MHF公式ビギナーサイトへ MHF公式メンバーサイトへ

MHFには、セクシースキルが必要。

片手(たまに、ヘビィ)とセクシー装備メインでやってます(笑)

剣術+2のスキル考察

はいはいはい、いつも片手剣の投稿をしているので、たまには

『スキル』

についてお話を書きます。

さてさて、やっとですが 『覇種防具』 を完成しまして
そこには、剣術スキルがデフォルトで付いてますので
自動的に+2が発動します。

ヒットストップがあるので、操作性は落ちます。
※武器種によってはね。

しかしながら、私の場合....
ヒットストップの影響のお陰かわかりませんが、回避性能がUPしてます。

『ヒットストップ=ディレイ』

という感じで、あの引っ掛かりの影響で上手くディレイが掛かっています。

というか、剣術のお陰で先読み力が上がったのかも知れませんけどね。


地の型、天の型、嵐の型...と、片手 で使ってみましたが....

地の型と嵐の型は十分に剣術+2を活用できると思います。

逆に、天の型は合わないですね。

嵐の型+剛ゴゴ片手でクエにいくと....スゲー面白いw

いたわり+2ないと、ストレスがホッハしますけどね。。

KATATE使ってますか?

はいはい、完全不定期です。

とりま、まったりと狩りに勤しんでおります。
白秘伝は、断念中(w
赤秘伝は、もちろん断念中(w

んじゃ、何をやっているのか?
覇種防具を制作してます(w

まぁ、今日はそんなことは置いておいて....

Gから各武器のアクションが調整されます。
http://cog-members.mh-frontier.jp/support/update/update27.html

おい、KATATEが強化されてるじゃんか。。

まず、『入力時間の受付延長』 が...

本当に、これが一番うれしい。

スライディング斬りも状況によっては使えるかもね。
入力時間の延長の効果もあるだろうし...無敵時間もつくしね。
むしろ、攻撃『後』に無敵時間をつけてほしいのだが(w

ジャンプ斬りは、どうなるのだろうか?
ジャンプ前に、盾攻撃だと??
これって、もしかして 『ジャンプ斬り』 を起点としてのコンボが使いにくく
なるのかもしれん。

さて、Gまでもう少し....はやくSR999にしなくては。

片手剣は強いのか?

どうも、片手使いですw

MHFはPTでやることを前提としているので、瞬間的な攻撃力が無い
片手は敬遠されがち...とくに、変種とかね。

でも、それは片手の役割を十分に理解をしてない奴や魅力を知らない人です。
まぁ、私もヌヌとか大剣などは使わないので、そっちの魅力を語ることはできません。

まず、片手の立ち位置を考えてみよう。
ヌヌとか大剣、太刀のような瞬間的な火力が出ないのは周知の通り。

だから、片手の居場所を探すこと(見つけること)が大切。

麻痺武器(今なら剛ゴゴ)を持っていけば、少なくとも2~3回ぐらいは1人で麻痺にすることができる。
毒武器もそんな感じ。
通常PTだと太刀などは攻撃力が高いものを背負ってくる可能性があるから
そういう時は、麻痺片手を持っていくと良いです。

あとは、粉塵やら閃光などのサポや足を攻撃してダウン誘発、眠ってる人を起こしたり
結構できることがある。

どんな戦いでも、直接ダメを与える人とサポートする人がいます。
片手は、ダメもそうですがサポートもできるので中途半端な立ち位置になりますが、
逆に中途半端だから出来ることも存在します。
自分が攻撃するよりも、粉塵を飲んであげて回復する手間を省き攻撃してもらったり、
起こしてあげたりするという 状況判断 が必要になる武器だと思います。

自分はまだまだですが、片手のうまい人は 全体の流れ をつかみ取るのも上手いです。
それに、片手をやってる人は 肉質 の理解度も高い人が多いです。

+++
まぁ、文句を言ってる人は、片手の価値を見いだせてない人が多いとおもいます。
毒や麻痺、睡眠、粉塵など多くのサポートをされているハズですが、そういう箇所は
抜けてしまうのでしょうね。

部分的な火力は弱く貢献できないとおもいますが、総合的な戦力 としては十分に
貢献してるとおもいます。

これから、片手を使ってみたい方や片手は弱いと思っている方は、一度使ってみると違ったものが
見えてくると思います。
武器出しの移動が早いので、モンスを追いかけたり距離を取ったり立ち位置をかえるのも簡単です。

誰も攻撃して 『オレ、TUEEEE!!』 って言いたいのはわかるけど、それだけじゃ成り立たない場合
も存在します。
それを、補完してくれる存在が片手の立ち位置では無いでしょうか?

まぁ、あくまでも持論ですけど。
しかし、これで片手を使ってくれる方が増えてくれれば~っていうことで書きました。


livedoor プロフィール