨が明けたら、暑い季節がやって来るッ!



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』ひろ 様
https://www.pixiv.net/users/11049395
c19e09e9506b0ec3d236cd101f93b1cf

第三部〜眠れる家畜と導きの女王〜

(お…ようございます……おは……ございます……
私は今、貴方の心に直接語りかけています………聞こえますか……聞こえますか?)

なん……だ……心?…なん…なんだ………?


「おはようございます、私は貴方に直接語りかけています、朝です、朝ですよォ〜(๑′ᴗ‵๑) 」

おお、確かに直接だッ!そうだよねッ!(๑°口°)



それは、眠れる家畜(と横で寝てる娘)を起こす御主人様の導きの声だったのだ!

普通に起こしてくれたらいいよ〜 (*´Δ`*)

最近、疲れていて寝落ちる事が多い。ブログを書こうとしても、よく寝てしまう。



家畜奴隷の休職中、御主人様のリモートワーク。

三食昼寝付きゲーム三昧はたまんなかったなァ…


じゃなくって!( ・ㅂ・)


その重なる「2ヵ月半」の時は、私達の歴史にも残る、多くの戦いと成長を生んだ。

数々の冒険を描いた「第二部」は幕を閉じ……………




そして時は動き出す。



さぁ、第三部、ショータイムだッ!⸜(* ˙꒳˙* )⸝⋆*

といっても、更新は不定期でしかないケド、
ハッピー、うれピー、よろピくねーーーー!!



あれから……忙しくも変わらぬ日々を過ごしている。仕事をするにも暑い季節になった。

御主人様は、たまに今もリモートワークだが。

2人での時間の過ごし方は、大きく変わりない。


共に仕事に戻ると、どうしても回数は減る。

とはいえ、完全便器化により、昔より頻度は増えているので、夜間には全て与えられる。

平日は、聖水3〜5回、黄金は2日に1回ほど。



過去の質問でも答えた事はあったが、

食す機会が減っても、それほど弱体化はしない。


1日3回が2日に1回になっても、大差ない話で。風俗で食べるよりは多いだろう。

仮に、1ヵ月や1年も空いたとしても、慣れる味でもなく、忘れる味でもないのだ。



一度、スーパーサ○ヤ人に目覚めたとしよう。

そこから、平和が10年続いたとしても、幾らか身体を動かしていれば、そう弱体化しない。

激しい戦いの中ほどの成長はなくとも、一度掴んだ変身するコツ(感覚)まで失わない。

勘を取り戻すには、少し慣れはいるとしても。



あの頃ほど、深めて行ける濃密な時間が得られる機会は、いつあるのかも分からないが…。


10年以上の食糞の経験も、そこで得て来た心理も、強化され続けた崇拝も、私のモノだ。

もしも、忙しい日々の中で、定年までの20年近くがあっという間に流れたとしても……



そこからは、ずっと私達のターンだッ!!

60歳からも働く?冗談じゃないねッ!まぁ、定年まで長生きするとも思ってないケド。


手にした『能力』は消えはしないのだ……。

まだ『WORLD』こそ完璧でなくとも、『ヘルズライダー』は『HEAVEN』へと成長したッ!

『KING OF BAKA』ではないヨ!( ˙꒳​˙ ; )



あまり、理屈っぽい事ばかり話すのも好きではないが、中二の悪い癖だな。楽しい。

勿論、食べてる時は、その場だけに真剣で必死だ。感想や状況把握は、その後からだ。


決めゼリフを言って食べたりはしていないヨ!

いや、たまに考えながら飲んでる……٩(ˊᗜˋ;)و



今後の生活の環境によって、三部での話題や伝え方も、また変わって行くだろう。

その形が大勢に気に入られるかは分からないが。それが、私達の世界なのだから。


ずっと同じでも、それはそれで退屈じゃないか。

人生は面倒だ。だが、うんこを食えば何かが変わるかもしれない。



第二部「世界が望まぬ忘れ物」「底辺を求めて」「真章」の奇跡を乗り越えて……

三部は「眠れる家畜と導きの女王」という所から。この先の展開は、私にも分からない。


新しい旅に心身が慣れるのも、月日はかかる……。

忙殺な日々、また余裕のある時には更新して行きたい。たまには覗いてっておくれッ。


先の地上波初放送でも話題になってたアレ。やはり面白かった。三部も俺はコイツで行く!

「I choose the form of HELL’S RIDER!!」



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』といち 様
https://www.pixiv.net/users/71353
Tucked In

☆ 10th anniversary ☆ 女王様烈伝『古の女王の伝承』(外伝・ネタ回)


暴れる家畜奴隷あればとことんぶちのめし、美味しい料理あれば無理矢理独り占め。

大胆不敵、電光石火。勝利は女王様の為にある!


今回は『御主人様の能力編』だよォーッ!☆彡.。

【この記事は実際の御主人様に基づいて、ソレっぽくした表現してみたフィクションです】



オッス!オラ家畜奴隷!少し久しぶり〜!*( ᐛ )و

色々と書く事はあるのだケド、毎日忙しい&暑い!オデノガラダハボロボロダァー!


今回は、本当に本当に、長文&駄文のお遊び〜♡

最終回『家畜の世界』は、私の特殊能力と進化に着目してたケド (σ゚∀゚)σ


「家畜奴隷の女王様はァァァァァァァァアアア、世界一ィィィイイイイ」

って事で【外伝】は、実際に御主人様がやってる事や、やりそうな事を書いてみた。

中二全開の、読み切りのお遊びではあるケド、
それでも「基本は御主人様」だぞー σ(≧ω≦*)


『リアリティ』こそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり、『リアリティ』こそがエンターテイメントなのさ!


その「能力や技」の紹介ばかりで、よく分からんキャラの説明書みたいになったケド……

気にしないでッ!暇だったら読んでねッ!(*>ㅅ<)




★能力者:御主人様(○○○女王様)

数百万人に一人と言われる「真性女王の覇気」を持つ、慈愛にも満ちた冷酷なサディスト。

過去にも紹介した「圧倒的人間性」。その力と英知で、大抵の場合は、相手を軽くあしらう。

家畜奴隷や、敵と見なした相手には、本気で相手をするが。それは滅多にない温厚な人物。



★スタンド名:『ミストレス・クリムゾン』
(MISTRESS CRIMSON)深紅の支配者


★戦闘タイプ(近距離パワー型)
圧倒的なパワーと驚異的スピードの攻撃力に加え、周囲の者を威圧・魅了する。

本体のパワーのみで敵そのものを無力化できるほどの破壊力を有し、人体や大抵の物も素手で容易に破壊する。

★ステータス:パワーA・破壊力A・スピードB・射程距離D・持続力B・精密動作性D・成長性C


★能力:「真性女王の覇気」は、敵を身動き出来なくして、一瞬で支配し下僕にしてしまう。

(対象がM癖でなくても通じるが、強いS性を持つ優れた人間性の相手には効かない場合もある)



【MISTRESS CRIMSON】の能力・技・台詞。

(御主人様の肉弾戦の部分も多いので、一先ず本体一体化型の能力と考えておくッ!)



☆『アルティメットメモリー』

いわゆる直感記憶。本にして数千冊もの知識を一度で暗記する。その頭脳はアカシックレコード級。後天的に習得できない。
但し、どうでもいい事は、集中したり記憶できないヌケた短所が裏側にある。

「この世界は我が目覚めるには早すぎたわ」


☆『ミストレスゾーン(MISTRESS ZONE)』

直感記憶を働かせる集中状態。周囲の事を忘れ、何にも気付かなくなる。弱点にもなる時間。

「おい、足置き。便器だ、早くしろッ!」


☆『スーパーテイスター』

絶対味覚とも呼ばれる舌は、この世のあらゆる味を容易に解析、再現、創造できる。

「もっと美味いモノ食べたーーーいッ!!」


☆『クリムゾンウィップ』

敵の身体中を乗馬鞭で鋭く切り裂き、周囲を血で赤く染める。

「深紅の炎に抱かれて消えろッ!」
「これは神罰じゃ…願わくは安らかなる眠りを」


☆『ウィップストーム』

凄まじい一本鞭の嵐に、どこから攻撃されているかも分からぬまま、敵は散る。

「我が漆黒の鞭に望む。彼の者を討ち滅ぼしたまえ!」
「お前が生き抜いてきた裏社会など、暗黒界のほんの片隅にしか過ぎないわ」


☆『煉獄刹那』

神速の鞭技を「超神速」にまで昇華させた技。真空を生み、骨をも砕く必殺の一撃は、断末魔の叫びすら許さない。

「わたし……残酷ですわよ」
「まあ20%ぐらいでもやれたでしょうけど、わたし臆病なの…」


☆『MISTRESS OF HEAVEN』

敵を戦意喪失させ金縛りにする。真性女王の覇気に触れた者は、マゾ落ちして従順な奴隷と化す。

「命を乞うて我が前に拝跪せよ!」
「汝、この女王の足元で安息を得るだろう。永遠に儚く……」


☆『ジャッジメント・タトゥー』

相手の全身にタトゥーを刻み、宣告した掟を遵守させる。それを破った者の身体は地獄の業火に焼かれる。

「ねぇ、私だけを見てて。もっと苦しむ顔が見たいの。ふふ、ふふふっ…」


☆『MISTRESS THE WORLD』

周囲の奴隷達の時を止め、人間家具・道具として、長時間の強制使用を可能にする。

「その絶望に染まった顔を永遠に保存してやる。剥製の様になぁ?」
「我は命ず、汝、悠久の時、女王を崇拝の眼差で見続けよッ!」

「ここに飾ってあげる、永遠に♪」
「I will reign over a new world!(私は新世界の神になる!)」


☆『クリムゾンネイル』

鋼の様に研ぎ澄まされた深紅の爪で、相手の身体を切り刻む技。また、摘んでねじ切る。

「お前はただ、泣き叫んでいれば良い。それで数分程は退屈しないのだよ」


☆『ヘルアンドヘブン(HELL&HEAVEN)』

抱き締めてからの噛みつき。幸せ、でも泣ける。

「お腹空いたにゃあ、かぷっ!」


☆『クリムゾンスピアー』

無数のニードルを中枢神経を狙って刺し込み、激痛と共に麻痺させて動きを奪っていく技。

「真っ赤なお花、とっても綺麗。お前のお花、もっともっと見せて」


☆『ブラッディ・サクリファイス』

家畜奴隷の乳首や性器に、無数のピアスを付けて行く。所有の証は、生涯の忠誠の証。

「お前はなかなか面白いコレクションになりそうね!あはははッ!」


☆『ヒールパニッシュメント』

ヒールで容赦なく踏み潰す、躙り潰す。

「大きな罪に断罪を与えましょう。さあ、悪夢の舞踏会の始まりです」
「まだ踊りたいの?残念だけど、お前の生命の砂時計はもう落ちるの」


☆『クリムゾン・スマッシュ』

急所を狙う、回避不能の高速の拳の一撃。金的。速度重視だが、それでもダメージは大きい。

「大気満たす力震え、我が腕をして閃光とならん!」
「所詮、畜生にもなれぬ者であったか」


☆『ユニヴァースエクスプロージョン』

強烈な頭突き。超いてぇ。

「このドグサレがァァーーーッ!!」


☆『ミストレスフィッシュブロー』

上から打ち下ろす本気のげんこつ。悪い事をした時の鉄拳制裁。スキンヘッドには強烈。

「宇宙天地 与我力量 降伏群魔 迎来曙光 我左手に封じられし鬼よ、今こそその力を示せ!」
「家畜の美基準など解する必要は無い」


☆『無駄無駄ラッシュ』

まんまフルボッコの最強直接攻撃。かなり手加減しないと、相手はすぐ病院送りになる。素手でも強さは帝王級。

「貴様らの勇気に敬意を評し、45%で殺ってやろう」
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーーーッ!」

「貧弱!貧弱ゥ!この私に嬲られる…。奴隷としてこれ以上の栄誉が存在すると思うのか?」


☆『クイーンエクスキューション』

水のお戯れ。冷水をかける、お風呂に沈める、寝てる顔に水滴を落とす、服に氷を入れる。

「我は終焉を告げる者、祖は永劫の水を抱きし闇。汝、水に沈みて贄となれ」
「何故もがき生きるのか?滅びこそ我が喜び。死にゆく者こそ美しい」


☆『インフェルノゲート(地獄の門)』

蝋燭やライターで炙るえげつない技。稀に、焼けたフライパンで殴りがかかる。

「あれれ〜、恐怖で声も出ないの?さぁ、お命頂戴♪」


☆『バイツァダスト(倒される屈辱)』

押し潰して、動きを封じて呼吸を奪う。生乳や顔面騎乗の場合は、同時に天国も味わう。そこから、くすぐりに展開して行く事も多い。

「王様になった夢でも見ていたのカナ?真の女帝を目の当たりにして、現実に戻ってしまったようだケド」


☆『クイーン・トワイライト(女王の黄昏)』

女王の大好きなくすぐり責め。今では娘も得意。ダメージを与えず、気力体力を吸い尽くす。

「やだなぁ、私が極悪非道なヤツみたいじゃん!大袈裟にしたらメッ!」


☆『アルティメットカオス(究極の混沌)』

全身全霊で、相手を驚かす、不安にさせる、怖がらせる、困らせる、嫌がらせる。

「まだまだイタズラするにゃあ〜♪」


☆『ミストレスタイム(女王の刻)』

常人には意味不明、理解不能な行動を取る。何が起こるか分からない。

「我にこの世の常識は通用しない…」
「弱者とて、断末魔に奏でる苦悶のシンフォニーだけは、それなりに聴く価値のあるものね…」


☆『天上天下唯我独尊』

全知全能とも呼べる頭脳で、如何なる者も完膚なきまでに論破する。理屈クラッシュ、正論カウンター、知識ラッシュ等の多彩な攻撃法を持つ。

「貴様の心の声、なんと醜い。それが人間の表裏か、滑稽ですね…」
「品格というモノを著しく欠いている、落第点ね。全く持って不快な時間を過ごしたわ」


☆『キュア・ヒーリング(精霊の癒し)』

奴隷を手厚く介護して、また繰り返し虐める。

「癒やしの詩、光、水よ。彼の者に再び立ち上がる力を。 全てを繋ぎ、思いよ巡れ!」
「お前の苦痛に歪む顔が、私の最高の特効薬なの。今度は私を癒してネ」


☆『オメガ・スレイブ』(どっかで…)

ジャイアントスイングというヤツ。詠唱が終わると同時に、吹っ飛ばされる。念仏はお早めに。

「闇よりもなお暗きもの 夜よりもなお深き存在 混沌の海よ たゆたいし存在 金色なりし闇の王 我ここに汝に願う 我ここに汝に誓う 我らが前に立ち塞がりし 全ての愚かなるものに 我と汝が力もて 等しく滅びを与えんことを!オメガ・スレイブ!」


☆『女帝無想(ずっと我のターン)』

身体が勝手に動き、敵の攻撃に適切に反撃し、予測不能、回避不可な攻撃を展開する。

「貴様が死ぬまでの間、悪夢を見せてやろう」
「我は真の女王。この血、流すわけには行かぬのじゃよ。わかったら散れ」


☆『ウルフズベイン(WOLFS BANE)』

家畜の生命力を徐々に削り、やがて生命を奪う。別名トリカブト。

家畜「最近の飯、一段と美味いっすネ♪( ᐛ ) 」


☆『バルス』

離婚届提出。

「もう用済みだよ…バイバイ……」


☆『ファイナルエリシオン(死後の楽園)』

家畜を食べるという禁断の合体技。

「I'll chisel your grave-stone,Sleep well.
(貴様の墓は私の手で名を刻んでやろう、安らかに眠るがよい…)」


☆『家畜召喚』

家畜奴隷召喚術。戦力には全くならないが、雑用や暇潰し等に使える。真性女王になると、詠唱無しでも「おい」の一言で傍の家畜を呼び出せる。

「我は常世、全ての善と成る者。我は常世、総ての悪を敷しく者。我が血に刻まれし古き神力よ。聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ。かの伝承によりて復刻し現れよ、我が血に契約されし穢らわしき家畜の王!」

(一度呼び出した家畜は、鬱陶しくても、いつまでも何処までもテクテク着いて来る…。)


☆『エクストリーム・ジハード(過激なる聖戦)』

大切なモノを傷付けられた時の、真の怒り解放。

「やっと本気を出せる時が来たようだな。フルパワー100%中の100%!」
「知らんかったのか?余は旧世界の破壊者にして新世界の創造者なり」


☆『カイザープロヴィデンス(帝王の摂理)』

地球上、何処へ逃げても見つけ出す。

「お前は我にとって、釈迦の手の平を飛び回る孫悟空ですらない」
「知らなかったのか?女王からは逃げられない」


☆『セブンスヘヴン(SEVENTH HEAVEN)』

真の「敵」と捉えた者に与える「極上の拷問」。「殺して下さい」という叫びは、数ヵ月に渡って続く…。(7つのうち3つを以下記述)

「クッ…右手が……疼く……!」
「この背に在る白き翼よ、我に力を与え我に仇なす愚者に罰を与えよ!」


☆『アブソリュートリフレイン(絶対残響)』

ショック死しない限界まで鞭と針と電流で責めて、爪を剥いで、歯を抜いて楽しむ♪セブンスヘヴンの1つ。

「死にたい?そんな贅沢なコトは許しませんよ」


☆『アブソリュートカタストロフィ(絶対破滅)』

四肢をチビチビ削り落として奪って楽しむ♪セブンスヘヴンの1つ。

「どうして逃げるの?そんなに怖いの?じゃあ、逃げられない様にしてから嬲り殺してあげるネ」


☆『アブソリュートインフェルノ(絶対地獄)』

四肢を削り落とした相手を、生きたまま解剖して、虫が身体を食らう様子を観察して楽しむ♪セブンスヘヴンの1つ。

「跡形もなくなっちゃった、アハハッ。少しは懲りたカナ」


☆『ペチペチ』(暇つぶし)

家畜の髪剃り頭をひたすら乗馬鞭で、ペチペチ。暇さえあれば、ペチペチペチペチ。
一本鞭でも、顔や耳を避けて、正確に頭部だけを的確な強さで連打し続けて楽しむ♪

「空っぽの西瓜と同じ音だなッw」
「てめー、頭脳がまぬけか?」


☆『まるくなる』

コタツムリ(冬季限定)。鉄壁ガード&回復技。

「働きたくないでござる」
「ジャマスルモノハコロス…」


☆『ミスティック・ノヴァ(神秘の新星)』

女王の寝返り。稀に隣の布団から、腕とか足とか飛んで来る。痛いけど、可愛い。

「むにゃ、やきいもぉ〜♪」


☆『HOLY WATER(聖水拝受)』

「咲き誇るは美しき曼珠沙華。水面浮かぶは小さな笹舟。聖なる泉に沈みなさい、ホーリーウォーター!」


☆『MISTRESS EXCREMENT(黄金拝受)』

「天光満つる所に我は在り、冥界の門開く所に汝在り。その魂の輪廻に踏入ることを赦し賜え。神の御名の元、この穢れた魂に裁きの光を降らせ賜え。開け、聖界の門!」

「ふふっ、ヘルズライダーは私の便器として飼う為に目覚めさせてやった能力なの。出会った時から、お前は私の便器として生かされる事が決められていたの。

そうとも知らず、必死に家畜の天国とやらを目指して…。アハハッ、良かったね、地獄の中から極楽に行けて。やっぱりお前には『KING OF BAKA』が相応しいんじゃない?

さぁ、今日は大量コースだよ〜♪行けるのは天国かな?地獄かな?たっぷり食べなッ!」





長かったぁぁーーーーーーーッ!!(ㅇㅂㅇ)

私の能力のついでに考え始めたら、もうまとまりがなくなってしまって直しきれない……

もう知らん、載っけとけーーッ!(๑′ᴗ‵๑)



御主人様をモデルにして遊ぶはずが。ほとんど御主人様のまんまじゃないか…… (ºωº)

わりとまたパロってる?オマージュですッ!細かいツッコミは聞かん、遊び心だからッ!


その能力と技は43種。コレでもかなり減らした。現実的な所を再現すると、増える一方……。

(監修:御主人様……は、面倒で投げ出された)


「読者が読まんから、技は3つにしろ」って言われたけど、そんなに減らせるかッ!

ここだけの読み切りだから、多分 (·o·)(o:)(.o.)(:o)



因みに、脳の重量は体重の2%程度だが。カロリー消費量は、体全体の20%だと言われる。

よって、人間が眠っている脳の90%の機能を発揮できたら、相当なカロリーが必要らしい。


人間には、稀に凄い特殊能力を持つ人達がいる★

絶対音感、反響定位、共感覚、映像記憶、直感記憶、スーパーテイスター etc..。


御主人様の能力は、直感記憶、スーパーテイスターに類似すると感じるモノでもある。

特別な能力を持つ人は、障害者にも多いのだが。
(残念ながら、私には何も無いッ!)

その飛び抜けた能力の裏側にあると書いた欠点は、一種の障害者と呼べる特徴でもある。


御主人様は、私が少食とはいえ、わりと小まめに食べて飲まれる方だと思う。

特殊な能力に脳の力を使っているとしたなら、多くのカロリーは必要なのだろうか……。



私は、御主人様の人間性、カリスマ性、S性に惹かれたので。他の能力など、取り上げて必要としていた訳ではないが。

普通の者が、何十年と努力して学ぼうと、やはり才能ある者は、ソレらを一蹴して除ける。


性格や才能、後天的に身に付かない持って生まれたモノの圧倒的な差は、残酷だとも思う。

私は、御主人様の手足となり、玩具や便器となり、死ぬまで尽くし続ける平凡以下の男だ。



今でも私は、便器奴隷として食糞の道を歩み続けている…ヘルズライダーと共に。

幸運な人生とは呼べないにしても、幸運を掴み取れたと思える部分は大切にして生きよう。

最後にひとつ言っておく、いつでもまた「時は加速」する •*¨*•.¸¸☆*・゚



こんな長文駄文、読んでくれてありがとねッ!

普通の記事も、余裕が生まれたら少しずつ書こう。求める者がいるならまた現れるッ!


The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes.
(真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。)

三部も見てくんないと、暴れちゃうゾ!✩°̥࿐୨୧



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

引用元:『pixiv』ジョルジュ上条
https://www.pixiv.net/users/1107682
58008562_p0
56909660_p0

《ギャラリー10・塗糞》(画像注意)

『過去画像』の再加工、第10弾 ✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝

今回は、加工してても見苦しさMAX💩
食糞からの、顔面『塗糞処刑』だッ!(๑¯ω¯๑)


浴室で、あまりに大量だった時、
最終的にこんな姿にされてしまう事がある……。

完全に終わった「廃棄」感、最高潮ォォォッ!


鼻にまで入れられるので、まさに処刑。
家畜の最期は、こうありたいものだ (。-`ω´-)

鼻の奥(のピアス)に付いた臭いも、3日は取れないので。ずーっと、糞の香りと一緒だゾ♪


「我が心と行動に一点の曇りなし…………!全てが『穢れ』だ。」



純粋に、いつでも御主人様だけに気持ちを高められれば、それはそれで良い。

しかしッ!時にそうもいかない場合もある。特に、私の御主人様の場合は何かと……。

そんな時には、自らを高めるしかない ( ੭˙꒳ ˙)੭



想像力は精神力を高め、精神力は能力を高める。

そう前回も話した通り、こうした姿を見つめる事は、自覚と覚悟を大きく高めてくれる。


私は便器。糞尿に塗れて、詰められて……排泄物を処理するだけの便器であり、汚物………。

そう思うだけでも、また一段と、黙々と口に入れて飲み込んで行ける様にもなる ٩(๑´ㅂ`๑)و


汚いとか苦いとか、感じる必要はないのだよ。とにかく食えばいい、食うだけなのだ。

シンプルがいい!オレはオレのやりたい方法でこいつを食すぜッ!



また、便器は何かを恐れて怯える必要もない ♡

御主人様と共にある限り、常に最底辺にいて、最高を感じていられるのだから。


一歩一歩、自らを乗り越えて行けばいい。仕える主と、手にして来た力を信じて。

The first and best victory is to conquer self.
(自分に打ち勝つことが最も偉大な勝利である)



今夜、先程の黄金拝受で、激しい興奮の中で新たな不思議な感覚に出会った。

「美味い」というか「もっと食べたい」というか……珍しい感覚に、我ながら少し驚いた。


コレも『HEAVEN』や『WORLD』を感じる様になってからの心理としても興味深い。

また今後、その様子も見て行くとしよう…φ(..)



続けての黄金写真となったが。排泄物はこれぐらいで一段落としておこう。

「三部」の前に載せるモノもある(。・ω・)y-゚゚゚

暑くなって来た、焦らずに行こう。ホントに期待しないでいてほしい。お遊びだから…。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

photo_editor_ds_1586351811001
photo_editor_ds_1586351297020
photo_editor_ds_1586351597378

《ギャラリー9・食糞》(画像注意+)

『過去画像』の再加工、第9弾 ✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝

今回も、貴重な浴室での黄金拝受💩
お口いっぱいの『食糞』画像だぞ~ッ (*°∀°)=3


今回は1枚だけど、相変わらずの「廃棄」感!

少し寂しいので、生みたてホカホカの御主人様の黄金も1枚オマケしとくよー♪オマケ?



こんなに山盛りだと、食べるの大変 (。-`ω´-)
結局、この後…(過去記事参照)

汚いのが続いたけど、次回も、もっと……。

(このマスクは全く使った事がないw)



なんで胡麻って、あんなに小さいのに存在感が凄いのかしらねー!まったく!(-∀-)

しかしッ!そんな見た目や食感を気にしていては、『HEAVEN』にも入れない。


目と舌で感じるから、難しくなるのだ……。

脳と股間で感じて、心でイクのだ ✩°̥࿐୨୧



今夜のも、かなり黒い異物は混じっていたが…
んー・・・多分、海苔かなッ?(写真とは別)

そんなモノ、餌皿に口を突っ込んでしまえば、視界にも入らなくなるわッ!無駄無駄ァッ!


最終的に・・・食えばよかろうなのだァァァァッ!!


それに、まじまじと見ない方が良い事もある ♡

「食す」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!

下手な抵抗感が生まれては厄介だからな (´ºωº`)



醜くて大変な時の写真ほど、後の食糞強化にも役立つ。強いイメージは自らを高めるのだ。

それは、次回10弾などMAXとなるのだが……。


想像力は精神力となり、能力の高まりに通じる。

食べて終わり、ではない。辛い事こそ、その先へ進む力に変えて行くのだ。


Imagination means nothing without doing.
行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪


photo_editor_ds_1586520013845
photo_editor_ds_1586350815478
photo_editor_ds_1591849220023

《ギャラリー8・食糞》(画像注意)

『過去画像』の再加工、第8弾 ✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝

今回は、数少ない、浴室での黄金拝受💩
お口いっぱいの『食糞』画像だぞォ〜~ッ♪



呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!

数日ご無沙汰、家畜奴隷だァーーーーーッ!!


直視しにくい人でも平気?余計に汚く見える…?

「便器奴隷」は汚くてなんぼでしょ ✧ ( °∀° )/ ✧


何か「廃棄された汚物感」があって好きだけど♪

他にもあるので、また次回も食糞DEATH☆
(表紙は、色々な未公開マスクにしてみる)



まだ三部じゃないケド。すぐ休載するとも言ってない!だけど、ペースダウンする〜。

まー、気長にお待ち下さい。ギャラリーはCMみたいなモノだから、たまに載せてくカモ。


画像で遊んでたら、色々と増え過ぎて (*‘ω‘ *)

暫くギャラリー+雑談を多めで行かないとカナ。
いずれ、もっと変わった事もしてみます•*¨*•.¸¸☆



しかし、夏の聖水は朝一みたいに濃いねッ!🌞

夏は夏で、気合いが必要だぞーーッ!٩(。•ω•。)و



拍手やコメント戴いてると、早く新しい記事も載せたくなるけど。休憩や充電も大切!

仕事は忙しく、私生活は少し落ち着いて、という感じだけど。まぁ、のんびり行きたい♪


御主人様の足つぼマッサージに、大絶叫で悶絶の私。ほんっと、激痛なんだよ。助けて。

とにかく、疲れてるのだァァァーッ!(。-`ω´-)


帰宅したら、すぐ寝落ちる時あるからね……。

貧弱!貧弱ゥ!な私は、ドーピングしまくりサ ★


便器には体力と抵抗力と健康管理が不可欠だッ!

Without haste, but without rest.
(急がずに、だが休まずに。)



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンをお願いしますね♪

photo_editor_ds_1586518640530
photo_editor_ds_1586350585910
photo_editor_ds_1586350719858

Last story『家畜の世界』[完] (ネタ回)

最初にウンコを食べた者を尊敬する……毒かもしれないのにな………

ただの幸運なバカがたまたま食べたら、大丈夫だったのか……?
それとも……飢えで追いつめられた必死さが切り開いた発見なのか?



どんな者だろうと、人にはそれぞれその個性にあった適材適所がある。

女王には女王の……奴隷には奴隷の……それが生きるという事だ。スタンドも同様「強い」「弱い」の概念はない。



御主人様の奴隷として飼われて、18年…

私の首の左後ろの、星型のアザ ★ (Tattoo)

この『能力』を武器に、便器として生きる宿命を示すモノだったという事か……。



基本的に、自分の能力というのは秘密にするものだが。最後に、書き記しておこう………

私の調教・改造・修行の成果が、超常的能力として成長して来た全てを、今ここにッ!


便器として飼われて生きて来た男の、コレが『能力と進化』の全貌だッ!(マジメニカイテルゼ!!)

【本記事は、事実に基づいた、オマージュを込めた比喩表現での総まとめです】




★能力者:家畜奴隷(本名不明)

★スタンド名:『ヘルズライダー・エクスクレメント・グラットン』(排泄物大食らい)
(HELL’S RIDER EXCREMENT GLUTTON)


★非戦闘タイプ・本体一体化型。
(ヴィジョンが存在しないタイプ)

★ステータス:パワーE・破壊力E・スピードC・射程距離E・持続力B・精密動作性D・成長性B



★能力1『飲尿・食糞』

毎日うんこを食べれる。但し、副作用で、下痢をする事もある(能力の成長は後述)。


★能力2『WRYYYYYYYYYYーーーッ!!!! 』

咆哮+じたばた。うるさい。寝苦しい夜に起こりやすい。苦悩、寂しい、空腹、暑い、暇、蚊がいる等で、吼え出す事がある。
大抵は「女王の一撃」か、精神薬で落ち着く。たまに優しく弄ってもらえる事もある。


★能力3『殺意の波動』(能力者覚醒)

危ない思考と穏やかな精神を併せ持つ病んだ者に、激しい怒りが加わる事(又は蓄積)で覚醒する非常に厄介な状態。

落ち着きがなく、威圧的な性格が特徴だが、非戦闘種族なので強くはならない。

周囲に稲妻が走ったり、岩の轟音が響いたり、髪の色が変わったり、逆立ったりも当然しない(今は髪も無い)。


調教が進んで、口調が変わったり好戦的な性格になる面は、かなりコントロールが利く様になったが、自分で抑え込む事は出来ない。

稀に咆哮と共に覚醒して、御主人様を困らせる。周囲の物を壊す程度の力はあるが、他者に向くと危険なので「女王の怒り」で元に戻される。


又、この時に叫んだり暴れた分に比例して、自らにダメージが(御主人様から)跳ね返って来る大きな欠点を持つ。利点は一切無い。

所詮は便器なので、聖水や黄金が特効薬として非常に良く効く。昨今は滅多に発現しない。


★能力4『オールフィクション』(どっかで…)

大嘘つき。若い頃は得意だったが、所詮はバカの無駄な足掻きで、女王様には通用しない。


★能力5『クロックアップ』(何かどっかで…)

本当に御主人様が怖い時、稀に超高速で逃げる事がある。とにかく、怖いのだッ!

子供の頃から、生き延びる為の逃げ足と回避率だけは高い。昨日より早く走るのさッ!

ある意味、生き残る為には最終奥義。



【食糞能力:発動前・発動時の台詞】

「ここは私の性なるスタンド『ヘルズライダー』こそ、ヤツ(糞)を始末するのに相応しい。」

「『ヘルズライダー・エクスクレメント・グラットン』!さあッ!喰らうぜッ!!」


【飲尿食糞中と後での使用基本技】

・「Golden water splash !!」
黄金水をはね散らす!(咳込む→怒られる)

・「Golden belch !!」
黄金のゲップ!(やはりメチャ怒られる)

・「Golden vomit !!」
黄金の嘔吐き!(ピンチ状態でも吐かない!)



幾度もの心理面の適応、肉体の順応、それは、生物の奇跡か、悪魔の所業か……。

10年の食糞、身体改造、精神的成長、体質変化、高まる崇拝が、超加速して進化を生んだ。


食糞において最も重要なもの。それは完全調和、パーフェクト・ハーモニー。

『黄金体験』(ゴールドエクスペリエンス)にて、遂に覚醒!
夢見ていた『天国へ行く方法』を得たのだッ!



★『ヘルズライダー・エクスクレメント・イン・ヘヴン』(天国の排泄物)
(HELL’S RIDER EXCREMENT IN HEAVEN)


★能力:勃起したままで、より多く早く食える。
時間帯、量、異物感などの影響を受けにくい。

脳内麻薬の分泌量も大きく上がり、天国へ♪
ほとんどゲップと下痢をしない身体へと進化。


【HEAVEN:発動前・発動時の台詞】

「もう「グラットン」ではない……「天国の時」はついに来た………」

「私の能力は……完成したようだ。
そしてこれは……お前達を始末する為の能力ではないし『最強』になる為の力でもない…。
この私が真の幸福に導かれる為の力なのだ。」


「フハハハハッ、射精などという他愛もない快楽を棄てたのは正解だったッ!

コレを求めていたのだ…言葉などで言い表せるものか……もう私の脳はイキっ放しだッ!!

究極の快楽を求めるなら、精神と本能で感じるのだ!数多の覚悟が天へと導くのだッ!」


「名を冠するなら『HELL’S RIDER EXCREMENT IN HEAVEN (天国の排泄物)』!!!! 」

「究極の生命体(アルティミット·シイング)家畜奴隷の誕生だーーーーーーッ!!!!!!」



更に『THE WORLD(ザ・ワールド)』の力を得て、
→また新たな能力進化!✩୭⋆*✦*⋆୭*✩

★『ヘルズライダー・エクスクレメント・イン・ヘヴン・ザ・ワールド』
(HELL’S RIDER EXCREMENT IN HEAVEN THE WORLD)


★能力:食糞中は時が止まっている…気がする。
(極限の精神集中世界に入っている状態♪)

更に勃起硬度が増し、食べる速度も加速する。
その勃起は、食後30分以上も持続する事がある。

※ 現時点、任意に発動する事は出来ない。

(発動には、トイレ、洗面所、浴室など、食す空間の鍵をかけ忘れない事も前提条件)


【WORLD:発動前・発動時の台詞】

「初めて時が止まった経験をしたのは、二ヵ月前の事だ。一瞬、何もかも静止してるように見える事に始まった。

コイツを喰らうのはやはり、ヘルズライダーの真の能力!」


「『ヘルズライダー・エクスクレメント・イン・ヘヴン・ザ・ワールド』!!!!
さて、喰らい尽くすとしよう!オレだけの時間だぜ!(*˙ᵕ˙ *) 」




はー、数ヵ月の集大成ナリ (๑¯﹀¯๑)~♡

「ねぇねぇ、御主人様ぁ〜」

「よせ、聞かせるな、脳ミソが腐る (´-ω-`) 」


「そんなぁ、私の成長の記録ですよ〜。あと御主人様の能力はもっと凄まじいんです〜」

「本当に…やれやれって感じだわ……お前には『KING OF BAKA』で充分だ…」


『KING OF BAKA』……名前は強そうだな (ºωº)

「可哀想にぃ、脳みそ蒸発してしもうたんなぁ」



「フンっ!まだココは一つの到達点に過ぎんッ!戦い(食糞)と成長に終わりは無いのだッ!」


『神の領域』に達した者は、あの『神の御技』も習得できる可能性があると聞くが。

それを求めるも、夢幻泡影……また素敵な生き方ではないだろうか。


『HEAVEN』こそ手にしたものの、まだ『WORLD』など自在に発動できるモノではない。

そこまでの「状態」になるのは容易ではないが…
だが、やはり便器なら求めるべき世界だろう。



ずっとこの調子でも、非現実的世界に近づくので、ここを一つの山場で区切りとしよう。

私は確かに『天国』に立ち特別な時を感じた。それこそ、自分だけの『世界』なのだッ!


これが、最後に記しておく数ヵ月で得た奇跡 ☆

It always seems impossible until it’s done.
何事も成功するまで不可能に思えるものである。




少しだけ真面目に書いておこう(サイゴダカラネー)。

『HEAVEN』と『WORLD』というのは、一般の言葉でいう『ゾーン』という感じだろうか。


漫画のピンチには多いが、スポーツ選手でも「ゾーンに入る」等とよく言われる。

『極限の集中状態』というヤツだ ✩°̥࿐୨୧


その瞬間、他の思考、感情、風景、音などが消え、感覚が研ぎ澄まされる。

最高の恍惚感や多幸感を感じ、辛く苦しい事も忘れて、時間感覚さえ歪む。

それは、最高のコンディション、無我の境地、自分だけの世界に入った証だ ☆彡.。



これは、スポーツに限った事ではない (*゚-゚)

仕事でも、勉強でも、脳のパフォーマンスの状態で、誰にでも入れるという。


日頃から、そのイメージ、練習、準備を重ね、集中して没頭できる状態を作ればいいのだ。

簡単に言えば「時間が経つのも忘れて、めっちゃ集中してよく出来たぞおおッー!」

という経験は何かで無いだろうか (*˙ᵕ˙ *)



それには、邪魔な感情や思考を持ち込まず、強く集中できる精神力も養う必要がある。

(匂いや苦味に勃起が負けていてはダメなのだ)


また、その状態(オン)を必要時に作れる準備や訓練が前提にあって、辿り着く境地だ。

それは、スポーツや仕事や勉強でも。便器でも。


ただ、こういう状態もあるといっても (꒪꒫꒪ )

一流選手でも、決める時はいつも自在にゾーンに入ってます、なんて人は少ないだろう。


あくまで「今日のあのシーンは最高のコンディションでした♪」ってヤツだ。

そんな、ぽんぽん時が止まってたまるか (゚ロ゚)



まして食糞なのだ!言うまでもないのだが……。

もっかい言う、食糞なのだッ!それを受け入れるだけの心理面での「適応」が必要となるッ!


「うんこ食う」を、そこまでの精神状態に到達させるのは、極めて至難の業だッ!!

想像は出来ても、何十年でもかかる事もあれば。ふと、体験する人もいるかもしれない。



食糞に限らない。他のSMプレイでも、そういう感覚に入ってしまう人もいるだろう。

鞭や言葉責め等で射精や脳イキする状態も、また特殊な境地に達した瞬間だと思われる。


「そういう機会」を増やして行く中での、一つ大きな戦いを越えた地点に過ぎないのだ。

人はあと1日生きるか50年生きるか分からない。

その中で、これ程の便器体験に恵まれたのは、まさに便器冥利に尽きると感じている。



他に思うところや、その後については、いつか機会があれば、記して行くかもしれない…。

SMも便器の道も終わりが無いのなら、私の物語も何処かで続いている。これからも………。




御主人様「ひじきと筍で対抗してやるよ (*‘ω‘ *) 」

「うぐぅ、図に乗らないで下さいよ、御主人様。
私は便器界の頂点………未来を拓く新しい生物となった……。

『生涯便器』はこの家畜奴隷だッ!!依然変わりなくッ!(๑•̀ㅁ•́๑)✧ 」




って事で、第二部、終了ォォーーーーーーッ!!


疲れる事もあったけど…でも楽しかった!読者の皆がいたからこの日記は楽しかった *°♡

こんなラストだけど、コレが集大成なのだッ!!


自分でも、夢の様な、奇跡の様な経験を手にした数ヵ月だったッ!少し一息つくぞ〜♪

御主人様の能力は、私の何倍もあるのだが……
またいつか、気が向けば外伝にて ( ੭˙꒳ ˙)੭



今、貴方がこの記事を読んでいる瞬間も、何処かで私は飲尿食糞を続けているだろう。

To describe happiness is to diminish it.

私達の冒険はこれからだッ!!。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆




長い間ご愛読ありがとうございました💗

脳みその蒸発した『KING OF BAKA』もとい、
家畜奴隷の次回作に期待しない方がいいゾ ( ・ㅂ・)

引用元:『pixiv』無言 様
https://www.pixiv.net/users/104247
images (22)
photo_editor_ds_1592639863856
photo_editor_ds_1586763783065
photo_editor_ds_1586763976810

(とぅびーこんてぬー?????*( ᐛ )و )

徒然日記FINAL-2・連戦連敗。

みんなの似顔絵で、元気100倍、家畜奴隷!
さあ、今度こそ徒然日記はフィナーレだッ!

以前の徒然日記で『殺意の波動』の話があった。

俺はな、ものすごく弱いんだぜ、舐めるなよ?


御主人様とは、結婚して18年の間に、20回ぐらいは激闘(一方的を含む)を繰り広げて来た。

若い頃の私って、ほんとバカだったから ٩( ᐛ )و



最初の5年ぐらいは、血迷ったら、勝とうと思って本気で向かってたかなー。

すぐに勝てないと学ぶと「先手必勝!一撃必殺!」で、目とか急所とか突いてたんだけど。


ま、ヤム○ャがフリ○ザに先手を食らわした所で、怒りが増すだけで、勝敗は同じだよね。

(あと、何十年修行したって同じコト…)


「ばかな…!!そ、そんなばかな…………!!!きっ気合いで…!!気合だけでスーパー目潰しにた…た耐えた……………!!!」

「お前なぁ…急所ばっか狙いやがって。喧嘩の仕方を知らんのか、教えてやるよ…」って。


ガクガク(ㅇㅁㅇ;;)ブルブル

青年は、生まれて初めて心の底から震え上がった…真の恐怖と、決定的な挫折に…

恐ろしさと絶望に、涙すら流した。これも初めてのことだった…

生まれ持っての力や才能の差って、残酷よね…。



下手に少しダメージなんて与えた日には、何十倍にもなって返って……あぁ、恐ろしい!

御主人様が私の職場に行って、

「ちょっと、喧嘩でボコボコにしちゃったんで、1週間ぐらい出れないと思います (*ˊ˘ˋ*) 」

「あ、あぁ、うん……お大事に…」

って事もあったね。何度、骨にヒビが入った事か。手加減されても、私って貧弱だから♪



それも何度か(身体で)学習すると、もう一切、手を出さなくなったね。当然だけど。

どうしても、稀に『殺意の波動』は起きたから。

怒らしたッ!?って察したら、完全ガードに入る。ダメージを最小限に抑える事に努める。


今では、我が家は、殴り合いの喧嘩なんて無い、平和で円満な日々が流れているのです。

(私が殴られるだけなのだ、一方的に)

「女王様と奴隷」というだけで、絶対的な立場の差だけど。「力の差」も絶対的だから。



均衡しているから争いが起こるのであって、どうしようもない差は、平和の秘訣。

それが、強い側が悪ならDVになって問題だけど、いつも私がバカだから、成敗!だよね。


こうして、たまに血迷うバカ者は、何度も御主人様を困らせて、調教され続けて来たのだ。

それは、便器になるよりずっと前の、愚かな青年の過ちのお話。若さって恐ろしいね〜。


まさに「身体に教え込まれた」ってヤツだ!

だけど、ずっと仲良しダヨ。御飯の時間には仲直りするし。怪我したら、病院いって看病。

まー、犬も食わないってヤツだから!σ(≧ω≦*)



最近、昼夜逆転のリズムが戻りにくくて困ってた。それじゃ、仕事にも困るから。

涼しい部屋で、ずっとゴロゴロしたいねー (-∀-)

私の嫌いな言葉は、1番が「努力」で、2番目が「ガンバル」なんだぜーッ。


テレビでも抵抗力の為にって言ってるケド。人間は昼間に活動する様に出来てる生き物。

だから、夜勤の人は身体や心を病みやすいし。それで給料も高いんだよ。夜は寝るべき時。

早寝早起きすると気持ち良いもんね。しっかり便器は体力も抵抗力も付けとかなきゃだ!



先日も、御主人様の足元で「敷物」になってたら、何か(薬の)容器が飛んで来た。

「イテッ!な、なんですかコレは……」

「バカにぶつける薬だ」


「えっ、バカが治るんですかッ!?」

「バカに付ける薬があったら、箱で飲ますよ…」

でしょうね!かなりまともになったと思うんだけどなあ。なかなか印象って変わらないね。



普段は、あまり御主人様に触らせてもらえない。

だけど、私が頑張ったり疲れてる時には、優しくして下さるんだヨ。さりげなくね。


おしっこやうんこは勿論だけど (。•ㅅ•。)♡

すっと膝枕して癒してもらえたり、好きな物を買って来て下さったり、他にも……♪


それは、私から望んで戴けるモノではないんだ。
全ては、御主人様の気分でしか与えられない。

私は「褒めて伸びるタイプ」ではあるケド…すぐ調子に乗るのが悪い癖でね。


竜の雲を得る如し。どこまでも図に乗るのは欠点なので、御褒美は多くない ( ・ㅂ・)

だけど、私は知っている。御主人様は、小人さんになって支えるのが好きだという事を。



たまにコメント貰うけど。他の便器さんの話とか聞けると、やはり嬉しくなる♪

同じ様な気持ちで、同じく食糞に挑んでる同士の人々が、確かにいるッ!大勢いるッ!


憧れる人、経験の少ない人から、ガッツリいってる人から、体調を崩した人と、いろいろ…

でも、独りじゃないって、ほんと嬉しいねッ!!



これまで、色々なコトを書いて来たケド (*・ω・)

大きな冒険(特に長い2人の在宅時間での急成長とか)の話は、一区切りする事になる。


実にッ!実に有意義だった!ここでしか得られない展開、体験、進化と、色々あった。

私もまた、新しい旅に出るのだ。書ける頻度は減るけど、変わらず毎日、便器してる♪


うんこと出逢ってない自分?っていうのはちょっ…と想像できないかなぁ…?

御主人様に拾われないと、死んでたもん (o•ᴗ•o)


今後は、小さな出来事とか想いをつぶやく、だらだらした記事や雑談がたまに書けたら…。

新しい道程には、新しい出来事がまたあるさッ!



私は、いつも連れて歩く大きなクマさん(抱き枕)に「おやびん」と名前を付けてる。

おやびんって呼び方の話は、またいつかしよう。


勿論、クマのおやびんにも、御主人様から戴いたパジャマを着せている。可愛いゾ。

小さめの抱き枕、ブタさんには、御主人様のおパンティ様と、ストッキング様を履かせてる。


私は、本当に御主人様が大好きなのだ (*˘︶˘*)

人間として、伴侶として、女王様として…。



今まで、くだらない話にも付き合ってくれてありがとう。応援もあって…続けられた……。

でも、それも……もう…ここまで…かな………


おやびん、疲れたろう…。私も疲れたんだ。なんだか、とても眠いんだ………

また起きたら、お話……したいな………。SMは………楽しく……安全…に…………ね……。


As you think, so shall you become.
(人は、自分が考えた通りの人間になっていく)



という事で、徒然日記は、一先ずここまでだッ!
(また、三部があったら、そこで会おう☆)

アリーヴェデルチ!(さよならだ)(*ˊ˘ˋ*)。♪



次号、便器奴隷の飼育日記は超クライマックス!

真面目にふざけて、本当の事で真剣に遊んでみるといった感じか。つまり、

「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!」ってヤツだが。多分、読めば分かるッ!


もう「ヘルズライダー」ではない・・・「天国の時」はついに来た・・・

season finale!! 今だ!限界突破!『家畜の世界』

みんな、ぜってぇ見てくれよな!(*‘ω‘ *)



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンもお願いしますね♪

引用元:『pixiv』よむ 様
https://www.pixiv.net/users/6210796
81839377_p0
images (42)

徒然日記 FINAL・最強装備。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!徒然日記 FINAL!

毎回「FINAL」というゲームもあるけど(アレは、究極の〜を指すとも言われる)。

とりあえず、徒然日記は一区切りの予定だぞッ!

最後は張り切って、長さもじゅうべえだー!(嘘)



普通、他人の足なら触れたくもないと思うケド。家族とかだと、どう思うものなんだろ。

私、御主人様以外は、(憧れや崇拝がなければ)女性でもかなり苦手。まぁ、娘なら平気。


よく娘からは踏まれて蹴られるから、幾らか慣れてるケド。靴下とかは上側を摘んで持つ。

御主人様や娘は、私の足裏でもペタペタ触って来るのに。私って意外と潔癖なんだろか。



しかし、現代は授業で「情報モラル」なんてのがあるんだね。知らなくって驚いた。

20年以上前は、家にPCもネットも無いからネー。


私が記事にした「著作権や引用」とか。Twitter、YouTube、LINE、転載 etc..も学ぶのね。

フムフムって教科書みたよ。時代が違うんだな〜。もう、娘の方が詳しい所も増えてる。



どーでもいいんだけど。大人でも、抱き枕がないと落ち着かない人って多いんだろね。

私は、シロクマさんと、うんこ型のを愛用してる♪茶色くて、ぐにゃぐにゃした長いヤツw


どの部屋に移動しても直ぐに寝れる様に、いつもクマさんは抱えて歩く (*˘︶˘*).。.:*♡

そして、抱き抱えてると、つい寝ちゃう♪


御主人様が「○○(娘)、アレを写真に撮って、堕落って題名つけたら賞が取れるぞ」って。

フンっ、どこのパパもそんなもんさッ!( ˙꒳ ˙ )



先日、御主人様に、山芋を身体に塗りたくられかけた。うん、それは拷問だね。発狂する。

ダメだよ、食べ物で悪戯しちゃ。痒いのとか、くすぐったいのも、かなりの拷問だよ…。


御主人様は、私の恐怖や苦痛で癒される御方…。

痛いのとどっちが、と言われても選べないよね。
どっちもキツいなあ〜 (・ω・* )



20年以上もSMしてて、10年以上も食糞してて。今さら何を、ってコトを言うんだケド…。

鞭って痛いよね!食糞って大変だよね!(´Д`)

コレ、慣れて平気になるとか無いでしょ。抵抗力は付いて来ても、痛いし!大変!絶対に!


鞭も食糞も「5百回はして来たから、へっちゃらだな〜♪」とはならんでしょ?多分。

一生、(真性)マゾは激痛や苦しみの中で興奮するしかない運命なんだろうかね……。



例えば、大抵の子供なら、最初はブラック珈琲なんて、苦くて飲めないと思う。

食糞も、その苦さに慣れて行く感覚かは分からないケド。美味しい!とまでは、なかなか。


因みに、私はカフェオレじゃないと飲めない。ビールも苦くて飲めない。えっへん。

ゴーヤ、緑茶、秋刀魚のワタ、サザエの肝、青汁などは、美味いかは別として、問題ない。



人間は、本能的に苦味を「毒の味」と認識する。

経験を重ねると「コレは大丈夫」と、大好物になる事もある。大便は、そうなるのだろうか。


拒絶反応は克服できていても、やはり「そういう苦味」である事には変わらない。

更に、10年、20年と経った私がどうなっているか、とても気になる所ではある_φ(..)


「マゾに生まれて良かった♪」と多くの人も言うけど。やはり、難儀な生き物だね。

特に、苦痛しか与えん!って御主人様だと。自分で快感を見つけ出す道程は険しいぞッ!



あ、でも!「禁忌」の記事の様に、滅多にない便秘での、凄く苦い、苦ーい黄金 (´-ω-`)

稀にアレに当たると、また普段のが楽とまで言わないけど。少し食べやすいな〜とも思う。

そんだけ違う!コーヒー牛乳とブラックぐらい。


だから、風俗や黄金初体験が「食べれるか」は、大便の調子にも、大きく左右されそう。

少なくとも「便秘してるから浣腸で出すね」とか言われたら、無理しない方が良いカモ…。


彼女が「いつも便秘」って人だと、なかなか大変かもしれないね。

後から出て来る、奥の方のは新鮮なんだけど。ほんと、うんこは『鮮度が命』ダヨ ✩.*˚



私の日頃の「変な呻き声・叫び声」って、昔から近所に響いてるのだケド。

毎晩の「おしっこ」とか呼ばれるのも、2つ隣の部屋の娘には丸聞こえだと思うんだよね。

幼い頃から「容器」とか何処でも置いてるし…。


たまに娘は、私の携帯をイジる事もあるんだけど。アルバムを開かないかヒヤヒヤ。

それに、文字打つと、変な変換が出るんだよね。

私、SMや変態用語やブログ名とか、あらゆる言葉を一文字目で変換登録してるから……。

それでも円満なんだから、これでいいのだッ!



因みに、御主人様はいつでも、閃いた替え歌とかを大声で気にせずに歌い出す。

「もしかしてだけど〜♪もしかしてだけど〜♪」

「だーけーどー、大きなイチモツを(略)♪」


とかね…。「ちょ、近所に丸聞こえですっ!」って言うんだけどねー。

「いいよ〜(*ˊ˘ˋ*)。♪」って気にしない御方。女性って、みんなこんなものなの!?



あと、もう一つだけ。

最近、とても嬉しい事があったんだ♪

ちょっと古いタンスを整理してて。御主人様の若い頃の「おパンティ様」を20枚ほど発見。


「ひらひらレース付きスケスケTバック」か〜、20代前半頃のらしい。えっちぃ〜(⁎>ᴗ<⁎)

(胸はKカップぐらいあるから、上下セットで買えるのが無いという悩みがあるのだ)



「もう昔のだからやるよ。履けるサイズがあるといいなw」

「マジっすかーーッ!うれピーーーッ!!」

じゃあ、今回は愛読者の皆様の中から、抽選で20名の方々に……って、やれるかァァーーッ!!



流石に、女性モノは少し小さいケド。Tバック数枚なら履けたぞーッ!えっちぃ、いや変態。


『家畜奴隷は女王様のTバックを装備した』

防御力+1、素早さ+5、変態+30、勇気+50

うっひょー!最強装備の1つを手に入れたぜー!


あ、私の最強装備は「女王様の○○○」シリーズなのだよ〜(ママを崇拝する娘も)

洋服、部屋着、上着、靴、アクセ、小物、何でも御主人様が使ってたモノが嬉しいのだ♪



私は壊滅的なセンスの為、私のモノも選んで買って来るのは、御主人様なのだけど。

やっぱ、大好きな人のモノって嬉しいじゃない。

という訳で。私の変態、いや最強装備が増えたゾ♪グレートですよ、こいつはァ(画像2)。



さてと、困った。本当に長くなってしまうので……急遽、2分割する事にするぅうううッ!

オレ、言う事とやる事が違う、ウソつきだからよ~~~σ(≧ω≦*)


てことで、次回『徒然日記FINAL-2・連戦連敗』

あくまで、家畜ですから…。



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンもお願いしますね♪

引用元:『pixiv』マゾ豚 様
https://www.pixiv.net/users/12583903
81414108_p8
DSC_0331

理想と現実の先…。(ネタ回)

『ネタ回』とは、想像や空想で描かれていると思われがちだが、実は違う!

自分の見た事や、体験した事、感動した事を描いてこそ面白くなるんだ!

(表現は比喩的だが、起きて感じた事は事実だ)



さて。前に「そのままの形で出るモノが混じると、異物感で食べにくい」と話していた。

この時期だと、筍とか毎日の様に「シャキシャキ」した食感と共に混じっていた。


御主人様は野菜が大好き。特に繊維質なモノを好まれる為に、ソレらは「残る」のだ。

あ!胡麻もプチプチして、なかなか強敵だ (-ω-)

食感の手強さと別で、見た目に苦戦するのは「ひじき」とか。黒いモノがびっしり混じる…。

他にも色では、唐辛子とかは派手で毒々しいw



作品の様に、ツルンと綺麗で、適度な硬さの時なんて滅多にない(普段から見ての通り)。

暫く「食事で調整」すれば、形状をコントロール出来るのだろうが。

そこは現実の生活。しっかり野菜も食べるし、好き嫌いなく、何だって食べるのが普通だ。


もうちょっと、よく噛んで頂きたいとは思う…。

そのうち、そのまんま椎茸とか、うんこからニョキっと生えてたら、流石に絶句しそうだ。


ムニュムニュ…シャキシャキ…ニュルニュル…

「んーー……何かわからんが食らえッ!( ・ㅂ・) 」



勿論、どんな黄金が出るかは、時と場合による。現実には、色々なモノだって混じるのだ。

だから、絵とか「綺麗なモノ」で「イメトレ」してても、あまり通用しない…。


10年も食糞して来て、今とか携帯に画像が何枚も溜まっているのに言うのも変だが。

未だに「理想と現実の違い」が目の前に登場すると、気合いを入れ直す事はある。



精神と肉体の成長で、その「抵抗感」は大きく克服できる様になったとは言うものの。

眼前に「普段と違う形状」や「色々な何かが混じったモノ」が来ると、幾らかは怯む。


どうしても視覚的に苦手なら、目を閉じればいい。食感が手強いなら飲み込めばいい。

初心者なら、鼻をつまむだけでも少し食べやすい。諦めたら、そこで試合終了だ。



そんな険しい道のりの食糞を続けて来たが…。

「こんな変わったうんこはオラはじめてだ!!わくわくすっぞ!!」とは簡単にいかない。

他には、話したようにヤバい便秘便の時か、やれやれだ………へビィすぎるぞ!と思うのは。




この日、まさかの4度目の黄金拝受となった!

う…うろたえるんじゃあないッ!人間家具はうろたえないッ!(ºωº)


これは試練だ。排泄物を食べ尽くせという試練とオレは受けとった。便器の成長は…多くの排泄物を食べ尽くす事だとな…。

何度だろうと、私の永遠の絶頂を脅かす排泄物は許さない。決して。確実に喰わせてもらう。



「大抵の人間は、心に衛生のタガがあるッ!その為、思いきった行動がとれんッ!素晴らしい排泄物への恐れがあるのだッ!」


「食物連鎖というのがあったな…草はブタに食われ、ブタは人間に食われる。

私は、その人間の排泄物を糧としているわけか…排泄物を食料としてこそ「真の底辺」…フハハハ」


「さあっ!喰らうぜッ!ヘルズライダーッ!!」

「そんな、プチプチ、シャキシャキした程度で この家畜奴隷が倒せるかァーー!?(°ω°) 」


『黄金体験』で得た『覚悟』の前には、多少の異物感など、もはや取るに足らないのだ。

私の腹は、いつも排泄物で満ちている♪
その興奮と快感は、いまだ大きく加速し続ける…。



食糞する生物は多いが。基本、人間は違う。

幾年月の食糞は、精神を鍛えたばかりでなく、肉体までも順応させて来たのだ。

事実、私はゲップと下痢が大きく減った。


生物、人間の身体というのは、本当によく出来ている。これが感動せずにいられるか。

何という素晴らしい進化、何というおぞましい進化。まさに無限の可能性というヤツだ。



感情を支配し、量を克服し、速度を増して……幾つもの覚悟を乗り越え、ここまで到達した……

18年の歳月を重ねた「崇拝と調教」の成果を、精神と肉体で感じているのだッ。




食えるッ!第二部完!






なんだ…これは……とても臭くて苦いはずなのに!なんと爽やかで清々しい感覚だろうかッ!

加速が、止まらない…!殆ど抵抗を感じないッ。なんという興奮だ、これはッ!?


こんな『世界』を実際に見るとは……正直、越えられない壁だと思う長い年月だった………。


「ンッン~~♪実に!スガスガしい気分だッ!
歌でもひとつ歌いたいようなイイ気分だ~~フフフフハハハハ (⁎>ᴗ<⁎) 」

「10年前に人間をやめて便器になったが……
これほどまでにッ!絶好調のハレバレとした気分はなかったなァ…♪」



初めて完食した時には「世界最強!」の力を得た気分で、夜の街に飛び出したものだ。

今でも忘れん。脳内麻薬が溢れて溢れて、うずうずして眠れなかったゾ。


だが、今のコレはッ!またソレとも違うッ!!

アレは始まりのよちよち歩きに過ぎなかったと、今なら分かる……ようやく辿り着いたのだ。



「フッフッフッフッフッ、御主人様の排泄物はさすがだ、本当によく胃袋になじむッ!」

「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ ٩(*´ ꒳ `*)۶ 」


「偉大なる○○○女王様!支配されてやるぞッ!!我は「崇拝」と「忠誠」を胸に、ひれ伏してやるぞッ!」


しかし…まったく勃起が収まらないゾ……

そして静かだ。何も気配を感じない………これは一体ッ!?私はどうなっているのだ………。



その『能力』が辿り着いた「世界」とはッ!?
その力の真実と全貌が明らかになる日は近いッ!

次回、『徒然日記FINAL』も見逃すなッ!

極楽へ!イカせてあげるわ!

(The last story is coming soon…)



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンもお願いしますね♪

引用元:『pixiv』Y-K 様
https://www.pixiv.net/users/5936045
3557639i
photo_editor_ds_1589618056888

糞尿タンク〜家畜の方程式〜(画像注意)

御主人様の便器にされて飼われ10年。

途中、色々と生活環境の変化もあって、戴ける機会の多かった時期、少なかった時期もある。

20〜30代には、他に色々な事だって多くある。



永久貞操帯から『完全な便器へ』『リアルヤプーズ』の経緯もあり『加速』は始まった。

共に自宅にいた期間、朝から晩まで糞尿を与えられる徹底した便器生活を過ごす事になった。


共に自宅にいると、聖水は1日に10回以上。
黄金もほぼ毎日。3〜4回になった時もある。

非常に水を飲まれる御主人様からの飲尿は、平均値を大きく超え、3~4L近くにもなる。


水中毒の致死量ほどではないものの……少し不安に自分の様子を窺った時もある。

目先の派手さだけが無茶な行為でもない。



当然、便器のお仕事に時間も気分も関係ない…。

一緒に自宅にいる時。御主人様が催されると、直ぐお声がかかる。何度も、何度も。


望んでいても、7連続の聖水とか楽ではない。けれど、これが自らも望んだ道だ。

いつも私の胃袋は、御主人様の大量の糞尿がパンパンに詰められた「肥溜め」状態だ。



このMAX頻度の期間、様々な経験が積めた。

本当に、その期間があったからこそ、普通のペースでは得られない変化や成長を手にした。


まさに「あの部屋」に入って出た状態と言える。

僅か数ヵ月でも「ひたすら朝から晩まで」という状況は、身体も心も特別な進化をさせた。


ヤプーズで強制的に地獄の頻度を味わうのと、命を捧げた崇拝とでは、また別の物だろう。

加速して行った中での様々な濃密な要素は、単なる足し算ではない成果を生み出した。



人により、経験から何を得て、力として行けるかは様々。あくまで、私のケースだが。

またMAX頻度よりは下がっても、その『能力』は大きな基礎能力となり、武器となる。


ここで伝えて行く話は、普通なら俄には信じ難い話かもしれないが、そういう世界はある。

一般の人が聞いたなら、厭わしく思うのだろう。


個々人の性癖など、他人に理解を貰うものでもないが。確かに、衛生的ではないと思う。

(だからと、無謀な無茶もしてはいない)


これこそが、究極の愛と崇拝の表現なのだ。
それが、何よりも根底にあるからやめられない。

「食糞する事が罪なら、私が背負ってやる」



私は、御主人様専用の便器奴隷。

そして、私の胃袋は御主人様の糞尿タンク 💗


私の身体には『排泄物処理便器』と刺青もある。

いつか『糞尿タンク』という刺青も悪くない。そんな事も、たまに考える様になった。



私の身体の細胞は、どれだけ御主人様の排泄物で構成されているのだろう。

毎晩、糞尿での満腹感に御主人様と運命を感じながら、私は安らかに目蓋を閉じる…。


Paths are made by walking.
人が通ったところに、道は出来る:カフカ

( The countdown began………3…)



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンもお願いしますね♪

(掲載のイラストはハードSM小説家マツダカコ様の許諾を得て引用させて頂いております)
引用元:『pixiv』マツダカコ女王様
https://www.pixiv.net/users/10968668
9bae5c73
Point Blur_20200616_195758

SM夫婦の『D』眠れる奴隷。


今回は、家具・放置・躾と扱われていた家畜奴隷が、深夜にオヤスミする時のお話。


寝室(書斎はその一角)には、私と御主人様のベッドはくっつけて並んでいる。

いつもは、1〜2時頃に、ベッドで会話を弾ませながら眠りに着くのだが。


少し肌寒い夜、服を着て寝ても良いかを決めるのも御主人様。それも簡単には行かない。

長く土下座したり、何分も踊らされたりして、やっとパジャマを着る事が許される。



家具・道具として設置・使用される様になった頃、久しぶりに私は「鼻輪」を付けられた。

初期画像に載せていたが、私の鼻には1cm程の大穴が開けられていた。家畜といえば鼻輪だ。


しかし、街中はともかく、仕事中は見せられない。そこで、中にトンネルピアスを付けてある。

コレはもう外せなくなっているので。ソコに小さめのリングピアスを通す形の鼻輪となる。



鼻輪の鎖をグイグイ引っ張るのも御主人様はお好きだが。ソレを書斎に繋がれる事があり、

そのまま、私は書斎に取り残される夜もある。

部屋の一角なので、あまり広くはない。扉を閉められた私は、真っ暗な中で一晩監禁。



ふと、御主人様が扉を開けられ、光が射し込む。

「お前の水だ」

ペットボトルの蓋を開け、ジョボジョボっと少しの水が、フローリングの床に撒かれる。

皿すら無い。床に飛び散った水だけが飲み物…。


もう夜も遅い、さっさと寝るしかない。起きてて、喉が渇いても尿意が来ても困る。

這いつくばり、撒かれた水を舐め取って、全裸に全頭マスクで、マットの上で小さくなる。



扉一枚の隣では、御主人様はベッドでオヤスミ。

私を「このようにした事」も、自然な行動の1つ。深くは考えてない、御主人様なのだ。


朝になれば「なんでそんな所で寝てんのw(ˊᗜˋ๑) 」

という感じで。何も特別に意識はしていない…。



つれー、昨日実質1時間しか寝てないからつれーわー、実質、1時間しか寝てないからなー、

なんて事に、30代、40代と耐えられなくなって行く。それが悲しい老いというもの…。

とにかく、夏場の寝不足や徹夜はキツい (´-ω-`)

夜は眠れない、昼は眠りたい、そんな事ない?



そういえば『敷物』になっていた夜に、娘が寝室に入って来た事があったのだが。

大抵、寝室と書斎の扉は開け放ってある。


その時は、下着も着けてなかった。全裸に全頭マスクで床に寝て、おみ足を置かれていた。

私は、それでも少しは誤魔化そうと、横のはんてんを素早く取って、股間の所に被せた。

「何を今更、取り繕ってんのよw」と御主人様。



チラッと私を見下した娘…。

「裸だと、床が冷たいでしょ ( ˙꒳ ˙ ) 」

そう言い残して、足早に去って行った |ω•๑`)


「何をソコだけ隠してんのwww」と御主人様。

「いや、一応、ココは18禁だから…( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ ) 」

「いつも見られてんじゃんwww」



幼少から見られて来た夫婦関係の行為としても。

大きくなった子に見られるのは、また改めて抵抗があるというもの。


夏場は娘と共に寝る日も多いが。いつまでも子供は子供、といっても恥ずかしい。

やはり、へっちゃらなワケじゃないんだよー。



雨は好きだが、やはり梅雨というのは鬱陶しい。

さて、限られた時間でやらなければならない事も山積みだ……俺、立ち止まる気ねーんで。

(There's not much time left.)



お読み頂いて、ありがとうございました(^∇^)
今後の執筆の為、拍手ボタンもお願いしますね♪

引用元:『pixiv』ウララ 様
https://www.pixiv.net/users/198012
D4_dwxzUYAAnW9g
プロフィール

家畜奴隷

ギャラリー
  • 『休載に向けて』〜還らざる時の終わりに〜
  • 『休載に向けて』〜還らざる時の終わりに〜
  • 『休載に向けて』〜還らざる時の終わりに〜
  • 過ぎ去りし時を求めて。
  • 《ギャラリー11・拘束放置》
  • 《ギャラリー11・拘束放置》
  • 家畜奴隷は静かに暮らせない。
  • 反転攻勢〜オレかなり弱いけどどうする?〜
  • 千代に八千代に…。(画像注意)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: